がんより怖いがん治療!?

  • 2019.04.16 Tuesday
  • 04:00

季節は春真っ盛りですね。

山々の新緑も日増しに濃くなってきています。

 

そんな折、今朝PCを開いたら、ショッキングな事が目に入りました。

 

知り合いの方が、卵巣ガンと診断され、病院での治療に入るとの

カミングアウトの記事でした。

 

卵巣ガンとの診断にも驚きましたが、それ以上に病院での治療を

選択されたという事実に、驚きを隠せませんでした。

 

病院では病気は治せないのは厳然たる事実であるし、病気を直せるのは

自分自身が持つ自己治癒力以外にはないのです。

 

食生活、生活習慣、ものの考え方等、違っていますよとのお知らせが

ガン告知であると思っています。

 

兎にも角にも今の生活を見直す大きなチャンスであり、免疫をあげて

自己治癒力が正常化すると共に、がんも元々はなかったものなので

徐々に消えていくはずです。

 

自分の命を他人に任せてしまってはなりません。

 

自分の納得のいく方法で、ガンに感謝しながら免疫をあげていく生活を

構築してほしいと思います。

 

このことに関連している記事がありましたのでご紹介したいと思います。

 

近藤誠医師の記事になります。

 

以下転載記事です。

 

近藤誠医師 がんよりがんを切りたがる外科医が怖い理由解説

 

「がんもどき理論」や「がん放置療法」など、がん治療について医療界の常識を覆す理論を提唱してきた近藤誠氏が、新刊『がんより怖いがん治療』(小学館刊)を上梓した。今年3月に慶応大学病院を定年退職した近藤氏の、がん治療医40年間の経験と知識の集大成になる。

 

 近藤氏は1980年代に乳房温存療法を日本に広めた第一人者だが、そのきっかけとなった米国留学時代の体験や、教授から繰り返された“肩叩き”秘話など、自伝的なエピソードも多い。氏の40年の歩みは、日本のがん治療の歩みでもあり、治療の理解を深める上で参考になる。

 

 たとえば、がん治療といえば、まず手術が思い浮かぶが、近藤氏は自身の研究とデータから、手術をするほど、がんの転移、再発のリスクが高まると述べている。

 

「手術には、『局所転移』を増やすリスクもある。『局所転移』とは、ぼくの造語だが、メスを入れた箇所にがん細胞がとりつき、爆発的に増殖することをいう。(中略)手術時にもがん細胞は血中にあって、体内をめぐっている。メスを入れられた箇所は抵抗力が落ち、血中のがん細胞がもぐり込んで増殖しやすい環境になるのである」(『がんより怖いがん治療』より)

 

 どんな手術でも人体への負担は大きい。メスを入れられた箇所は、体が優先的に栄養を送り回復させようと努めるわけだが、すると、がん細胞まで集まってきてしまう。その結果、手術した箇所に再発しやすくなるというのである。

 

 がんを告白した芸能人が手術後、記者会見で「がんはすべて切除」「完全寛解」と宣言する場面をたびたび目にする。しかし数か月後に「再発しました」というケースは多々ある。さらに再手術すれど再々発というケースも珍しくない。しかも、再発までの期間は、1回目の再発より短くなっていることが多い。こうした現象を近藤氏の「局所転移」は説明している。

 

 そもそも近藤氏によれば、手術は「がんより怖い」。手術には少なからぬ術死、合併症のリスクがあること、術後のクオリティ・オブ・ライフが著しく低下する恐れがあることなどを、メスを握る医師はきちんと説明しないことが多いと注意を促す。近藤氏が語る。

 

「2012年の暮れに、食道がんの手術による合併症で亡くなった歌舞伎俳優の中村勘三郎さんは、その典型です。食道がんの場合、手術でも放射線治療でも生存率は変わらない。同じなら、術後のクオリティ・オブ・ライフの観点から、食道を切除され、不自由な飲食を余儀なくされる手術より、それまでと変わりなく飲み食いできる放射線治療のほうがいいでしょう。

 

 それでも主治医は手術を勧めました。手術と放射線の治療成績が同じであることを説明していたら、中村さんは放射線治療を選んだはず。

 

 外科は切れるものなら切ってしまいたいんです。患者を放射線科に回すと、外科医の仕事がなくなってしまいますからね。がんが怖いのではない、切りたがる外科医が怖いのです」

 

 実際、近藤氏は、慶應大学病院でこんな経験をしている。近藤氏が普及に努めていた乳房温存療法を受けるために彼の診察を望んで来院した乳がん患者が、当時の主流だった乳房全摘手術を担当する乳腺外科に、一方的に入院させられたのである。たまたま近藤氏は、その患者のことを知り、面会できたことで彼女を全摘手術から救うこともできたが、もし会えずにいたら、彼女は乳房を失っていたはずだ。

 

 今なら刑事訴訟になりそうな“患者泥棒”の顛末は、最新刊に詳しい。

 

「外科医は手術すればするほど腕が上達し、それが出世につながります。外科の収入もアップし、院内での発言力も増しますからね。そういうインセンティブが働くので、外科医は切りたがるんです」(近藤氏)

 がんが怖いのか、がんの治療が怖いのか。そういったことを突きつける書となっている。

 

【プロフィール】
こんどう・まこと:1948年生まれ。慶應義塾大学医学部放射線科講師を2014年3月に定年退職。「乳房温存療法」のパイオニアとして知られ、安易な手術、抗がん剤治療を批判。現在「近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来」を運営。11月4日に自身の集大成となる『がんより怖いがん治療』(小学館刊)を上梓した。

 

 

転載終わりです。

 

ここに書かれていることは、話半分でも恐ろしい事だと思います。

 

でも全てでは無くとも事実が大いに含まれていると感じています。

 

私たちの身体は、天から与えられた、また数千年の時を生き抜いてきた

素晴らしいものなので、管理を万全にして、自己治癒力が正常であれば

どんな病気も治ると言われていますので、希望を持って免疫を高めていく

生活に舵を切っていただきたいと思います。

 

どうかこの知り合いの方におかれましても、医師に頼る事なく

自分自身の努力で、ガンを消してほしいと願っています。

 

ガンはどんな種類のガンでも、全てを見直し改めることにより

治すものではなく、自然と消えて行くものだと思っています。

 

私見を述べさせて頂きました。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白)
蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白) (JUGEMレビュー »)

これがあればお手軽に蒸留水が使える生活が出来ます。一日4Lあれば充分だと思うので、寝ている間に出来ちゃいます。

recommend

超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放
超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放 (JUGEMレビュー »)
名倉 仟
ミネラル365の身体に及ぼす影響を詳しく解説してくれている一冊。健康を望む方の必読書ですね。

recommend

スーパー風呂バンス1000
スーパー風呂バンス1000 (JUGEMレビュー »)

これは優れものだと思います。保温ようなので、電気代もさほど気にならないで24時間いつでも風呂が使えます。

recommend

スリムエネマ
スリムエネマ (JUGEMレビュー »)

大腸内に直接乳酸菌を取り入れるには、これが一番ですよ。

recommend

ミニ風呂バンス480
ミニ風呂バンス480 (JUGEMレビュー »)

乳酸菌風呂の保温には、1000出なくて、この480でも充分です。PHが低いので、どうせ1年とは持たないので・・・・

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM