病気は薬で「慢性化」する??

  • 2015.06.03 Wednesday
  • 04:32
日々、皆様から相談のお電話やメールを頂きますが、そのどれもが
アレルギーとか癌に関するものがほとんどです。

いろんなケースのお話を伺うんですが、その中で感じた事です。

それは、同じ病名でも実際は一人一人違うと言う事です。
全く同じ環境で、同じ食生活をしている事はありえませんので、
ケースバイケースで、みんなそれぞれ違っていると言う事を認識して
対応しなければならないと思います。

それともう一つは、体調不良になるのは、生活の何かが違っている結果
ですから、薬で治ると言うものではありません。

薬を使うと言う事は、免疫力を低下させるとイコールですから、いろんな
副作用と言われる症状が出てきます。

それと身体の反応として、風邪を引くと熱が出るのは、その熱で身体に入った
病原菌を排除している作用です。所謂免役力が働いている正常な反応です。

そんな時に解熱剤などを使ってしまうと、免疫力が働かなくなります。

やるべき事は、免疫力を高める食生活や生活習慣を身につける事に
尽きると思っています。

そういったお話をさせてもらうんですが、こちらは素人ですから説得力は
あまりありません。

そこで、医師の内海先生が情報をだしてくれている、薬に関しての
記事がありましたので、とても参考になりましたのでシェア致します。

ともかく薬は、不要だし怖いです。

以下転載します。
↘︎

 

病気は薬で「慢性化」する
 
クスリの恐怖は、そのおびただしい副作用群だけではない。まず薬物療法は、別名「逆症療法」と呼ばれる。これは「症状」と逆向きに作用することをいう。「症状」とは「病気」が治ろうとする「働き」であり「あらわれ」である。風邪をひけば熱が出る。熱で病原体を殺し、免疫力を高めるためだ。咳やくしゃみ、鼻水も出る。それは病原体を体外に排出するためだ。風邪で下痢をするのも同じこと。すべて「症状」は風邪という「病気」を治すために自然治癒力が働いている証しだ。だから、これらを「治癒反応」と呼ぶ。
 
振り子が戻る動き(治癒反応)を止めたら「病気」は治らない。それは、子どもでもわかる。「病気」が「固定化」されてしまう。つまり「急性」が「慢性」になってしまう。さらに「悪性」となる。これは、「症状」を「病気」そのものととらえた西洋医学の最大欠陥といえる。クスリは「治癒反応」をストップさせてしまう。だから「治癒反応」を解放してやれば、病気も治る。
 
K医師は、アルバイトとして企業健康診断医師の職を転々としてきた。「どの健康診断現場に行っても、サラリーマンはみんなクスリ漬けです」とあきれる。「あれだけクスリを飲まされたら具合が悪くなるのはアタリマエですよ」。そこで彼は社員に耳打ちするという。「クスリを半分やめれば、具合はずっとよくなりますよ」なぜ、半分なのか?「全部やめれば、病気は完全に治ります! しかし、そんなこと言ったらわたしがクビになりますから!」と、彼は解雇される恐怖に首を振
る。
「それでも、派遣先の病院看護師がジッと見てて院長に密告するんです。それで、呼びつけられる。『Kクン、クスリをやめろなんて、とんでもないコトを、患者に吹き込むんじゃないヨ!』と怒鳴りつけられ、またクビです」。笑うに笑えぬブラックジョークの世界だ。クスリの罠の二番目が「薬剤耐性」だ。生体は、同じ刺激を受け続けると、それに対して抵抗力を獲得する。毒物である薬剤に対しても同じだ。つまり毒物耐性が獲得されるのだ。同じクスリを使い続けると、だんだん犖果瓩表れなくなるということだ。
 
たとえば便秘薬を1日3錠、飲んで効いていたとする。常用を続けているうちに3錠では効かなくなる。こうして4錠、5錠と増やさないと狃个覆なる瓠J愴詭瑤箸蓮△修瞭農で大腸のぜん動運動を刺激して排便を促すもの。しかし、大腸も毒物刺激に耐性を獲得するため、量を増やすことになる。これは、恐ろしい。便秘薬を常用していた若い女性は、数十錠飲んでも便秘が治らず、ついにひと瓶を丸ごと呷あおって、絶命したという。しかし、製薬メーカーは売上げが伸びて笑いが止まらない。

三番目が「薬物依存」だ。薬物の常用を続けると、その逆症作用で「命の振り子」は傾いたままになる。それでも生命活動は維持されなければならない。すると生体は「傾いだ状態」を「正常な状態」と錯覚・誤認して生命活動を営むようになる。そこで、激しく耐えがたい「苦悶」「不安」などが襲いかかる。これが「薬物依存者」を襲う「禁断症状」だ。その苦しさに耐えかねて、常用薬を服用する。すると、アラ不思議。のたうちまわるほどの苦しみはウソのように消え失せる。これが薬物中毒者(ジャンキー)が、薬物依存から逃れられないメカニズムである。

大往生するには、これしかない。──クスリは飲んではいけない。病院に行ってはいけない。(某書より)

↖︎
転載終了です。

本当に慢性化してしまったら、怖いですね。
身体が慣れてしまって、量がどんどん増えていってしまうならば
最初から使わないしか方法はないですよね。

納得がいったら、参考にしてみてください。

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/06/03 10:24 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

乳酸菌エステサロン!


upクリックできるよup
乳酸菌発酵サロンです拍手
手浴足浴で乳酸菌を
いっぱいの愛と光で
深呼吸しちゃいましょうおてんき

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 殺菌された加工食品よりも、生きた発酵食品を!
    若月祥裕 (10/31)
  • 殺菌された加工食品よりも、生きた発酵食品を!
    秋草 (10/30)
  • 殺菌された加工食品よりも、生きた発酵食品を!
    アン (10/17)
  • 殺菌された加工食品よりも、生きた発酵食品を!
    若月祥裕 (10/17)
  • 殺菌された加工食品よりも、生きた発酵食品を!
    アン (10/16)
  • 発酵食品ならすべてに乳酸菌が含まれている?
    kaji (09/21)
  • 発酵食品ならすべてに乳酸菌が含まれている?
    若月祥裕 (09/20)
  • 発酵食品ならすべてに乳酸菌が含まれている?
    kaji (09/20)
  • 母子手帳 驚愕の真相が明らかに!ワクチン予防接種はするな!
    若月祥裕 (08/29)
  • 母子手帳 驚愕の真相が明らかに!ワクチン予防接種はするな!
    アン (08/29)

recommend

蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白)
蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白) (JUGEMレビュー »)

これがあればお手軽に蒸留水が使える生活が出来ます。一日4Lあれば充分だと思うので、寝ている間に出来ちゃいます。

recommend

超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放
超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放 (JUGEMレビュー »)
名倉 仟
ミネラル365の身体に及ぼす影響を詳しく解説してくれている一冊。健康を望む方の必読書ですね。

recommend

国産クエン酸(結晶) 900g
国産クエン酸(結晶) 900g (JUGEMレビュー »)

クエン酸で薬いらず・・・
神薬・・・かも・・・

recommend

スーパー風呂バンス1000
スーパー風呂バンス1000 (JUGEMレビュー »)

これは優れものだと思います。保温ようなので、電気代もさほど気にならないで24時間いつでも風呂が使えます。

recommend

スリムエネマ
スリムエネマ (JUGEMレビュー »)

大腸内に直接乳酸菌を取り入れるには、これが一番ですよ。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

長谷園 浅漬器 CT-32
長谷園 浅漬器 CT-32 (JUGEMレビュー »)

これで作っています。

recommend

recommend

トンボ つけもの容器 5型
トンボ つけもの容器 5型 (JUGEMレビュー »)

このタンクが非常に便利なんです。使わないときには重ねて収納できます。

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM