痛みどめ(消炎鎮痛剤)−万病を起こす「悪魔の薬」!?

  • 2018.03.18 Sunday
  • 03:29

少し前に体験談としてご紹介した、鎮痛剤(痛みどめ)の

使用が、蓬龍宝の摂取で止める事ができたという方が

おられましたが、この方の知人も痛みどめの使用を止める事が

出来たそうです。

 

医者に言われるまま、何の疑問も持たず痛みどめを

飲んでいる方が、大多数だと思いますが、この痛みどめと

いう薬の実態は、私も含め知ろうともしてこなかった事は

事実だと思います。

 

そこで痛みどめの詳しい情報が書かれている記事がありましたので

じっくり読んでみたら、なんとも恐ろしい実態がわかりました。

 

腸内環境が発酵環境になっていく事で、体温も上昇しますので

痛みどめも止める事ができたのかなと思いました。

 

こういった情報は、一人でも多くの方に知って欲しいと

思いましたので、以下にご紹介したいと思います。

 

以下転転載します。

 

痛みどめ(消炎鎮痛剤) - 万病を起こす「悪魔の薬」。すぐやめろ!

 

 

クスリは飲んではいけない!」(船瀬 俊介著 徳間書店」より転載。

 

●飲むから痛みはひどくなる。

“痛みどめ” は「病をつくるクスリ。 使い続けてはいけない」(安保教授)

さらに「飲むから痛みはひどくなる」。 服用しているあなたは、耳を疑うでしょう。

 

「“痛みどめ”のおクスリを出しておきましょうネ」

医者はやさしく言う。 ありがとうございます。 こちらは、少し頭を下げる。

どんな病院でも、見かける光景だ。 そもそも“痛みどめ”の薬って、いったいなんだろう?

 

それは、頭痛、腰痛、ひざの痛みから生理痛まで処方される。

それどころか歯医者さんまで抜歯のあと、「“痛みどめ”飲んでくださいね」と出す。

 

これらをお医者さんの世界では、消炎鎮痛剤と呼ぶ。

文字通り「炎症」を消して、「痛み」を鎮めるために投与する。

患者が訴えるとありとあらゆる「痛み」に用いられる。

 

患者は、「これで痛みがとれる。ありがたい」と、医者に感謝する。

医者の言うとおり、まじめに服用する。しかし、それが思わぬ悲劇の入り口となる。

 

そんなことは、でれも気づかない。 知りもしない。 医者は、ぜったいに教えてくれない。

 

●やめれば痛み、病気も治っていく

 

これら“痛みどめ”の薬は、大別して三種類ある。

 

_鯒鎮痛剤」(昔からある)

非ステロイド系・消炎鎮痛剤

モルヒネ

 

たかが“痛みどめ”なのに、こんな種類があることにビックリしてしまう、

安保教授は、「消炎鎮痛剤を常用してはいけない」と厳しくいましめる。

 

「体調が悪い、病気がなかなかよくならない。 このような場合は、

なにか薬を常用していないかどうか振り返ってみましょう。

 

たとえば頭痛持ちの人や、生理痛で悩んでいる人は、痛みがくるたびに

“痛みどめ”(消炎鎮痛剤)を使っていませんか」 (『「薬をやめる」と病気は治る』 安保徹著)

 

消炎鎮痛剤を「使い続けてはいけない」 理由は「作用が強い」、「交感神経を緊張させ」

「血流障害をおこし」、「顆粒球が組織破壊する」、「炎症を起こし痛む」…。

 

痛みの原因は、“痛みどめ”だった!

 

先生の著書」『「薬をやめる」と病気は治る』 は、まさに いいえて妙。

現在医療に対する皮肉というより笑い話だ。

 

薬の量を減らしたり、薬をやめたりすることで現在抱えているさまざまな不調や

病気は治っていきます。 あきらめることはありません。

 

これこそ、本書がいちばん真実だ。

“痛みどめ”も同じ。

 

痛みから解放されたかったら、痛みどめをやめなさい

 

●痛みはクスリの禁断症状

痛みを引き起こすのは体内のプロスタグランジンと呼ばれる成分。

消炎鎮痛剤はこの成分を減らす。 よって知覚神経がマヒし痛みは、“一時的”に和らぐ。

 

痛みが起こるそもそもの原因は、血流障害です。

消炎鎮痛剤でプロスタグランジンの産生を無理に抑えてしまうと、血管が閉じ

血流障害はさらに悪化します。 知覚が鈍麻(どんま)して痛みがおさまっても

根本原因である血流障害は改善されないままです」(安保教授)

 

やれやれ、痛みがとれた、と安心して “痛みどめ” を飲むのをやめる。

すると、体は血流を再開させるために、再びプロスタグランジンを動員して血管を開く。

また痛みがぶり返す。 だから、また“痛みどめ”を飲む。 まさにいたちごっこ。

 

はやくいえば、消炎鎮痛剤が切れた禁断症状が“痛み”なので。

だから頭痛持ちなら、「頭痛薬」が手放せなくなる。

病院がドラグ中毒患者をつくっている。

 

「非ステロイド抗炎症解熱剤で脳症になる!」

浜六郎医師も警告している。「動物実験でもこの解熱剤を投与した群は

死亡例が10倍に跳ね上がる」という。

 

●病院ではまる “悪魔のサイクル”

消炎鎮痛剤の悲劇は、さらにここからが始まりだ。

この薬剤は常に交感神経を緊張させ、慢性的な血流障害を起こす

 

「血流障害は全身の細胞の活力を奪い、さまざまな病気を招きます。

消炎鎮痛剤を常用している人の中には、血流が途絶えてしまうために冷えや

耳鳴り、めまい、頭痛、腰痛を併発している人が少なくありません」(安保教授)

 

さらに長期使用していると、「怒りのホルモン」と呼ばれるアドレナリンが増加する

これは毒蛇の毒の二、三倍といわれる毒性をもつ。 それが体内をめぐる。

 

だから気分が悪くなる。イライラ、ムカムカする。

「それに連動っして顆粒球が増加し、活性酸素が治療発生し、組織破壊が進みます」(安保教授)

 

あなたが腰痛を患って、医者を訪ねたとしよう。

 

腰痛→消炎鎮痛剤を使う→腰の痛みがぶりかえす→消炎鎮痛剤を使う→ ……

交感神経の緊張→顆粒球の増加→血流障害→組織破壊(炎症)→

痛み悪化→消炎鎮痛剤の増量 ……

 

「病院に通ってるけど腰痛がひどくなった」という人は、このサイクルに引きずり混まれているのだ。

さらに交感神経緊張は <……リンパ球減少→免疫力低下→発ガン・感染症……>など万病を

招き、さらなる悲劇を引き起こす。

 

●病院でさらに地獄のクスリ漬け

たかが “痛みどめ” されど “痛みどめ” …。

 

それが引きおこす病気の数には、めまいがする。これらの症状に悩むひとは、まさか、

それが医者が処方してくれる鎮痛剤は、引き金とは死ぬまで気がつかない。

 

--「便秘」、「排尿障害」、「口の渇き」、「不眠」、「高血圧」、「疲れ」、「だるさ」、「不安」、

「恐怖」、「やつれ」、「頭痛」、「腰痛」、「不妊」、「頻尿」、「関節痛」、「子宮内膜症」、

「胃かいよう」、「胃炎」、「痔」、「歯槽膿漏」、「白内障」、「急性肺炎」、「膵炎」などなど。

 

<中略>

 

●おなか、お尻が氷のように冷たい

「消炎鎮痛剤」は炎症を抑えて痛みをとる。 そのために血流を止めて患部を冷やす。

つまり血流障害を起こす。常用しているひとは、全身が血流障害となる。

 

だから全身が冷える。

痛みどめを使っているひとは、体がものすごく冷えている。

手足やお腹、お尻がまるで氷のように冷たい」。

 

これは臨床現場の医師達の証言。

さらに「消炎鎮痛剤を長く使っている人で、頭痛に悩まされている人があまりに多い」。

 

昔から「冷えは万病のもと」という。

あらゆる病気は血流障害、つまり「冷え」から発病する

 

だから”痛みどめ”(消炎鎮痛剤)は、「悪魔の薬」でしかない。最期に待つのが発ガンだ。

「ガン細胞は低体温ほど増殖が激しい」からだ。

 

痛みどめ→低体温→発ガン・抗ガン剤・放射線→免疫力低下→ガン悪性化→衰弱 →

…死亡……。 この死のサイクルをたどった犠牲者は、何十万人もいるだろう。


 

こわいですね…。

痛みどめ(消炎鎮痛剤)を常備している方って結構いますよね。

ご一考ください。

 

 

転載ここまでです。

 

常備して使い続けるというのが、一番良くないようですね。

 

実際に乳酸菌の摂取で、痛みどめを止められた方が複数名

おられますので、現在痛みどめを常用している方がおられましたら

弊害のある痛みどめではなく、善玉乳酸菌の摂取をしてみたら

いかがでしょうか。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

花粉症に関する情報です。

  • 2018.03.08 Thursday
  • 03:23

本日の記事は、電話で花粉症に関しての情報が欲しいという方が

おられましたので、3年ほど前の記事になりますが

参考になればと思いましたので再度掲載いたします。

 

以下再掲載です。

 

今年の花粉の飛散状況は、平年並みだそうですが、

去年が少なかったので去年から比較すると、2倍の量になるようですね。

花粉症でお悩みの方々にとっては、憂鬱な季節の到来ですね。

ホウロンポウをご愛用の方の中には、花粉症の症状が改善された、
あるいは消えてしまったと言う体験をされた方が、数多くおられると思います。

私の身近でも、夜安眠が出来ないくらいの重症の花粉症も改善して、
気にならないレベルまでになった方も、実際におられます。

植物性乳酸菌には、侮れない力が実際にあると言う事でしょうね。

以下に、世間の常識というか、一般的に皆様が認識している

花粉症の情報を載せましたので、お目通し下さいませ。

以下、貼り付けです。

 

花粉症対策、早めがポイント!
監修/北村 聖
東京大学医学教育国際協力研究センター 教授

 

 花粉症の原因となる花粉はスギ花粉が1番多く、花粉症患者の7割といわれます。スギ以外にもヒノキ、シラカバ、ハンノキ、ケヤキ、コナラなどの樹木、またカモガヤ、ブタクサ、ヨモギなどの草花の花粉も花粉症を起こすことが知られています。
 花粉症でスギ花粉が1番の原因になるのは、全国の森林面積の18%、国土の12%を占めるという広大なスギ林が生み出す花粉量の多さによります。スギ花粉の飛散量がきわめて少ない北海道や、スギの木がない沖縄では花粉症患者もわずかです。


花粉症の起こる第1段階は、花粉が人の鼻や目の粘膜に付着することです。
粘膜にある免疫関連細胞(リンパ球)が花粉を異物(抗原)として認識すると、抗体(IgE抗体)がつくられます。
次に、再び花粉が粘膜に付着するとそこには抗体が待ち構えていることになります。花粉を認識した抗体は、肥満細胞といわれる細胞を刺激してヒスタミンやロイコトリエンなどの化学物質を放出させ、抗原である花粉を追い出そうとします。
ヒスタミンは鼻粘膜の神経を刺激してくしゃみを起こさせ、鼻水で花粉を洗い流そうとします。
 花粉を体の外に追い出そうとする体の反応が、くしゃみや、鼻水、鼻づまりという症状として現れます。
 花粉症になる人と、ならない人がいるのは、体内に侵入してきた異物に対して生まれつき抗体ができやすいかどうかという遺伝的な違いと考えられています。


 花粉症の三大症状は「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」という鼻に現れる症状です。
 また、眼に現れる症状としてかゆみ、なみだ目、結膜の充血なども多くみられます。
 重症になると、食欲減退、悪心などの胃腸症状、頭重感、全身倦怠感などの全身症状も現れます。
 風邪との違いは、花粉症では連続したくしゃみであること、鼻水が水のように無色でさらさらと流れるように出てくること、発熱や喉の痛みがないことなどです。
 花粉症になると、毎年花粉の飛散する時期に、決まって同じ症状を繰り返すようになります。また、花粉の飛散量が多いほど症状は重くなります。


 花粉症の検査には鼻鏡検査、鼻汁好酸球検査(鼻水の中の好酸球が増加しているかどうか)、血液検査(花粉に対するIgE抗体の有無や量、好酸球の増加を調べる)、皮膚テストなどがあります。


 花粉症は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの三大症状以外に季節性や花粉飛散量などとの関係から診断可能です。
 また、花粉症は症状の違いから、くしゃみや鼻水が主な「くしゃみ・鼻汁型」、鼻づまりが主な「鼻閉型」に病型を分けます。
 重症度は、くしゃみ発作の回数、鼻をかむ回数、鼻づまりの状態から評価します。


 花粉症の治療には、薬物療法、減感作療法、手術療法があります。
 また、症状による病型と重症度に基づいて、適切な治療法を選択します。
 花粉症の原因になるスギ花粉は、1月に飛散が始まり、5月の初旬まで続くのでこの間をいかに乗り切るかがポイントです。

 

花粉症であることがわかっている場合の治療法です。花粉が飛散し始める2週間くらい前から薬の服用を開始します。花粉シーズン中の症状を軽減させることを目標にした治療で、第2世代抗ヒスタミン薬などの抗アレルギー薬を使用します。特に、重症度が中等症以上の場合に効果的な方法とされます。

 

症状が強くなってから開始する治療で、第2世代抗ヒスタミン薬と経口ステロイド薬の一時的な服用やステロイド点鼻薬なども使用します。

 

初期療法や導入療法で症状が改善した場合、その状態を保つことを目的とした治療法です。花粉が飛散している間は、治療を継続します。
薬の種類 薬の作用など
ケミカルメディエーター
(化学伝達物質)遊離抑制薬
「クロモグリク酸ナトリウム」
「トラニラスト」など
肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエン、トロンボキサンなどの化学伝達物質が放出されないように抑える薬です。十分な効果が出るまでに約2週間かかります。
第1世代 抗ヒスタミン薬
「d‐マレイン酸クロルフェニラミン」
「フマル酸クレマスチン」など
くしゃみや鼻水を抑えて花粉症の症状を改善しますが、眠気などの副作用があります。
第2世代 抗ヒスタミン薬
「塩酸セチリジン」
「フマル酸ケトチフェン」
「塩酸エピナスチン」など
新しいタイプの抗ヒスタミン薬です。
第1世代に比べると効果は弱めですが副作用が軽減されています。
抗ロイコトリエン薬
「プランルカスト水和物」
ロイコトリエンの作用を抑える薬です。
特に鼻づまりを改善するとされますが、効果が現れるまでに約2週間かかります。
抗トロンボキサン薬
「ラマトロバン」
トロンボキサンという化学伝達物質の作用を抑える薬です。
ステロイド薬(鼻噴霧用)
「プロピオン酸フルチカゾン」など
強い鼻づまりを改善するときなどに使用します。直接粘膜に届くため、副作用は少ないとされます。
ステロイド薬(経口用)
「ベタメタゾン・d‐マレイン酸クロルフェニラミン配合剤」
重い症状の場合、1週間以内に限って使用します。
点鼻用血管収縮薬
α交感神経刺激薬
鼻の粘膜の血管を収縮させて鼻づまりを一時的に改善しますが、連続使用すると効果がなくなり、逆に鼻づまりがひどくなる場合があります。

 

 花粉症の原因となる抗原(花粉)を、少しずつ増やしながら注射し、アレルギー反応を弱めていく治療法です。
 アレルギーを治すことができる唯一の根治療法ですが、2〜3年と長期間続ける必要があるうえ、必ず治るとは限りません。
 ごくまれに、ショックなどの副作用がみられることもあり、注意が必要です。

 

 鼻の粘膜の一部をレーザーで焼いて、花粉が付着してもアレルギー反応が起こらないようにする治療です。
 比較的安全に行うことが可能とされますが、粘膜は再生するので花粉症も再発するといわれます。


室内に入る花粉を防ぐ
 花粉が付着しやすい素材の衣服着用は避ける。また、家に入る前には、衣類や髪に付着した花粉をはたき落とす。
室内での飛散を防ぐ
 スギ花粉は湿気を含むと重くなって落下します。このため加湿器を利用し、室内の湿度を上げれば空中での浮遊を防ぐことができます。
体に入る花粉を防ぐ
 外出時にはマスクや眼鏡、帽子を着用することで体に入る花粉を効果的に防ぐことができます。普通の眼鏡でも、目に入る花粉量を3分の1くらいまで減少できますが、花粉症用の眼鏡は4分の1くらいまで減少できるといわれます。
 また、マスクは最も効果的な花粉症防護グッズです。普通のマスクでも水で湿らせたガーゼを中にはさむことによって90%以上の花粉をシャットアウトできます。


貼付けここまで。

一読されてお分かりのように、結局病院で、お薬でなんとか

しましょうと言う方向になっています。

しかし薬には、必ず効果と共に副作用と言うものがセットに

なっていると言う事実を忘れる訳にはいきません。

(これはほんとの事ですよ)

植物性乳酸菌摂取で、症状が改善されると言う事実がこれだけ

多くの方から報告があると言う事は、それぞれ何らかの効果が

あると言う事ではないでしょうか。

私が育った時代は、こんなに花粉症が話題になる事も無かったです。
いかに今の時代、免疫力が低下して、バランスが崩れているという

事でしょうか。

このバランスを整えるのには、薬ではなく微生物の働きというか、

共生が必要と考えています。

(その代表格が植物性乳酸菌であると思っています。)

医学の進歩は目覚ましいと言われますが、それなのになんで病人が、

また病氣が減らないんでしょうか? 減るどころか、病人の数は

増え続けていますよね。
 

素晴らしい矛盾だと思いませんか?
なぜなのか?・・・・・・・・その訳は言わずもがな、

わかる人は解っていますよね。。

花粉症に関する話題でした。

本日もおいで頂き、有り難うございました。
 

 

白髪ができるメカニズムと、すべてが味方という見方!?

  • 2018.02.16 Friday
  • 03:25

 

年齢を重ねると共に増えてくる白髪。気にする人も

かなりの数になるようですね。

私自身は自然のままにという考えなので、白くなるに

任せていますが、禿げるのと比べたら(禿げている人すいません。)

白くなる方が良いと思っていますので。

特に女性の方々は、白髪が悩みと言う方が多いようです。

白髪染めが手軽な方法ですが、この白髪染めも注意しないと

健康を害する原因にもなるようですし、なかなか難しいものです。

何事も原因が分からないと、対処も出来ないですよね。

 

何故白髪が出てくるのかを知らないと、どうしたら良いのかが

分からないと言う事でその白髪ができるメカニズムを、

解説してくれている記事がありましたのでご紹介致しますので,

一読してみてはいかがでしょうか。

この白髪が出来るメカニズムを知る事で、何らかの対処法に

気付くかもしれません。

以下転載しますので、ご覧になってみてください。

以下転載文です。

 

【 白髪ができるメカニズムと
      すべてが味方という見方 】

 

白髪について何回かに分けて取り上げてきましたが
白髪のメカニズムというものについて今回は見ていきたいと思います。

 

あまり白髪は、病気とも関わりがないということではあるのですが、
しかし、見た目が違ってきますのでできれば、白髪よりも黒髪がいい
というのが当然あると思います。

 

黒髪は、なぜ黒く見えるのかといえばこれは「メラニン」という
褐色の色素があるからです。

 

髪を黒く見せる「メラニン色素」は、細胞を紫外線から守る役割も

あるそうです。

 

細胞の核にはDNAという大切な情報があります。
 

このDNAは紫外線に弱く、もし壊れてしまうと
重大な病気になる可能性が高くなるのです。

 

だから、そういったことから守ってくれるのが,メラニン色素になります。

 

また毛母細胞のすぐ側「メラノサイト」(色素細胞)
という細胞があるのですがこれが白髪と深く関わっていて

このメラノサイトの機能が低下するとメラニン色素を作ることができなくなり、
髪の毛が白く見えてしまうのだといいます。

 

では、メラノサイト(色素細胞)の機能が低下するのはなぜなのか・・・?
ということになってきます。

 

以下、引用してみます。

 

「実は誰でも毛根で髪の毛が作られた瞬間は白髪なのです。
そこに瞬時にメラノサイトが黒い色素を埋めていくため、髪が黒くなるのです。

 

つまり、髪の毛そのものを作る工場(毛母細胞)と、
その髪の毛に色を付ける工場(色素細胞)は別物なのです。

 

このうち色素細胞だけが弱り、色素を作れなくなると
白髪となって生えてくるわけです。

 

そもそも、黒色の正体、メラニン色素の原料は髪の毛を構成している

18種類のアミノ酸の中の一つであるチロシンです。

 

そしてメラノサイト(色素細胞)はこのチロシンをチロシナーゼという

酸化酵素によって褐色のメラニン色素に変えていくのです。

 

つまり、アミノ酸のひとつ「チロシン」がチロシナーゼによって、

メラニン色素に変えられていくというのが髪が黒くなる原理のようです。

 

となると、チロシナーゼという酸化酵素がしっかりと機能していく

必要がありますがこのチロシナーゼが働くには「ミネラル」のなかの

特に「銅」が必要になってくるのだといいます。

 

銅がなければ、このチロシナーゼは正常に働いてくれません。

 

アミノ酸のひとつ「チロシン」とミネラルのひとつ「銅」は
黒髪を作る上で絶対に不可欠なのです。

 

「チロシンは、チーズや納豆、豆腐、バナナなどに多く含まれます。

 

また、チロシンは銅ミネラルと一緒に摂ると効果的です。

 

納豆、豆腐には銅ミネラルも含まれるので白髪予防にはピッタリの食材です。

 

その他、レバー、桜エビ、ほたるいか、いいだこ、ごま、ココア、紅茶なども
銅ミネラルを多く含みます。

 

ということで、参考にしてみてください。

 

これらも大切ですが
「ミネラル」全体のバランスも大切です。

 

(日野堅也の「健康と若返りの本当のことを学べるメルマガ」より)


転載ここまでです。

何かミネラルが鍵のようですね。

今の食生活には、ミネラルが不足していると言うのは、

本当の事ですのでミネラルをきちんと補給していく事が大切ですね。

食品からミネラルを摂取するのが理想なんですが、そんな食品が今は
本当に希少な存在になってしまっていますので。

そんな時にお役に立てそうなのが、ミネラル365なんです。

これで白髪だけでなく、髪の毛が生えてきたという体験談も

過去には頂いたことがありました。(これは事実です)

 

本当にミネラルの果たす役割は、多大なものがあります。

どうぞ気になる方がおられましたら、実践してみてください。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

生活の知恵情報?

  • 2018.02.06 Tuesday
  • 03:31

身近にあるもので出来る生活環境改善の情報です。

こういった事は、積極的に広報されていないので、知らない方が
ほとんどだと思います。

知識の一端として知っておく事は良いと思います。
応用として何かの役に立つ事もあるかもしれませんからね。

以下転載致しますので、ご覧下さい。


10円玉の効力は凄かった!10円玉に隠された驚きの効果とは!?
 

お財布を開けると、たくさんの小銭が増え続けていませんか?重くて厄介者扱いされやすい10円玉には、実は、驚くべき力が隠されていたのです。

それは10円玉の材料である、銅の力なのです!

 

台所の排水口や三角コーナーに一枚10円玉を入れておきましょう!

出典 http://www.pikaichi-japan.net

嫌なドロドロやヌメリが出にくくなります。

 

花瓶の中に10円玉を入れておきましょう!

出典 http://makeit.joyfulhonda.jp

水が腐りにくくお花が長持ちしますよ。

 

お風呂のバスタブの中にネットに入れた10円玉を入れましょう!

出典 http://sumai.panasonic.jp

レジオネラ菌やO-157の発生を抑制するのです。
残り湯の活用で節約効果もアップ!

 

1日履いた靴の中に10円玉を入れましょう!

出典 http://www.amazon.co.jp

雑菌の繁殖が抑えられ、嫌な靴の臭い防ぎます。
湿気対策に丸めた新聞紙をプラスすると、更に効果的です。

 

家の周りの水場にもネットに入れた10円玉を入れましょう!

 

出典 http://photozou.jp

蚊の発生を抑えることができます。
蚊の幼虫のボウフラが食べる微生物が10円玉効果で死滅するので、蚊が成長できないんです。

さびた10円玉よりも綺麗なピカピカの10円玉のほうが効果があるのです!

 

食酢に漬けるときれいになります。化学的には酸化第二銅を除去するものなら何でもいいです!

出典 http://www.kisa1.co.jp

 

ピカピカの10円玉を使いましょう!

出典 http://photozou.jp

 

 

10円玉は銅でできているわけですが、この銅には殺菌効果と雑菌を分解する効果があります。

よって靴に10円玉を入れておくと靴の臭いの原因となっていた雑菌がいなくなり、臭いがなくなるというわけです。

靴の臭いを消すには、片方に少なくても5枚、理想は10枚の10円玉を入れること。このくらい入れて初めて靴のいたるところまで殺菌効果が行き渡ります。

10円玉を1枚入れたところで、その10円玉の周りしか殺菌効果が反映されません。10円玉で靴の消臭をしたい場合は、たくさんの10円玉を入れるようにしてください。

出典 http://xn--n8jx27vmrn.com

 

こんなに、たくさんの便利な効果があるとは、知りませんでした。
銅の殺菌効果はやはり10円玉の枚数にも比例するようです。
是非、試してみて下さいね!



転載ここまでです。

この記事を読んで感じた事なんですが、ここにある事例のほとんどが
ホウロンポウを使った方々の体験報告と一致または類似している事です。

なんか不思議な感想を持ちながら見てしまいました。

ホウロンポウをお使いの方々の中には、同じような感想をお持ちになった
方もおられるのではないでしょうか。

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

 

保険制度は搾取システム!?

  • 2018.01.23 Tuesday
  • 03:23

今日ご紹介する記事は、常識ではちょっと信じたくないというか

信じられないと思われる内容だと思うんですが、このブログで

皆様に伝えようと思っている事柄が良く表現されている

内容だと感じたので、シェアさせてもらいました。

この保険制度は、私自身もこれまでは必要なものだと認識して
60年近く生きてきました。

しかし健康とは何かと言う事に氣付き、実践するようになった今では
生命保険はおろか健康に関する任意保険には、一切入っておりません。

保険と言うのは病氣になる事を前提としていますから、なんで
病氣になるのかが理解出来れば、その必要性は当然少なくなります。

更に自分に起きる事は、全て必要な事で有り難く感謝で受け止める
という心境に本心からなれたら、保険というものは不要に成ります。

と言う事で、全ての任意の健康保険は、止めました。

社会保険は法律で決まっている事なので、入っています。

あと車の保険だけは、任意保険にも加入してます。
相手のある事なので、自分が注意しているだけでは防げないので・・・

と言う事で、以下の記事をお読み頂きたいと思います。

以下引用記事の転載です。


 

保険制度は搾取システム

 

わたしは国民健康保険と社会保険は最低なシステムだと考える。
いっそ、1994年のアメリカのクリントン大統領の時のように、
保険制度をなくしてしまったほうがいいと思っている。

 

 


まず、国の税金の収入は年間40兆である。
そして、国の医療費は年間37兆である。
これは簡単にいうなら家庭で月40万の収入があれば、
37万は医療費に使っている
という、極めて狂った状況である。

 

 

 

更にがんは年間20兆の巨大ビジネスであり、国防費の4倍になる。
抗がん剤は毒ガスをダイヤの錬金術に変えるお金になるビジネスである。
1g=3億3170万円の抗がん剤(ペグイントロン)が一番高い抗がん剤である。

 

 

膨大な利益が、抗がん剤メーカーや病因、医師の懐に転がり込む。
かれらには原子力村のような腐敗した権力構造であり、「がんマフィア」の
呼称がふさわしい。マフィアとは、人を殺して膨大な利益を上げながら、
法の裁きを受けない連中のことだ。

 

 


ペグイントロン注射器1本分(10cc)で33億円。ジェット機が買えてしまう。
ただ絶句するのみである。その他、1グラム数百万円の抗がん剤がゴロゴロある。
これら驚倒する金額が、ロックフェラーなど国際医療マフィアの懐に
怒濤のように流れ込んでいるのだ。

 

 


価値ゼロの猛毒物が、抗がん剤のラベルをペロッと貼ったとたんに
ダイヤモンドに変身する。がん利権で肥え太るがんマフィアたちにとって、
こたえられない甘い汁だ。一方で、猛毒物質を打たれる哀れながん患者たちは、
その毒に苦悶しながらつぎつぎに死んでいく。

 

 


抗がん剤の正体は、生命を殺す細胞毒なのだ。だから、投与しつづけると
全身の組織、器官が絶叫する。副作用は挙げたらきりがない。
元々ナチスの開発した窒素マスタードガスという毒ガスが抗がん剤のルーツであり、
最初から毒なのである。

 

 


厚労省K技官は、抗がん剤が「がんを治せない猛毒物質なのは周知の事実だ」
と言ってのけた。厚労省保険局のM課長は、公のシンポジウムの場で、
「抗がん剤は、いくら使っても、使っても効かない。
こんな薬を保険適用していいのか!」と公言している。

 

 


これが医療の闇であり、保険制度とは厚生省や製薬会社、
医学界がグルになった悪魔の金融搾取システムであり、
国民のお金を貪るのを誤魔化すカモフラージュなのである。
有り難くともなんともない、最低最悪の制度である。

 

 


こんな制度は廃止して、自然治癒力を元にした予防医学の道を
日本人は選択する必要があり、医者など救急医療以外の9割は
淘汰されたほうが人類のためである。こんなものを有り難がるのは
洗脳された深い奴隷状態の人間だけである。

 

 


我々はヒポクラテス (紀元前460〜357年)と呼ばれる
現代医学の父と呼ばれる賢人の言葉をきちんと知り、
それを実践していかなければならない。
知識とは、人の役に立てるために存在するのだ。

 

 


「食べ物について知らない人が、どうして人の病氣について理解できようか。
病人に食べさせると、病氣を養う事になる。
一方、食事を与えなければ、病氣は早く治る」

 

 


「満腹が原因の病氣は空腹によって治る。
我々の體を構築しているものは食物以外の何物でもない。
汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ。
食べ物で治せない病氣は、医者でも治せない」

 

 


「人間は誰でも體の中に百人の名医を持ってる。
人間がありのままの自然体で自然の中で生活をすれば120歳まで生きられる。
病氣は、人間が自らの力をもって自然に治すものであり、
医者はこれを手助けするものである」

 

 


我々は医療の殺戮と搾取システムに乗っかる必要はない。
そのために真実を知り、きちんと自分で選択することが必要になるのである。
自分の生命、健康を守るのは自分である。
だからこそ、正しい選択をしていこう。




転載終了です。

本当に知って欲しい事が、書かれていると思います。

これって本当の事だと私は思っています。

何かの参考になれば有り難いです。

 

健康維持の基本は、いつもお伝えしているように発酵生活で

免役を正常化するようにしていく事だと思います。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

病は「氣」から、氣は「言葉」で変わる!?

  • 2018.01.21 Sunday
  • 05:04

世の中には、身体に良いと言われるものが、ネットを見ると

山のように溢れています。

しかしこれらの中で、これだけあれば他にはいらないと

言うものは存在しません。効果のある人もいれば、

無い人もいます。

これは、物質そのものも勿論大事だとは思いますが、

やはり意思の力が大きいと思わざるを得ません。

プラス思考の方とマイナス思考の方とでは、同じことを

しても結果は違ってくると思っています。

そんな事に関した記事がありましたので、

ご紹介致したいと思います。

以下引用記事を転載します。

 

病は「気」から、気は「言葉」で変わる。



 

昔から「病は、気から」とよく言われています。


病気になりやすい人とそうでない人。

流行りの風邪をすぐにひいてしまう人と、ほとんどひかない人。


その人の「気」の持ち方によって、病「気」の周波数に同調してしまう人と、それには「気」を合わせない人。

人との付き合いも「気の相性」や「気の持ち方」で大きく変わっていきます。


一人一人の「気の出どころ」は、その人の「心のあり方」に大きく影響しています。
それは、いままでの人生のさまざまな経験を通して得た「気づきの集大成」。

いわば、膨大な量の記録が蓄積された、潜在意識のプログラムです。

 

でも、一見強固そうに見えるそのプログラムは、いつでもアンインストールして、本当に望む幸せバージョンへと入れ替えることができます。

その、幸せ人生づくりのアプリケーションは、『言葉』です。

 

言葉は『意志を持ったエネルギー』です。


昔から日本では人が発する言葉は「言霊(ことだま)」といわれ、ひとつひとつの言葉には強いエネルギーが秘められているとされてきました。

 

「ありがとう」「嬉しい」「よかった」「ツイてる」、こんな言葉を言ったり聴いたりするだけで、人の心はとても穏やかになりハッピーなエネルギーが湧いてきます。

 

自分自身が心地よくなる「言葉」は相手の気持ちもよくしますし、それが廻り廻ってその場全体の雰囲気や運気も良好になっていきます。

さらに言葉は、私たちの「脳や心や体」にもとても大きな影響を与えています。


佐賀県にある東洋医学と西洋医学を統合したYHC矢山クリニックの矢山利彦先生によりますと、
「ありがとう、感謝します」といったプラスの言葉を使う人には、
その言葉が持つ「快」のイメージ情報が、大脳にある大脳辺縁系と基底核に伝わるそうです。

その結果、脳内に緊張状態を解くセロトニンが増え、また快の神経ホルモンの、ドーパミン、エンドルフィンも増えて、病気や痛みの原因となっていたストレス物質をとりのぞく作用があるとのことです。

反対に「つらい、苦しい、もう嫌だ」といったマイナスの言葉を言い続けると、そのマイナスの言葉が持つ「不快」のイメージ情報によって、悪玉と呼ばれるアドレナリンやノルアドレナリンといった神経ホルモンが出て、心拍数も上昇し心も攻撃的かつ衝動的になるということです。


言葉が「脳や心や体」におよぼす影響はとても大きなものがあります。

 

私も以前はよく流行り風邪をひいていましたが、この言葉の使い方に「気」をつけるようになってからは、ここ十数年まったく風邪をひかなくなりました。

 

病は「気」から、気は「言葉」で変わります。

 


そして、その「言葉」の効果を、最大限に拡げるものこそ、
一人一人の想いのちから、『想像力』です。

 

本来は誰もが生まれながらに持っている、

自由な『想像力=イメージ力』を多彩に使えれば、それだけで

 

・能力や体調や感情をコントロールしたり、

・望む結果や出会いやモノや情報を引き寄せたり、

・自他共に幸せになれる、「自他実現」の人生を歩めるようになります。

 

『自由で多彩な想像力』は、

脳と心と体の健康や、人生そのものを豊かにしていきます。

 

山岡尚樹 <尚>


転載終了です。

話しは変わりますが、最近薬による副作用が増えていると言う

ニュースの中でここ数年の移り変わりを、棒グラフにしたものが

あったんですが、2011年を境に、そこから年々大幅に増えて

いっています。

これは薬の副作用と言っていますが、推測すれば皆様の免疫力が

低下してきており今まででは何とかなっていた事柄も、身体が

処理出来なくなっていると言う事になっているとも考えられます。

2011年に、何があったかは言うまでもありませんが・・・・・

ともかくプラス思考で発酵生活に励んでいきましょう。

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

 

水を飲まないとどうなるのか?

  • 2018.01.17 Wednesday
  • 03:24

 

生きる上で、空気と共に絶対必要と言って良いものが水ですが
この水と言うのは、あるのが当たり前すぎて、ほとんどの方は
その水のプラス面とマイナス面を考えようともしませんね。

でも何事も基本を知ると言う事は大事です。

ここに水に関してのプラス面マイナス面を解説してくれている

記事がありましたので、私自身も含め水とは何かを学びたいと

思い、この記事をご紹介する事にしました。

以下引用記事の転載です。

 

水を飲まないとどうなるのか?

 


by Sean Stephens

生命活動のために水は必須の要素のひとつですが、「なぜ水を毎日飲まなければいけないのか」や、水を飲まないと何が起こるのかを解説したムービーが「What would happen if you didn’t drink water?」です。

What would happen if you didn’t drink water? - Mia Nacamulli - YouTube

 



水は地球上のどこにでも存在します。


例えば、土に含まれる水分や……


陸地を覆う氷帽


生物の細胞内にも、水分が含まれています。


住んでいる場所や、BMI、年齢、性別によって多少異なりますが、人間の体は平均して55〜60%が水分でできています。


生まれたての赤ん坊の場合、なんと体の75%が水分で構成されています。


魚の体にも人間の赤ん坊と同じくらい水分が含まれています。


人間は、1歳を迎える頃には、体内に含まれる水分が65%ほどに減少します。


水は生物の体内で一体どのような役割を果たしていて、健康を保つためには1日にどのくらい水が必要なのでしょうか?


水には、関節を保護する役割や、体温調節機能や、脳と脊髄の成長を助ける役割があります。


人間の体内では、水は血液だけでなく、臓器にも含まれています。脳や心臓は4分の3が水分でできていて、これはバナナに含まれる水分とほぼ同量。


肺の水分量は、リンゴとほぼ同じ83%。


骨は31%が水分でできています。


このように人間の体にはもともと水分が含まれているにもかかわらず、なぜ毎日水を飲む必要があるのでしょうか?


人間は毎日、2〜3リットルの水分を、汗や尿、呼気から失っています。


失った水分は、毎日こまめに補給して、体内の水分量を一定に保つ必要があります。


水分が不足しすぎたり、逆に水分を取りすぎたりすると、どちらも健康に大きな被害が及ぶ可能性があります。


体内の水分のバランスを保つ働きは、脳の視床下部が担っています。体内の水分が少なくなると、視床下部の感覚受容器から利尿を妨げる抗利尿ホルモンが分泌されます。


抗利尿ホルモンは腎臓に届き、水分子のみを通過させる「アクアポリン」というタンパク質が作られ、血液中に吸収される水分量が増加します。


このため、尿に含まれる水分が減り、尿の色は通常よりも濃くなります。


水分不足が続くと、元気がなくなり、気分の悪化、肌の乾燥、血圧低下、思考力の低下などの悪影響が起こります。


脳が水分不足になると、普段よりも多くのエネルギーを必要とするため、一時的に脳の大きさが縮むこともあります。


一方で、水分を短時間で過剰に摂取しすぎると、低ナトリウム血症を起こします。


体を激しく動かして水分をたくさん摂取するアスリートは、低ナトリウム血症になりやすいと言われています。


水分をしっかり取っていれば、抗利尿ホルモンの分泌が抑えられますが、水分を取り過ぎると、逆に抗利尿ホルモンの量が極端に減ってしまいます。


そのため、血液中に含まれるナトリウムイオンが水で薄まり……


細胞が水で膨張します。


体内に水分が増えすぎると、腎臓で血液をろ過して老廃物を尿として排出する働きが制御できなくなり、水中毒になってしまうこともあります。


水中毒の症状は、頭痛、吐き気、呼吸困難などが起こり、最悪の場合は死に至ることもあります。


このような水分不足・水分過剰を防いで体内の水分量を保つためには、「1日にコップ8杯分の水を飲むといい」というのが通説です。


また、体重や生活環境に合わせて摂取する水の量を調整するべきです。


目安としては、男性は1日に2.5〜3.7リットル、女性は2〜2.7リットルの水を飲めばいいとのこと。


水分を取るには水を飲むがベストですが、紅茶やコーヒーなど他の飲料でもOK。


飲料以外にも、食事に含まれる水分で、1日の水分の摂取量の5分の1をまかなうことができます。


イチゴ、キュウリ、ブロッコリーなどの野菜は、90%が水分で構成されています。


飲料や食事から毎日水分をしっかりと取ることで、心臓発作、糖尿病、ガンのリスクを減らすことができるという研究結果もあります。



転載はここまでです。

当たり前すぎて考えもしなかった水に関するあれこれでした。

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

 

万病に効く超簡単運動!?

  • 2018.01.09 Tuesday
  • 03:25

私事で恐縮なんですが、60代も半ばを過ぎてくると

運動不足もあり老化が氣になっていたので、何か運動をと

思っていたところ、本日ご紹介する「両手振り運動」と

いうものがある事を知りました。

 

そこで早速生活に取り入れてみるという事で、3日程前から

1回200回を5セットで、1日1000回をやっています。

 

なにせまだ3日ですので、確信とまではいってませんが、

確かに体は暖まりますし、体の動きも少しは良くなってきた

ような、氣はしています。

 

そこでとっても簡単な運動なので、この情報は共有しようと

思いご紹介する事に致しました。

 

なにか運動をと考えている方がおられましたら、参考にして

頂けたらと思います。

 

引用転載元はこちらです。

➡️http://magokorode.com/2014/08/12/ryoutefuri-undou/

 

以下転載です。

↘︎

 

禅の創始者考案の両手振り運動で癌まで治る!?万病に効く超簡単運動

 

両手振り運動

 

両手振り運動は癌を含む万病に効くと言われる

奇跡のような運動ですが

その方法が超簡単でビックリします!

 

だって両手を振るだけ!

この動く画像を見て頂いたら

誰でもできるってわかります。

 

両手振り運動は

達磨大師が伝えた「易筋経」の中に記されている

中国秘伝の健康長寿法だそうです。

 

達磨大師は別名ボーデイ・ダルマという通り

インドの禅の創始者ですが

易筋経という健康長寿法を考案し

インドから中国に伝えたそうです。

それで中国秘伝になったんですね。

 

両手振り運動のやり方は動く画像にあるように

両手を前後に振るだけなんですが

足は肩幅に開いて立ち

両手はまるで下に物を投げるように

少し勢いをつけて振り下ろします。

 

でも勢いをつけすぎると肘が痛いので

軽く勢いをつける感じですよ。

 

腕は前に行くときも曲げないと解説されている

日本語の動画などもありますが

この中国語の『甩手疗法治百病』という文献によると

腕が前に行くときは

自然に肘を曲げるのが良いそうです。

 

両手も握らず、軽く開いている感じで

手のひらを内側に向けて

リラックスしてやって下さいとのことです。

 

下に物を投げる感じで両手を振り下ろすと

勝手に両腕が後ろに行って

また前に戻って来るので

その動きをずっとくり返すだけです。

 

動く画像チャクラのようなものが

背骨にそって記されていて

そこをエネルギーが上下しているのがわかると思いますが

このようにチャクラがしっかりとつながることで

万病が治るそうです。

 

達磨大師はチャクラなんていう

しゃれた言葉は使っていないとしても

呼び名や理屈は何であれ

その重要さを知っていたことは確かです。

 

瞑想でチャクラを活性化させることは

もちろん達磨大師の大得意としたところですが

秘伝の運動としても

それができることを知っていたんですね。

 

両手振り運動

 

さて、万病に効くということは

全ての病気に効果があるということですが

わかりやすい例を挙げると

高血圧

心臓病

半身不随

肝硬変

腎臓病

関節炎

視力回復、白内障、色盲などの眼の病気

神経症

精神分裂症

などなど

あらゆる病気が含まれます。

 

船井幸雄氏はこの運動を「両手振り体操」として

広く世に広めたそうですが

船井幸雄氏自身も

毎朝1000回この運動をすることで

0.05だった視力を約3年で0.9まで回復させ

その後はメガネが不要になったそうです。

 

この両手振り運動を研究された故関英男博士

80代からこの運動を始められたそうですが

1日2000回行うことで

胃癌が治ってしまったそうです。

 

その後90歳を過ぎても毎朝2000回を続け

どんどん若返り、元気になるばかりか

視力も良くなり

96歳で他界されるまで

現役で博士として活躍されていたそうです。

 

関英男博士によると

病気治療のためには1日2000回

単なる健康維持のためには1日500回

この両手振り運動をするといいそうです。

 

一度にやらなくても250回ずつなどに

分けてもいいそうです。

 

やってみるとわかるのですが

100回ぐらいなら約1分でできます。

けっこうあっという間です。

やろうかどうか考えているうちに

やったほうが早いと思いました。

 

やっているとすぐに体が熱くなってきて

けっこう筋肉を使っているのがわかります。

夏は1分もしないうちに汗が出て来ます。

 

安保徹氏は船井幸雄氏との共著

『医者いらず老い知らずの生き方』の中で

両手振り運動について

猫背が治り、姿勢が良くなる

 

インナーマッスルが鍛えられる

つまり体の中の小さな筋肉が鍛えられるので

身のこなしが軽やかになる

だからパッと立ち上がったり

スタスタと速く歩いたりできるようになる

 

後ろに腕を振ったときに胸腺が開くので

胸腺の働きが活発になる

 

というようなことを述べています。

 

何だか両手振り運動の効果は

すごすぎてビックリですが

意外とシンプルな動きに

絶大な効果があるんでしょうね。

 

達磨大師も自分の秘伝の健康法が

インターネットで紹介される日が来るとは

思わなかったでしょうけど

真実は永劫なりですね。 😛

 

 

↖︎

転載ここまでです。

 

どのくらい先になるかはまだわかりませんが、何か目に見えて

効果が現れた時には、報告したいと思っています。

 

超簡単な運動の情報でした。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

 

糖尿病も高血圧も薬で抑えてはいけない!?

  • 2017.12.16 Saturday
  • 03:28

現代は、これまでの数百年の中では、最も医療環境は
進んだ環境になっていると、誰もが信じて疑わないものです。

しかし最も進んだ医療環境の中で、病人の数が増え、医療保険が
増大を続けている事実は、何かおかしいとは感じませんか?

今の医療では、対症療法では、患者は減らないと言う事ですね。

それなのになぜ、具合が悪くなると病院の言うままに、対症療法
(投薬治療)をしてしまうんでしょうか。

具合の悪い原因を調べてもらう事は、必要だと思いますが
治療を薬に頼っているから、根本治癒が出来ないのだと思います。

薬はリスクと言いますが、まさしく薬にはそれぞれ副作用が
あります。

それを承知で摂取していれば問題はないんですが、多くの皆さんは
副作用の事など考える間もなく、いわれるままに摂取しているのが
現実ではないでしょうか。

こんなに医療環境が発達する前の時代でも、人間は生き続けて
来ている事を考えれば、元来もっとたくましいと言うか、
自己治癒力が備わっていると言う事を知るべきでしょう。

この力を発揮させるには、薬は必要ないのです。
というより邪魔するだけの存在です。

といったような事を、素人の私が力説してもどうにもなりませんので、
実際に治療にあたっている専門家の方が、この事に関して
情報発信してくれていますので、ご紹介します。

 

引用元はこちらです。

→ https://ameblo.jp/kaifukuken/entry-12130809054.html

 

以下転載します。

糖尿病も高血圧も薬で抑えてはいけない!

 

テーマ:薬はいらない!

 

今日は糖尿病も高血圧も薬で抑えては

いけない!をつぶやきます。


 

今日のつぶやきは私の大切な仲間の一人

に向けてのつぶやきと現在進行形で私の

施術所にて、高血圧や糖尿病などの慢性

的なからだの不調(痛みや病)を根本治癒

させる為の努力をしている不調者さん達に

も共通するつぶやきとなります。

 

 

またまた世の中の常識(実は非常識)に

逆らうつぶやきですので、聞く耳を持た

ない人にとってはどうでも良いつぶやき

と成りますのでスルーされても結構です。

 

 

 

慢性的なからだの不調(痛みや病)の症状

は、からだの自然治癒力(自己治癒力)が

元の状態(健康な)もしくは生命維持に必要

となる為の反応を指し示しているものです。

 

要するに症状とはからだの不調(痛みや病)

を自らの力である自然治癒力(自己治癒力)

が治すために引き起こしているということです。

 

???・・・

 

・・・ですよね。

 

 

例えば血糖値が上がる原因を探ると・・・

 

★血流障害(毛細血管の破損)があり

  血糖(ブドウ糖)が細胞へ上手く運ば

 れていない

 

★細胞の受け取り口が閉じている

 

★インスリンを作り出す膵臓機能の働きが

  弱っている


 
 

 

インスリンの働きは細胞の受け取り口の蓋

を開ける働きに加え、血中に余ったブドウ

糖(糖質)を排除してくれています。


 
 

排除しきれていない血糖(ブドウ糖)はヘモ

グロビンという赤血球の中にあるタンパク質

の一種と結合してグリコヘモグロビンを形成

します。


 

赤血球の寿命は約4ヶ月(120日)とされて

いるので、グリコヘモグロビンの数値は赤血

球の寿命の1〜2ヶ月前辺りの血糖値の平

均を示す値としてはとても参考になります。

 

 

通常、血液の中の血糖の値は。。。

 

空腹時・・・80〜110mg/dl未満で正常

 

★70以下で低血糖、160以上で糖尿病

 

 

食後(2H)で80〜140mg/dl未満で正常

 

★220以上で糖尿病

 

 

グリコヘモグロビンHbAICの値は4.6〜

6.2%で正常

 

★8.4%以上で糖尿病

 

。。。と診断されて蟻地獄の始まりである

薬漬けの治療(対症療法→その場しのぎ)

を余儀なくされてしまいます。

 

 

しかし、薬(インスリンなど)はそうなる原因

を治す代物ではなく、数値を化学物質で

抑えこむ→臭いものに蓋をする一時的な

措置でしかありません。

 

臭いものに蓋をすればする程にその症状

は悪化(正常な機能が働か無くなる)の一途

をたどります。

 

その証拠に一旦始まった薬の服用者の対症

療法(その場しのぎ)は一生涯続くことを強

要され脅されて薬漬け治療法を余儀なくさ

れてしまっています。

 

※そんなバカな治療法を真に受けている

  医療奴隷は救いようがありません(苦笑)

 

 

慢性的なからだの不調(痛みや病)を治す

とは、薬も病院通いもしなくて済むようにな

る!!・・・という意味です。

 

薬を服用している間は治らない!どころか

ますます酷くなる一方なのです!!

 

 

糖尿病の薬漬け治療を行うと。。。

 

★末梢神経障害が起こってくる

 

・・・歩行困難・失明などの合併症

を引き起こし続ける・・・

 

 

★人工透析患者にされてしまう

 

・・・医療にとっては一番の儲け口となる

一日置きに透析が待ち構えている・・・

・・・・・・

 

30年前にはそんなに存在していなかった

透析を行うクリニックが、糖尿病の治療薬

を呑むように成った国民(医療奴隷)が増

えた結果、透析クリニック(一番儲かる)が

至る所に存在している原因なのです。

 

 

糖尿病や高血圧などのガンも含めた生活

習慣病は『食生活』『生活習慣』『血流障害』

『運動不足』『ストレス』などの改善さえ行えば

普通に改善されていきます。

 

 

現代医療が行なっている薬漬け治療の

対症療法(その場しのぎ)の意義とは・・・

 

★儲け口の顧客である患者さんが治って

  しまっては困る

 

★医原病を作り続けることにより儲けるシ

  ステムの上に成り立っている

 

・・・・・・

 

要するに製薬企業との癒着の上に成り立っ

ているシステム(薬漬けの患者を増やして

医原病を作り儲けるシステム)なのです。

 

※突発的に起こってしまう事故や即刻に

  命に関わる事態を治める為の緊急医療

  だけは必要ですが。。。

 

 

絶対ではありませんが、断薬・食生活・生活

習慣や血流障害などの改善で殆どの慢性的

なからだの不調(痛みや病)は根本治癒 され

ていきます(マジで!!)

 

自分のからだは自分で守れるようになりましょう!

 
医療奴隷は騙されていることに早く気付くのだワン!

                    ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 

では、また・・・


転載ここまです。

専門家の方の情報なので、少なくとも
私よりは信憑性は感じられると思います。

人によりますが、薬の副作用と言うのは
本当に怖いものがあります。

薬は使わないのが一番だと確信しています。

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

便秘を解消する方法:モチリンを活性化する!?

  • 2017.12.14 Thursday
  • 03:22

便秘でお悩みの方から良く質問を受けることがあります。

 

かなり長期で乳酸菌や豆乳ヨーグルトを摂取し続けているけれど

思うように便秘が改善されないので、どうしたら良いかといった

質問です。

 

こういった場合、乳酸菌だけでは便秘の解消が難しいと思います。

やはり食生活を含む生活習慣の結果が今の状態であることは、

否定のしようがないことなので、こういった時には、根本から

見直しが必要になると思います。

 

その中の一つである、腸の動きを活性化し排便を促す消化管ホルモンの

モチリンですが、このモチリンに関する記事がありましたので、ご紹介します。

便秘でお悩みの方は、意外と多いのですが、その解消方法となると
なかなか難しいようで、便秘薬のCMも相変わらず多いですね。

基本は、食事の間隔、空腹時間をどれだけ取るかと言う事のようです。
詳しくは、以下の記事をご覧下さい。

以下転載します。
↘︎

 

 

便秘を解消する方法:モチリンを活性化する

 


便秘になる原因は様々なのでその対策も様々です。

今回は便が出るために腸がどうやって動くのかを考えての対策です。


腸が動くのは様々な要因があるのですが
その1つが消化管ホルモンのひとつモチリンです。

このホルモンが分泌されると腸が活性化されます。


このモチリンは空腹時に分泌されます。

食事をしてから消化が終わるのは大体8時間以上かかります。

つまり食後8時間以上たたないとモチリンは分泌されないのです。


普通3食食事をされている方は
5時間〜6時間の間隔で食事をしていると思います。
朝食7時 昼食12時だと5時間ですよね。
それから夕食を18時にとると6時間です。

そうすると空腹になるまえに
習慣的に食事をしている人も多いのでは無いでしょうか?

お腹は空いていても
まだモチリンが十分分泌されていないかも知れません。

そうなると腸の動きが弱くなっているかも知れません。


便秘になりやすい食生活になっているかもしれませんよ。


ここで勘のいい人は気づきますよね。

 

「夕食後、翌朝の7時までは12時間空くぞ」 と


そうなんです、この時間は便秘の人には重要な時間なんです。
寝て起きたときが一番モチリンが分泌されやすいのです。


「朝が排便の時間である」理由の1つですね。


つまり対策はの1つは
しっかりと空腹時間を作ると言うことになります。


夜食が良くない理由がわかりますね。


そして、このモチリンの分泌を促進する物質が有ります。


それが、ジンゲロールとカテキンです。


ジンゲロールはショウガに含まれる成分です。
カテキンはお茶に含まれますね。


この2つを積極的にとることでモチリンの分泌が促されて
腸の動きを活発にできます。


空腹時間をしっかりととる。
モチリンが分泌されている朝にショウガとお茶を摂る。


これで、腸の動きが促進され便秘解消に役立ちます。



↖︎
転載ここまでです。

これはと思った方は、生活習慣の中に取り入れて欲しいと思います。
便秘は苦しいものですから、解消されたら嬉しいですからね。

 

なかなか思うように便秘が改善されない方々にとって

ひとつのヒントになればと思います。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

乳酸菌エステサロン!


upクリックできるよup
乳酸菌発酵サロンです拍手
手浴足浴で乳酸菌を
いっぱいの愛と光で
深呼吸しちゃいましょうおてんき

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白)
蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白) (JUGEMレビュー »)

これがあればお手軽に蒸留水が使える生活が出来ます。一日4Lあれば充分だと思うので、寝ている間に出来ちゃいます。

recommend

超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放
超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放 (JUGEMレビュー »)
名倉 仟
ミネラル365の身体に及ぼす影響を詳しく解説してくれている一冊。健康を望む方の必読書ですね。

recommend

国産クエン酸(結晶) 900g
国産クエン酸(結晶) 900g (JUGEMレビュー »)

クエン酸で薬いらず・・・
神薬・・・かも・・・

recommend

スーパー風呂バンス1000
スーパー風呂バンス1000 (JUGEMレビュー »)

これは優れものだと思います。保温ようなので、電気代もさほど気にならないで24時間いつでも風呂が使えます。

recommend

スリムエネマ
スリムエネマ (JUGEMレビュー »)

大腸内に直接乳酸菌を取り入れるには、これが一番ですよ。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

長谷園 浅漬器 CT-32
長谷園 浅漬器 CT-32 (JUGEMレビュー »)

これで作っています。

recommend

recommend

トンボ つけもの容器 5型
トンボ つけもの容器 5型 (JUGEMレビュー »)

このタンクが非常に便利なんです。使わないときには重ねて収納できます。

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM