乳酸菌発酵は毒性がない!?

  • 2018.04.23 Monday
  • 03:26

2014年にアップした記事の中に次のような記事がありました。

 

乳酸菌と人間の関係についての本質論とも言えるものです。

 

その一部ですがこんな事が書いてあります。

 

乳酸菌発酵は毒性がない。未だ嘗て乳酸菌の敗血症で

死んだ生き物はいない
 

なぜか?
 

大腸菌のような常在菌でも死人だらけなのに、

乳酸菌にはいない。
 

哺乳類と共存しているかに見える
 

また哺乳類の膣は乳酸菌で保護されている。哺乳類は

子宮から腹腔へ外気が通じているのだ。それを守るものは

乳酸菌のコロニー。皮膚もその可能性が高い。
 

哺乳類はひょっとすると、乳酸菌と共に進化してきたのかもしれない

 

 

この情報は、Dr.大愚氏のブログにあったものなんですが、

飯山先生の事が紹介されていて、共有しようと思っていたものを、

当の飯山先生がブログにあげてくれましたので、

共有したいと思います。

乳酸菌は、太古の昔から人類と共生関係にあって

毒性は無いとの見解です。

下記のリンクでご覧になって下さい。

よろしくお願いします。
↘︎
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-7603.html

乳酸菌とは、健康への関わりと言うよりも、そのものと

言っても良いかもしれないですね。

やはり乳酸菌を初めとする微生物との共生関係が大事ですね。

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

1950年のりんごの栄養素は、現代のりんごの100倍だった!?

  • 2018.04.21 Saturday
  • 03:20

現代の食べ物は、ミネラルが少なくなったと言われますが、
(ミネラルも栄養素の一つです。)体調不良の方が多いのも
この食べ物の栄養素が減っている事が、その原因の一つだと
考えられています。

ですから、ミネラルを補給すると体調が良くなる(改善される)
と言う事は、ある意味当然の結果と言えるのではないでしょうか。

最近ミネラル365を、生活に取り入れる方が、随分と増えて

きています。
 

ミネラルには、身体に不要なものを体外に排出する力があると
言われていますので、その効果なのかもしれませんが、ともかく
体調が良くなったと、使って頂いている方にはおっしゃって

もらっています。

いまの食生活においては、ミネラル補給は必要な事だと感じています。

本日の記事は、1950年代の食べ物は、栄養素が豊富であった

と言う事と、それがどれくらい減ってしまったかを教えてくれて

いる内容でしたので資料としてシェアしました。

以下転載いたします。

 

1950年のりんごの栄養素は現代のりんごの100倍だった?驚きの食物の栄養分の推移

 

 

1950年のりんごの栄養素は現代のりんごの100倍だった?驚きの食物の栄養分の推移

 

科学の発達のおかげで私たちの生活はとても便利になりました。化学肥料やビニール栽培法が普及したため野菜や果物は量産ができ、季節を問わずにたいていはどんなものでも食べられます。けれど、土が貧弱になり食べ物の栄養価が昔と比べて落ちてしまいました。

アメリカ、カナダ、イギリスの各大学で1997年から今日に至るまでに発表されたデータによると、現代の果物や野菜の栄養価と1950年代のそれらを比較すると、栄養価はなんと倍以上が半減しています。具体例をみてみましょう。

1.

1950年代のりんごは現代の100倍のビタミンC!
りんごに含まれるビタミンCの数値を比べると1950年には今のりんごの100倍。スーパーで売られているりんごは4mgのビタミンCですが、昔は400mgものあったのです!

2.

1950年代のオレンジは現代の21倍のビタミンA!
昔はジャガイモや玉ねぎも豊富なビタミンAを含んでいましたが、現代のものは非常に乏しい。さらに、桃は現代の26倍ものビタミンAがありました!

3.

1950年代の肉の鉄分は現代の2倍!
昔は肉のみならず小麦やトウモロコシや大豆などの穀物類にも豊富な鉄分や亜鉛が含まれていました。

4.

1950年代のブロッコリのカルシウムは現代の5倍!
カナダの大学の研究によると25種のうち80%の野菜のカルシウムと鉄分が減っているそうです。

多くの栄養をとるには?
現代の野菜でもオーガニックのものはビタミンC、鉄分、マグネシウムなどが豊富です。
さらに、よく熟れた野菜や果物には高い栄養価が詰まっています。今日からの食材選びの参考にしてください!



転載終了です。

特に旬の野菜を中心に、出来る範囲で摂取する事が、良いようですね。

それでも体調不良だと思われる方は、ミネラルの補給をお勧めします。

それと発酵生活を維持する乳酸菌摂取もお忘れなきよう願います。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。
 

仙骨の怪しい話 1

  • 2018.04.19 Thursday
  • 03:25

この情報は、自然(じねん)さまと言うブログの中に
あった記事からです。

唾液がお尻(仙骨)から出ていると言うのです。

これは新鮮な驚きでした。
人体ってほんとに不思議なものですね。と言うか素晴らしいですね。

この話しは、1から始まり5まであります。
興味があって、全部見たいと言う方は、あとでリンク先を貼りますので
そちらにアクセスしてみてください。

何事も、知らないよりは知っている方が良いと思っているので、
シェアします。

今の時代は、こういった情報も得る事が出来るので、
嬉しいですね。

ではその1を転載します。


 

仙骨の怪しい話 1

 

食物がうまく消化、吸収されるためには、一口食べて最低30回の咀嚼が必要です。

咀嚼によって唾液を出すことが重要なのです。

その唾液によって、まず胃の中で食物が発酵します。

唾液が足りず、発酵がうまくいかないと、胃の次に食べ物が運ばれる小腸が胃の代わりに消化を行わなければならなくなり、小腸は大変なストレスを強いられることになります。

唾液の出る唾液腺は4本あります。

唾液腺はどこから出ているでしょう?

これがなんとお尻からです。

お尻の後ろにある仙骨から唾液腺は出ています。

仙骨には穴が8個空いています。

{C3138069-1E07-4563-AC25-1650E0548506:01}


 

唾液腺はこの8個の穴から出て、胸骨を通って、顎まで伸びています。

仙骨は端っこの尾骨に向かって湾曲しています。

{5593FFA4-C0F9-4486-95E0-C6C3D31F0576:01}


 

仙骨が湾曲した構造を持っているのは人間だけです。

猿にも仙骨はあります。

でも猿の仙骨は平たいのです。

自分の仙骨の複製を作って幾つか組み合わせると半球になります。その半球を二つ合わせると円ができます。

実はこれが仙骨の本当の姿です。

3次元に存在しているのは球体の一片だけで、後の部分はこの次元に存在していません。

この球体を通してソース(源) のエネルギーが入ってきて、球体の中で回転運動が加わり、背骨の周りにあるエネルギーラインを上昇していきます。

球体の中でエネルギーが回っているゆえ、人間は直立出来るのです。

これは回っているコマが倒れないのと同じ仕組みです。

猿にはこのエネルギーの回転がないので、直立はできません。

人間も年を取ってくると、エネルギーが回転する力が弱まり、背中が曲がってくるのです。

もし仙骨が折れてしまえば、人は動けなくなります。


転載ここまでです。

これで話しその1は、終わってます。

その2はこちらです。
http://ameblo.jp/seiichiro-shimono/entry-12002539219.html

その3から5までは、その2の中にリンク先がありますので
そちらを見てください。

この仕組みは素晴らしいです。
この仕組みがあって、乳酸菌を始めとする微生物さん達が
活躍しているんですね。

この情報は、私自身が知らなかった情報だったので、
思わずシェアしちゃいました。

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

改めて知りたい「免疫」について。

  • 2018.04.15 Sunday
  • 03:20

本日は、健康維持の基本である免疫について、改めて

私自身の復習もかねて、情報発信しようと思います。

 

もうわかっていると仰る方がおられることは承知していますが

ここは基本なので、免疫とは? 高め維持する生活や方法とは?

等々もう一度見直してみたいと思い、この記事をご紹介することに

致しました。

 

以下に転載致しますので、ご一読頂けましたら幸いです。

↘︎

 

 

改めて知りたい「免疫」について

 

免疫(免疫力)とは?

 

免疫の仕組み

 

免疫とは体内に病原菌などの異物が体に入った時に対抗する力ですが、仕組みとしてはまず生まれつき持っている免疫である「自然免疫」の司令塔であるマクロファージが異変を察知し、顆粒球やリンパ球に異常を伝えます。

 

顆粒球は異物を丸呑みして処理するのですが、マクロファージも顆粒球もサイズが大きめである細菌の対処はできるのですがそれより小さなウイルスや花粉などは処理しきれません。

 

そちらは「獲得免疫系」であるリンパ球が対処します。

 

獲得免疫とは感染などの経験で体が異物を記憶する事で対抗できるようになる物で予防接種などもこれに当たります。

 

この他、自然免疫に含まれる「NK細胞」はがん化した細胞を攻撃して体をがんから守る働きを担っています。

 

参照:臨床検査

 

「免疫が低下する」とは

 

健康維持のために重要な免疫力ですが、20代をピークに年齢とともに低下していきます。これは、免疫細胞の中でも重要な役割を果たすNK細胞が加齢により衰えるためだとされています。

 

引用:ヘルスケア大学

 

加齢と共に体の衰えを感じるのは病気をしやすくなった時ではないでしょうか。これは体の免疫力が次第に下がっていく事から起こります。また、実は人間の体では毎日がん細胞が生まれています。それをNK細胞が攻撃してくれ、守ってくれているのですが、免疫力の衰えと共に攻撃を防ぎきれずにがんが発症される事にもなります。

 

免疫力を高めるには何をしたら良いのか?

 

食べ物とストレスに注意

 

NK細胞をはじめとする免疫細胞はその60%〜70%が腸に存在します。

 

引用:免疫力向上委員会

 

腸内細菌が体の免疫に大きな役割を果たしているため、腸内環境を良い状態に保つ事が大切になります。それにはやはり食べ物に注意する必要があります。


ヨーグルトや納豆などの良い菌が含まれる食べ物を始め、食物繊維を多く含む感想やきのこの他、オリゴ糖を多く含むタマネギ、ニンニク、バナナなどもおすすめです。

 

免疫機能にはストレスも大きく関係します。

ストレスに対抗するために分泌されるホルモンが免疫を抑制してしまうのです。ストレスをため込まないように注意が必要です。

 

体温を上げると免疫力があがる

 

免疫力は、体温が1℃下がると30%低下し、逆に1℃上がると一時的には最大5〜6倍アップするといわれており、体温を上げることの重要性がよくわかります。

 

引用:ヘルスケア大学

 

免疫細胞(白血球)は血流に乗って体の中を移動します。そのため。体温が低く血流が滞っている状態では異物が侵入しても速やかに対処する事が難しくなります。体温を上げて血流が良くなっていれば、異物に侵入に対して十分な対応ができます。

 

「体を冷やしてはいけない」と言われるのは血の巡りが悪くなる事を防ぐためでもあり、免疫の働きからしても理に適った言葉であるのがわかります。免疫力を高めたいと思ったら体温を上げる事も考えて見ましょう。

 

 

↖︎

転載ここまでです。

 

免疫力に関しての基本情報でした。

 

乳酸菌を摂取して、腸内を醗酵環境にすることが

免疫力を高める事につながっていくと思っています。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

 

健康維持には、デトックス(排毒)が何より大事!?

  • 2018.04.05 Thursday
  • 03:24

健康維持には、免役を高める事が大事だと言う事は、皆様よくご存知の
事だと思っています。

その為に、乳酸菌を始め、いろんなものを摂取したりする訳ですが、
3日食べなきゃ7割の病気が治ると言う事を知った時、いろんな良いと
言われるものを摂取する事も大事だけれど、それよりも何よりも
身体に入れないと言う事と、既に入ってしまった身体に不要なものを、
いち早くデトックス(排毒)すると言う事の方が、大事だと思うに

至りました。

そのデトックスが進まない原因の一つが、ミネラル不足だそうです。

確かに、腸内を善玉菌優位の醗酵環境にするにも、微生物や酵素が活発に
動いてくれないといけません。

活発に活動する為には、出来るだけ多種のミネラルが必要なんですが、
現在手に入る食材で、ミネラル豊富な食材は限られており、皆さんが
手に入れる事は出来ていません。

当然のごとく、ミネラルが不足した状況の中ではデトックスは進まず、
体内に不要なものが蓄積していく事になります。

周囲を見渡すと、小食で蓬龍宝やミネラル365を生活に取り入れている方は、
確かに元氣です。体調も良いと言う方がほとんどです。

病院の信者の方は、薬に頼りこういった事は信じませんが、体調不良を
訴える方は多いように感じます。

身体に良いものを摂取すると言う事は、勿論大事なんですが、これからは
それ以前に、デトックス(排毒)能力の高い身体作りと言う意識で食生活を
見直したほうが良いかもです。
(不要なものを身体に入れないと言う事は、現実的には不可能に近いと
思っています。なので小食。)

それには、やはりミネラルをたっぷりと補給する必要があります。

ホウロンポウでも、そこそこのミネラルの補給は出来ますが、何と言っても
ミネラルと言えば、解っているだけでも80種類以上の多種多様な
ミネラルを含む、奇跡の水「ミネラル365」がお勧めです。

そしてデトックスとともに、乳酸菌で免疫も強化しましょう。

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

おしっこの色で体調不良を診断できる!?

  • 2018.04.03 Tuesday
  • 03:27

本日は、私自身が1年ほど前から関心を持ち、実践している

尿の状態による体調診断について、詳しい解説をされている

記事を見つけましたので、ご紹介する事に致しました。

 

日々変わる尿の回数や状態は、注意して見ていると、色々と

体調の変化を教えてくれています。

 

水分の過多は勿論ですが、体の疲労度合いとか、様々な

変化が現れます。

 

一日に1回で良いので、何か容器に朝一番の尿を採取して

観察してみる習慣を付けると、健康管理に役立つと思います。

 

とまあ前置きはこのくらいにしまして、記事の紹介に移ります。

 

以下転載です。

↘︎

 

 

おしっこの色で体調不良を診断できる!?日々の体調管理に取り入れたい「おしっこ体調不良診断」!!

 
 
69_201605150329166e6.png
 
 
 
 
■ おしっこの色で体調が分かる!?
 
 
疲れている時や風邪を引いているときなどは、おしっこの色がかなり濃いですよね。実はおしっこは毎日の健康管理に欠かせない診断チャートのような働きがあるんです。
 
 
おしっこは腎臓から作られるわけですが、肝臓や膵臓、胃、腸などの器官の働きが悪化すると、おしっこに反映されて微妙におしっこの色が異なります。

 
 
 
 
3798920161122.png
 
 
 
『おしっこで健康管理!』
 
 
毎日色々な患者さんのおしっこをチェックされている看護師さんの中には、おしっこの色を見るだけで瞬時に患者さんの健康状態の変化が分る猛者もいます。それほど「おしっこ」は健康状態が反映されやすいんです。
 
 
ここまでなる必要はありませんが、少しでも異変に気づいたら迷わず病院を受診しましょう。ということで、今回はおしっこで体調不良を診断する方法をまとめているTABI LABOさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。



 

 


 
「おしっこ」の色で体調不良を診断!
オレンジ色は危険かも・・・

 

 
3718920161122.png
 
 
 
健康的なおしっこの色は透明な黄色ーーというのは聞いたことがあるかもしれません。オハイオ州「クリーブランド・クリニック」によれば、その濃淡の度合いはあれど薄い色であれば水分補給が十分に取れており、おおむね健康な証拠と言えるそうです。たとえいくらか濃い色だったとしても、ほとんどの場合は水を多めに飲むだけでOK。
 
 
では、体に不調がある場合どんな変化があるのでしょうか?「Little Things」は、そのほか様々な色や状態から、様々な症状の可能性を紹介しています。参考にしてみましょう。

 
 
 
 
 
3728920161122.png
 
 
 
01.
こはく色

 

 
少しダークな色合いになってきたら、水分が不足しているか、あるいはトイレを我慢しすぎと言われています。おしっこには毒素を排出する機能があるので、体の中に留め過ぎないように注意。
 
 

 
 
 
3758920161122.png

 
 
02.
無色透明

 

 
これは反対に水分過多の可能性アリ。腎臓の働きが追いつかないうえに、ナトリウムが足りなくなるため体に不調が現れることも。
 

 
 
 
 
3808920161122.png
 
 
 
03.
茶色

 
 
もしもコーラのような濃い色のおしっこが出たら、重度の水分不足かも。「メイヨー・クリニック」によれば、ソラ豆やアロエの食べ過ぎでも同じような変化が現れるといいます。
 
 
そのほか抗生物質や下剤、筋弛緩剤を投与した際に出る症状とも似ているそう。一度医師に相談してみるのが吉かもしれませんね。
 
 

 
 
 
3788920161122.png
 
 
 
04.
泡がたっている

 
 
それ自体に問題があるわけではありませんが、いつまでたっても消えないようであれば医師の診断を仰ぎましょう。尿たんぱくである可能性があります。「メイヨー・クリニック」では、それは腎臓に深刻な問題があるサインかもとされています。
 

 
 
 
 
3748920161122.png
 
 
 
05.
ピンク色、もしくは赤みがある

 
 
これには様々な要因が考えられるようです。ビーツやブラックベリー、ルバーブなど食べものの影響もありますが、感染症や腎臓病、前立腺の異常やガンの可能性もありえるそうです。そのほか、化学療法や下剤、抗結核薬を飲むとオレンジ色になることも。
 
 
 
 
 
3778920161122.png
 
 
 
06.
オレンジ色

 
 
ピンク色と同じように、いろいろな要素が考えられます。肝臓や胆管に問題があるかも。濃い色の場合、水分不足ということもありますが、明るいオレンジ色に見えた場合は念のため検査しておきましょう。
 
 

 
 
 
3768920161122.png
 
 
 
07.
緑色・もしくは青い

 
 
高カルシウム血症の現れかもしれませんが、多くの場合は食べものや、その染料による影響であることが多いのだとか。腎臓や膀胱機能を検査するための薬物をつかったときにも似た症状がでることもあります。継続的に色が出ているときには、要注意。
 
 

 
 
 
3738920161122.png
 
 
 
08.
濁っている

 
 
もっともよく知られているのが、尿管結石や感染症の影響です。食べものも影響しますが、赤くならずとも微量の血液が混ざって濁る可能性もアリ。
 
 
膀胱炎などの感染症からも現れ、痛みを引き起こすとも言われています。妊娠中にもよく見られる症状なので不安を感じた際は医師に相談しましょう。

 
 
 
433240170201hd.png

 
 
 
【出典】 TABI LABOさん(文・NATSUMIさん) 
 
【画像】 TABI LABOさん 
 
【画像】 Pinterest 
 
【画像】 wikiHow 

 


 
【動画】兵庫県保険医協会
 
「オシッコの色やにおいと病気」
 

 

 

↖︎

転載終わりです。

 

何かしらピンと感じた方は、取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

汚れた腸が病氣をつくる。!?

  • 2018.04.01 Sunday
  • 03:25

今日から4月に入りますが、先月の終わりの1週間は

晴天続きで気温も春から一気に初夏の感じになり、

ここ甲府の桜も一気に満開になりました。

 

お花見も本日がピークだと思います。

今週末の信玄公祭りまでは花は持たず、楽しみがひとつ

減ってしまいそうですね。

 

本日は慢性的な生活習慣病を防ぐ為にはどうすれば良いのか?
といった疑問に対しての答えのヒントが多い情報です。

ここに書かれている事が、すべて正しいとは断言出来ませんが、
経験のある事に付いては、真実であると言えます。

マニュアルとしてここに書かれている事を、そのままその通りに
実践するのではなく、あくまでもその内容を理解し、自分なりに
組み立てたうえで実践する事が、大事だと思います。

そして納得いく情報のみ、取り入れるようにしたいですね。

以下転載します。

 

汚れた腸が病気をつくる(医学博士バーナード・ジェンセン著)【健康長寿オススメ良書】

 

汚れた腸が病気をつくる(医学博士バーナード・ジェンセン著)【健康長寿オススメ良書】

 

◆汚れた腸が病気をつくる
◆医学博士バーナード・ジェンセン著
◆ダイナミックセラーズ出版

汚れた腸が病気をつくる(医学博士バーナード・ジェンセン著)【健康長寿オススメ良書】

.
正に、予防医学、健康長寿のバイブルというべき名著です!
これを読むのと読まないのとでは、今後の人生が大きく変わります。本に書かれていることを実践すれば、ほとんどの生活習慣病に掛からず、健康で長生きするはずです。
著者バーナード・ジェンセン氏は、チェルノブイリ原子力発電所事故の時、ロシア政府の要請で半年間現地に滞在し、被爆者の解毒に貢献、多くの被爆者を救った解毒の権威です。
医療従事者、管理栄養士、行政関係者、食品業界従事者、一般消費者、、、全国民に是非読んでいただきたい本です!
.

<キーワード>
◆食生活の変化で、ほとんどの人の腸内環境が悪化している。
◆ほとんどの病気は、腸内汚染で体内に毒素が溜まったことが原因。
◆宿便を一掃して正常な腸に戻せば、多くの病気は回復する。

.
<内容>

 

◆宿便の弊害
質の悪い食生活と水不足のせいで腸壁に宿便がこびりつく様になると、腸の働きが弱まり、生命維持に必要な栄養素が不足する。
腸壁に蓄積した宿便は健康に害を及ぼす悪玉菌の絶好の繁殖場所となる。腸内での腐敗を促進し、腸壁に網の目の様に広がっている大腸の毛細血管は毒素などの有害な物質を吸い始め、全ての組織・器官が血液を通して有毒物質を取り込むようになる。

 

◆自然治癒力 
人間には自然治癒力という最高の治癒力が生まれながらにして備わっていて、どんな薬にもかなわないパワーを発揮する。
自分の排泄をきちんとさせるために、まず最初に気を付けるべきことは、口当たりが良いとか、美味しいというだけで、本当は体にとって無用のガラクタや有害な食品を見境なく口の中に投げ込むのは止めること。人間は体の中に衛生設備を持っている。清潔な水や食物を取り入れる上水管と、汚物を留め排泄する下水管の両方を清潔に保てば、病気にはならない。

 

◆誤った生活習慣 
正しい生活を送っている人なら、腸の心配をする必要はない。しかし、ほとんどの人の生活方法や食事のとり方は間違っている。まず第一に正しい食物を食べていないし、社会人になると車が中心で適度な運動をしていない。都会に住む人々はストレスが多く、新鮮な空気も吸わず、清潔で十分な水の補給もせず、日航も十分に浴びていない。人間本来の生活習慣から観て、私たちは正しくやっていないことが多過ぎる。これでは腸がきちんと機能するはずがない。実は、医師が全神経を傾けて治療にあたっている病気のほとんどが「間違った生活習慣」から生じたもの。私たち自身が新しい方法で健康を目指すことが最も大切。

 

◆便秘症の女性に多い乳がん
脂肪分が多く、繊維質の少ない食品を食べて便秘を続けていると乳がんになり易い。

 

◆便秘の原因
(1)動物性たんぱく質、脂肪、砂糖、精製小麦粉製品、白米の摂り過ぎ。
(2)食物繊維や栄養(ミネラル、ビタミン)不足
(3)排泄を我慢すること
(4)運動不足
(5)ストレス
(6)外部からの毒物(タバコ、薬、下剤)
(7)水分不足

 

◆便秘対策 
(1)朝起きたら、すぐ体温と同じくらいの温水をコップに2−3杯飲む。
(2)生活を規則正しくする。起床時間を一定にする。朝食を抜かない。朝食後は便意がなくても5分位はトイレに行く。
(3)水をたっぷり飲む。1日2リットル位。
(4)食生活を変える。食物繊維の多い食品を摂る。(玄米、いも、豆、海藻、きのこ、野菜、果実、ナッツ)
(5)毎日、軽い運動を規則的にする。特に、ウォーキング(45分以上)をすると腸の働きが活発になる。腸の具合の悪いという人のほとんどは運動をしない。

 

◆腸に憩室(大腸壁にできた袋)を作る食べ物
繊維質の少ない食事やインスタント食品を主体とするような生活が続くと、必ず憩室質が起きる。
パンやビスケット、チーズ等の乳製品や肉類をたくさん食べている人ほど、腸の状態は最悪だった。レントゲン写真を撮ってみると、「文明的な食事」をしている人の超には憩室(大腸壁にできた袋)が多く出来ている。パンなどの小麦粉製品を食べる時には必ず、野菜などの繊維質を一緒に摂るべきという結論に達した。

 

◆タバコの弊害
タバコは血液中の赤血球を破壊し、善玉菌や酵素も破壊し、老化現象を起こし、ガン細胞を作る。血管を硬くして動脈硬化などの循環器系の病気を起こし易くする。

 

◆ストレスの弊害、深呼吸で自律神経を整える
イライラして焦燥感があり、怒りぽいと自律神経が乱れるので、胃腸の働きを悪くする。
精神面が不安なときは呼吸が浅く、体内に取り込む酸素が少なくなっている。呼吸を正常にして精神面を整える方法がある。
一回の呼吸時間を長くして酸素をたっぷり含んだ空気を十分に吸い込む。
イライラした時だけでなく、寝る前、起床後、なれたら歩いている時も実行することで、自律神経を整える。

 

◆体に溜まった有毒な老廃物を排出する
生活習慣病をはじめとするどんな病気の治療法の中でも、腸の浄化は基本。衰えつつある健康を救うには、有毒な老廃物を出来るだけ早く取り除く必要がある。

<デトックス法>
(1)宿便を腸から排出する。
(2)毒素を生み出す食物を避け、排出と浄化を促す食べ物を食べる。
(3)断食。
(4)腸の洗浄。
(5)悪い食習慣から足を洗う。
(6)食事の量を減らす。
(7)協力者を周囲に置く。伴侶、親の理解、協力が必要。

 

◆腸内細菌叢を変える!
(1)食事の量を80%に減らす。間食をしないで胃腸を休ませる。
(2)パンや肉類を中心としたタンパク質や脂肪の多い食事は止めて、食物繊維を豊富に含んだ穀物、野菜、海藻、果実を中心にする。
(3)食事は感謝の心を持って楽しくいただく。新鮮な水をたっぷり飲む。
(4)ストレスを少なくし、プラス思考で明るく生活する。
(5)毎日適度の運動する。過激な運動を控える。ジョギングは40歳を過ぎたらやめて、毎日30分以上歩く。

 

◆朝一番のドリンク
大さじ2杯のリンゴ酢をグラス1杯のお湯に入れて飲む。脂肪を減らす働きがあるので、体重を落としたい人には是非オススメ。カリウムが豊富なので、心臓の働きを活発にして、膀胱の病菌を一掃し、腸の細菌叢を善玉菌優位に変えるのに役立つ。



転載ここまでです。

出来るだけ身体に不要なものの摂取を減らし、毒出しを心がける
と言う事でしょう。

そんな腸の活動のサポートとして、乳酸菌がお役に立てると

思っています。

よろしければご活用頂ければ嬉しいです。

 

本日もおいでいただき、有り難うございました。

 

体内の排泄、消化、吸収について。

  • 2018.03.26 Monday
  • 03:25

こと健康の事に関しての事柄で、頭では理解出来るけれども、

なかなか実際には、わかっちゃいるけど何とやらで、

出来ない事って多いですね。

今日の情報でも、説明されたら確かにそうかもと思えますが、

いざこの通りにしようとすると、これまでの世間の常識で

凝り固まった習慣では、なかなか出来そうで出来ないものです。

でもこういう理論がある事を、知っておくだけでも、

知らないよりは良いと思いますので、共有したいと思います。

私自身も、この通りにしたいとは思っていますが、今のところ

6割程度でしょうか。悩ましい所です。

以下転載しますので、お目通し下さいませ。
↘︎

 

【 体内の排泄、消化、吸収について 】

 

身体には、1日の中で時間帯によって
異なる三つのモードがあります。
そのモードとは以下の通り。

 

勉強されている方は
言葉で理解されていると思いますが
実際には、日常普通に経験されていることも多いと思います

 

では、時間帯の早い順から詳しく見てみましょう

1)排泄の時間
(午前4時〜正午)

まずは排泄の時間です
毒素、食べ物の老廃物と食物のカスを排泄するのに
最も適した時間帯です
お分かりになりましたか?

 

これが朝ご飯を受け付けない理由です。
このときに、無理に入れようとするから
食べたくなくなるんです

 

朝の時間、身体は代謝に全力を注いでいるため
消化酵素が著しく少なくなっています。

 

だから、消化にエネルギーが必要なものを食べると
胃の中でとどまってしまうんです

 

ものによってはそのままくさります
それが、気持ち悪くなる理由です

 

ですが、かつて朝に無理やり栄養を入れなきゃと
教えこまれてきました

 

じつは
この排泄の時間帯は極力物を食べない方が良いわけです。

 

食べたいと思うなら、食物酵素を大量に含んでいる
野菜をおすすめします

 

一時期、大量の果実をすすめられた時期もありますが
糖質がおおいのでおすすめしません。

 

糖化は、身体を老化させる大きな原因の一つですから

 

2)消化の時間
(正午〜午後8時)
昼からは、消化の時間です
内臓の動きも活性化してくるので
消化に時間のかかる食べ物を食べても大丈夫です

 

野菜や穀類などを、簡素な味付けで食べるのがベストです。
この時間帯ならば、多く食べても大きな負担は少ないです

 

アブラは、選べば心配はいらないです

 

一点、おすすめできることは
炭水化物、糖質の取り過ぎは注意しましょう

 

老化を促進させる大きな原因の一つが
糖化と酸化ですから

 

3)吸収の時間
(午後8時〜午前4時)

最後は吸収の時間です。
この時間帯は腸が活性化している時間帯
控えめに食べましょう

 

吸収が未完全な状態で放置されると、
腸内で腐敗・発酵が起こります

 

真夏の熱い日、グチャグチャになった食べものを
そとに3時間放置すると、どうなりますか?

 

体温は平均36度台
これが維持されると、
未消化な食べ物はカラダの中で腐敗します

 

さらに
寝る前の食事が身体に良くない理由は
まだあるんです

 

胃の中におおくの未消化物があると
インスリンを大量に放出して
炭水化物を糖質に変えてしまいます

 

つまり、全部脂肪になるということです

 

”寝る前に食べると豚になる”

この言葉、じつは事実に基づいた言葉だったんです
 

痩せて困っているというならば、太るのはかんたんです
寝る前に胃の中に物を詰め込んで寝ればいいわけですから

 

とくに甘いもの、うどん、ご飯などの糖質を多く含んだ
食事を寝る前にたんまり食べれば、間違いなく
デブりますから。。。

 

健康には、まったく反対の状態になりますが(汗)逆に痩せたければ
寝る前は胃の中を空っぽにして寝ればいいだけです

 

(坊 昭彦のメルマガ「健康 Dr. BO の日本人のための究極の健康法」より)

↖︎
転載終了です。

確かに間違っているとは言えない内容ですよね。

でもこの通りにしようと思ったら、特に家族と一緒の食生活を

している方にとってはかなりハードルは高いと思います。

もしこの考え方に賛同するなら、出来る所から少しずつ

改善していく方法をとっていく事しかないでしょうね。

人の事は言えない状況なので、多くは申しません。(笑)

排泄、消化、吸収についてのお話でした。

本日もおいで頂き、有り難うございました。










 

体調不良の改善には、自然治癒力の正常化が重要です。

  • 2018.03.24 Saturday
  • 03:22

お陰様で乳酸菌ブームもあり、よもぎ乳酸菌「ホウロンポウ」で、

醗酵環境で醗酵生活を始めた方が増えてきています。

それと共に、新しく発酵生活に入った方からの、お問い合わせも

増えています。

その内容の多くは、体調不良の改善についてのお問い合わせです。
それもご自身の事ではなく、近い関係の大切な方に関する

お問い合わせです。

内容はと言いますと、ほとんどの方の場合が、ガン宣告をされたので、
乳酸菌で何とかなりませんかと言った内容のものです。

しかしここでお考えいただきたいのが、体調不良になり、ガン宣告

されると言う状況になった原因とは何でしょうか?

ひとそれぞれ、食生活、生活習慣が違います。また今の状況は、

間違いなく今までの食生活、生活習慣の結果です。

過去、その方が摂取したもので、今の身体が出来ています。

ですから、一口にガンと言っても、ひとそれぞれで、全く同じ

症状と言うのはあり得ないと考える方が自然だと思います。

なので、ガンに効果がありますかと問われても、個人様の状況が

わからないのでお答えのしようがないのです。

それよりも、基本となる事が理解出来れば、そのような質問は

必要ない事がわかって頂けると思っています。

それは健康状態とはどういう状態のことを言うかです。

人には本来、自然治癒力(自己治癒力とも言う)が備わっています。
この力が正常であれば、その身体は快調で体調不良は起きません。

この自然治癒力を正常化する為には、何が必要かを知って、

それを実践すれば自分の身体は自分で治すのですから、

どんな症状も徐々に快調になっていくと思っています。

その為には、食生活、生活習慣の見直し、免疫力を高める為の

発酵生活、その手助けとなる、乳酸菌を始めとした善玉菌の摂取、

不足しているミネラルを補う事等、自分の生活を振り返って、

足りない所を補うようにしていったら、徐々に自然治癒力は

正常化して、結果、体調不良はなんであれ解消に向かうものと

思っています。

現実に病院で原因不明で治療不能な症状が、自然治癒力を

高めるように努力されその結果、症状が改善されたと言う

報告がある事も事実です。

今現在体調不良でお困りの方におかれましては、この事を

ご理解いただいて自然治癒力が正常化していくような、

日常生活をして欲しいと思っています。

本日もおいで頂き、有り難うございました。



 

相談電話の紹介と、ちょっと気になる情報のご紹介です。

  • 2018.03.22 Thursday
  • 11:01

数年ぶりに健康診断を受けてみたら、検査にひっかかり、

再検査になったと言う年配の女性の方から、連絡を頂きました。

その方が言うには、病院の薬を飲むのでは無く、乳酸菌と

ミネラルで免役を高めて、次回の再検査に望もうと言う考えで、

その利用方法の相談電話でした。

過去にも実際にガンの可能性を健康診断で言われた男性の方も、

乳酸菌とミネラルのご利用で再検査の時には、問題ない状態に

なっていたと言う事があった事もお話ししました。

相談と言うのが、乳酸菌とミネラルを、混ぜて一緒に利用しても

良いか?と言う事でした。

これは、避けて欲しいとお話ししました。理由はミネラルの強酸で

微生物の中でも、酸に弱いものが、弱ってしまう可能性があると

言う事で、別々にしてくれるようにお話ししました。

そんなタイミングで、病院経営学部の講義録などと言うものが

ありましたので真偽の程はわかりませんが、何か妙に納得して

しまうような内容だったので転載して情報共有したいと思いました。
 

さもありなんと言う内容です。

以下転載です。

↘︎

 

病院経営学部(笑)の講義録から引用させていただきました。

 

1.あらゆる病気の原因は不明。
 

1.不明であることを顧客に気付かれてはいけない。

 

1.来院した顧客には必ず化学薬品を購入させる。
 

1.各種検査機器を充分に活用し、必ず病名を付ける。
 

1.製薬会社担当者と親密になり、化学薬品仕入れ価格を下げる。

 

1.売上アップの秘訣は顧客を常連客にすること。
 

1.顧客の顔を見ると情が移るので、なるべく見ない。

 

1.化学薬品で、手術で「治る」とは決して言わない。
 

1.「これで大丈夫ですよ」と言ってやると、治ることがある。

 

1.常連客が「もう、支払いができません」と言ってきたらニッコリ笑い、

健保組合に水増し請求する。

 

1.自分や家族が罹病した場合、商売道具は使わないほうが良い。
治療方法は独学で学べ。

 

1.売上・利益確保のため新たな病気を作り、経済成長に大いに貢献する。
 

以上

以上で転載終了です。

たぶんこれはジョークなんだと思いますが、私はこの内容は

ほぼ当てはまると思っていますが・・・

 

なんかこの通りだと、外科とか産科以外は、あまりいきたく

なくなりますよね。
 

私自身はというと、怪我をした時以外は、病院には行っていません。
と言うか行きません。

 

しかしこれが全てでは無いので、こういった事もあるのかも

しれない程度の認識で良いと思っています。

でも病院では病気は治せないのは本当だ思っています。

あくまでも個人個人の免疫力が高まっていくことで、治るというか

体調が戻るという事が事実だと思うからです。

 

そのためにも醗酵生活を心がけていきたいと思っています。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。
 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

乳酸菌エステサロン!


upクリックできるよup
乳酸菌発酵サロンです拍手
手浴足浴で乳酸菌を
いっぱいの愛と光で
深呼吸しちゃいましょうおてんき

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白)
蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白) (JUGEMレビュー »)

これがあればお手軽に蒸留水が使える生活が出来ます。一日4Lあれば充分だと思うので、寝ている間に出来ちゃいます。

recommend

超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放
超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放 (JUGEMレビュー »)
名倉 仟
ミネラル365の身体に及ぼす影響を詳しく解説してくれている一冊。健康を望む方の必読書ですね。

recommend

国産クエン酸(結晶) 900g
国産クエン酸(結晶) 900g (JUGEMレビュー »)

クエン酸で薬いらず・・・
神薬・・・かも・・・

recommend

スーパー風呂バンス1000
スーパー風呂バンス1000 (JUGEMレビュー »)

これは優れものだと思います。保温ようなので、電気代もさほど気にならないで24時間いつでも風呂が使えます。

recommend

スリムエネマ
スリムエネマ (JUGEMレビュー »)

大腸内に直接乳酸菌を取り入れるには、これが一番ですよ。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

長谷園 浅漬器 CT-32
長谷園 浅漬器 CT-32 (JUGEMレビュー »)

これで作っています。

recommend

recommend

トンボ つけもの容器 5型
トンボ つけもの容器 5型 (JUGEMレビュー »)

このタンクが非常に便利なんです。使わないときには重ねて収納できます。

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM