清潔も程々が良い・・・・??

  • 2017.04.10 Monday
  • 03:30

この記事は、丁度2年前にアップしたものですが

2年経過した現在でも、全くと言って良いほど

その状況は変わっていないと感じています。

 

相変わらず除菌殺菌の概念が、常識として通用しています。

 

これだけが原因とは言いませんが、多くの方の

免疫が低下してきていて、今まで考えられないような

新しい感染症もちらほら聞くようになっています。

 

本来免疫がきちんとしていたら必要の無い薬も

ますます多くの新薬が開発されるのでしょう。

 

そしてまたその薬によって免疫を落とすと言う

負の連鎖が続くことを懸念しています。

 

以下は2年前の記事ですが、読みやすくしましたので

よろしければお目通し頂ければと思います。

 

以下転載します。

↘︎

 

 

 

清潔も程々が良い・・・??

  • 2015.04.10 Friday
  • 04:30

近年は、微生物さん達との共生と言う概念で生活するようになっているので、
今までの衛生概念が大幅に変わり、清潔とか不衛生とかと言う基準が
随分変わってきました。

一例を挙げると、毎日の手洗いです。
今までの概念では、手の表面から雑菌をゼロにするような洗い方が良いと
思っていました。

その為に、洗剤を使いしっかりと洗っていました。

しかし、肌の表面に常在菌と言う微生物がおり、この菌のバランスで
いろんな感染症から守ってくれている事が理解出来ると、この大事な
常在菌を洗い流してしまう程の洗浄は、やり過ぎと言うことになります。

ですから今の手洗いは、表面の汚れが落とせる程度の、水(お湯)洗いです。

手ががさがさになってしまうのも、洗剤による洗い過ぎが原因である事が多いです。

この微生物さん達との共生と言う考え方に、繋がるような情報だと感じた
記事がありました。

結構普及している、食器洗浄機に関するものです。

これは知っておいた方が良いと思いましたので、シェア致します。

こういう事を知った上で、お使いになると更に良いと思いましたので・・・

以下転載です。
↘︎

 

食器洗浄機を使う家庭では、子どもの喘息や湿疹のリスクが2倍になる!

  

HEALTH PRESS

清潔にしすぎるために、子どものアレルギー耐性が弱くなっている! shutterstock.com

写真拡大

 今や共働き家庭の必需品ともいえる食器洗浄機。現在の普及率は約30%と言われている。手洗いではできない70〜80℃の高温洗浄ができるため、除菌効果が高いというメリットもあり、特に育児中の家庭では「衛生的」と重宝されている家電だ。

 

 しかし、便利な食器洗浄機について、海外で気になる研究報告がされた。それによると、機械を使わずに食器を手洗いしていたほうが、子どもが喘息や湿疹などのアレルギーになりにくくなる可能性があるというのである。

 

清潔な食器でアレルギー耐性が低下

 

 この研究を行ったのは、スウェーデン・クイーンシルヴィア小児病院(イェーテボリ)などの研究グループ。7〜8歳のスウェーデン人の子どもたち1029人を対象に、喘息や湿疹、季節性の鼻炎や結膜炎などのアレルギー調査を行った。さらに「各家庭での食器の洗い方」や「発酵食品を食べる頻度」「農場から直接入手した食品を食べる頻度」を親に尋ねた。

 

 その結果、全体の約12%の家庭が食器を手洗いしていたが、このような家庭の子どもは、食器洗浄機を使用する家庭に比べてアレルギーを発症するリスクが約半分であることが分かった。

 

 詳細に見ると、食器を手洗いする家庭の子どもの23%に湿疹が、1.7%に喘息がみられたのに対し、食洗機を使用する家庭ではそれぞれ38%、7.3%で前者より多い。ちなみに、食器を手洗いする家庭では、鼻炎などの季節性アレルギーの比率も低かったが、そちらは統計的に有意な差ではなかったという。

 

 また、ザワークラウトなどの発酵食品を少なくとも月1回以上食べていたり、地元の農場から入手した食品を食べている子どもは、あらゆるアレルギー疾患になる確率が低い傾向があることも分かった。

 

 「食器を手で洗うことが、食洗機を使うよりも細菌を減らす効果が低いことは、複数の研究が示している。したがって、食器の手洗いが微生物への曝露を増やし、それが免疫系を発達させることによって、子どものアレルギーが低減すると推測する」。今回の研究の筆頭著者のBill Hesselmar氏は、そう述べている。

 

 つまり、食器洗浄機が食器を清潔にしすぎるために、子どものアレルギー耐性が弱くなっているのではないかということだ。これは、幼少期に多くの微生物に触れることで免疫系が発達するとされる「衛生仮説」を裏づける新しい知見である。

 

適度に雑菌に触れる育児を

 

 衛生仮説については、今までも多くの検証がなされてきた。たとえば、就学前に農村暮らしをしていた子どもは、学齢期のアレルギー性鼻炎罹患率が平均の約3分の1と大幅に低くなる。また、新生児からペットなどの動物と一緒に暮らしている赤ちゃんは、感染症にかかりにくくなるという報告もある。

 

 ただ、子どもにアレルギー性疾患を発症させる環境的・遺伝的な因子は他にもたくさんある。食器洗浄機が必需品となっている家庭で、今さら手洗いに戻すのも現実的ではない。高温多湿な夏などは、調理用具や食器をしっかり除菌することが、有効な感染症の予防にもなっているのだ。

 

 大切なのは、子どもを取り巻く衣食住の環境を見直し「行きすぎた清潔志向」で固めないことだろう。人間は生まれて数年は小さな病気が多いのは当然のことであり、土や水や動物に触れ、いろいろなものを口にすることで免疫系が育つ。多少の汚れは気にしない、そのくらいの生活を志向してもいいのではないだろうか。
(文=編集部)


↖︎
転載ここまでです。
記事中にあります「行き過ぎた清潔志向」が、問題だと思っている一人です。
大事なのは、微生物さん達との「共生」だと思っています。


醗酵環境の中で生活していく事が、健康を維持する条件だと思っていますので。

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

乳酸菌エステサロン!


upクリックできるよup
乳酸菌発酵サロンです拍手
手浴足浴で乳酸菌を
いっぱいの愛と光で
深呼吸しちゃいましょうおてんき

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白)
蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白) (JUGEMレビュー »)

これがあればお手軽に蒸留水が使える生活が出来ます。一日4Lあれば充分だと思うので、寝ている間に出来ちゃいます。

recommend

超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放
超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放 (JUGEMレビュー »)
名倉 仟
ミネラル365の身体に及ぼす影響を詳しく解説してくれている一冊。健康を望む方の必読書ですね。

recommend

国産クエン酸(結晶) 900g
国産クエン酸(結晶) 900g (JUGEMレビュー »)

クエン酸で薬いらず・・・
神薬・・・かも・・・

recommend

スーパー風呂バンス1000
スーパー風呂バンス1000 (JUGEMレビュー »)

これは優れものだと思います。保温ようなので、電気代もさほど気にならないで24時間いつでも風呂が使えます。

recommend

スリムエネマ
スリムエネマ (JUGEMレビュー »)

大腸内に直接乳酸菌を取り入れるには、これが一番ですよ。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

長谷園 浅漬器 CT-32
長谷園 浅漬器 CT-32 (JUGEMレビュー »)

これで作っています。

recommend

recommend

トンボ つけもの容器 5型
トンボ つけもの容器 5型 (JUGEMレビュー »)

このタンクが非常に便利なんです。使わないときには重ねて収納できます。

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM