出荷お休みのお知らせです。

  • 2017.07.15 Saturday
  • 03:36

出荷お休みのお知らせです。

 

来週の月曜日17日は、祭日のため出荷がお休みとなります。

 

本日15日午前11時までに承けたまったものついては、

本日出荷致します。

 

その後のご注文につきましては、来週の18日火曜日の出荷に

なりますので、ご了承くださいませ。

 

尚この連休中に欲しいという方は、本日午前11時までに

ご連絡下さい。

 

よろしくお願いいたします。

 

出荷お休みのお知らせを致しました。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

熱中症の症状や原因・診断・治療方法!?

  • 2017.07.14 Friday
  • 03:51

連日猛暑が続いていますが、体調はいかがでしょうか。

 

今年は全国的に差のないような気温が続いています。

涼しいイメージのある北海道でさえも、30℃を越えるような

状況です。

 

これだけ猛暑が続くと、ニュースにもあるように、熱中症が

懸念されます。

 

その熱中症とは何か?そして対処はという事で、熱中症について

詳しく知っていた方が何かと役に立つという事で、熱中症に

関した情報をご紹介したいと思います。

 

しかしこれも皆様それぞれの免疫力の違いが、結果として現れる

という事もありますので、あくまで一般的にという事でお願いします。

 

情報元はこちらですので、更に深く知りたいと思う方は、

こちらでご覧下さい。

➡️https://health.goo.ne.jp/medical/105B0400

 

以下一部抜粋して転載致します。

↘︎

 

ねっちゅうしょう熱中症の症状や原因・診断・治療方法と関連Q&A

英語/英訳:Heat emergencies

熱中症とはどんな障害か

 

 熱中症は、運動や暑熱から起こる体の障害の総称です。熱射病(ねっしゃびょう)や日射病(にっしゃびょう)と呼ばれているものは、重症の熱中症のことです。 
 

 医学的にいう熱射病は、視床下部(ししょうかぶ)の体温を正常に保とうとする機能が低下して、汗がとまってしまい、体温が40℃を超えて、そのままでは死に至る極めて緊急性の高い状態を指します。このうち、太陽光がその一因となるものを日射病といいます。

 

熱中症の原因は何か

 

 

 人間の体は、皮膚からの放熱や発汗によって体温を下げますが、外気が皮膚温以上の時や湿度が非常に高いと、放熱や発汗ができにくくなり、熱中症を引き起こします。 
 

基礎疾患のある高齢者や肥満、糖尿病の患者さん、アルコール依存症の患者さんは、熱射病に陥りやすいとされています。異常な熱波に見舞われた年に多くの高齢者に発生したという報告や、泥酔(でいすい)してサウナで昏睡(こんすい)に陥った人、車内に閉じこめられた幼児の報告もありますが、通常は灼熱(しゃくねつ)環境下での運動や作業を無理に続けた時に発生します。 
 

 一方、死に至ることもある最重症の熱射病には、素因(もともとの体質)が関係するとする考え方があります。 
 

 その論拠は、スポーツ医学の発達で指導管理を徹底しても熱射病が発症すること、また熱射病は、麻酔により異常な高体温となる悪性高熱症と、その病態がよく似ていることにあります。悪性高熱症は、骨格筋の筋小胞体(きんしょうほうたい)におけるカルシウム代謝の異常が原因で、家系的な素因のあることが証明されています。

 

熱中症の症状の現れ方

 

 熱中症は、軽症の熱けいれん、中等症の熱疲労(ねつひろう)、重症の熱射病の3つに分類されます。 
 

 症状は、頭痛や疲労感を主とすることから、俗に「暑気あたり」といわれる状態や、筋肉がこむら返りを起こす熱けいれん、脱水が主体で頭痛や吐き気をもよおす熱疲労、体温が40℃を超え、意識がなくなる最重症の熱射病までさまざまです。

 

熱中症の治療方法


 

(1)熱けいれん

 大量の発汗に対し、水分のみを補給した際に起こりやすく、相対的な塩分の不足が原因とされています。そのため、生理的食塩水や乳酸加リンゲル液の点滴静注を行います。 
 

(2)熱疲労
 脱水症の一種ですが、体温調節機能が残されているため、発汗は持続し、体温もそれほど上昇していません。生理的食塩水や乳酸加リンゲル液の点滴静注と鎮痛薬の投与で効果がありますが、脱水の補正に時間がかかるため、入院のうえ治療を行います。 

 

(3)熱射病
 視床下部の体温中枢や汗腺の機能が衰退して深部体温は40℃以上になり、緊急性の高い状態です。 
 血液学的には消費性凝固障害(凝固因子が消費され、出血傾向が出現する)を認め、生存例でも高率に急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)に陥ります。 
 

集中治療室に収容し、(1)身体冷却、(2)体液・電解質の補正、(3)抗けいれん薬、筋弛緩薬(きんしかんやく)の投与、(4)消費性凝固障害に対する治療、(5)その他の対症療法が集中的に行われます。

応急処置はどうするか

 

 基本は以下の3つです。 
 

(1)休息
 体を冷却しやすいように衣服をゆるめ、安静にします。 

 

(2)冷却
 涼しい場所で休ませます。風通しのよい日陰、クーラーの効いた部屋に移動します。
 また、氷嚢(ひょうのう)、氷塊などで腋(わき)の下、首のまわり、脚の付け根などを冷やし、血液循環を通じて体温を早く冷まします。 

 

(3)水分補給
 意識がはっきりしていれば、水分補給(スポーツドリンク)を行います。意識障害や吐き気がある場合は、医療機関での輸液が必要で、救急車を呼んで至急医療施設へ搬送します。

 

 

↖︎

転載ここまでです。

 

この時期は、水分と塩分は多めに摂取して欲しいと思います。

 

それとやはり、基本である免疫力を高めるような食生活や

生活習慣を続けていく事だと思います。

 

免疫が低下してくると、体調不良も現れやすくなるという事は

実際にあると思っています。

 

何やらこのまま梅雨明けになるような話しも出ていますので

一段と猛暑が目立つような状況になるかも知れませんので

熱中症の事を知る事で、対処方法も準備しておくと、少しは

安心出来るかと思います。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

ブログ記事のコメント欄に投稿頂いた、体験談です。

  • 2017.07.12 Wednesday
  • 03:24

ブログ記事のコメント欄に、投稿して頂いたものですが、

乳酸菌普及協会として情報発信していることを、実践されて

いると感じる内容の投稿でしたので、実際コメント欄では

目立たないので、こちらでもご紹介したい思います。

 

この体験談の内容のような事は、一般的に検査に行くと

体験しなくてはならないものだと思いますが、その後の

対応がその人の持っている知識、価値観によって違ってきます。

 

無知でいたら、医者の言うがままの対応をしていたら、

たちまち本当の病人になってしまうと思います。

 

心が病氣になると、当然身体も病氣の症状になります。

ここから回復するには、大変な事です。

 

日頃から、情報を調べてそれを日常生活にも取り入れ、

身体の仕組み、免疫力の大切さを知っていたら、もし

体調不良が感じられる時にも、対応は違ってくると思います。

 

そんな事を感じさせてくれた、体験談です。

 

ご投稿頂き、有り難うございました。

感謝致します。

 

では、以下にコメント欄に頂いた文章をご紹介します。

↘︎

 

 

 

若月様いつも貴重な情報をありがとうございます。
 

今日は白龍と一緒にプレゼントのミネラル365も届きました。
思っていたよりも大きなボトルで嬉しい誤算でした。
大切に使わせて頂きます。ありがとうございます。

実は5月末に今まで経験した事のない胃の痛みがあったんです。

 

少し忙しくしていた時期だったんですが、今まで大きな病気もした事なかったし、病院も薬も嫌いなので1日延ばしにして放置していました。
 

所が2週間経っても痛みは引かず、胃酸はこみ上げて来るし。
流石にこれはただ事ではないなと危機感を覚えたので、しぶしぶ医者に行ったんです。

 

生まれて初めての内視鏡検査。思っていたよりも楽でしたが検査中に先生が「あっ担癌がある。」と言っていました。
 

私は身動きの取れない状態でしたが「担癌?癌なの?」と凄く不安な気持ちになりました。
 

検査後の問診で「先生わたし癌なんですか?」と尋ねると。
「とりあえず精検の方に細胞を出しますのでまた2週間後に来て下さいね。」と言われました。

 

担癌って胆のう癌かと思ったら違うんですね。
癌があるって意味らしいです。

 

そうかぁ..私ついに胃癌かぁ...。
と言いますのも祖父も父親も胃癌で他界してますから。

蓬龍宝は4年前から飲んでいましたが、飲んだり飲まなかったり気分にまかせていました。

 

家に帰ってすぐシーズさんでミネラル365と白龍と八百万の塩を頼みました。
今は朝、昼、晩と時間は決めず1日3回以上は摂取しています。

2週間経ったので精検の結果を聞きに行きました。

 

待合室でドキドキしながら待っている時に、もし胃癌でも病院の治療は拒否しようと覚悟を決めていました。
 

私の番になり先生の前に座ってさて何と言われるか...
 

先生の開口一番は「○○さん癌じゃなかったよ。ただの胃潰瘍だね。」私の内視鏡の写真を見ながら「普通こうゆう歪な潰瘍は胃癌の事が多いんだけどね。あとピロリ菌もいたよ。」
 

私はピロリ菌を殺す強い抗生物質を飲みたくなかったので
「先生わたしピロリ菌とは共生していきます。なので治療はしたくないです。」と言いました。

 

先生は「胃潰瘍の再発率も高くなるし、胃癌になるリスクも高くなるから治療した方がいいよ。」としきりに言ってましたが
私は首を縦に振りませんでした。

 

そこまで言うならこちらも強制は出来ないからと今は治療は保留の状態です。

家に帰ってからやっぱりこれは蓬龍宝を飲んでいたお蔭なんじゃないかと思ったんです。
ひょっとしたら胃癌の初期だったのかも知れません。

 

これからも白龍とミネラル365は一生続けて行きます。
 

長々ととりとめのない文章を書いてしまいました。
 

まだ通院中ですが、1日一錠の胃酸を抑える薬も3日に一度くらいのペースで大丈夫になっていますので潰瘍が小さくなって来てるんだと思います。

本当にありがとうございました。感謝しています☆

ps...うちの姉は5年前に乳癌と言われましたが、私の助言で無治療で放置しています。

 

ストレスがあると普段一僂離轡灰蠅少し大きくなったり、また体にいい物を摂ると小さくなったりしてるようですが。
 

当初医者はすぐ切ってその後放射線治療と抗癌剤治療をする予定だったようですが、近藤医師が言うがんもどきだったようです。
 

転移しない癌は共存出来るんですね。
 

ちなみに姉は経済的理由で私が拡大培養した白龍を飲んでいます。

 

 

↖︎

転載文はここまでです。

 

ホウロンポウを、拡大培養も含め、使いこなされているようですね。

有り難うございます。嬉しいです。

 

投稿文のご紹介を致しました。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

 

追伸です。

感謝企画品ですが、残り200程度になりました。

(想定ではあと2週間前後だと思っています。)

在庫が亡くなり次第、今回の感謝企画は終了となりますので

その点はご理解ご協力の程お願い致します。

 

 

輸血は副作用ばかりの危険な治療法だった!?

  • 2017.07.10 Monday
  • 03:39

常識で考えていると、騙されてしまうかも知れないと思う

情報がありましたので、共有したいと思います。

 

輸血の事です。

 

出血が多く予想されるような時に、輸血をするという行為は

常識的には当たり前のような感覚をお持ちの方が多いと思います。

 

私も少し前までは、そう思っていました。

 

でも免疫力、自然治癒力が健康を守ってくれているという事を

自覚するようになってからは、輸血という行為も疑問を持つように

なりました。

 

過去にはエホバの証人の信者の方が、輸血を拒否して問題になった

事を記憶している方もおられると思いますが、この事も真実情報とは

少し違っているようです。

 

歴史からは葬られてしまっていますが、フランスの生理学者

ルネ・カントンと言う医師が海水で失った血液を

再生させたと言う事実があることも知りました。

 

そんな輸血の闇を、専門家の立場から解説してくれている情報

ですので、信じるかどうかはそれぞれにお任せするとして、

一度こういった常識と違う情報にも、触れておくことは、

大切だと思い、ご紹介する事に致した次第です。

 

出来れば先入観なしで見て頂ければと思います。

 

この情報は、一部抜粋の引用ですので、詳しく全部を

読むには、以下のアドレスでお願いします。

 

➡️http://yufeelings.com/archives/613.html

 

以下一部転載です。

↘︎

 

輸血は副作用ばかりの危険な治療法だった 「血液の闇」 

コメントを書く

 

交通事故で緊急な場合やさまざまな病気の手術の際には
大量の出血がありますから、その際には輸血は欠かせないものだというのが
今の医学の常識であり、一般の我々もそれが当たり前だと思っています。

しかし、どうやらそれが間違いだったということがわかってきました。

医療界のタブーを次々と暴いているジャーナリストの船瀬俊介氏と
内科医の内海聡氏の共著「血液の闇」によると
輸血という治療法は実は非常に危険なものであると指摘されています。

 






 

副作用の確率が驚くほど高い


薬には副作用がつきものですが、輸血にもいくつかの副作用があります。

有名なものでは、
プリオン、エイズ、肝炎、ウイルス感染症、アナフィラキシーなど
名前だけなら聞いたことがあるのではないでしょうか。


現代医学では副作用は避けて通れない面がありますから、
医師が薬や治療法をきちんと説明してくれてそれに納得でき、
かつ副作用にかかる確率が低いのであればその方針でいいかなと
ついつい思ってしまいます。


しかし、輸血の場合、その副作用の確率たるや恐ろしいものだったのです。

例えば、肝炎ですが、
輸血によって起きる肝炎の確率は0.05%だと言われていますので、
かなり低い印象を持ってしまいます。


しかし、実は
元厚生大臣で地方の赤十字血液センターを歴任し、
医学博士でもあるS氏の公の席での発言によると


 

「厚労省は輸血した人の50%が輸血後、肝炎にかかっていました。」

「私が作った制度を導入して、10%くらいまでは下がったと思いますけども、
なかなかそれよりも下がらない」




10%ですって!
なんて恐ろしい数字なんでしょう。 

それに、これはあくまで肝炎だけの数字です。

輸血による他の副作用も含めると、
実際にはもっと多い数になるはずです。

次に癌と輸血の問題についてお伝えします。

 

 

↖︎

一部抜粋の転載終了です。

 

この事を知っていると知らないとでは、様々な判断を

する時に、参考になる事があると思います。

きっと何らかの役に立つと思います。

 

記事全てを転載は出来ませんので、出来うれば、

元記事に触れられて、もっと深く情報をとられる事を

希望します。

 

輸血は危険と言う、常識を疑う情報でした。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

感謝企画のお知らせです。 (再掲載です。)

  • 2017.07.08 Saturday
  • 03:47

感謝企画が始まって10日ほど経過しました。

 

まだまだ情報が行き届いていないようですので、もう一度

お知らせをしたいと思います。

 

今回はホウロンポウをお使い頂いている皆様に、同時に

摂取する事で排毒が進み、免疫が上がる効果が素晴らしく

高まる、ミネラル365を感謝の気持ちとしてお配りしています。

 

毎日使っても充分試せる2ヶ月以上は使える量を企画しました。

 

まだまだ用意した感謝企画品は、在庫がありますので、

過去にホウロンポウをお使い頂いたことのある方、

また今現在使っている皆様は、これまで支えて頂いた

感謝の氣持ちですので、ご利用頂けたら嬉しく思います。

 

よろしくお願いします。

 

以下にお知らせを再掲載します。

↘︎

 

 

 

感謝企画のお知らせです。

  • 2017.06.28 Wednesday
  • 03:37

蓬龍宝(ホウロンポウ)を世に送り出してから、早5年目に

入ろうとしています。

 

海のものとも山のものともわからない状況の中、こつこつと

口コミを頼りに活動してきました。

 

使ってくれる皆様の免疫力が向上し、健康維持が図れることに

役立ちたいという思いだけで、進んできたところです。

 

そんな思いを理解してお使いいただいている皆様がおられる

おかげで、こんな長い間続けてこられたと思っています。

 

有難うございます。心より感謝しております。

 

そこで今年も何か感謝の気持ちを形にしたいと思っておりましたが、

ようやく企画と準備が整いましたので、感謝の形をお届けしたいと

思います。

 

健康を維持していくうえで必要不可欠だと考えているものを、

今回はお届けしたいと思っています。

 

この感謝企画の対象とさせて頂く方は、一度でもホウロンポウを

ご注文して頂いた方となります。

 

これまで支えていただいた感謝の気持ちという事なので、

こちらに住所登録されている方には、注文数量の多い少ないに

かかわらず、感謝の気持ちをお届けしたいと思っています。

 

初めてのご注文の方は、大変申し訳ありませんが対象にはなりません。

次回の注文時に、企画品の在庫次第ですが、贈らせていただきます。

 

企画品は500個ほどご用意いたしましたが、在庫が終了次第

この感謝企画も終了とさせていただきます。

(7月8日時点ですが、300個位あります。)

 

ホウロンポウの販売窓口は、複数か所ご用意していますが、いつも

注文をしているところで対応していますので、通常通りの

ご注文窓口で大丈夫です。

 

ささやかなではありますが、これまで支えてきてくれた皆様に、

感謝の氣持ちをお届け出来たら幸いです。

 

ご理解の程、よろしくお願いいたします。

 

感謝企画のお知らせをさせて頂きました。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

乳酸菌エステサロン!


upクリックできるよup
乳酸菌発酵サロンです拍手
手浴足浴で乳酸菌を
いっぱいの愛と光で
深呼吸しちゃいましょうおてんき

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白)
蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白) (JUGEMレビュー »)

これがあればお手軽に蒸留水が使える生活が出来ます。一日4Lあれば充分だと思うので、寝ている間に出来ちゃいます。

recommend

超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放
超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放 (JUGEMレビュー »)
名倉 仟
ミネラル365の身体に及ぼす影響を詳しく解説してくれている一冊。健康を望む方の必読書ですね。

recommend

国産クエン酸(結晶) 900g
国産クエン酸(結晶) 900g (JUGEMレビュー »)

クエン酸で薬いらず・・・
神薬・・・かも・・・

recommend

スーパー風呂バンス1000
スーパー風呂バンス1000 (JUGEMレビュー »)

これは優れものだと思います。保温ようなので、電気代もさほど気にならないで24時間いつでも風呂が使えます。

recommend

スリムエネマ
スリムエネマ (JUGEMレビュー »)

大腸内に直接乳酸菌を取り入れるには、これが一番ですよ。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

長谷園 浅漬器 CT-32
長谷園 浅漬器 CT-32 (JUGEMレビュー »)

これで作っています。

recommend

recommend

トンボ つけもの容器 5型
トンボ つけもの容器 5型 (JUGEMレビュー »)

このタンクが非常に便利なんです。使わないときには重ねて収納できます。

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM