抗菌・除菌で常在菌等のバランスが崩れる!?

  • 2017.10.21 Saturday
  • 04:01

乳酸菌普及協会として、これまで一貫して情報発信してきた中に

除菌、抗菌、殺菌についての考え方があります。

 

CMで流されている除菌、抗菌グッズの数々は、今の製品群の主流に

なっています。

 

食中毒もそうですが、過度の除菌、殺菌が原因のひとつだと

思っていますが、要は自然界の菌のバランスが崩れるところから

起こっていることは、事実だと思います。

 

当然体の中の免疫力も、除菌、殺菌されたものを多く食べることによって

体内の善玉菌が減ってしまうことで低下してしまうからです。

 

本来私たちは、菌との共生関係で生きており、菌のバランスが

そのまま健康に繋がっているということを、自覚する必要が

あると思っています。

 

目に見えないだけに、なかなか難しいことではありますが・・・

 

そんな中、抗菌、殺菌は問題ありと言った情報を発信してくれている

ブログがありましたので、情報共有したいと思います。

 

産まれながらにして持っている常在菌を、減らすことの無いように

したいものです。

 

引用元はこちらになります。

→ http://youjo-labo.com/antibacterial-8361.html

 

以下転載します。

↘︎

 

抗菌・除菌で常在菌等のバランスが崩れる

 

 育児・子ども関連連載コラム

 

 

うみと大地代表 みんなの布ナプキン会議メンバーの石川ともえさんによる連載コラムです。

 

30年ほど前に抗菌靴下が発売されて以来、いろんな抗菌商品が発売されてきました。

抗菌下着、マスク、まな板や調理用品、手洗いせっけんに始まり、抗菌ボディーソープや、食器洗剤、洗濯洗剤に至るまで。

 

いまや、抗菌や除菌じゃないものを探すのが難しいぐらいですね。

 

 

 

抗菌、除菌って何?

 

抗菌は、微生物の発生・成育・増殖を抑制すること。

 

除菌は、対象物から微生物を除去すること。

 

共に、滅菌や消毒のように除去レベルが法律で定められているものと違い、除去レベルは各メーカーの自己申告制となっています。

 

抗菌剤には、〔亀〃蓮紛筺銅イオン等)、⇒機系(トリクロサンや塩化ベンザルコニウム等)、E形碍蓮淵劵離やカニの甲羅などを原料としたキトサンなど)があります。

 

これらを用途によって、使い分けているのです。

 

抗菌せっけんで手を洗い、抗菌洗剤で洗った食器で食事をし、抗菌ハミガキ、マウスウォッシュをつかい、抗菌ボディーソープで身体を洗い、抗菌洗剤で洗濯した抗菌下着や衣服を着て、その人の常在菌はどうなるでしょうか?

 

皮膚常在菌がへり、口腔内の常在菌も減り、抗菌剤が体内に入っていくことによって腸内細菌も減るといわれています。

 

その結果、病原体の侵入を許し、免疫力も下がる。その結果ちょっとの刺激でアレルギーを起こしたり、病気になったりしやすくなる。

 

また、菌は、そう簡単に全滅せず、薬剤耐性を持った菌に生まれ変わったり、生息場所を変えたりして生き延びるのです。

 

抗菌剤が川に流れると?

 

環境への負担はどうでしょうか。抗菌材の入った食器洗い洗剤や洗濯洗剤は、家庭の排水口から川へ流れていきます。

抗菌剤は、浄水場の浄化プラントでも浄化することが出来ずに、そのまま川に流出するといわれています。その結果どうなるか。

 

 

川の水にどんどん抗菌材が流れて、菌が住めない川になるのです。自然の生態系を壊すのです。プランクトンが育たず、小さい魚や貝が育たない。

 

環境問題や、私たちの食料問題にも関わってくるのです。

 

私たちは、私たちと共に生きるたくさんの菌ちゃんと共生して生きています。

これまでの記事でも書いてきたように、私たちは常在菌と仲良く暮らすことで、病原菌の侵入を防いだり、免疫力を発揮したりして身体の機能を保っています。

 

豊かな常在菌は、私たちの健康の源なのです。

 

洗剤メーカーのテレビコマーシャルなどによって植えつけられる、バイ菌の嫌なイメージにとらわれることなく、自分の菌ちゃんと大切にし、自分で感じ、考える習慣を持ちたいものです。

 

まとめ

 

抗菌商品を使うことで、常在菌等の菌環境が変わってしまいます。短期的な効果はあるかもしれませんが、長期的に見てはリスクの方が多くなります。

 

2016年9月のアメリカでの抗菌せっけん発売禁止でも、「耐性菌やホルモンへの影響等の健康リス

クを引き起こす可能性を示すデータがある」と明言されています。

 

日光消毒や、熱湯消毒などの昔ながらの方法で除菌はできます。必要な時には、漂白剤などの殺菌作用のものも使えばいいと思います。

 

私たちと共にいる菌ちゃんを大切にすれば、身体の健康の為にもいいし、また流れ出る生活排水も安全だし、周りの環境にもうれしく、四方よしですね。

 

 

↖︎

転載終了です。

 

乳酸菌を活用して常在菌を維持して行きましょう。

 

常在菌は大事という、情報でした。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

 

自己治癒力「病は氣から」は本当だった!?

  • 2017.10.11 Wednesday
  • 03:24

乳酸菌普及協会では、日々皆様からのお問い合わせや

相談をいただいています。

 

多くの方に共通するような事は、それほど問題も無く

ご理解頂けるんですが、個別の問題になるとそれこそ

千差万別で、今までに聞いた事も無いようなことも

時には伺う事もあります。

 

どう考えても思うような結果が得られないと言った時には

いつも思う事ですが、氣持ちの問題になってきます。

 

病は氣からと言いますが、まさに究極はこれだと思います。

 

この事に関して、お医者様が記事を書いてくれていましたので

専門家の考えとして読んでみて欲しいと思います。

 

以下に引用転載します。

 

自己治癒力「病は気から」は本当だった

 医療自然医療養生チャンネル

シェア

 

予防医学の重要性を説き続ける医学博士・脳神経外科専門医「田中佳先生」にお話を伺っています。

前回の記事はこちらから☟

超重症患者がEM菌で治った?運命を変えたEM菌とは何?

超重症患者がEM菌で治った?運命を変えたEM菌とは何?

予防医学の重要性を説き続ける医学博士・脳神経外科専門医「田中佳先生」にお話を伺っています。 前回の記事はこちらから☟ ...

ファビコンyoujo-labo.com

はてブ数

 

drip-1037806_640

自己治癒力

 

要するに医学ではなくて、謎の液体が重症肺炎を治したっていう事実は何なのか?

考えましたよ、そりゃあね、必要最低限の素の点滴しかしていませんでしたからね。

 

医療と呼ばれることは何もしていませんでしたからね。 で、これを紐解いていくとですね、結局は自己治癒力しかないんです。

 

誰にでもある自己治癒力ですけど、何らかの原因で発動停止になっていて、あの液体によって発動したってことになります。

 

雪道や泥道でスタックした車がいたとしますね、アクセル踏んでもタイヤは空転して進まない状態、分かりますよね?

 

中では必死に脱出を試みてアクセル踏んでいるのに、外から見ると全く動いていない状態。そこに板切れをタイヤの下に挟んだらどうなるか?

 

脱出できる訳ですよ。たかが板きれ1枚でね。 それと同じで、常に体は治ろうとし続けてるのが基本ですから、絶対に体は諦めない。

 

必ずなんとかしようとし続けてる。脱出しようとしてね。 何らかの原因は分かりませんけど、まあエネルギーがないとか、血の巡りが悪くて血液が来ないとか、何かです。

 

車が動かない状態でも、ガソリンがなくて走らないだとか、スタックしてるとか、パンクしているとか、バッテリーが上がったとか、いろいろ考えられますでしょ?

自己治癒力を発揮できない何かがあるんです。

 

このエピソードはですね、当初はEMって凄い!って思ってました。その後もいろいろ学んだあとで冷静に考えますとね、EMが素晴らしい!

ということよりも、泥道でスタックした車のタイヤの下に板切れを入れることになったのがたまたまEMだったていう話なんです。

 

だって、ありとあらゆる方法で色んな病気を治している人を見てしまったからなんですよ。方法ではなくて、その人に合ったきっかけがヒットするかどうかなんだなと。

 

teacup-1252115_640

 

例えばですね、このハーブティーがガンを消しましたとか、断食で難病を克服しましたとか、色んなことをして、色んな人が病気を克服してるんです。

 

がんを自力で治した人はたくさんいましたね。気合で治した人もいましたからね、驚きますよ。

あとは世界一周クルーズの旅で治した人がいたり、永平寺に修行で入った人も消して、EMでも消えてるし、ハーブティーでも消えてるし、昔ながらのキノコでも海藻でも消えてるしね。

 

で、全体を見てみますとね、結局は何を使ってもがんは消せるってことが分かってくる訳ですよ。

要するに、治るきっかけだけ、自己治癒力のスイッチが入るだけだということが分かるんです。

 

方法論じゃないんです。この山を登るのに、どのルートを登るのかだけなんです。 みんなは自分が出会った1つのルートしか知らないので「これ」は素晴らしいってなるんです。

 

このキノコは素晴らしいとか・・わたしの場合はEMだっただけなんです。

 

こんな感じで、病気を治すきっかけは、実は世の中にいっぱいあったんですね。

 

淡々と事実を見るというのが重要でね、気の持ちようってのは大きいんです。気合で治るってことはですよ、「病は気から」ってことですよね。

そう書いて「病気」ですしね。

 

12915101_1264818923533023_2079814676_o

 

だから部屋の電気のスイッチを押すときに、どうしてこの人差し指でしか押せないんだって思い込まされたのかなんですよ。

 

どの指でも押せるじゃんって、指じゃ無くてもどこでも押せるじゃん。

 

ボール投げたっていいし。ああ、方法にこだわることじゃないんだって分かったときにね、どんな方法を選択するかっていうと、その人の好き嫌いでいいんだってことなんですよ。

 

あなたが信じたものを選ぶことが大切でね、また信じた気持ちが生命エネルギーに変わっていくんです。

氣の持ちようで、心が変化するとくっついてる体も変化するんです。

 

心が荒れたら、体も荒れるんです。トレーラーとコンテナの関係と同じですよ。

氣の持ちよう

 

運転が荒ければ後ろのコンテナは揺れ動くみたいにね。静かに穏やかに運転したらコンテナも穏やかです。 だから問題は心なんです。

 

これに気づくと誰でもこういう経験がありますからね。過度の緊張をすると胃が痛くなるでしょ? 胃が痛いって事は胃炎になってるでしょ?

 

もっと悪化したら胃から出血するんです。その延長線上に胃潰瘍があったりしますでしょ?

過度のストレスで胃に穴があくでしょ? 心の変化で胃に穴があけれるんです。だったら反対もできるじゃんって。気合いで治せる(笑)

 

divine-light-1296353_640

 

気合いっていうと修行みたいに聞こえますけどね、そうでもいいですけど、要は心を穏やかにすることが大切ですよね?

 

トレーラーの運転を穏やかに。だからその方法は何っていうと、この世的に一言で済ませば「癒し」なんです。

 

だからね、「誰と」「何を」「どこで」すれば心の底から癒されるのかっていうのが一番手っ取り早い訳です。

 

仏門に入って、ブッダを目指すのは一番健全で確実な道かもしれないんですけど、本当に悟っているのは過去にブッダしかいないんですからね。

 

そんなに簡単じゃないんです。

こう言うと諦める人が続出します(笑) もっと簡単にならないのかなと。

 

悟りの領域というのは広いので、端っこにでも立てば相当楽になれると思いますので、そこに一時的にでも、強制的にその領域に持っていく方法はなんだ?って考えると

「癒されること」ということに気づくんです。

 

ああ、これでいいじゃんって。 仕組み的にも心が安定すれば体も安定するんですからね、それって自律神経とか、色んなシステムとかが安定化するってことですよ。。

 

理想的な状況をまとめますと、この世的な身体の問題と、あの世的な心、スピリチュアル的な問題を同時に平穏無事にしていかないと健康に向かうには片手落ちになるんです。

目に見える栄養と見えない栄養。健全な食事と幸せですね。

 

やはり心の問題

heart-700141_640

 

ここまで学んできましてね、大切なポイントは「食・腸・心・運動」に集約されます。

 

その中でもね、心の問題が7割くらいは占めてるなっていう印象なんです。だからまず心ありき。心がほぐれれば身体もほぐれる。

 

これをいきなり言うと患者さんはついてこられないんですよね。。。

「あ〜あ、この人、いっちゃったんだ、、、」なんて思われてしまうんです(笑)

 

何年もかけて、順ぐりに健康の道を辿って行ったら、単にこうなってしまっただけなんです。

 

最初は食ですね、食をよくしてもいまいちだ、これを消化するのは腸だ、腸は何だ? 整腸だ、菌だ、なるほど。

 

菌のすばらしい恩恵は世間に知れ渡ってきましたからね。動くということは体使ってナンボですから、使わなかったら萎えて朽ちていき退化します。

 

そこで何が足りないかというとやはり心の問題なんです。 心は揺れ動きますけど、魂は微動だにしないから、魂で生きればもっと楽に生きられるんですよね。

 

このことを表現するのに適切な語彙が無くて困るんですけどね、スピリチュアルって言葉も人によってニュアンスが違うし、霊性っていうと直ぐに宗教?って来るし(笑)

でも、どうしても必要なんですよ。

 

 

 

転載終了です。

 

この事がご理解頂けたうえで実践をして頂けたなら、

体調は自分が思うように改善していけるのではないかと

思っているところです。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

みそ汁の高い健康効果で生活習慣病の予防にも効果的!?

  • 2017.10.09 Monday
  • 04:13

3連休も最終日を迎えましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

天候もまずまず恵まれ、昨日はだいぶ気温も上がりました。

今日も天気は良いようなので、お出かけには最適かと思います。

 

本日は、おなじみのみそ汁に関しての話題をお届けします。

 

伝統食とも言えるみそ汁ですが、様々な健康効果があるようです。

 

このみそ汁のことを、わかりやすく説明してくれている記事が

ありましたので、情報共有ということで、ご紹介したいと思います。

 

乳酸菌普及協会としてのお勧めは、みそ汁をいただく直前に、

ホウロンポウを少量みそ汁に入れていただくと、更に良いと

いうことで、ご紹介をしています。

 

引用元はこちらです。

➡️ http://healthfitnessbeautydiet.com/blog-entry-567.html

 

以下転載です。

↘︎

 

 

 

みそ汁は塩分が高いからと控えるのは大損!みそ汁の高い健康効果で生活習慣病の予防にも効果的!

 

 

 

 
 
118_20160128033747242.png
 
 
 
 
■ みそ汁の健康効果が凄い!
 
 
私は長年パン食だったため、過去10年ほどみそ汁を食していませんでした。高血圧を予防する意味あって、塩分をできるだけ控えたいと考えていたため、なおさらのことみそ汁から距離をおいていました。
 
 
しかし、だんだんパン食に飽きてきまして、思い切って一昨年あたりから朝食を完全に和食に切り替え、みそ汁も毎朝飲むようにしたのですが、驚くべきことに血圧はパン食事代よりも安定しています。
 
 
かなり大きめのお椀に毎朝2杯ほど飲んでいるにもかかわらず、すこぶる調子が良いので自分のことながら非常に喜んでいます。どうやらみそ汁は体内でのナトリウムの排出機能を高める働きがあるので、それほどみそ汁の塩分の多さを気にする必要はないようです。


 
 
 
 
4318920161124.png
 
 
 
『 味噌汁は食のバランスをとりやすい! 』
 
 
むしろ豆腐や野菜などの具材を多くすることによって、みそ汁の塩分を吸収してくれるので、食のバランスは以前とは比較にならないほど改善されているようです。
 
 
ということで今回はみそ汁を飲むことによって、どのような健康効果がえられるのか分かりやすく解説したさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。



 

 


 
「味噌汁は塩分が多い」は誤解!
実はこんなに健康的だった

 

 
6688920161130.png
 
 
 
『 味噌汁は忙しい方にぴったり! 』
 
 
毎日の朝食で味噌汁は飲みますか? 朝はパン食だから味噌汁は飲まないという人も多いと思いますが、朝おみそ汁を1杯飲むだけで、一日の栄養バランスが整うので、忙しい方にこそ飲んでもらいたい健康食品です。
 
 
しかし、味噌汁は日本人の食生活に欠かせない料理の一つでありながら、その効能を詳しく知っているという人は少ないのではないでしょうか。今回は、意外に知られていない味噌汁の効能についてご紹介します。
 
 
 

 
 
■ 味噌汁の効果は江戸時代から知られていた
 
 
江戸時代には「医者に金を払うなら、味噌屋に払え」と言われており、味噌汁の効能として「気を穏やかにし、血を活かし、毒を消し、消化を良くし、寒を防ぎ、嘔吐を抑え、腹下しを止め、血をめぐらせる。
 
 
また髪を黒くし、肌を潤す」と知られていました。東洋医学の医食同源の考えから、味噌汁が薬膳的な食べ物と考えられていたのです。
 
 
 

 
4678920161124.png
 
 
 
『 味噌汁を飲むと胃がんの死亡リスクが大幅減! 』
 
 
現代でも味噌汁の効能は様々語られています。味噌汁を全く飲まない人は毎日飲んでいる人にくらべて、胃ガンによる死亡率が50%も高いという調査結果があります。
 
 
味噌に含まれる豊富なミネラルと、熟成過程で発生する物質が、ガン抑制に何らかの効果があるのではないかとされています。
 
 
味噌には胃の粘膜を守る働きがあり、胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍になりにくくなるとも言われています。これは60歳を過ぎると、差がはっきりと出てきます。また、味噌には活発な消化酵素が含まれているので、他の食材の消化吸収を助ける働きがあります。
 
 

 
 
 
15220161116_20161130225644c67.png
 
 
 
■ 疲労回復、アンチエイジングにも
 
 
味噌の主原料である大豆に含まれるサポニンは、血清コレステロールの上昇を抑え、レシチンはコレステロールを低下させる働きがあります。
 
 
動脈硬化予防が期待できるカリウム・マグネシウムも含まれています。
 
 
この他にも、良質なたんぱく質やビタミン類、イソフラボンなど多くの栄養素が含まれており、美肌効果・疲労回復・抗酸化作用といったアンチエイジング効果が期待できます。
 
 

 
 
 
6608920161130.png
 
 
 
■ 塩分量は大丈夫?
 
 
塩分が気になり、味噌汁を控える人もいると思います。厚生労働省が定めた一日の塩分摂取目標は男性9g。味噌汁1杯に含まれる塩分は1.5g前後です。
 
 
これだけみると量が多いように思いますが、大豆や具材に含まれるカリウムが、体内のナトリウムの排出を促進してくれるので、総合的に考えると決して塩分量は多くないと言えます。

 
 
 
 
6698920161130.png
 
 
 
■ 味噌汁は朝の毒消し
 
 
味噌汁には様々な効能があることはお分かりいただけたかと思いますが、さらに“朝に食べるべき理由”もあるのです。
 
 
昔から「朝の毒消し」と言われる通り、味噌汁は体の中の不要な物の排出を促進してくれます。前日の疲労や精神的な安定にも効果があり、一日の始まりに体と心をリセットしてくれます。
 
 
 

 
6020170501ht_20170528165800288.png
 
 
 
『 味噌汁で季節の変わり目におきる体調不良を予防しよう! 』
 
 
さらに、体の中から温めてくれるので、体を目覚めさせるのにもピッタリ。また、梅雨入り前後の今の時期は様々な体調不良を引き起こしやすいわけですが、味噌汁を飲むことで免疫力を高めてくれるので、予防するうえでも飲んでおきたいところです。
 
 
具材も様々なものを活用できるので、具だくさんにすれば朝から栄養価の高い食事ができます。
 

 

↖︎

転載終了です。

 

乳酸菌液ホウロンポウが、お手元にある方は、みそ汁に

30cc程度でよいので、いただく直前に入れてみてください。

(味覚に関しては、個人差がありますので無視してます・・・)

 

でも健康効果は上がると思います。

 

みそ汁の健康効果についての情報でした。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

インフルエンザワクチンが効かないわけ!?

  • 2017.10.01 Sunday
  • 03:40

今日から10月です。今年も残すところ後3ヶ月となりました。

 

気づけば残り3ヶ月という事で、時の流れは歳と共に

早く感じるようです。

 

気候もすっかり秋本番の様子で、朝はかなり涼しくなってきました。

 

そんな状況からではないかと思いますが、今年もまた

インフルエンザが流行り出していると言った報道が目につくように

なっています。

 

それと共に、国が効果が疑問だとして、集団接種を取りやめた

ワクチン接種を、感染を防ぐと言ってワクチン接種を薦め

さらに今年はワクチンが足りないと、緊迫感をあおっていました。

 

ワクチンを打って安心するのならそれでも良いとは思いますが

せめてワクチンを接種しても、インフルエンザに感染する事がある

という事も、知った上で承知して受けるなら、何も言う事は

ありませんが・・・

 

そんなワクチンですが、公的機関の室長をされていた医師のかたが、

インフルエンザワクチンが効かないわけを、説明してくれている

記事がありますので、ご紹介したいと思います。

 

今現在は、ワクチン接種は強制ではなく、判断は個人の自由なので

受ける受けないは、こう言った知識を参考に、ご自身で判断して

欲しいと思います。

 

情報元記事は、こちらです。

➡️ http://kenkoubyouki.com/?p=1158

 

以下に引用転載致します。

↘︎

 

 

インフルエンザワクチンが効かないわけ

4件89993

約 2 分

 

元国立公衆衛生院疫学部感染症室長 母里啓子医師が「インフルエンザワクチンを打っても抗体が出来るのは血液中です。しかし、インフルエンザに罹るのは喉の粘膜だから、インフルエンザワクチンを打っても感染は防げません」と言っています。

 

インフルエンザウイルスは血中では増えないので(粘膜に罹る)、血液中に抗体が出来ても意味がないそうですよ。

 

母里啓子さんは元国立公衆衛生院疫学部感染症室長ですので、感染症関係のプロ中のプロです。

元感染症関連機関の室長だぞー!

 

 

 

 

母里啓子医師はさらに、この動画で「厚生労働省はインフルエンザワクチンで感染を防げないは分かっている」と答えています。

 

厚生労働省は「インフルエンザワクチンの効果を期待する」だけだそうです。

 

期待だけされても、偏差値40の受験生は東大に合格できませんよね(笑)

 

これと同じで罹らないと信じてインフルエンザワクチンを接種しても罹るときには罹ります。

結論は「インフルエンザワクチンは接種する意味なし」。

 

でも、インフルエンザワクチンの効果を期待している人は打ってもいいかも。

私はお金がもったいないし、期待もしていないので打ちません(笑)

 

 

↖︎

転載終了です。

 

とても分かりやすい動画の中での説明でしたね。

 

こういった情報は、テレビや新聞報道では流れないので、

知らないでワクチンの接種をする方がまだまだ大勢おられるようです。

 

安心よりも逆に危険なリスクを抱えるワクチン接種は

よくよく調べてから、受けるようにしたいものです。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

処方箋がいらない天然抗生物質トップ10!?

  • 2017.09.29 Friday
  • 03:22

體は、食べたものでできている事は間違いない事実だと思うので、

できるだけ加工されたものではなく、素材に近いものを食べた方が

體には良いと思っています。

 

なので、どうせ食べるなら何を食べたら良いのかといった時の

参考になる記事を見つけましたので、情報共有したいと思います。

 

題して「処方箋がいらない天然抗生物質」だそうです。

これは天然なので、薬と違い副作用が無いのでしょう。

 

何を食べようかと思った時の、参考になればと思います。

 

以下転載です。

 

 

処方箋がいらない天然抗生物質トップ10

 

処方箋がいらない/天然抗生物質トップ10

 

最高の抗生物質を手に入れるために、薬局や病院に行く必要はありません。

自然のめぐみを受けるのに、処方箋はいりませんし、必要な量だけを

必要な時に利用でき、薬依存症や副作用の心配もありません

(ただし、アレルギーに関しては、個人差がありますのでご注意ください)。

 

今回は、処方箋なしてカンタンに利用できる、天然の抗生物質をご紹介します。

つづけてお読みください!

 

 

天然の抗生物質を活用しましょう!

感染症の予防には、薬局に行って医薬品や化学薬品にお金を使う代わりに、

次に挙げる、ヘルシーでナチュラルな代用品を選ぶことができます。

 

グレープフルーツの種

自然食品店でグレープフルーツ種子エキスを買うこともできますし、

グレープフルーツを食べたあと、種を乾燥させ、すり鉢でつぶしてもOKです。

グレープフルーツの種子には、細菌・真菌・寄生虫・ウイルスを殺す成分が

含まれています。たいへん経済的で、安全な抗生物質です。

 

5-グレープフルーツ

 

ニンニク

 

スーパーフード番付に必ず登場するニンニク。さまざまな効能を持つニンニクは、

料理に、自然療法に、大活躍します。その最も大切な効能のひとつは、

抗菌性があるということ。ニンニクは、何千年も昔から、ペストなど、

伝染病の薬として利用されてきました。

 

ニンニクのもつ抗菌作用については、19世紀にフランスの科学者

ルイ・パスツールによって研究され、細菌・真菌・ウイルスを殺す作用が

あることが確認されています。また、ニンニクを生で食べると、

免疫システムを強めてくれます。

 

銀ナノ粒子

 

銀ナノ粒子の持つ殺菌効果については昔から知られており、

650以上の病原菌に対して有効であるといわれています。

 

実際、1934年(ペニシリンが発見された年)までは、

唯一の抗生物質として医師により利用されていました。

 

薬品産業の発達とともに、薬としての需要は減りましたが、

繊維・台所用品・化粧品など、さまざまな分野で利用されています。

ただし、その安全性に対しては懸念する向きもありますから、

家庭療法に使用する際には注意が必要です。

 

エキナセア

 

エキナセア(和名:ムラサキバレンギク)は北米原産の植物。

その葉と根は、アメリカ原住民によって傷薬として使われていました。

エキナセアには、感染症を予防する・免疫力を高める・リンパ球の生成を

うながすなどの効能があると言われています。

 

リンパ球は、血液細胞のひとつで、身体がさまざまな病気や感染症・ウイルスに

抵抗する際に非常に大切な役割を果たします。

 

エキナセアは、発熱・インフルエンザ・耳の感染症の治療にも効果的です。

また、皮膚の炎症・のどの痛み・消化器系および尿路の痛みなどを軽減します。

 

エキナセア

 

 

プロポリス

 

 

プロポリス(蜂ヤニ)とは、セイヨウミツバチが植物や花から花粉や

樹液を集めるときにつくりだす物質です。

 

蜂たちは、このプロポリスを巣の小さなすきまや外壁に塗ることで、

細菌やウイルスの侵入を防ぎ、巣の中を清潔に保っています。

 

プロポリスのおかげで、蜂の巣の中は自然界で最も衛生的な場所なのです。

何千年もの間、プロポリスは天然の抗生物質として、

また免疫力を高めるために用いられてきました。

 

ビタミンC

 

くだものと野菜の多くに豊富に含まれているビタミンC。

抗酸化作用があり、身体の免疫システムを強めてくれるため、

病気の予防にすぐれた働きがあります。

 

例えば、柑橘類をよく食べる人は、病気にかかりにくいと言われます。

また、ビタミンCには、ウイルスや細菌・毒素などの排出を助ける作用もあります。

 

オレガノ

 

生のハーブだけでなく、オレガノオイルが手に入れば申し分ありません。

このオイルは、香り高いオレガノの葉から作られており、

抗菌作用の高い成分を含んでいます。

各種の感染症の治療に役立ち、薬局で売られている抗生物質よりも

さらに効果的です。

 

オレガノオイルには、さまざまな病気を引き起こす肺炎球菌・ブドウ球菌

・連鎖球菌・腸球菌を殺す作用があります。

 

また、その他25種類の細菌にも効果があり、これには合成された抗生物質に

耐性のあるものも含まれます。

 

オレガノ-Fernando-Stankruns

 

オレガノオイルは、腸内感染症・腸チフス・尿路感染症・コレラ・

皮膚の感染症・腫瘍などを持つ人に最適です。

 

また、風邪・はしか・おたふく風邪などの予防にも役立ちます。

さらに、刀創や動物にかまれた傷の炎症を軽減し、

ハチやヘビ・クモなどの毒を中和する作用もあります。

 

オリーブの葉

 

 

オリーブの実やオリーブオイルはよく知られていますが、

オリーブの葉のエキスにも驚くべき薬用効果があるってご存知でしたか。

まず、オリーブの葉には抗菌作用があります

(これでオリーブを病原菌から守っているのです)。

 

また、フリーラジカルの悪影響(例えば、早期老化など)を

取りのぞくのにも役立ちます。

 

さらに、天然の抗酸化物質・抗炎症剤・鎮痛剤としての役割も果たします。

 

レンゲソウ

 

 

一昔前までは、春の風物詩であったレンゲソウ(またはゲンゲ)。

中国やアジア諸国では、民間療法に古くから利用されてきました。

 

免疫システムを強化する・風邪やインフルエンザを予防する

・感染症を抑えるなどの効果があります。

また、抗炎症作用・抗菌作用・抗酸化作用のほか、血圧を下げる

・糖尿病を予防するなどの効能もあります。

 

緑茶

 

 

お茶1

 

日本では、毎日の生活に欠かせない緑茶。海外でも、

脂肪燃焼やむくみ解消に役立つとして注目を浴びていますが、

その他にもさまざまな薬用効果があります。

 

緑茶の最も重要な成分である没食子酸エピガロカテキン(EGCG)は、

口内細菌のほとんどに効き目があります。

 

おいしいうえに、すぐれた天然の抗生物質である緑茶を、毎日飲みましょう!

 

転載終了です。

 

ネットで検索したら、殆どのものは手に入れられそうな

感じですね。

 

何かアンテナに引っかかるものがありましたら、お試し下さい。

 

それと善玉乳酸菌の生活への取り入れも、お忘れなく願います。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

 

 

知らないと損をする!本当はスゴイ乳酸菌の効果8選!

  • 2017.09.27 Wednesday
  • 03:23

本日は、乳酸菌の効果についての情報を共有したいと思います。

 

「本当はスゴイ乳酸菌の効果8選」ということで、わかりやすく

事例を紹介してくれている記事がありましたので、これまでの

くり返しになる部分もあるかとは思いますが、知識を拡充と

言う事で、ご紹介したいと思います。

 

結構の情報量なので、一部引用になります。

 

全部を読みたいという方は、引用元にアクセスしてご覧下さい。

引用元はこちらです。

→ http://xn--kzw749b.com/sugoi-nyusankin-tikara

 

以下一部転載します。

↘︎

 

知らないと損をする!本当はスゴイ乳酸菌の効果8選

 

乳酸菌は「腸を整える善玉菌」というイメージを多くの人が持っていると思います。実はこの「腸の調子を整える」ことで腸だけでなく、全身の病気や調子を改善できることが分かっています。


ヨガをする女性
 

中には「え?そんなことも乳酸菌の力で改善できちゃうの?」というような効果もありますので、1つずつ紹介していきますね!これを読めば、あなたも今すぐ菌活したくなること間違いなし!(笑)

 

そもそも乳酸菌って何?と言う人はまず乳酸菌って何?種類や効果、ビフィズス菌との違いについてからお読みください。

 

 

 

便通の促進・改善効果

 

もっとも知られている乳酸菌の効果といえば便通の改善や促進効果ではないでしょうか。


便秘
 

大腸内の腸内細菌叢(腸内フローラ)で善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌)が優勢になると、これらの善玉菌が作り出す有機酸(乳酸や酢酸)によって腸内は弱酸性に保たれます。

 

この酸が大腸の内壁を刺激して腸のぜん動運動が活発になり、スムーズな排便につながるという仕組みなのです。

 

 

便秘の腸内はアルカリ性!

 

一方で便秘の腸内では悪玉菌の勢力が優勢になっています。
 

悪玉菌(ウォルシュ菌など)は日和見菌も味方につけ腸内の残留物(食べ物のカスなど)を腐敗させ、腸内をアルカリ性に変えてしまいます。

 

アルカリ性にかたよった大腸はぜん動運動が弱まり、便を肛門まで送り出す力がどんどん弱まってしまいます。
 

そして長時間腸内にとどまった便はどんどん腐敗がすすむため、腸内はますますアルカリ性に偏っていきます。

 

こうなると善玉菌の勢力は衰えるばかり。
腸内環境はさらに悪化して便通がとどこおってしまうのです。

 

これを改善するにはどうすればよいのでしょうか?
そのためには腸内で劣勢になっている善玉菌を助け、悪玉菌よりも強い勢力に育ててあげる必要があります。

 

 

善玉菌を増やして腸内を酸性にしよう!

 

ヨーグルトなどの発酵食品や乳酸菌、ビフィズス菌が配合された健康補助食品を摂取することで腸内の善玉菌を増やしてあげましょう。

 

善玉菌が生きたまま腸まで届くか?を気にする人もいますが、胃酸で消化・分解され死滅した乳酸菌の死がい(菌体成分といいます)にも、大腸内で善玉菌を助ける働きがあることが研究で分かっています。

 

またオリゴ糖や食物繊維は善玉菌のエサになり増殖を助けてくれますので、これらの栄養素が多く含まれる食品も積極的に摂ると良いでしょう。

 

私たちが意識的に腸内の善玉菌を増やすことで腸内は徐々に酸性に戻っていきます。
すると腸のぜん動運動もふたたび活発になり、お通じも良くなる〜というわけです。

 

多くの善玉菌に便通の促進・改善効果があることが分かっています。
スッキリとした便通をむかえるためにも菌活は大変重要なんですね。

 

便通の改善・促進効果が期待できる善玉菌

 

EC-12株、JEF01株、サーモフィラス菌1131株、BB536菌、FK120株、HN019株、SBT2928株(ビフィズス菌SP株)、ブレーベ・ヤクルト株、クレモリスFC株、GCL1176株、KW3110株、LGG菌、L-55株、NY1301株、N-1株、SBT2055株(ガセリ菌SP株)、シロタ株、ブルガリア菌2038株、ラブレ菌、ロイテリ菌 他多数

 

 

 

免疫力の強化

 

お灸
 

外部から侵入するウイルスや細菌、また体内で発生するガンなどの病気からカラダを守る仕組みが免疫です。免疫の役割は主に次の3つ!

 

  • 外部の病原菌などからの感染防止
  • 疲労回復や病気への抵抗力強化などの健康維持
  • 細胞の新陳代謝を活発にして老化を防止

 

 

 

免疫力強化のカギは腸にあった!

 

 

免疫力は私たちの生命力そのものと言えるかもしれません。
そして驚くべきことに!全身の免疫細胞のうち60%〜70%が腸に集中しているんですよ!

 

つまり免疫力を高めるには腸が「腸」重要というワケです(笑)

 

小腸の内壁には絨毛(じゅうもう)と呼ばれる細かな突起がびっしりはえています。
この絨毛の隙間にパイエル板という異物感知センサーが備わっており、パイエル板がウイルスや細菌を感知するとリンパ球が分泌され、異物を排泄してくれます。

 

善玉菌を摂取することでパイエル板の働きが活性化され、ウイルスや細菌への抵抗力が高まることが分かってきました。

人工的に作られた腸内細菌がいない無菌マウスは免疫システムが正常に働きません。しかしこの無菌マウスに腸内細菌を植え付けることで、免疫システムが正常に働き出すことが実験で明らかになっています。

 

つまり腸内細菌は免疫力に影響を与え活性化させているということです。
逆に言えば、腸内環境が悪化すると腸内免疫細胞の働きが弱まって、免疫力が低下してしまう可能性が高いとも言えそうですね。

ある臨床試験で健康な高齢者2グループに対し、それぞれ本物とニセモノのヨーグルトを1か月間摂取してもらったところ、本物を摂取したグループのみ免疫細胞の活性度が上昇していたそうです。

 

インフルエンザ予防にも効果あり!

 

近年、乳酸菌やビフィズス菌を摂取してインフルエンザを予防しようとする人が多く見られます。

 

免疫力が活性化している体内にインフルエンザウイルスが侵入しても発症しにくく、仮に発症しても症状は軽微で済むことがほとんど。
 

インフルエンザで学級閉鎖になる場合でも、一定数の子はかからずに元気なままですよね。

そういった子供は免疫力が他の子に比べて高いと考えられます。
 

恐らく腸内環境も健康で善玉菌優位に保たれているために、免疫力が非常に高い状態だと言えるでしょう。

 

では免疫力を高めるにはどのような善玉菌を摂ると良いのでしょうか?

 

ヤクルトで有名な乳酸菌シロタ株や、カルピス社が持つL-92乳酸菌はインフルエンザ予防効果が確認されています。
 

ただしこれらのデータは社内での研究結果であり、科学的に実証され認められたものではありませんので、その点にご注意ください。

 

体調を崩しやすい人、インフルエンザ予防がしたい人は、免疫力強化の一環として乳酸菌を摂るのも良いですね!

 

 

↖︎

転載ここまでです。

 

乳酸菌の知識に役立てば、嬉しいです。

 

乳酸菌の効果についての情報でした。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

微生物を排除してきた歴史と病氣の関係?

  • 2017.09.23 Saturday
  • 03:54

これまでの過去数十年に渡る、微生物に対する考え方と
この乳酸菌培養をするようになってからの、微生物に対する考え方は
大きくと言うより、まさに180度逆転しました。

調べれば調べる程、これまでの常識とは何だったのかと言う思いです。

特に清潔という概念が、無菌という捉え方をするようになっている事です。
清潔が健康に繋がっているのなら問題はありませんが、この行き過ぎた
清潔感が、反って病気を作り出している現実を知って欲しいと思います。

今思っている事は、無菌なんて言う事はあり得ず、無菌環境の中では、
人体も維持できず、人は生きていく事は出来ないと思うに至りました。

微生物と共に生きる。共生している関係である事を知る事。この事を
強く認識している現在です。

そこでこの情報です。今の微生物に対する考え方を、上手にまとめて
ある有り難い情報だと思います。

少し長いですが、微生物に対する考え方が変わると思いますので
よろしければ最後まで読んでみて欲しいと思います。

引用元はこちらになります。

➡️ https://ameblo.jp/rutorl/entry-12089224987.html

 

以下転載します。

 

 

微生物を排除してきた歴史と病気との関係 〜アレルギーや自己免疫疾患が増加している最も重要な原因〜

2015-10-28 14:20:29 
テーマ:

 

まず、これまでの記事のいくつかの重要な事項の確認になります。


/佑箸楼豸弔瞭販した生物(存在)ではなく、腸内細菌などの常在微生物(さらに、かつては寄生虫を含めた)と共生している複雑な生態系(超個体)である。


∋笋燭舛蓮∋笋燭舛世韻任鰐髪屬鬚Δ泙コントロールできず、腸内細菌などの常在菌や常在ウイルス、寄生虫などと共生(連携)することにより、正常な免疫反応を維持できる。


これらの微生物を排除したことが、近年爆発的に増えているアレルギーや自己免疫疾患、さらには、その他のほとんどの病気(ガンや生活習慣病などの慢性病)の最も重要な原因である。


つ夏盧拔櫃覆匹両鏈澡櫃録誉犬里瓦初めの時期、とくに3歳までになるべく多くの菌にふれあい、取り込むことが重要で、この時期に確立される常在菌とくに腸内細菌叢が、生涯にわたる健康状態、病気になり易さ、病気になった時の体の反応などの基本的なパターンを決定する。


ッ狼緇紊里垢戮討寮弧拭平佑眛以も植物も微生物も)は地球の一部であり、不必要なものは何もなく、互いに支え合って生きている。


今回の記事は、これらの事を踏まえての話になります。

「微生物の排除」と「免疫の異常による病気」との関係を超長期的な視野から考えます。


超個体の崩壊は、産業革命にまでさかのぼり(それ以前からも始まっていますが、著名な変化は産業革命からです)、その後の近代史は、文明の発達とともに、まさに微生物を排除し続けてきた歴史ともいえます。


主に西欧(始まりはイギリス)における産業革命以降の生活の変化を説明します。アメリカは西欧に数十年遅れて同様の変化(環境と病気の発生)が起こっています。


日本はアジア諸国の中では、最も近代化が早かったのですが、それでも欧米からはかなり遅れています。敗戦により欧米がたどってきたのと同じ変化が急速にみられました。東南アジア諸国は、現在、日本で見られた変化をものすごい勢いで追従しています。


では、産業革命以降の変化を解説していきます。
(図を参照。それぞれの始まりや登場した年を書いておりますので、社会全体に普及するには少しタイムラグがあると思います。)















1760年頃から始まった産業革命により、生活様式は大きく変化することになります。

たとえば、農村から都市への移動、農民から工場で働く労働者への変化、工場周辺の人口増加・急速な都市化、住居の変化、核家族化などです。


これらにより、まず、人々が土(微生物)と触れ合う機会が激減することになりました。


その後の様々な環境の変化や開発された化学物質が、微生物に大きな影響を与えたと思われるものを列記してみます。もちろん、伝染病や病原菌の排除、基本的な衛生管理など、すべてが悪影響というわけではありません。

カッコ()内は、それぞれが主に影響を与えるものです。


・公害(空気、水、土、作物)

・上下水道の整備(水)

・農薬、防虫剤、除草剤の開発(土、水、空気、衣、作物)

・化学肥料の普及(土、作物、水)

・ワクチンの開発(体内)

・抗生剤の開発(体内、作物)

・食品添加物の登場(体内、作物)人工香料、色素、膨張剤、甘味料、アミノ酸など

・食品以外の化学物質(水、空気、土、衣、作物、住、体内)合成洗剤など

・遺伝子組み換え作物の開発(体内、作物)

・様々な抗菌グッズ(空気、水、土、衣、作物、住、体内)


大まかな流れを時系列で説明します(詳しくは図を参照してください)。


・1760年代(18世紀後半)から産業革命がはじまり、環境(主に土)の微生物との接触が減少、さらに、公害の拡大

・19世紀に入り、上下水道の登場により、まず、寄生虫が激減

・19世紀後半からコレラ、チフス、ペストなどの重篤な感染症(伝染病)が減少

・20世紀に入り農薬、除草剤、殺虫剤、化学肥料の普及により環境の微生物が激減

さらに、抗生剤、ワクチン、食品添加物の普及により病原菌の減少と体内の微生物に大きなダメージ

・20世紀後半からこれらすべての環境毒が急速に増加し、体内外の微生物のさらなる減少

・20世紀終わり頃から極端な清潔志向により様々な抗菌グッズが登場し、環境や体表の微生物の徹底した駆除がはじまり現在に至る


私たちは独立した単独の存在(生命)ではなく、超個体という生態系、つまり、私たちの身体だけでなく、身体を取り巻き共生しているおびただしい数の常在微生物を合わせた存在ということです。


私たちと共生している常在微生物は消化管の腸内細菌が代表ですが、外界と接する所、つまり、皮膚、粘膜(口、のど、鼻、気道、目、肛門、尿道、膣)などのすべてに存在しています。


さらに、私たちの体外の環境も空気、水、土、衣、食(作物)、住などを含め、地球上のすべては微生物で覆い尽くされています。


人の常在菌は体外の微生物を取りこんで構成されていますし、そもそも体外(その土地)の微生物と私たちの身体は一体のものです(詳しくは身土不二の記事を見てください)。


産業革命から始まった環境の変化は、玉ねぎを上から一枚ずつ剥いていくように、これらの微生物を排除し続けてきたと言えます。


それに伴い、アレルギーや自己免疫疾患などの免疫の異常による病気は、どれも同じようなパターンで増加し続けてきました。つまり、19世紀に登場し、20世紀に入り増加がみられ、20世紀後半から激増し、21世紀になった現在も増加し続けています。


アレルギーや自己免疫疾患などの病気は原因不明とされ、いくつもの因子が合わさって起こる病気と推定されています。例えば、遺伝、環境汚染、化学物質、住環境の変化、アレルゲンの増加、食事の変化、自律神経の変調などが考えられています。


図をみると解るように、これらの病気の登場・増加は微生物との接触が減った時点から始まり、社会毒と呼ばれる様々な化学物質が増加する前からになります。


つまり、様々なアレルギーや自己免疫疾患などの免疫の異常による病気が発生し急増している最も根本の原因が微生物を排除していることである決定的な証拠と考えられます。


もちろん、公害(大気汚染、水質汚染、土壌汚染)や食品添加物、農薬、抗生剤、ワクチン、合成洗剤、抗菌グッズ、放射能などの様々な化学物質も、それ自体の毒性のみならず、その後の環境や身体の微生物の排除を強力に推し進め、免疫の異常の病気の増加に拍車をかけています。


最近の極端な清潔志向(抗菌グッズ、洗剤の多用、洗い過ぎなど・・・)は、病気とは関係のない常在菌までも徹底的に排除し、このままでは、ますます現代の病気が増え続けていくことが予想されます。


微生物の排除から病気の発生・増加までには一世代ほどのタイムラグがあり、影響が分かりにくい特徴があります。現在の私たちの病気は1〜数世代前の人たちの環境の影響を受けている可能性があります。

同様に、微生物などの環境に配慮した生活を始めても、すぐには効果が現れにくいかもしれません。


しかし、現在の私たちの生活が、私たちの子どもたちや未来の子孫に影響を与えるということであり、一刻も早い改善が必要とされているのです 。


これらの改善なくして、病気を減少させることは不可能と考えて良いでしょう。生活のあらゆる場面(衣食住医農)で、極力、不自然な化学物質を使用しない自然派の生活をすることから始めましょう。



転載ここまでです。

やはり土に触れられるような生活が、健康の秘訣のようです。
土から離れるようになってから、病人が増えたと思います。
何と言っても土は微生物の塊ですから。

特に都市部に住んでいる方は、この事を頭に入れた上で、生活パターンを
組み立てていく事が、必要だと思っています。
(乳酸菌を生活に取り入れていく事も、大事な事のひとつだと思っています。)

本日もおいで頂き、有り難うございます。

 

 

 

発酵食品ならすべてに乳酸菌が含まれている?

  • 2017.09.19 Tuesday
  • 03:22

日本列島を南から北へと見事に縦断していった台風18号も

北海道を通過し、温帯低気圧に変わったようです。

 

被害に遭われた皆様に対し、お見舞い申し上げたく思います。

 

ここ山梨の甲府盆地では、これといった被害は無かったです。

昨日は台風一過で、素晴らしい天氣になり、30℃越えの

真夏日になりましたが、風は夏ではなく秋の気配でした。

 

本日の情報ですが、発酵食品って数々ありますが、発酵食品とは

どんなものなのか詳しく理解している人は、少ないと思います。

 

発酵食品と乳酸菌の関係にも触れている情報がありましたので

既に知っている方もおられるとは思いますが、参考までに

シェアしたいと思います。

 

健康維持に必要な乳酸菌を、より効果的に摂取するには

やはり発酵食品が最適です。

 

以下引用転載いたします。(善玉菌の増やし方講座より)

 

発酵食品ならすべてに乳酸菌が含まれている?

 

 

発酵食品には健康的で体によく、非常に注目されている食品です。その発酵食品には乳酸菌が含まれているのでしょうか?

 

発酵食品ということ

 

本来ならば、食品は新鮮なうちに食べたほうが美味しく、放置していると腐り始め、捨てる事になってしまいますよね。通常であれば、腐った食品を食べてしまうと食中毒や下痢を起こし命を落としかねませんが、今から4000〜6000年前に日本はこの発酵技術を考え出しました。

 

食物が豊富にとれない時期であっても、餓えをしのぐ事ができ、また発酵することによって、味をまろやかにし、更に美味しく食べられる方法として広く伝わりました。

 

発酵食品には様々なものがあり、ぬか漬けやワイン・日本酒・醤油・チーズ・ヨーグルトなどがます。今現在では250種類以上もの発酵食品があるといわれていますその発酵食品には、すべてに乳酸菌が配合されているわけではありません。

 

発酵食品には大きく分けて2種類あり、乳酸菌のように自らが代謝活動し発酵させるものと、酵素を多く含む食品があります。発酵することに使用されているのは「カビ」「酵母」「細菌」の3つ。これらによって、発酵食品をつくりだしているのです。

 

乳酸菌を助ける発酵食品

 

乳酸菌は生きて腸まで届き、小腸にぴったりと張り付き、免疫力を高めてくれ、外部からのウイルスを跳ね除けたり、腸内環境を良くしてくれる食品です。

 

しかし、乳酸菌だけを摂取したとしてもこのようにはなりません。食物繊維も必要ですし、他の栄養素も必要なのです。250種類以上もの食品から例として納豆とぬか漬けをとりあげましょう。

 

納豆には納豆菌が存在しています。
その納豆菌は、乳酸菌を増殖する働きがあると研究結果で明らかになっています。1695年に発行された『本朝食鑑』という本には、「腹中をととのえて食を進め、毒を解す」と記載されており、乳酸菌と同様に扱われてきた食品です。

 

ぬか漬けは酵母と乳酸菌が合わさった食品です。
野菜をつけることにより作られる「ぬか漬け」は、食物繊維と酵母そして乳酸菌を一度にとれる優れた食品です。

 

このように、発酵食品といってもすべてに乳酸菌がいるわけではありませんが、乳酸菌を助ける役割をしたり、効果を倍増させる働きがあるのです。

 

農学博士小泉武夫さんも絶賛する発酵食品のすばらしさ

 

「発酵食品の魅力の一つは腐らずに保存ができるということです。それだけではなく発酵させることによって,極めて栄養価が高くなるし,非常においしいのも魅力です発酵菌は人間のためにビタミンや免疫力を強める物質をつくっているわけではありません。
納豆菌も乳酸菌も,大豆や牛乳に繁殖して自分たちだけの世界をつくる遺伝子を持っています。そして繁殖する際に,外からくる菌に対して免疫力がある物質が生まれるのです。それを人間が利用しているのです。」

 

 

発酵することによって、私たちの食品は腐る事をせず、食べ物に変わります。
また、昔から体に良いものとして受け継がれてきた発酵技術を美味しく食べられる今こそ、毎日の食卓に1品は取り入れていきたいですね!

 

 

転載終了です。

 

素材から仕込む発酵食品が理想でしょうが、これはなかなか

大変です。

 

そこで蓬龍宝を使うことで、完ぺきではないですが、発酵食品に

近づけることはできます。

 

味噌に混ぜるとか、食品にスプレーするとかすることで、

少しでも発酵食品に近づけて食べたいですね。

 

本日もおいで頂き、有難うございました。

 

 

 

乳酸菌の種類と体に与える影響の違い。

  • 2017.09.17 Sunday
  • 03:22

大型台風18号が近づいています。この連休は天候が荒れそうです。

関東も今日の夕方から風雨が強まるようですので、お氣をつけ下さい。

 

乳酸菌について、基本的な知識が得られる記事がありました。

 

一口に乳酸菌と言っても、多種多様です。

 

乳酸菌知識の復習も兼ねて、情報共有したいと思います。

 

医師が監修しておられる記事だそうです。

 

以下に引用転載したいと思います。

 

引用元はこちらです。

➡️ http://www.skincare-univ.com/article/007488/

 

以下転載します。

 

 

乳酸菌の種類と体に与える影響の違い

 

更新日:2017/05/16 公開日:2014/10/31

 

乳酸菌の効果と特徴

 

乳酸菌とは、糖を分解して大量の乳酸を作る微生物の総称です。その種類は200以上あるとも言われていますが、それはどのような種類に分類され、また、体に与える影響に違いはあるのでしょうか。ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

 

ヘルスケア大学参画ドクター

この記事の監修ドクター


ヘルスケア大学参画ドクター

ヘルスケア大学参画ドクターについて

記事に関するご意見

 

 

乳酸菌は、人や動物の体内のほか、植物の表面、ヨーグルトやチーズ、漬け物をはじめとする発酵食品にも存在するなど、自然界に幅広く棲息しています。その種類にはどのようなものがあり、私たちの体にどのような影響を与えるのでしょう。

 

 

 

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌

 

乳酸菌には、植物に含まれるブドウ糖や果糖などを分解して乳酸を作り出す「植物性乳酸菌」と、乳糖を分解して乳酸を作り出す「動物性乳酸菌」があります。このほかに、人の体の中に生息する乳酸菌を「腸管系乳酸菌」と呼ぶこともあります。

 

植物性乳酸菌は、漬け物や味噌・醤油、キムチ、ザワークラフトなどの発酵食品に含まれています。一方の動物性乳酸菌は、ヨーグルト(はっ酵乳)や乳酸菌飲料、ナチュラルチーズ、発酵バターなどに含まれています。

 

●乳酸菌の分類
乳酸菌は動物性や植物性といった分け方のほかに、生物学的な分類もあります。
それが、「菌属」「菌種」「菌株」と呼ばれるものです。
例えば正式名称が「○○属××菌AA株」だったとすると、○○が「菌属」、××が「菌種」、AAが「菌株」です。

 

「菌属」には、ラクトバチルス、ラクトコッカスなどがあります。それぞれの菌属は、さらに細かな「菌種」に分かれます。さらに、開発メーカーや発見者らが名付けるその乳酸菌の「菌株」名が加わります。

代表的な「菌属」には以下のようなものがあります。
 

・ラクトバチルス属…動物系乳酸菌・植物系乳酸菌・腸管系乳酸菌
菌種によって、ヨーグルトやチーズ、漬け物、味噌などあらゆるものの発酵に利用。主な菌種は、ブルガリアヨーグルトの「ブルガリクス」、人の腸内に常在する代表的な乳酸菌である「ガゼリ」や「アシドフィルス」、ラブレ菌の別名で知られる漬け物から発見された「コアギュランス菌」など。

 

・ラクトコッカス属…動物系乳酸菌
主な用途としては発酵バターやチーズ、ヨーグルトなど。主な菌種は、カスピ海ヨーグルトの「ラクティス」など。

 

・ストレプトコッカス属…腸管系乳酸菌、動物系乳酸菌
主な用途としては発酵バターやチーズ、ヨーグルトなど。主な菌種は、ヨーグルトに欠かせない「サーモフィルス」など。

 

・ペディオコッカス属…植物系乳酸菌
主に味噌や醤油の熟成に利用され、主な菌種は「セレビシエ」「ハロフィルス」など。

 

・エンテロコッカス属…腸管系乳酸菌
新型乳酸菌として注目されていて、主にヨーグルトなどに利用。主な菌種は「フェカリス」など。

 

 

 

 

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌それぞれの特徴と体に与える影響

 

では、植物性・動物性乳酸菌が体に与える影響について見てみましょう。

 

●植物性乳酸菌の特徴と体に与える影響
漬け物や味噌・醤油などに含まれる植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌と比べアルカリや酸に強く、温度変化にも影響されにくいのが特徴です。

 

そのため、人の体内でも、胃酸や胆汁などに負けずに腸までたどり着く確率が高いとされ、腸内でもパワフルに活躍してくれます。
 

腸内環境を整えて便通をよくし、免疫力をアップすることによってアレルギーを緩和させる効果などが報告されています。

 

●動物性乳酸菌の特徴と体に与える影響
栄養価の高い環境下に生息する動物性乳酸菌は、植物性乳酸菌と比べると胃酸などに弱く、腸にたどり着く前に死滅してしまう場合もあります。

 

しかし、漬け物などに比べて、ヨーグルトや乳酸菌飲料などは食べやすく、ある程度の量を毎日摂る際には続けやすいというメリットも。また、各メーカー、胃酸に強く腸まで到達しやすい独自の動物性乳酸菌を発見して商品化しています。整腸作用のほかに、インフルエンザ予防やアレルギーの緩和などに特化したヨーグルトなども登場しています。

 

 

転載ここまでです。

 

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いは、知っておくと役に立つと

思います。

 

ご承知とは思いますが、蓬龍宝「ホウロンポウ」は、

植物性乳酸菌ですので、熱や酸には強いです。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

体内の石を溶かすスゴイ海藻「ふのり」のパワー。

  • 2017.09.13 Wednesday
  • 03:28

排毒に関しての情報ですが、なんと体内に出来る石を溶かして

くれる海藻があると言うことを説明してくれている記事が

ありました。

 

これは今までに聞いた事の無い情報であり、実践も難しい

訳ではなさそうなので、情報共有したいと思います。

 

しかし自然界というのは、素晴らしいと思いました。

いろんなものがちゃんと用意されているんですね。

 

野菜もですが、海の野菜(海藻)も、もっと積極的に

食事に取り入れようと思った次第です。(笑)

 

それでは一部引用して転載致します。

 

なお引用元はこちらです。

➡️ http://macrobiotic-daisuki.jp/hunori-tanseki-kounou-24488.html

 

以下転載記事です。

↘︎

 

体内の石を溶かすスゴイ海藻「ふのり」のパワー。胆石・結石をも流す妙薬ふのりの食べ方。

ファイル 2016-09-05 12 16 07

 

みなさんはふのりという海藻をご存知でしょうか?
わかめや昆布などに比べるとあまり知られていない海藻のひとつかも知れませんね。

実はこのふのり(布海苔)が私たちの身体にとってとても有り難い働きをしてくれるのです。

 

ふのりは体内の石を流すお薬


ふのりは乾燥した状態で売っています。
見た目は紫色をしていますので、マクロビオティック的な見方をすると海藻の中では陰性寄りです。

陰陽を見る一つの方法として色で判断することが出来ます。
紫色というのは色の中でとても陰性の強い色なんですね。

身体を冷やす作用の強い茄子も紫色をしています。


color

そしてこのふのりの陰性さが石という陽性さを溶かす力を持っているというのは
まさに陰陽というものをよく表しています。

同じ海藻でもひじきのように陽性寄りの物では同様の働きは見られません。
陰陽とは本当に面白いものですね。

 

胆石・結石の原因

体内に石が出来るのは、ひとことで言うと身体の浄化槽とも言える肝臓・腎臓の弱りが原因です。

つまり、血液の老廃物を浄化して運搬する機能が低下し、
本来なら排泄するはずの石灰石やシュウ酸などを出し切れずに溜め込んでしまい石灰化した石となって体内に蓄積されたものです。

 

胆石の症状

自覚症状としては食後に鈍痛または激痛が起こります。
場所は右脇腹から背中にかけて我慢できないくらい痛むことが多いようです。


a1640_000379
 

右側に出る痛みは陽性の痛みですので、胆石は陽性な症状であることがわかります。

特に脂っこいものや乳製品、白砂糖などを摂った後
つまりコレステロールが多い食事によって痛みを誘発することが多いのです。
時間帯としては特に夜間に発症します。

 

血液の浄化が健康の鍵


ふのりを始め、海藻類には血液や内臓の浄化作用があります。

胆石に限らず、病気といわれるものはその全てが血液の汚れが原因です。

間違った食生活のみならず、ストレスによっても血液は汚れ循環が悪くなってしまいます。
ストレスについてはまた別の機会にお話しするとして、ここでは食生活に焦点を当ててみましょう。

 

身体が喜ぶものを食べる

胆石・結石の予防にはなんといっても食生活を整えること。
血液を汚すような不自然なものはなるべく避け脂っこいもの、甘いもの、刺激物を控えること。


主食の穀物はなるべく精製されていないものを選び
新鮮なお野菜や海藻を
天然醸造された調味料でシンプルに調理する


これだけでいいのです。
なにも難しいことはしなくてかまいません。

そして何より大事なのはちゃんと空腹を感じてから食べる
空腹になってから食べると本当に美味しいですよね。

不思議と食べ過ぎも防げるようです。

 

ふのりの効用


・血液浄化
・内臓浄化
・新陳代謝を促す
・肝臓・腎臓機能の強化
・腸内浄化
・抗がん作用
・抗ウイルス作用
・免疫機能の強化
・糖質代謝作用
・疲労回復
・皮膚や粘膜強化
・抗酸化作用
・利尿作用
・高血圧、動脈硬化予防


ふのりにはビタミン、ミネラルが豊富なのでさまざまな効用が期待出来ます。

実際、便秘気味だった友人が胆石の痛みを緩和する目的で毎日ふのりを食べたところ
大量の排便があったと報告がありました。


 

 

ふのりは水に戻さない

 

3-naoming-image copy

 

ふのりや切り干し大根などを水に浸けてしまうと大切な栄養分や旨みが流れ出てしまいます。
戻すのではなく、水洗いしてざるに上げておくだけにしましょう。
洗った時に含んだ水分だけで十分柔らかく戻ります。

戻した場合は戻し汁も捨てずに使ってくださいね。
ふのりには砂が付いていることが多いので、しっかり洗うのがおすすめです。

 

ふのりは優秀なインスタント食品


洗っただけで火を通す必要のないふのりは、忙しい現代人のお助け食品です。
毎日ひとつまみのふのりをお味噌汁やスープ、サラダなどに入れて食べましょう。

手作りの食事が理想なのはもちろんですが、どうしてもインスタント食品に頼ることもまりますよね。
そんな時にもひとつまみのふのりを加えることで食事のクオリティがぐんとアップします。

 

できることから少しずつ、食生活に取り入れてみませんか?

 

石が出来やすい方へ


冒頭ではふのりが石を溶かすという表現をしました。

が、正確にはふのりが直接石に作用するというよりは
ふのりによって強化された肝臓・腎臓の機能により血液の浄化作用が高まり不要になった石が溶けてなくなるということなのです。

ふのりの他に

大根おろし

も効果的ですので、現在痛みのある方は毎日少しずつ摂ることをお勧めします。

身体には自然治癒力がありますので、私達が邪魔さえしなければ
常に本来の姿に戻ろう、という力が働いているのです。

 

元の氣にもどることを元氣という

私達の本来の姿は元氣なのです。
身体はいつも私達が元氣でいられるように休むことなく働いてくれるのですね。

ですから、ただふのりを食べればいいわけではなく
普段の食生活を見直して
内臓に負担のない身体に優しいご飯を食べるようにすることが一番大切なことなのです。

 

みなさんの身体がますます元氣でありますように!

 

↖︎

転載ここまでです。

 

体の仕組みも含めて、自然は本当に良く出来ていると

感じますね。

 

免疫力が高まる事で、自己治癒力が正常化する事で、

石も溶けてなくなると言う理屈のようです。

 

免疫を高めるという事は、食生活プラス乳酸菌摂取も

有効であると思っています。

 

乳酸菌摂取には、蓬龍宝が、お役に立つと思います。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

乳酸菌エステサロン!


upクリックできるよup
乳酸菌発酵サロンです拍手
手浴足浴で乳酸菌を
いっぱいの愛と光で
深呼吸しちゃいましょうおてんき

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 殺菌された加工食品よりも、生きた発酵食品を!
    アン (10/17)
  • 殺菌された加工食品よりも、生きた発酵食品を!
    若月祥裕 (10/17)
  • 殺菌された加工食品よりも、生きた発酵食品を!
    アン (10/16)
  • 発酵食品ならすべてに乳酸菌が含まれている?
    kaji (09/21)
  • 発酵食品ならすべてに乳酸菌が含まれている?
    若月祥裕 (09/20)
  • 発酵食品ならすべてに乳酸菌が含まれている?
    kaji (09/20)
  • 母子手帳 驚愕の真相が明らかに!ワクチン予防接種はするな!
    若月祥裕 (08/29)
  • 母子手帳 驚愕の真相が明らかに!ワクチン予防接種はするな!
    アン (08/29)
  • 産膜酵母と乳酸菌の関係について
    若月祥裕 (08/06)
  • 産膜酵母と乳酸菌の関係について
    諸行無常 (08/05)

recommend

蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白)
蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白) (JUGEMレビュー »)

これがあればお手軽に蒸留水が使える生活が出来ます。一日4Lあれば充分だと思うので、寝ている間に出来ちゃいます。

recommend

超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放
超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放 (JUGEMレビュー »)
名倉 仟
ミネラル365の身体に及ぼす影響を詳しく解説してくれている一冊。健康を望む方の必読書ですね。

recommend

国産クエン酸(結晶) 900g
国産クエン酸(結晶) 900g (JUGEMレビュー »)

クエン酸で薬いらず・・・
神薬・・・かも・・・

recommend

スーパー風呂バンス1000
スーパー風呂バンス1000 (JUGEMレビュー »)

これは優れものだと思います。保温ようなので、電気代もさほど気にならないで24時間いつでも風呂が使えます。

recommend

スリムエネマ
スリムエネマ (JUGEMレビュー »)

大腸内に直接乳酸菌を取り入れるには、これが一番ですよ。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

長谷園 浅漬器 CT-32
長谷園 浅漬器 CT-32 (JUGEMレビュー »)

これで作っています。

recommend

recommend

トンボ つけもの容器 5型
トンボ つけもの容器 5型 (JUGEMレビュー »)

このタンクが非常に便利なんです。使わないときには重ねて収納できます。

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM