食品保存の方法=サバイバル法!?

  • 2018.12.12 Wednesday
  • 03:21

毎日楽しみに読ませて貰っているブログがありまして、

いろんな視点から世界を分析した斬新な解説を発信してくれています。

 

そのブログに珍しく食品に関する記事がありました。

 

これがまた視点を変えると、こう言う考え方、見方もあると言う事で

参考になる事が多々ありましたので、これは情報共有したいと思い

ご紹介をすることにいたしました。

 

情報元はこちらのアドレスですので、興味のある方はアクセスされて、

多岐にわたる情報の数々をご覧になって頂けたらと思います。

→https://blog.ap.teacup.com/applet/jiritu/archive?ap_protect=bohamcudcue

 

以下に転載しますのでご覧になって下さいませ。

 

 

食料保存の方法=サバイバル法  



食物は一度に大量に取れる。取れない時はさっぱり取れない。

12ヶ月でフレッシュなものを食べられるのそれぞれの食べ物でホンの2−3ヶ月あとは保存食

それだから移動できるものは移動という解決策。できないものは
休眠

人間は違った解決策をとった

冷蔵庫が発明される前、

それは

乾燥、発酵、燻蒸の3つ

現代の試みの話

とりわけ、発酵は健康食として見直されている

しかし、安全に発酵させるにはノウハウが必要。その話。

一番簡単な乳酸発酵

どうやら生物は表面に乳酸菌を飼っていて、Phを落としてこれでいろんな病原菌を防いでいるらしい

だから乳酸発酵は何も使わずに条件を変えるだけでうまくいく

乳酸菌は嫌気発酵をさせると乳酸を発生し、PHを下げる 大抵の病原菌は中性付近で繁茂するがPHが4付近になると死滅する(これが胃が酸性であることの大きな理由)

これを実現するのが野菜の発酵食品

特に冷涼な地域で発達した。

今は冷蔵庫があるので冷涼は簡単に作ることができる


一番簡単なのがキャベツ。葉物野菜ははの面積が多く、面積当たりの金の量はそんなに変わらないようで、したがって葉っぱの密集している野菜は発酵しやすい

体積あたりの表面積が少ない根菜はうまく行きません。

ユーチューブにたくさん出ているが、アメリカのしかもなぜかおっさんのがいい

握力でキャベツの芯を握りつぶすからだろうか?




必要なものは

密閉できる容器、(酸素を嫌う。プラは酸素を通すのでダメ。ガラスがいい)

塩(岩塩や海の塩がいい。微量元素やMgが必要だから。試薬特級のような食卓塩、NaCLはダメです)

Ph試験紙。これが決めて。出来上がりの判定に必要。Phが高いと雑菌が増える。大抵の動画は述べていないが、今やPHメーターも安くなった



Ph試験紙が必要だというのは多分大愚のこのサイトだけでしょう。

モノタロウやアマゾンで売っています。

たった二百円です。

室温で2日ほどかけてPh4を切るところまで発酵させあと冷蔵庫で保存。

保存は室温ではダメで、冷蔵庫がいいです。ゆっくり発酵が持続して、ずっと持ちます。

半年以上持たせたものを食ったことはないですが、多分いけます

高温多湿の日本では、冷房をかけた部屋以外では難しいかもしれない。

ドイツの冬と夏を乗り越えるのですから適温は20度から0度まで。

したがって亜熱帯気候の日本では、冷蔵庫が必要です。


日本語はこれかな



漬物用のガラス容器に入れてサランラップをかぶせて冷蔵庫に入れています。乳酸発酵の証拠である炭酸ガス発生の画像もある。サランラップは酸素を通しません。これがキモ

ラップといってもポリ塩化ビニリデンでないとダメ。製品の成分表示を見てください。クレラップもサランラップもこれ

 

転載を終わります。

 

日本の発酵文化は、世界に誇れるものの一つであると思っています。

 

その中でも中心的存在が、乳酸菌なんですね。

 

と言うことは、蓬乳酸菌液である蓬龍宝は、様々な場面で発酵の

お手伝いができる存在ということになるんだと思います。

 

工夫次第で多方面でお役に立てると感じています。

実際に、ホウロンポウを使った、様々な料理のレシピを作って

くださっている方もおられます。

 

食品の安全安心な保存方法というのは、健康維持の観点からも

大事だと思っています。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

乳酸菌エステサロン!


upクリックできるよup
乳酸菌発酵サロンです拍手
手浴足浴で乳酸菌を
いっぱいの愛と光で
深呼吸しちゃいましょうおてんき

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白)
蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白) (JUGEMレビュー »)

これがあればお手軽に蒸留水が使える生活が出来ます。一日4Lあれば充分だと思うので、寝ている間に出来ちゃいます。

recommend

超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放
超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放 (JUGEMレビュー »)
名倉 仟
ミネラル365の身体に及ぼす影響を詳しく解説してくれている一冊。健康を望む方の必読書ですね。

recommend

スーパー風呂バンス1000
スーパー風呂バンス1000 (JUGEMレビュー »)

これは優れものだと思います。保温ようなので、電気代もさほど気にならないで24時間いつでも風呂が使えます。

recommend

スリムエネマ
スリムエネマ (JUGEMレビュー »)

大腸内に直接乳酸菌を取り入れるには、これが一番ですよ。

recommend

ミニ風呂バンス480
ミニ風呂バンス480 (JUGEMレビュー »)

乳酸菌風呂の保温には、1000出なくて、この480でも充分です。PHが低いので、どうせ1年とは持たないので・・・・

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM