ホウロンポウの使用期限に関して。

  • 2015.11.08 Sunday
  • 04:30
この所新しくホウロンポウを使い始めた方が増えているのか、
連日賞味期限はどれくらいでしょうか?と言う質問が、電話や
メールで寄せられています。

賞味期限と言うのは、食品の場合に使う言葉で、ホウロンポウは
食品ではないので、使用期限と言っています。

その使用期限ですが、生きている乳酸菌を始めとした醗酵状態にある
液体ですので、お手入れと言うかちゃんとお世話をしていれば
1年でもちゃんと使えます。と言うか使えています。(確認済み)

なのでどのくらいの期間使えるかと言う心配は、無用であると思います。

あと取り扱いに関しては、保管をどうするかと言う事も
よく聞かれます。

基本的には、使う人と共生関係にあるので、使っている人が快適と
思う環境に置いてあげるのがベストだと思っています。

冷蔵庫に入れてはダメですか?と言う事も聞かれますが、
完全にダメだと言うんではなく、冬眠状態になるので、
活動を再会するのに、少し時間がかかると言う事なので、
乳酸菌がダメになってしまう訳ではありません。

あと何か疑問質問がある方は、遠慮なくこのコメント欄や
電話、メール等でお寄せ下さい。

よろしくお願いします。

本日もおいで頂き、有り難うございました。




 

電話での問い合わせが多い質問。

  • 2015.08.25 Tuesday
  • 04:20
1週間のうち、3回は確実にあるお問い合わせの内容です。

ネットでホウロンポウの情報を得て、確認の為電話をしてくれている
ようなのですが、お問い合わせを頂く方々の質問内容は、ほとんど
同じような内容なんです。

まずご自身や知人の、具体的な症例をあげ、この症例に効果がありますか?
というのを真っ先に聞かれます。

何をしても良くならないと言う事で、藁をもすがる気持ちは理解出来ますが、
ホウロンポウを、何か万能薬のように期待している感じです。

このブログでは、この件に関しては繰り返しお伝えしていますが、まだまだ
この質問が多いので、再度ご説明をしたいと思います。

ホウロンポウは、善玉菌の代表格である、よもぎ乳酸菌液です。
お薬ではありません。

この乳酸菌液は、生活に取り入れる事で腸内や環境の菌のバランスを
善玉菌優位の醗酵環境に整えることで、免疫力を高めていき、その結果として
本来誰もが当たり前に持っている、自分の体調は自分で改善する力、
自己治癒力を正常化することで、不調が快調になっていくと言う理屈です。

なので、どんな症状に効果があるかと聞かれても、症状は人それぞれなので
要は、具合の悪い事が良くなると言う事で、効果も人それぞれと言う事です。

言い方を変えたら、免役力が高まり自己治癒力が正常になってきたら
どんな不調も病状も、改善されていくと言う事なんだと思っています。

しかしこれだけで完璧であるとは思っていません。

やはり日頃の食生活、生活習慣も大事になりますので、こちらにも
氣を配って欲しいと思います。

それと、それ以上に大切な事は、心配心を持たない事です。
心配する思いを抱えている事が、一番免役を落とすと言われています。

納得のいくまでやるべき事をやったら、あとは安心して明るく生活する事が
健康を維持していく上で、もっとも大切な事では無いかと思っています。

健康な状態の時の人間は、そう簡単にくたばるような柔な存在では無いと思います。

粗食、少食を心がけ、善玉菌を生活に取り入れながら、明るく前向きに
生きていく事が、健康を維持していく上での鍵だと思っています。

あと、ミネラル不足の現状ですので、ミネラルの補給も忘れないように
したいものです。

本日もおいで頂き、有り難うございました。




 

保管方法、使用期限に関して。

  • 2015.07.22 Wednesday
  • 04:22
梅雨もあけ夏本番となり、暑さ厳しい季節になりました。

だからだと思いますが、こんな質問が寄せられています。

暑いので保管場所は、冷蔵庫の方が良いですか? というものです。

乳酸菌は、人と共生していますので、人が活動出来る温度なら問題ありません。
人が暑いと感じるくらいの方が乳酸菌に取っては、活動が活発になります。

と言う説明をしますと、次は賞味期限はどれくらいでしょうか?
と質問が続きます。

ホウロンポウは、飲料としての提供では無いので、本来賞味期限は無いです。
あるとすれば使用期限ですが、こちらも生きているものですので、
基本的には、使用期限と言うものは設定出来ません。

生きていると言う事は、当然活動しています。活動するには餌が必要です。
活動が弱くなってきたら、給餌する事でまた活動が活発になります。

これを繰り返す事で、使用期限は延びていきます。
なので、使用期限も限定出来ないのです。

共生と言う意識があれば、上手く乳酸菌を始めとした微生物さん達と
お付き合い出来、健康維持に大いに役立つと思います。

相思相愛と言う事でしょうか。。

なので、保管場所は、ご自身が一番居心地が良いと思う場所に
保管されるのが最適だと思います。

それと、刺激を与えると言う意味で、ふれあいもよろしくお願い致します。

本日もおいで頂き、有り難うございました。


 

乳酸菌液を摂取する際の工夫あれこれ

  • 2015.05.20 Wednesday
  • 04:31
先日の記事のコメント欄に、クリス様から乳酸菌液の摂取方法のあれこれを
投稿して頂きました。

本当にあれこれといろんな方法がありますね。

こういった情報を、交換したり共有したり出来たら良いと思います。

意外な方法を実践している方がおられましたら、情報の提供をお願いします。

では転載しますので、ご覧になってくださいませ。

以下、クリス様よりの投稿の転載です。
↘︎

 
自分が乳酸菌液を接種する方法(原液を直接飲用しない場合)。
自分は原液大丈夫な人ですが、知人の母親にアドバイスした時伝えたもの。


・野菜ジュースに混ぜて数日たって飲む(すぐに飲んでもOKでしょうが、添加されている余分な糖分を乳酸菌や酵母菌達が食べてくれるので)

・味噌に混ぜて摂取。
味噌汁に直接入れれば簡単だけど、市販の味噌に混ぜて発酵させてから頂く。

・食事毎、汁物に味が変わらない程度に毎日加える(味が変わらない程度にカレーにだって入れる)。

・豆乳ヨーグルトを作ってからスムージーにして食べる。

・子どもの好きな飲み物にこっそり混ぜておく。


工夫知ればまだまだできそうですね^^。

↖︎
転載ここまでです。

確かにこういった方法であれば、匂いや味での好き嫌いは緩和出来ると思います。

情報提供、本当に有り難うございました。

取り急ぎご紹介致しました。

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

ホウロンポウ。紅龍と白龍??

  • 2015.03.24 Tuesday
  • 04:48

本日は、新しく蓬龍宝の情報に接してのお問い合わせの方が
必ず問い合わせてみえる、紅龍と白龍の違いについて、ご説明します。

以下の記載は、昨年の記事で説明したものですから、経過年数は
一年プラスして下さい。

以下転載です。
↘︎


1 蓬龍宝「紅龍」

最初に造り上げた植物性乳酸菌液です。2012年2月より販売開始したので、
既に2年以上の実績のある製品です。
生きている乳酸菌としては、今まで自分で造るしかなかったものを、手軽に
手に入れて、生活環境の中に取り入れる事を可能にしました。
鹿児島県志布志産の蓬から採取した、乳酸菌を始めとする微生物群を採取し
拡大培養したものです。

2 蓬龍宝「白龍」

この製品は、2013年5月から開発研究をスタートさせ、試行錯誤の結果、
2013年9月に販売開始を開始したものです。
現在6ヶ月を経過した段階ですが、お使いの皆様方からは高い評価をいただいています。

この製品の特徴は、培養資材として必須の糖分が、紅龍の黒糖蜜であるのに対し、
白龍に使用している糖分は、北海道産のてん菜(砂糖大根)から、自家製造している
白糖蜜を使用して、紅色をなくしています。

その効果のほどは、同じ蓬から採取した微生物さん達ですから、時間差はありますが
同じになると思っていますが、お使いの皆様の体験報告によりますと、白龍の方が
いろんな面で早く強力なようです。

↖︎
転載ここまでです。

本当に違いと言うのは、これだけなんですが、微生物の世界は奥が深いと言うか
比べてみると、確かに違います。

そこで、初めての方から良く言われるんですが、この両方を1本づつの2本で
送って貰えないかと言うものです。

Amazonさんでは、取り扱いがないんですが、(株)環協開庸研究所並びに
(株)シーズでは、「紅白セット」として、ご用意しています。

どちらにしようか迷った時には、是非ご利用になって欲しいと思います。

こちらでご注文頂けます。

(株)環協開庸研究所 → 
http://www.new-sun.jp/

(株)シーズ  → http://seeds123.thebase.in/

よろしくお願い致します。

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

お問い合わせに関して

  • 2015.03.02 Monday
  • 05:35
お陰様で、皆様の口コミ情報発信により、家族や知人から情報を貰ったと言う
方からお問い合わせを頂いています。

その中に一つ、お答えに困る質問があります。

それは、紅龍と白龍では、どちらが良いでしょうか?と言うものです。

違いについては理解頂けるんですが、どちらが良いかと言われると
お答えのしようがないんです。

体調は、似たような症状であっても、一人一人違う訳ですし、まして
体質も人それぞれ生活習慣により違う訳なので、一概にこうだとは
言えません。

どちらもヨモギの葉から採取した乳酸菌ですから、腸内の善玉菌の応援団として
活動すると思っています。

なので、個人的な相性と言うか、好みで選んで頂くのが最良だと思う次第です。

それから健康オタクではないですが、何か良いと言われたら、すぐに試してみる
と言う方がおられますが、体調が良い時に乳酸菌を摂取しても、これといった
変化は感じられないと思います。

かたやお薬等いろんな事をやっても体調不良が改善されないようなかたが、
乳酸菌を摂取されると、時には劇的な改善が起こる事が報告されています。

なので、とりあえず体調が普通であるならば、生活習慣、食習慣を
気をつけていれば、健康は維持出来ると思います。

そんな中でも不調になるようならば、その時に乳酸菌を生活に取り入れる
といった考え方でも良いと思っています。

話しがそれましたが、紅龍と白龍、どちらが良いかと言われたら、
お好みで決めてもらいたいと言うしかありませんので、ご理解の程
よろしくお願い致します。


本日もおいで頂き、有り難うございました。






 

ホウロンポウと「あい」とミネラル365

  • 2014.11.13 Thursday
  • 04:40
昨日お電話でのお問い合わせを頂いた内容です。

ホウロンポウとあいでは、どう違うのかと言う事と、ミネラルとは何かと言う
お問い合わせでした。

ホウロンポウとaiは、どちらもヨモギの乳酸菌液なんですが、例えて言うと
濃縮飲料(カルピスなど)の、原液がaiで、薄めたのがホウロンポウと言う
関係でしょうか。

乳酸菌を始めとする微生物の濃度が違います。
白龍は、このaiを拡大培養したものになります。

ミネラルとは、今の食生活では不足しがちなミネラルを補給するものであるとともに
体内に蓄積した不要なものを排泄する為に必要なものです。

ミネラルの中でも、微量ミネラルと言われるものが大切で、量もですが種類が
多い程、身体には良い影響があると言われています。

このミネラル365はm80種以上の微量ミネラルが含まれた、体内に
吸収されやすい、イオン化したミネラルです。

このミネラルで、毒出し排泄をし、微生物が活動しやすい体内環境を造り、
乳酸菌を摂取していけば、自然と免疫力が高まっていき、自己治癒力も
正常化して、体調が良くなっていくんだと思っています。

以上簡単ですが、こんな説明をさせて頂きました。

本日もおいで頂き、有り難うございました。
 

ブログの投稿記事からです。

  • 2014.10.27 Monday
  • 03:50
ブログの投稿欄に質問を頂いたんですが、個人情報が入っていましたので
内容から公開にしない方が良いと思い、個人情報を伏せて、こちらで
お答えしたいと思います。

こんな内容の質問でした。
↘︎

はじめまして!
最近、白龍を飲み始めたものです。

ブログから、aiが婦人科系の炎症が気になる方はお試しになられてもとの事でしたが、
どのように試してら良いでしょうか?


生理不順があり、過去には チョコレート嚢胞、多嚢胞性だと診断された事があります。
最近の診断では、何もないよう?ですが、生理不順はありますし、気になる事もありますので、
aiを試してみたいのです。


白龍は気なる症状がある人は100mlから…、365は気になる症状がある人は20ml…と
具体的に書かれてますが、aiはどのように試してみたら良いか教えて下さい。

その際には、白龍や365も一緒に飲用した方が良いのでしょうか?

ここまでが質問です。

まずは婦人科系の炎症には、乳酸菌による膣内洗浄をお勧めしています。
aiを20倍から30倍にお湯で薄めた液を、膣内に送り込んで膣内を善玉菌優位の
醗酵環境にすると言う事です。
(白龍を3倍から5倍にお湯で希釈したものでの良いです。)

私は男性ですので、自分で試す事は出来ないんですが、実際にこれを行って
症状が改善されたという報告を頂いた事があります。

副作用とかの心配はありませんし、薬でもないので、試してみる価値はあると思います。

それから白龍と365の摂取は、不要なものを体外に排出し、善玉菌を取り入れ、
免疫をあげると言う意味ですから、こちらは基本として続けていって欲しいと思います。

以上簡単ですが、質問のお答えでした。

本日もおいで頂き、有り難うございました。



 

ヨモギに関する質問がありました。

  • 2014.10.21 Tuesday
  • 04:20
これまでにも何回かあったんですが、(株)環協開庸研究所が山梨で
あることから、蓬龍宝(ホウロンポウ)に使用しているヨモギや水の
放射能汚染は大丈夫でしょうかと言うものです。

この質問が、またここに来て増えてきています。

蓬龍宝に使用しているヨモギの葉や水は、2011年の当初から変わりなく
ヨモギは、九州鹿児島志布志産を、水は山梨の地下水を使用しています。

特に水は、国内で流通しているミネラル水の半数以上は山梨が取水地に
なっています。

放射能検査はしていませんが、現実の状況から放射能汚染は無いものと
考えています。

乳酸菌普及協会としては、今現在の環境汚染を考えると、様々な汚染が
ある中で、汚染されていない飲食物を手に入れる事は、不可能と言っても
過言ではない状況だと認識しています。
今後ますますこの傾向は強まっていくでしょう。

そこでこの状況でも何とか健康を維持していく事は出来ないかとの想いから
造り上げたのが、この蓬乳酸菌「蓬龍宝」です。

確かに汚染されたものを身体に入れない事が最良ではありますが、現実に
それが不可能となれば、あとは多少の汚染された食材でも、免疫力で
毒出しして、身体に蓄積させない事です。

粗食小食に心がけると良いと思います。

汚染食材を避けたいと言う思いは理解出来ますが、免疫力を高める事で、
このくらいの認識でいないと、ますます食べられるものがなくなると思います。

それからもう一つこんな質問がありました。

ヨモギアレルギーなんですが、蓬乳酸菌は摂取出来ますか?と言うものです。

ヨモギの成分が原因でアレルギーになるそうなんですが、蓬龍宝は
ヨモギジュースでは無いので、ヨモギの成分がそのまま含まれている訳では
ありません。

あくまでもヨモギの葉に付着している乳酸菌を始めとする微生物を、分離
洗い出して、それを拡大培養しているので、心配は無いと考えています。

しかしこれは実際に経験がないので、実際にはお試しいただくしかありません。
申し訳ありません。

本日は素材に関する質問のご紹介でした。

本日もおいで頂き、有り難うございました。








 

こんな質問がありました。

  • 2014.10.11 Saturday
  • 04:52
数日前に頂いた質問と体験報告です。

以下転載です。

質問: 初めまして、
よもぎ乳酸菌をペットボトルに詰め替えて海外旅行に
持っていこう
と思うのですが、やはりペットボトルの底は炭酸飲料用の底が
ロケットみたいなタイ
プのボトルを使った方が宜しいでしょうか?

ちなみに、毎日朝と晩歯を磨いた後口に含んでから飲むと口がすっきりします
歯茎も引き締まったような感じで毎日飲むのが楽しみです。

顔のホクロも薄くなってきました。シミにも塗ってその効果を待っている所です。
ですので、海外にも持っていきたいと思います。

恐れ入りますがご回答賜りたくよろしくお願い致します。

◯◯ ◯◯

転載ここまで。

お泊まりで出かける時には、持っていきたいと思うのは、誰しも一緒だと思います。

小さな事かもしれませんが、同じような事を思っている方もあるかもと思い、
ご紹介させていただきました。

質問に対してのお返事は、こんな内容でした。

容器に対しては、おっしゃる通り耐圧のボトルの方が良いと言う事。
それと、液体のものは、必ず預け荷物の中に入れる事。
機内持ち込みの手荷物の中では、場合により没収の恐れがある事。

以上の内容をお伝えさせて頂きました。

でも、海外にまで持っていってまでも使いたいと思って貰える事は、
本当に有り難く、感謝です。有り難うございます。

本当に些細な事でしたが、ご紹介させて頂きました。

本日もおいで頂き、有り難うございました。


 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

乳酸菌エステサロン!


upクリックできるよup
乳酸菌発酵サロンです拍手
手浴足浴で乳酸菌を
いっぱいの愛と光で
深呼吸しちゃいましょうおてんき

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白)
蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白) (JUGEMレビュー »)

これがあればお手軽に蒸留水が使える生活が出来ます。一日4Lあれば充分だと思うので、寝ている間に出来ちゃいます。

recommend

超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放
超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放 (JUGEMレビュー »)
名倉 仟
ミネラル365の身体に及ぼす影響を詳しく解説してくれている一冊。健康を望む方の必読書ですね。

recommend

国産クエン酸(結晶) 900g
国産クエン酸(結晶) 900g (JUGEMレビュー »)

クエン酸で薬いらず・・・
神薬・・・かも・・・

recommend

スーパー風呂バンス1000
スーパー風呂バンス1000 (JUGEMレビュー »)

これは優れものだと思います。保温ようなので、電気代もさほど気にならないで24時間いつでも風呂が使えます。

recommend

スリムエネマ
スリムエネマ (JUGEMレビュー »)

大腸内に直接乳酸菌を取り入れるには、これが一番ですよ。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

長谷園 浅漬器 CT-32
長谷園 浅漬器 CT-32 (JUGEMレビュー »)

これで作っています。

recommend

recommend

トンボ つけもの容器 5型
トンボ つけもの容器 5型 (JUGEMレビュー »)

このタンクが非常に便利なんです。使わないときには重ねて収納できます。

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM