乳酸菌「蓬龍宝」の、食生活習慣化への提案。

  • 2014.08.11 Monday
  • 05:01
乳酸菌液「蓬龍宝」については、独特の匂いや味を感じる方がおり、
お薬の感覚で摂取している方々が多くおられる中で、食生活の中に
実に上手に取り入れて、乳酸菌を意識する事無く摂取しておられる方が
増えて参りました。

そんな方々の知恵もお貸し頂きながら、乳酸菌普及協会としても、様々な
レシピを試しています。

本日はその中から、誰でもお手軽に出来て美味しく頂けるレシピを
ご紹介したいと思います。

この様々なレシピは、今後確認納得したものについては公開していきますので
お試しになって頂けると嬉しいです。

ただし、基本レシピなので、最後の調整は各自の味覚に従って調整をお願いします。

本日ご紹介するのは、胡麻のドレッシングです。

レシピと致しましては、次の通りです。


胡麻ドレッシング基本レシピ

1 蓬龍宝「白龍」    40%

2 ミネラル365    34%

3 穀物酢        10%

4 糖(お手持ちのもので)10%

5 胡麻油         5%

6 日月の塩        1%

この量は、目安です。厳密に計量の必要はありませんよ。

以上をよ〜くシャカシャカと混ぜ合わせて出来上がりです。

これはあくまでも基本レシピですので、これにお好みで胡麻油の量を、
増減して味の調整をしてみてください。

以外と美味しい事に驚かれる事請け合いですよ。
乳酸菌「白龍」の独特の風味は、感じなくなっていると思います。

このドレッシングを使用する事で、抵抗無く乳酸菌とミネラル、そして塩を
摂取する事が出来ます。

こうなると、お薬の感覚ではなく、食生活の一環として体内に摂取が
可能になりますね。

ここが、乳酸菌普及協会としては、目指す所になります。

食卓に、手軽に使えるように、小分けした乳酸菌とミネラル、そしてお塩が
乗っているような環境が理想です。

ちなみに我が家では、食卓にこの3種は常備して使用しています。

どんな事も工夫が大切と言う事でしょうか。

良いと思われる事は、工夫して楽しく美味しく実践する事が大事だと思っています。

台風一過で本日からまた暑さが戻ってきそうですので、皆様体調管理は怠り無く
して頂きたいと思います。

本日もお読みいただき、有り難うございました。




 

蓬乳酸菌液「白龍」の使い方提案です。

  • 2014.06.18 Wednesday
  • 04:43
農産品の保存食加工を、あれやこれやと業務の合間に楽しんでいますが、
加工に入る前段階として、素材を白龍に三日三晩漬け込んでから、
加工行程に入るようにしています。

これは、農産品が万が一汚染された状態であっても、乳酸菌と言うか
微生物群の働きで、農薬・及び放射線汚染の緩和が出きるんではないかとの
淡い期待から、手間ひまかけて例外なく行っているものです。

この三日三晩白龍に漬け込む事で、結果として農産品そのものが醗酵状態になり、
その対象農産品に付着している微生物が白龍と共生し、また新たな乳酸菌液が
誕生するようです。

例を挙げますと、今盛んに実証実験中のニンニクの加工品である「黒ニンニク」
の場合、この漬け込んだ後の白龍は、すでに本来の白龍ではなく、醗酵した
ニンニクの良い香りがする乳酸菌液に変わっています。

これはニンニクエキス入り乳酸菌として、商品化出来そうなくらい香りも味も
よろしいですよ。(笑)

一方三日三晩漬け込んだ後のニンニク本体の方はどうかと言うと、これまた
ニンニクに乳酸菌がたっぷりしみ込んでいますので、既に醗酵ニンニク状態です。

これを電気釜で保温すると、1週間から10日で、醗酵黒ニンニクに仕上がります。
(誰でもお手軽に出来ますが、住宅街にお住まいの方は、ご近所から臭いの苦情が
確実にきちゃいますので、製造にはくれぐれもご注意下さいませ。)(笑)


(株)シーズさんで商品をお買い求めの方は、この黒ニンニクがおまけの中に
入っている時があるので、試食されたことのある方もおられると思いますが、
今現在出回っている、黒ニンニクとは、食感、味が全く違うものになっている事は、
実感されていると思います。

なにより食事が喉を通らない、重病の方がこれなら食べられる、また食べたいと
仰って頂ける、生命エネルギーの高い状態になっているんだと思っています。

この事は、ニンニクだけにとどまらず、今現在仕込み中のもとしては、
イチゴ、桃の赤ちゃん(まだ種が固くなっていない状態のピンポン球くらいの桃)
を、この白龍に三日三晩漬け込んでから、加工する手法で実験中です。


これが桃の赤ちゃんです。
(今までは、一枝に2個程度残して、後はすべて畑の緑肥になってしまっていました。)

加工方法は、どちらも糖漬けにしています。
これで、果実から出た水分と、果実に着いている微生物とで、イチゴはイチゴの
桃は桃の酵素液が出来るはずだと、期待してます。

一方実の方はと言うと、醗酵状態で糖漬けしていますので、そんなに糖度は
高くないのに、腐敗は一切起こっていません。これは醗酵状態にあるからですね。

で、途中経過ですが、どちらも期待以上の状況になっており、出来上がりが楽しみです。

以上のように、農産品で保存食品を造る時には、白龍で三日三晩漬け込んでから
通常の調理作業に入るようにして、いままでとどんな風に違うかを、実証して
欲しいと思います。

ともかく、実感としてこれは凄いと感じております。

ウソか本当かは、ご自分で実践してみれば、結果はすぐに判明しますので
興味が湧いたら、信じるとか信じないとかは、傍らに置いておいて、簡単に
出来るんですから、ともかく三日三晩漬け込みをしてみましょう。(笑)

取りあえず、昨日途中経過の果実を試食して、感じた事を書いてみました。
(桃は、種の部分もそのまま違和感なく、食べる事が出来ました。
この種の部分には、素晴らしい成分が含まれているんだそうですよ。)

本日もお読み頂き、有り難うございました。


 

加熱殺菌マッコリを、白龍で生マッコリにしてみました。

  • 2014.03.23 Sunday
  • 06:15
昨日の夕方、蓬龍宝を製造している株式会社環協開庸研究所の定例会と併せて、
加熱殺菌マッコリを、白龍を使って生マッコリ変えられるかと言う実証実験を、
本場韓国料理屋「美香」さんを会場に確保し、オーナーで韓国出身の金さんにも
協力してもらい開催しました。





まずは、加熱殺菌した韓国産の輸入マッコリを、2個用意してもらい、そのうちの一方に
白龍をまずは10%混ぜて、みんなで試飲してみました。

こちらは、本場の生マッコリの味がわかりませんので、この店のオーナーの金さんにも
協力を仰いで、評価を行いました。

私たちにわかるのは、そのままのマッコリよりも、白龍が入ったマッコリの方が、
美味しくなったと言う事はわかりましたが、果たしてこの味が加熱殺菌していない
生マッコリの味と比べてどうなのかは、やはり本場の味を知っている、金さんの味覚に
頼るしかないので、早速試飲してもらい感想を聞いてみました。

一回目の試飲では、いまいちピンと来ない感じでしたので、早速みんなで飲み干し、
次の2回目を造って試飲してみました。今回は、更に増量して20%くらい
混ぜてみました。

そうしたら、白龍の味が勝ってしまい、生マッコリとは言いがたい味になってしまいました。

やはりマッコリの味が消えないようにした方が良い事がわかりましたので、早速3回目を
造りました。今回は18%(あくまでも適当ですが・・・)くらい混ぜてみて試飲しました。

そうしたところ、金さんから出た言葉が、これが生マッコリの味だよと教えてくれました。

確かにマッコリの味がして、白龍の味は感じる事なく、それでいて生きた乳酸菌が
入っているので、程よい酸味があり、絶妙のバランスになっていました。

でも適当に造って試飲したので、これでは再現性が乏しいと言う事で、金さんの申し出で
計量しながら、正確な適量を算出することを引き受けてもらいましたので、後日最適な
白龍の混合量が、報告出来ると思います。

では最後に、株式会社環協開庸研究所の役員の面々をご紹介します。



左側から順に、若月祥裕、渡邊会長、そして唯一の女性は、その右側にいる中村顧問の奥さまです。
本日は飲酒するので、中村顧問の運転手として、特別参加していただきました。

この3人で、鹿児島の志布志まで飯山一郎師を訪ね、蓬龍宝が誕生することになった訳です。

このあと、美香さんの美味しい韓国料理を堪能して、和気あいあいと盛り上がり
それぞれ帰宅の途につきました。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。








 

自分が愛する大切な存在は、自分で守る事が出来る。

  • 2014.01.25 Saturday
  • 05:21

いよいよ国にはと言うより、現在の社会の仕組みの中では、
健康で幸せな暮らしは期待できないことがはっきりとしてきたようです。

 

文句を言っても無駄なので、詳しいことは書きませんが、何をとっても

このままでは破滅の道をまっしぐらとしか思えませんよね。
 

今の社会の仕組みは、高々60数年の間に出来上がってきたものです。

そんなものに振り回されなくても、人は健康で幸せに暮らすことが

出来ると確信しています。
 

先日も、千葉に行ったときに体調を壊して療養中の方と話す機会が

あったんですが、その方はお医者さんの事を信じきっていて、お医者様の

言う通りにしかしないと、きっぱり仰いましたので、自分が信じるとおりに

してください。と言うほかはありませんでした。
 

時代を遡れば、お医者様もお薬も全くない時代もあったはずです。

ですが人類は、今もちゃんと存在しています。
 

これはどういうことかと言えば、人間の体には自己治癒力と言うものが

きちんと誰にでも備わっていて、健康であれば例外なく、寿命まで

健康で生活できるようになっているからだと思っています。


今の医療の進歩が(退化?)、逆説的に病気と病人を作り出しているとは

言えないんでしょうか。


ともかく現代はミネラル不足と免疫力不足です。

健康でいたいのなら、毒物を体に入れないで、ミネラルと免疫力を高めてくれる

発酵食品と発酵環境を意識して構築していく以外に方法はありません。


化学合成した薬はすべて毒だと認識しています。副作用とセットになっている事は
最早常識化しています。


ですから自分自身の免役力を高めて、いち早く薬から脱却することが大切です。


当然の事として身体が発酵していく過程で、デトックス(毒物の排出)が起こります。

その時が、運命の分かれ目です。


そのデトックス中に不安になり、お医者様とお薬に頼ってしまえば

もう一生病院と薬とは縁が切れなくなってしまいます。

病院の安定した固定客になってしまいます。
 

発酵生活を私自身も約3年弱続けていますが、去年の2月からは

多くの方々も、発酵生活を始めていて、その結果持病は消え

感染症からも解放されたと喜んでくれています。
 

ここまで来ると、本当に発酵生活こそが、健康の大元であると

認めざるを得ません。
 

ですから、誰彼に頼るんではなく、自分自身で発酵とは何かを学び

確信をもって、発酵生活を構築することが、自分を含む愛する人達を

守る事になるんではないんでしょうか。
 

乳酸菌普及協会では、発酵に関する情報と、誰でも拡大培養できる

種菌の供給(拡大培養資材を含む)を行っています。
 

関心をお持ちの方は、どうぞご活用ください。
 

皆さんが健康で幸せになってくれることが、何よりうれしいんです。

もちろん女性の方々には、今以上に綺麗なって幸せになってほしいと

思っています。

 

本日もお読みいただきましてありがとうございます。


追申です。

この記事は、昨年の6月にアップしたものを、修正、加筆したものです。

 

乳酸菌の匂いと味が苦手な方に提案です。

  • 2013.10.25 Friday
  • 05:52
前回、乳酸菌が苦手なお子様や、ご家族のために、何か良い方法は
ないかということで、良い方法の提案をまとめてお知らせします。
とのことで、大分催促をいただきましたので、今現在承知している
方法の中で、最も美味しく乳酸菌が摂取できると思う方法です。

それは、季節の果物や、野菜を使った自家製の酵素液です。
この酵素液に乳酸菌を混ぜて頂く事が、いちばん抵抗なく摂取できると
思います。

酵素液は、買うと結構お高いので、ご自分で作ることをお勧めします。
理屈がわかって、さらに乳酸菌があれば、お手軽に酵素液を作って
いただけますよ。

作り方は、ネットで探してみましたので、参考にしてください。
酵素液は、砂糖で抽出しますので、基本的には甘いです。
でもこの甘さは、発酵した甘さですので、白砂糖の害とはまた
一線を画しているようですので、資料の中に書かれていますので
ご覧になってください。
以下酵素液の作り方の資料です。↓
http://ogurock.blog.fc2.com/blog-entry-185.html

これからの時期なら、温州みかんの酵素液がお薦めです。

さて、昨日届いた体験報告を、一件お知らせします。

以下転載文です。

黒糖が苦手な私にとって紅龍は、イソジンのような感じがして
苦手でした。何かで割ってみても独特で余計に飲みにくいので
氷をいれて冷たくして飲んでいました。

白龍は、そのままだとちょっと米ぬか臭い感じがしますが
100%ジュースとミックスすると、とてもおいしいです。

便秘ではないので、紅龍の時には「いつもよりお通じがいいかなぁ」
程度でしたが、白龍は「こんなに?」と毎朝感動しています。

送っていただいた「あい」を、早速目にさしてみました。
紅龍の時には痛くて、白龍は少しましでしたが、「あい」が一番
刺激が少なくて、一般の目薬程度です。

きっと相性があるのでしょうね。

朝はお椀にミネラルを入れてから味噌汁を注いで飲んでいます。
私たち夫婦は、50代で、儀父母は80歳前後ですが、今年の
猛暑でも夏バテしないで元気に過ごせたのは、ミネラル365の
お陰だと思います。

家族が健康で過ごせる事が嬉しいです。
本当にありがとうございます。

○○より

以上が転載文でした。

やはり匂いとか味とかに関しては、感性の問題に繋がっていますので
やはり人それぞれなので、それぞれに工夫されて摂取してもらいたいと
思っています。

よろしくお願いします。

追伸

「あなたは国家に騙されている!世界一長寿国(日本)の
ウルトラペテン」
と言う資料文書を見つけましたので、リンクいたしますので
興味のある方はご覧下さい。☛
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=282101

今朝はこの辺で失礼いたします。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。




 

真菰(まこも)茸で、乳酸菌を使った浅漬けを仕込んでみました。

  • 2013.10.13 Sunday
  • 06:16
無農薬で乳酸菌とミネラルを取り入れた農法で農業を頑張っておられる
野草酵素の作り手でもある、青山おばさんのまこも畑から収穫したまこも茸
を使い、乳酸菌を使った浅漬けを仕込んでみました。

では素材のまこもの紹介から。
無農薬の水田に、、この真菰(まこも)は育っています。
この10月から11月にかけて根元にまこも茸と呼ばれる実を付けます。
何やらとうもろこしのような、感じもします。
こんな状態で、育っています。



この根元に育ったまこも茸を、刈り取って葉っぱを外すとこんな感じの
真菰茸になります。



この中から大きめのものを2本使って浅漬けを仕込みました。

手順は、まず真菰を少し厚めにスライス(輪切り)にします。



そしてスライスにしたものを、ボールに入れその上から、日月の塩と
オリゴ糖シロップをふりかけて、手揉みします。
塩とシロップの量は、直感です。(^_^;) (適当とも言いますが・・・)



そして、この塩もみした真菰茸のスライスを、長谷園の浅漬器の中に押し込み
その上から、蓬龍宝「白龍」を、これもまた適当に流し入れその後中蓋を
しっかり押し込み、蓋をして仕込みは終了です。



12日の夕方仕込んだので、今日(13日)の夕方には試食したいところですが、
今日明日と出かけてしまうので、明日の夕方に試食ということになりそうです。

どんな状態に仕上がるか、食の感想と共に状態の写真も併せて報告いたします。

ではこれから出かけますので、今朝はこの辺で失礼いたします。

本日もおいで頂きありがとうございました。


追伸

上記の青山おばさんの育てた、無農薬の真菰(まこも)を、数量限定には
なりますが、(株)シーズさんで、希望する方があればお分けするべく
準備を進めています。
11月中旬までの季節限定品ですので、旬の食材を堪能してみたいと思う
方は、楽しみにお待ちなってください。








 

海にプールに日光浴にも乳酸菌を・・・

  • 2013.08.20 Tuesday
  • 07:14
 今年の猛暑は、一説によると9月いっぱい続くような事も言われています。

記録的な連続猛暑日が続くここ甲府ですが、、予報では今月いっぱいは
確実に猛暑日が予想されています。

さてそんな環境も中での生活ですが、やはり女性の方は、日焼けが気になる
と思います。

でも通常の生活の中で日焼けと言っても、露出している部分だけですから
そんなに心配はないと思いますが、ほぼ全身肌が露出してしまう、海水浴や
プールや川での水遊び、公園での日光浴等、あとで肌がひりひりするような
日焼けの経験が、一度や二度はあると思います。

乳酸菌は、火傷に効果があるという事は、当然日焼けにも効果があるだろうと
いう事で、お肌を日光で焼いたアフターケアーとして、乳酸菌を塗ってみたら
いかがでしょうか。

日焼け止めオイルを使うよりも、生きている乳酸菌の方が、自然だと思うので。

汗ばんだ肌の、汗に含まれている可能性のある病害菌がもしいたとしても
乳酸菌が、この臭いを出したりする悪玉菌を処理してくれますので、
肌の表面は善玉菌が増えやすい環境になっていくんだと思っています。

更にお肌がしっとりすべすべになってくれるんだから、これこそ
一石二鳥と言うべきか、一石三鳥ですよね。(笑)

日焼けによる傷害を、乳酸菌で緩和して下さい。

それから可能性として、乳酸菌をお肌に塗りこんでおくと、紫外線の
影響も緩和してくれるんではないかという事です。

常時お肌に塗り込んでいる方々の体験からすると、美白になっていくと
いう事は、紫外線の影響を緩和してくれる可能性があるんではないかと
思う次第です。

あっ!この事は、各自実証をお願いしますね。(笑)

あくまでも可能性ですからね。

ともかく日焼けしてしまって、お肌がピリピリしてきたら、迷わず
蓬龍宝を原液でお肌に塗り込んでみて下さい。

すぐにピリピリ感が治まると思いますよ。

日焼けを恐れず、逆に楽しんでしまう事で、暑い夏を乗り切って
いきましょう。

今朝は日焼け対策には乳酸菌で・・・というお話でした。

では今朝はこの辺で失礼します。






豆乳ではなく、牛乳でヨーグルトをつくってみました。

  • 2013.07.15 Monday
  • 10:14
 先日、蓬龍宝ご愛用者の方で、ご子息がアレルギー疾患を抱えているので
豆乳ヨーグルトを摂取させようとしているんだけれども、なかなか受け入れて
貰えないので、牛乳で作ってみようとやってみたんだけれども、豆乳では
固まるのに、牛乳では固まらないとのご質問を頂きました。

私自身も今まで牛乳では、ヨーグルトを作ったことはなかったので、早速
飯山先生にもお伺いをしたところ、飯山先生も牛乳では、ヨーグルトを作った
事はないので、具体的にはわからないと言う事でした。

そこで、実証実験をすることにしました。

その1   牛乳に蓬龍宝を原液で10%入れたもの

その2   その1に糖蜜を5%とミネラルを0.2%入れたもの

その3    牛乳に、白蓬龍宝を10%入れたもの

その4   その4に白糖蜜を5%とミネラルを0.2%入れたもの

その5   牛乳パックに、注射針で蓬龍宝だけを10%入れたもの

その6   牛乳パックに、注射針で白蓬龍宝だけを10%いれたもの

以上の実証試験を実施しました。

12時間後の結果は、その1とその3は、固まっていませんでしたが、
その2とその4は、固まっていました。

短時間でヨーグルト状にするには、糖とミネラルが必要と言う事が
解りました。

しかし48時間後には、上記の試料全てが発酵してヨーグルト状に
成っていました。

その1〜その4は、開放容器で蓋を取り外したりしたので、やはり
環境菌が昆入し、一部カビが生えてしまったものもありました。

この中で、牛乳でヨーグルトを作るには最良と思われる方法を見つけましたので
下記に手順を追ってご紹介いたしますので、参考までにご覧ください。

その5

この中に環境菌の影響を受けないように、注射針で蓬龍宝を10%
注入しました。7月13日 土曜日の事です。

牛乳パックに乳酸菌を注入する道具の紹介をします。
これは、近くの100円均一ショップにもあることもありますが、
螢掘璽才佑里曚Δ如▲好織奪佞入手しお送りしますので、必要な方は
お問い合わせください。





以上のように、針で注入することにより、落下菌の混入が防げます。


これが7月15日月曜日本日の状態です。

見事に豆腐状に固まりました。
これを箱から出した状態がこれです。


ちなみにPHは、4.1でした。


次にその6ですが、
この中に環境菌の影響を受けないように、注射針で蓬龍宝を10%
注入しました。7月13日 土曜日の事です。

これを本日開封した写真がこれです。

こちらは、素晴らしくクリーミーにヨーグルト状に
成っています。
これを容器に開けてみました。

市販のヨーグルトと変わらない状態に出来ました。

こちらのPHは4.0でした。

この2品を試食してみましたが、その5の蓬龍宝を使ったほうは
やはり糖蜜の独特の癖を感じますが、オリゴ糖をスプーン2杯程度
加えると、それほど抵抗なく食べられると思います。

それに対して、その6の白蓬龍宝のほうは、市販のヨーグルトと
遜色ななく、酸味が少し強いくらいで、これにオリゴ糖をやはり
スプーン2杯程度入れたら、素晴らしく美味しいヨーグルトに
成りました。コンビニで売られている飲むヨーグルトを
超えたんじゃないかと思うくらいです。(笑)

以上、実証試験報告を致しました。

追伸

連休最後の祭日ですが、関東地方は本日も猛暑が予想されていますので
みなさまには、釈迦に説法とは思いますが、熱中症にはお気をつけ下さい。



食事・食材に関する考え方の提案(私見ですが)

  • 2013.06.09 Sunday
  • 05:56
 以前の記事で、普段の基本的な食事については、玄米菜食をお勧めしました。

 

その後、いろいろと調べているうちに気が付いた事がありましたので

私見ではありますが、今現在の私自身の食生活について、参考になるかどうかは分かりませんが、ご自分でも情報を検証する中で、納得のいくものであれば実践してほしいと思います。

 


結論を先に言っちゃいますと、やはり自然体が一番だという事です。

 

自然とはバランスであり、調和です。

 

あれがいい、これが良いと言っても、その事にこだわっての襟こんでしまっては逆に健康を損なう事も事実としてあります。

 

ジョブスの例を見るまでもなく、玄米菜食にこだわっった食生活をしていても、癌により亡くなってしまいました。

 

一番の基本は、身体に悪影響を与えることが明確に判明している食材は体に入れない事。


そして摂取量に気を配ること。昔から言われている「腹八分目」は最低限で

出来れば、「腹5分目」くらいで満足できるようになれたら、寿命が来るまで健康で生活できると思っています。

 

それから菜食主義者の方々に気付いてもらいたいのは、草食動物はもちろん植物しか接種しませんが、菜食動物は総じて臆病で覇気がありません。

 

これは、覇気が出る物質が植物にはないからです。

 

やはりここ一番と言う場面では、覇気を持って臨まないと、常に我慢して人生を過ごさなければなりません。

 

ですから、もちろん大食いはご法度ですが、肉が食べたいという欲求が出た時には遠慮なく食べることです。

 

これは私の場合ですが、肉の最高なのは、精肉より内臓肉です。

いわゆるホルモンですね。

 

これをできるだけ生食できるものは生で食べることです。

特に豚の生レバーなんて、最高の食材だと思っています。(腸内が発酵している人限定です)

 

ちなみに私は、豚・牛・鳥の生レバーは、すべて食べてます。(もちろん自己責任ですよ)

 

私なりの結論を箇条書きにすると、こんな感じになります。

 

1基本食としては、玄米と野菜で構成する。

 

2その日その場で体が欲求するものは、肉でもお魚でもあらゆるものを排除しないでできるだけ安心・安全なものを(お高いですが)少量食べる。

 

3乳酸菌液を活用して、料理を口に入れるときには、発酵状態に出来るものは発酵状態にして接種する。

 

 たとえば、私は最近、休憩時の飲み物をコーヒーから味噌汁に変えています。このインスタントのお味噌汁の中に、飲む直前、温度が低下してから蓬龍宝を全体量の10%ほど目分量で混入させていただくようにしてます。


 何かしら酸味がでて、トムヤムクン風の味もして、結構美味で気にいっています。特に長ネギの味噌汁が最近のお気に入りです。

 

以上この3点くらいです。


追伸


毎度毎度妄想に近いことばかり書いていますから、

皆様、鵜呑みには決してしないようにしてくださいね(爆)



 

ミニ菜園報告

  • 2013.06.03 Monday
  • 07:11
 先月からかわいい孫の食育の一環になればと、ミニ菜園を始めました。

勿論、土造りにはホウロンポウをたっぷりと散布しました。

苗を植えた直後の、ミニ菜園の全景です。

植えたのは、奥からかぼちゃ、次の列がキュウリ。この二つは、つるで伸びますから
ネットをセットしました。

次の列が、茄子。そして次と次がミニトマトと、ピーマンです。

そして1週間たって花が咲き始めました。

野菜の花も、よ〜く見るととっても愛らしいものですね。

まずは一番奥にあるかぼちゃの花です。

まだつるはそんなに伸びていなのに、こんな大きな花が咲きました。

茄子はすでに花が咲いて実が育ち始めています。

そして一番成長が顕著なのが、ミニトマトです。

ミニトマトも花が咲いています。

とっても可憐な花が咲いています。こんな黄色いな花なのにミニトマトは赤い実です。

これから毎週2回くらい、ホウロンポウを10倍希釈したもので、葉面散布をしようと
思っています。

また成長度合いを見ながら、報告したいと思っています。

取り急ぎ、今朝のミニ菜園の様子をアップしてみました。






calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

乳酸菌エステサロン!


upクリックできるよup
乳酸菌発酵サロンです拍手
手浴足浴で乳酸菌を
いっぱいの愛と光で
深呼吸しちゃいましょうおてんき

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白)
蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白) (JUGEMレビュー »)

これがあればお手軽に蒸留水が使える生活が出来ます。一日4Lあれば充分だと思うので、寝ている間に出来ちゃいます。

recommend

超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放
超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放 (JUGEMレビュー »)
名倉 仟
ミネラル365の身体に及ぼす影響を詳しく解説してくれている一冊。健康を望む方の必読書ですね。

recommend

国産クエン酸(結晶) 900g
国産クエン酸(結晶) 900g (JUGEMレビュー »)

クエン酸で薬いらず・・・
神薬・・・かも・・・

recommend

スーパー風呂バンス1000
スーパー風呂バンス1000 (JUGEMレビュー »)

これは優れものだと思います。保温ようなので、電気代もさほど気にならないで24時間いつでも風呂が使えます。

recommend

スリムエネマ
スリムエネマ (JUGEMレビュー »)

大腸内に直接乳酸菌を取り入れるには、これが一番ですよ。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

長谷園 浅漬器 CT-32
長谷園 浅漬器 CT-32 (JUGEMレビュー »)

これで作っています。

recommend

recommend

トンボ つけもの容器 5型
トンボ つけもの容器 5型 (JUGEMレビュー »)

このタンクが非常に便利なんです。使わないときには重ねて収納できます。

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM