強酸温泉に浸かってきました。その2

  • 2016.03.23 Wednesday
  • 05:56
昨日の続きです。

ともかく今回は、強酸温泉に浸かるのが目的ですので、まずはホテルで
情報収集です。

万代源泉というのが、温度も高く(95℃前後)PHも1.5と強酸です。

そこでまずは自家用車で、湯畑までいったんですが、大渋滞で身動きも
とれず、また駐車場も満杯で止める事も出来ません。

そこで湯畑周辺は、明日にしようと言う事にして、何とか渋滞から脱出。
明日に予定していた、西の河原露天風呂に向かいました。

こちらがHPです。→
http://sainokawara.com/spa.html

ここは万代源泉を引いていて、PH1.7くらいだとスタッフの方は言ってました。

道路沿いの無料駐車場に車を止めて、雑木林の中を下っていくんですが、
その距離は、約500メートル。
行きは5分程度で着きました。帰りはおそらく倍以上かかりそうです。
(帰りは思いのほかキツく、時間も3倍かかり、おまけに翌日筋肉痛 笑)

露天風呂が近づいてきたときにまず目に入るのが、男性の露天風呂です。
木の塀で囲まれてはいますが、遊歩道は上からおりてきますので、
覗こうと思わなくても、自然と眼に入ってしまいます。
いわゆる丸見え状態でしたよ。

そして源泉かけ流しですから、常時川に温泉が流れ込んでいて、湯気が
上がっていました。
そして川底が緑色になっているんですが、これは何かと訪ねたら、
なんとこけの一種だそうでした。

早速強酸の温泉に浸かってみましたが、確かにぴりぴりとした感触で、
最初は肌を刺すような感覚がしました。

湯温も高く、おそらく43℃はあったと思いますが、5分と浸かって
いられないくらいでした。
浸かったり上がったりを30分くらい繰り返し、あがったんですが、
温まり方が、半端ないかんじで、当分の間発汗が止まりませんでした。

そして初日は大きな露天風呂だけで終わり、ホテルに戻りました。

そこでホテルの送迎サービスを知る事となり、夕食後に行く予定だった
温泉にも、送迎をお願いしました。

翌日はチェックアウトを済ませてから、車を預かってもらい、再度
送迎をお願いし、昨日車の中から見ただけの湯畑周辺に行きました。

その湯畑の脇に立つ、御座の湯という温泉に入りました。
こちらです。→
http://gozanoyu.com/what.html

ここは万代源泉と湯畑源泉という2つの源泉の風呂がありましたが、
より強酸の万代源泉のほうに集中的に30分ほどほど入りました。

行く前には、この強酸温泉水を持ち帰ろうと容器を積んでいったんですが、
汲める場所はなく、飲泉もしようと思っていたんですが、
それも禁止だそうでした。

なぜ飲めないのかを尋ねたら、スタッフの方言うには、歯が溶けるとか
胃が荒れるとか言うんですが、ちょっと考えただけでも矛盾してますよね。

歯が溶けたり胃が荒れるような強烈な温泉水なら、それに浸かると
効能があると言うより、危険があると言う事なりませんかね。(笑)

これは飲む事によって、体調が良くなるので、あえて飲んでは行けない
ことにしてあるとしか思えません。(かなりの妄想ですが・・・ハハ)

この御座の湯は、源泉の出口が近かったので、源泉で顔を荒い、眼も洗い
そして万代源泉と湯畑源泉の両方を飲んでみました。

確かに万代源泉の方が、より酸っぱかったです。
飲んで感じた事は、「あら〜〜〜これってミネラル365と同じ味がする〜〜〜」
って事でした。

眼を洗った時には、素晴らしい刺激があり、悶絶寸前でしたが、
すぐに治まりました。(笑)

ここも素晴らしく温まる温泉でした。
(源泉が一緒だから当然ですね  笑)

そしてその後湯畑周辺を散策して、迎えの車でホテルに戻り、
山梨に戻りました。

二日間共に素晴らしい天気に恵まれ感謝でした。

以上かいつまんで私事をつぶやかせて頂きました。

本日もおいで頂き、有り難うございました。


 

強酸温泉(PH1.7前後)に浸かってきました。

  • 2016.03.22 Tuesday
  • 05:52
天候に恵まれた連休も終わりました。
皆様は充分に楽しみましたでしょうか。

今日からまた通常の日常が再開ですね。

さて私事で恐縮ですが、日月の連休を使って、群馬は草津温泉の
強酸の温泉に行って参りました。

草津の強酸温泉には直前の金曜日に行こうと思い立ち、
必死で予約サイトを巡りましたが、なにせ宿泊の2日前では、
既に空き部屋は皆無の状況でした。

しかし諦めの悪い所が私の良い所でもあり悪い所でもあるので
それでも諦めずに探していたところ、温泉はないのですが、草津温泉の
入り口に位置する雑木林のなかにある、「丘のうえのホテル」という
宿泊施設の最後の一部屋が、なんとなんと予約がとれたんです。

こんな素敵なところでした。
ホームページはこちら→
http://www.ne.jp/asahi/kusatsu/okanoue/

これは月曜の朝に撮影したものです。


温泉は、権利関係から使えないそうなのでありませんが、車でわずか
5分程度で、草津温泉の中心地、湯畑まで行けちゃうんです。

これが21日の午前10時30分の湯畑で〜す。



それにその周辺は、なかなか駐車が大変で、それだけで時間を使ってしまう
んですが、なんとこのホテルでは、1回500円で送迎をしてくれるんです。

自分の車はホテルにおいておいて、送迎で温泉巡りをするって言うのは、
もの凄く合理的で、ストレスフリーですよね。

帰りも電話すれば、5分程度で迎えにきてくれるので、時間が有効に
使えちゃいます。

それからこのホテルは、設備的には各部屋に浴室はついていないんですが、
貸し切りの風呂は、無料、有料とあるそうです。

しかしここは草温泉の入り口で、5分程度で温泉三昧ができるので
使う必要もなかったです。

ともかくわがままを気持ちよく受け入れてくれるホテルでした。

本題の草津温泉の強酸温泉についてのお話は、長くなりますので
次回にしたいと思います。

私事でした。

本日もおいで頂き、有り難うございました。






 

1ヶ月前に採取した、榊の切り口に根が生えました。

  • 2016.03.08 Tuesday
  • 04:42
今朝程、神棚にお供えしてある榊の葉の勢いが弱くなってきたので
取り替えようと、1ヶ月程前に採取してミネラル水で保存していた
予備の榊の枝を取り出してみた所、見事に根が生えていました。

いつもこうなる訳ではありませんが、ミネラルの濃度とか、小枝の
勢いとかの影響だとは思いますが、ともかく立派な根が生えていたんです。

こんな感じです。




底の方をよく見て頂けると解ると思いますが、確かに根が生えているのが
解ります。

コップから出したものがこれです。



見事に根が生えているのが解ります。
根が生えると言う事は、切り枝になっても成長を続けていると言う事ですね。
なんか感動してしまいました。

生きる力を活性化してくれる、ミネラルの力を再認識しました。
当然人体も理屈は同じ事だと思いますので、ミネラルは必須ですね。

私事で恐縮でしたが、嬉しくて思わず紹介してしまいました。(笑)

本日もおいで頂き、有り難うございました。


 

私事で恐縮ですが・・・

  • 2016.01.10 Sunday
  • 06:53
このブログも早いものであと二月程で、丸4年になります。
お陰様で徐々に乳酸菌の事を知ってくれる方が増えてきました。

そこでここ数日、これからの方向性と言う事で模索していました。
完璧な結論とは言いませんが、今年はこれでいこうと言う方向を
決めましたので、ご報告したいと思います。

この4年に渡る期間で、環境も食品も劣化が進み、その実態も
徐々に明らかにされてきています。

これまでは、その危険性についての情報も多く取り上げてきましたが、
その危険性をいちいち気にしていたら、食べるものも無くなり
正常なこれまでの生活も出来なくなる程です。

そこで、発酵生活の推進と、粗食、少食の実践をすると言う事を前提に、
今後はこのような否定的なマイナス意識の情報は、極力控えるようにして、
出来るだけ、肯定的なプラス情報を中心に、情報発信をしていこうと
考えました。

現実と言うのは、その人が想った(意識した)事が、形となって
現れたものですから、マイナス意識でいたら、マイナスの結果を
引き寄せてしまうのは、当然の結果です。

ですから、常にプラス意識を持つようにしてといっても難しいのですが、
どのような事も、プラス面をとらえて認識すると言う事です。

人間の持つこの能力は、誰もが持っている力で、心が楽しく
ワクワクするような状況になれば、その想いは必ず
形となって現実化されると言う法則だそうです。

物事が上手く行かないのは、自分の心が自分にブレーキを
かけているだけなので、このブレーキを解除したら前に進める
と思います。ブレーキを解除するには、そのリスク以上の
楽しい事を想い実践する事で、前に進めると思います。

やりたい事があったら、決めて・信じて・楽しく行動することです。
過去を振り返ってみれば、誰しもそんな経験をした事を
思い出すのではないでしょうか。

そのやりたい事が実現した時に喜ぶのが自分だけではなく
より多くの人が共に喜ぶ事の方が、実現は早いです。

一人一人が自分だけでなく、周りの人達も喜んでくれる事を
想ったら、みんなが喜びに溢れ、幸せを感じるのではないでしょうか。

不安、不平不満は、マイナス意識なので、ここから生まれる現実は
マイナスの現実となります。

反対に感謝、希望、上機嫌といったものは、プラス意識ですから
ますます感謝したい事、嬉しい事、機嫌が良くなる事が起こります。

乳酸菌普及協会では、この法則を踏まえ、マイナス意識を持ち込まず
プラス意識で物事をとらえていくと言う事を基本に、情報発信を含め
活動していく事といたしました。

ここからはお願いですが、これからは時々妄想が炸裂する事が
あるかもしれませんが、全てをプラス意識でとなると、かなりの部分
妄想が妄想を呼ぶような表現になることが予想されます。(笑)

そんな時には、よろしければそんな妄想にもお付き合い頂きますよう
お願い申し上げます。(笑)

勝手な事をあれこれ申しましたが、これからはこんな基本で
いきたいと言う、私事の報告でした。

本日もおいで頂き、有り難うございました。




 

乳酸菌普及協会の今後の活動について

  • 2014.10.15 Wednesday
  • 04:52
ここの所、更新が飛び石になってしまっているので、毎日おいでくださっている皆様には
本当に申し訳ないと思っています。

蓬乳酸菌「蓬龍宝」が出来上がって提供を開始してから、
もうすぐ3年が経過しようとしています。

製品の性格上、メーカとしての情報には限界があり、その為にこの普及協会を立ち上げ
情報発信に努めて来ました。

3年前にはまだまだ乳酸菌は現在のような認識は無く、乳酸菌や微生物の情報発信を
主力に行ってきましたが、時代は変わり、ここ最近はブームと言えるくらい乳酸菌の
情報が溢れるようになりました。

こういった状況になると、所詮素人に毛の生えた程度ですから、専門家や医療関係者、
大手メーカの情報にはとても対抗出来るものではありません。

また発信した情報に、間違いがあってはいけませんので、余計情報発信が難しくなっています。

特に先月半ばからは、新しく蓬乳酸菌に興味を持たれた方が増え、質問、お問い合わせも
増えています。

そんな状況の中でのブログの更新だったので、これも毎日更新出来なかった理由の一つです。

そこで、今後は乳酸菌や微生物に関する専門的な情報は、ネット検索で収集して頂く事を
お願いしたいと思っています。
勿論こちらで目についた情報は、共有していく予定です。

乳酸菌普及協会としては、本来の目的である普及活動に力を入れる事にしたいと思います。

またこういった製品は、ご愛用者の体験報告が普及には不可欠となります。
多くの方々の、いろんな体験があって、初めていろんな方のいろんな場面に活用出来る
ことになるからです。

そんな意味でも、ご理解ご協力をお願い致します。

今後こういった観点で、情報の発信をしていきますので、宜しくお願い致します。

私事で恐縮ですが、勝手を申しました。

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

私事で恐縮ですが・・・

  • 2014.06.22 Sunday
  • 22:00
今日は、記事のアップが今になってしまいました。ごめんなさい。

昨日から岐阜県で、業界の全国総会に出席し、そのまま泊まりになってしまったんですが、
ホテル内でのwifiの調子が今ひとつで、結局いつもの時簡にはアップ出来ませんでした。
面目ないです。

で、この時間になってしまったので、本日体験した出来事を、速報でお届けしたいと思います。
とんでもなく私事で恐縮なんですが、お付き合い下さい。(笑)

今日は、甲府に戻る道すがら、名古屋で用事を1件こなして、その後東海自動車道経由で
戻ろうと考え、そのポイントに岡崎市があったので、その岡崎市に何か神社はないかと
リサーチしてみたら、岡崎城の中に、なんとなんと龍を祀った「龍城神社」(たつきじんじゃ)
があるではありませんか。  http://home1.catvmics.ne.jp/~tatuki/index.htm


(蓬龍宝の名前のごとく、私は龍が大好きなようです。)

そしてお参りをするべく神社の鳥居をくぐろうとしたその時、戦国武将の衣装を身につけた
女性が現れました。

コスプレですか?と訪ねたら、いいえ、私は戦国最後の女武者【小松姫】と名乗ってくれました。
こちらです。 http://aoibushoutai.com/

グレート家康公葵武将隊という8人のカッコいい若者からなる集団の一人、小松姫でした。
そこで思わず記念写真とあいなった次第です。(笑)



後ろの見えるのが、岡崎城の天守閣です。

その後、岡崎城の天守閣に上がり、岡崎の町並みを見ながら、戦国への想いをはせ、
家康公の銅像と、神馬の銅像も写真に収め、一路甲府に戻って来ました。



で、今甲府に戻りこれを書いている訳ですが、私は神社が大好きなようです。(笑)

各地では、必ず神社を探しお参りするようにしています。

本当に皆様に取っては、それが何かの世界ですが、私事で恐縮です。

本日もお付き合い頂き、有り難うございました。



 

私事で恐縮ですが・・・

  • 2014.06.13 Friday
  • 03:40
私事で恐縮ですが、先週日曜日に天の岩戸を開いた神々様をお祭りしている、
長野県にある、戸隠神社の前社(宝光社)、中社、奥社に参拝にいってきました。

詳細はこちらでご覧下さい。http://www.togakushi-jinja.jp/shrine/index.html

その帰り道に、竹細工のお店を見つけたので、衝動的により込んでみました。

そうしたら、職人姿の男性が、竹籠を編んでいる最中でした。
ここでは、生竹から細いヒゴを造り、そしてそれを組み合わせて
籠に造り上げていくと言う、大変根気のいる作業を、一から一人で
やっていました。

店内を見せてもらうと同時に、お話も伺いながらお店の歴史も聞かせてもらいました。

今の店主は4代目で、創業100年を遥かに超える長きに渡って、生活に必要な
竹製品を、地元で採れる根曲がり竹を使い、供給してきた歴史あるお店でした。

こんなお店です。 http://www.togakushi-takezaiku.jp/

このHPに載っている製品は、確かにありましたが、実際にお店にいってみると
わかりますが、かなり心引かれる竹細工製品がありました。

そこで私が見つけて思わずお持ち帰りしてしまったものを、お見せします。
(お店のHPには、載せていないようです。)

1点目は、ハンドバッグに使える竹籠です。

ご覧のとおり、実際にハンドバッグとして毎日使っています。(笑)

2点目は、畑で収穫時に農産物を入れる予定で求めてきたしょい籠です。

昨日は、この籠の中に、青山農園の無農薬野菜を山盛りにして持ち帰りました。

職人による、手造りの一品ですので、使い込む程に味が出てくると思っています。
大事に使い続けたいと思います。

かなり心引かれる製品がありましたが、やはりHPに載せてないのは、手造りで
そんなに数が出来ないと思うので、載せてないのだと推察しています。

ですから興味をもたれた方は、戸隠神社も再来年は遷宮だそうなので、
天の岩戸開きに尽力された神々が集う、この戸隠神社にお参りされて
その帰り道、お寄りになってみてはいかがでしょうか。

と言う事で、ここ数日この竹籠バッグをもっていると、目立つので
みなさんお声をかけてくれます。

話題造りにも役立っています、(笑)

まあ、所詮私事なので、それがどうしたと言う話ですが、嬉しくて
つい記事にしてしまいました。(笑)

では本日は、これから実験農場に行って、2時間程農作業を行ってきますので
この辺で失礼致します。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。





 

素晴らしい天気の中、静岡に行ってきました。

  • 2014.06.01 Sunday
  • 21:54
今朝は、慌ただしく出かけてしまったので、ブログの更新が夜になってしまいました。

今日も本当によい天気で、静岡に向かう高速からは、富士山が綺麗に見えていました。

今日は仕事で沼津に行ってきたんですが、午前中に無事目的を達成出来たので、
前々から気になっていた、焼津にある炭酸泉で有名な「笑福の湯」まで、足を
のばしてきました。


こちらに詳細があります。  http://www.shoufukunoyu.jp/index.html

とてもスタッフ教育が行き届いていて、気持ちよく過ごす事が出来ました。

特に女性の方には、たまらない企画が目白押しで、アレコレ目移りしてしまうような
綺麗に健康になれるアイテムが、豊富に用意されていました。

今日は体験の意味で、台湾式足ツボの30分2800円と言うメニューを体験してきました。

もっとかなり痛い思いをするかと思いましたが、どんなに痛がっても力を抜かないようにと
お願いしてありましたので、力を抜いたとは思いませんが、意外とイタ気持ちよい感触で
気持ち良く30分間、足とふくらはぎの指圧、マッサージをして頂きました。

終わった後は、足の裏がポカポカ、ジンジンして、6時間程経過したいまでも、
足が温かいままです。

施術直後に玉石の上を歩いても、施術前には痛くて歩くのが大変だったのに
平気で歩く事が出来たんですよ。リンパの流れが良くなったと言う事でしょうね。

入館料は、とてもお安く、雰囲気も良かったので、遠方からお客様が訪れるのも
わかる気がしました。

入館料等詳細は、上記のリンクアドレスを、コピーしてアクセスして見てください。

色んなお風呂があるんですが、やはり一押しは炭酸泉ですね。体中が小さな泡で包まれ
血行が良くなるので、身体がとってもあったまります。

あと気になったのは、薔薇の湯とか、ジェットバス、電気が流れていて、入ると筋肉が
ぴくぴくしてしまう電気風呂、それにサウナと盛りだくさんでした。

それと、館内スタッフは、皆さんお若く綺麗な方がいっぱいいましたよ。(笑)

お近くにお住まいの方は、一度体験してみてはいかがでしょうか。

と言う訳で、夕方甲府に戻ってきました。

今日も1日感謝感謝の連続で、有り難い思いでいっぱいです。

明日はまた月曜が回ってきますが、本当に1週間がものすごく早く感じ、
あっという間に金曜日になってしまうような、そんな毎日を過ごさせて貰っています。

本日もお読みいただき、有り難うございました。





 

神戸市北野・異人館周辺探索情報。

  • 2014.05.18 Sunday
  • 07:01
いよいよ1ヶ月前から計画していた、乳酸菌普及協会・情報交換会の当日を迎えました。

今日のこの機会を持つ事で、心と身体の心配事が解消されて、安心して暮らせるような
心境になり、明日からの生活が構築出来たら良いなと思っています。

参加される皆様も、遠方からおいでになる方は、もう家を出られている時間かも知れないですね。

今朝は、まだ少々時間がありましたので、ホテルの周辺に神戸一宮という神社がありましたので、
参拝に行ってきました。


こんな感じの、町中にある神社でした。

神戸には、8カ所の神社があると言う事です。



この中の三宮がある所が、皆様ご存知の神戸三宮として、賑わいをみせている地域となっています。

とてもちいちゃな神社ですが、そこは神社だけあって、清浄な空間でした。



ですが、残念な事は、この本殿の前まで行けないんです。
繁華街の中にあるので、酔客が過去に迷惑をかけた事があったのかどうかはわかりませんが、
ともかく施錠されていて、中には入る事が出来ませんでした。



日の出を迎えているのに、施錠しなければならない状況は、人心の荒廃がそれほどひどいと
言う事でしょうか。悲しい現実を見てしまったような気がしました。

さてその後、北野の異人館通りがすぐ近くでしたので、散歩かたがた異人館の探索に行きました。

緑が多い坂道をあがっていくと、ボランティアの方々6名程がおられ、歩道の清掃をしてくれて
いました。

その方達と朝の挨拶をかわしつつ、異人館の事についての情報をいただき、異人館の代表的建築物
「風見鶏の館」目指して坂道をあがっていきました。


そうしたら、情報通り目の前に、風見鶏の館が見えてきました。


上がりきった所から撮影した写真です。


風見鶏が朝陽を浴びて、風に反応していました。


その後、その周辺を散策し、ホテルに戻りました。

素晴らしいお天気で、緑がとっても多い地域で、気持ちのよい朝の散歩となりました。


追伸です。

本日の情報交換会は、午前10時30分に、新幹線新神戸駅の改札前に集合となっています。

もしその時間に来られない場合には、携帯電話までご連絡をお願い致します。
090−2419−2288 までお願いします。


本日もお読みいただき、ありがとうございました。







 

私事で恐縮ですが・・・先週末の旅日記続編

  • 2014.04.30 Wednesday
  • 03:28
本日は、月曜にアップした旅日記の続編を紹介してみようと思います。

糸魚川市内にある、「翡翠園」と言う所の、ご紹介です。
http://www.hisuien.com/hisuien/index.htm

ここは、メイン通りを外れて、細めの道を1km程度高台にあがった所に
静かにたたずんでいました。

入園は有料でしたが、ほんの数百円程度で、内容からしたらお安いと思いました。

入り口を入ると、正面にどお〜〜〜〜んと、75トンの翡翠の原石が鎮座していました。



右側に写っている大きな塊が、地元姫川から採取した翡翠の原石(75トン)です。


庭園の景観です。

で、ここでまた証拠写真を一枚・・・(笑)

なんか前のめりになっているようですが、多分カメラが傾いてます。(笑)

ここは、地元の企業家兼創業者が、趣味の一環として翡翠にまつわるものを
収集し、その収集品を一同に展示した美術館となっていました。

その翡翠美術館の展示品を少しだけご紹介します。






以上3点は、すべて地元姫川産の、翡翠を使い彫られたものです。

そして、この日の予定は、すべて順調に消化して、秘湯「笹倉温泉・龍雲荘」へと
向かいました。   http://www.sasakura-onsen.com/

ここは、翡翠園から車で15分程度なんですが、山に向かってどんどん分け入っていくような
感じでしたので、もっと時間がかかったような気がしました。

道中の素晴らしい景観をご覧下さい。


本当に圧倒されるような素晴らしい景色でした。
龍雲荘は、この突き当たりにありました。

龍雲荘については、詳しくはHPを見て頂くとして、夕食と朝食の写真をのせてみますね。

まずこちらが夕食でした。

もちろんこれだけではなく、順番に茶碗蒸しとか天ぷらとかデザートとかが
次々出てきましたよ。酒は地元の日本最古の蔵本と言われている、
「加賀の井酒造株式会社」が醸造している、純米酒をチョイスしました。

料理は普通に美味しかったです。でも感動する程ではありませんでした。
でも加賀の井酒造の純米酒は、感動ものの美味しさでした。

次は朝食です。

こちらは、ご飯とおかゆが選べるんですが、どちらもここの源泉をつかって
炊いてありますので、色が少し黄色かかっていて、これは美味しかったですよ。

こちらは朝食なので、ここに写っていないのは、お味噌汁だけです。

ここの源泉の泉質は、炭酸泉でPHも高くアルカリ性なので、本当にお肌が
ツルツルになりました。(この源泉のPHは7.9でした。自分で計ってみた実測値です。)

温泉の入浴風景は、カットしました。(笑)

そして電波が来なくてwifiが使えなかったので、静かに寝ました。(笑)

そして日曜は、昨夜飲んだ「加賀の井酒造」の純米酒が美味しかったので、
近くでもあるので、このお酒を醸した杜氏さんに逢いたくなって、蔵本を訪ねました。

http://www.kaganoi.co.jp/


丁度10時からお店を開けると言う事で、無事杜氏さんとお逢いしてお話しする事が
出来ました。
工場も見学させて頂きました。一部江戸時代の建物も残っているとかで、
ともかく日本最古と言うことなので、歴史を感じさせる場所でした。



ここの看板娘である、杜氏のお母さんと記念写真を撮ってきました。

少し腰は曲がりが入っていましたが、とてもお元気でお肌も綺麗でした。
もっと綺麗になって貰いたいので、植物性乳酸菌液「あい」の小瓶を
プレゼントしてきました。(笑)

まあ、そんな所がだいたいですが、今回もいろいろな出会いがありましたが、
本当に越後の人は親切でした。本当にお世話になりました。感謝します。

と言う事で、旅日記続編を終了致します。


追伸です。

いつも秀逸な記事をアップしてくれている、池内秀暢氏のFacebook投稿から
これは共有した方が良いと思った記事がありましたので、シェアします。


以下転載文です。

↘︎
小さな子供さんのいらっしゃるご家庭の食教育について

頭で考える食より、本能・感覚で考える食の実践が大事なように思
ます。
本物・良い物を食べさせる事  子供の本能的能力は大人が考える
上に大変優れています。

私事ですが、子供が幼少時の時、ある方が「子供にはいいものを食
させろそうすると、違いが判る人間になる」 と、持論を持ってい
っしゃる方がいて・・・本当かな? ・・・・と思ったんですが、
践しました。

魚を買うときは、スーパーではなく魚屋さん・・・または漁師さん
ら購入
肉を買うときは、和牛のいい物を買う
野菜などは、自然農法に近い物を買う
外食も、ファミリーレストランなどではなく、大人が喜ぶお店に行
焼肉も焼き鳥もお寿司屋さんも・・・本格的なお店に行く

お陰で、PTA行事などの打ち上げで、回転すしなどに行っても、
系はおいしくないので、ほとんど口にせず、野菜系ばかり食べてい
した。
小学生のころだったと思います。

某有名なハンバーガーのマ●クなどは、現在になってもほとんど食べま
せん。
あまりおいしく感じないようです。したがって思春期になっても、
甘い物や添加物の多そうなものなどは、注意しなくても、
あまり口にしませんでしたので、とても楽が出来ました。

見せかけだけきれいな食材 人工的に味付けされた食材 添加物の
い食品など・・・・本能的にわかるようになるのです。

自然の味がわかるようになると、いかがわしい食品はあまりおいし
感じないので、 菓子類やインスタント食品・レトルト食品・冷凍
品など・・・
人工味付けや薬品が多く使用されているものは、結果的に食べなく
ります。

現在子供も家庭を持ち、子供を育てているのですが、この食教育が
次世代にも引き継がれていて、そんなに経済優先の食生活は実行さ
ていません。

またこれは主観ですが、自然に近いものを食べていると、精神的側
にも影響が出てきます。 人間が本来備えている共生・受容・調和
思いやり・落ち着き・感性・・・・などの側面にも影響してくると
います。

加工されすぎた食品・人工味付けされた食品を日常的に多く口にし
いらっしゃる若者は、自己中心・粗雑・感性の未熟・排他的・ぬく
り・素直・意欲の低下・落ち着きのなさ   そのような精神的特
が低下していると感じることも多々ございます。

朝・・・コンビニにいくと、大勢の方々が弁当を購入している光景
見かけます。 
おそらく食材の多くは輸入食材かもしれませんし、過度に人工的味
けがなされているものかもしれません。

その日々の何気ない食習慣が、多くの病気との因果関係があります
で、本能的に、小さなときから感覚で、自分にとって良い物・悪い
・・・
を感じ取る食教育がなされていれば、このような現象も起こらない
思います。

また断食などをご経験されると、この本能的感覚も磨かれると思い
す。

食は「人にとって良い物」と漢字が示す通り、ただ食べて栄養を吸
するお腹を満たす だけの役割ではなく、肉体も精神も育てていく
とに、大きくかかわります。

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、栄養バランスに加えて
出来るだけ自然に近い食生活を営まれますようお願いしたいと思い
す。
そうすると・・・不自然な人間にはならないように感じます。

理屈から感覚の食教育実践・・・これが結果的に良いと思われます

あっ・・・それと 離乳食のベビーフード…このあたりからの食に
する意識改革が必要となりそうです。 幼児は家畜ではないのです
ら…

まるでドッグフードのような感覚がして、違和感を覚えてしまう年
者は、私だけではないと思います。 感覚がズレている昨今・・・
未来が危ぶまれます。

↖︎
転載終了。

本日は、随分と長い記事になってしまいましたが、お許しください。

今日で4月も終わり、明日からは5月に入ります。いきなりの
ゴールデンウィーク入りですが、皆様体調管理は抜かりなきよう願います。

どんな楽しい事も、健康であればこそ最高に楽しめますので、解毒と醗酵、
これを意識した生活でまいりましょう。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

乳酸菌エステサロン!


upクリックできるよup
乳酸菌発酵サロンです拍手
手浴足浴で乳酸菌を
いっぱいの愛と光で
深呼吸しちゃいましょうおてんき

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白)
蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白) (JUGEMレビュー »)

これがあればお手軽に蒸留水が使える生活が出来ます。一日4Lあれば充分だと思うので、寝ている間に出来ちゃいます。

recommend

超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放
超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放 (JUGEMレビュー »)
名倉 仟
ミネラル365の身体に及ぼす影響を詳しく解説してくれている一冊。健康を望む方の必読書ですね。

recommend

国産クエン酸(結晶) 900g
国産クエン酸(結晶) 900g (JUGEMレビュー »)

クエン酸で薬いらず・・・
神薬・・・かも・・・

recommend

スーパー風呂バンス1000
スーパー風呂バンス1000 (JUGEMレビュー »)

これは優れものだと思います。保温ようなので、電気代もさほど気にならないで24時間いつでも風呂が使えます。

recommend

スリムエネマ
スリムエネマ (JUGEMレビュー »)

大腸内に直接乳酸菌を取り入れるには、これが一番ですよ。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

長谷園 浅漬器 CT-32
長谷園 浅漬器 CT-32 (JUGEMレビュー »)

これで作っています。

recommend

recommend

トンボ つけもの容器 5型
トンボ つけもの容器 5型 (JUGEMレビュー »)

このタンクが非常に便利なんです。使わないときには重ねて収納できます。

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM