目次 [閉じる]

貴方の食べている醤油は、醤油味の化学液体です

 

醤油の実に恐ろしい実態と、生死を分けるおすすめ醤油の紹介をします。
 

 

微生物の力を借りて熟成させるのが本来の発酵食品である「醤油」なのですがちまたには、化学醤油(またはアミノ酸醤油)なる『ニセモノ』が氾濫しているのをご存知でしょうか?

いまお近くに”お醤油のビン”がある方は裏の表示を見ていただきたいのですが、原材料名に、 大豆小麦 食塩(自然海塩) とだけ書かれているのが、ほんもの。

原材料記載部に聞いたことのないようなカタカナ成分が入っている場合は、「しょうゆもどき液体」だと思って下さい。

しょうゆ、ではありません。

 

実は、この一般に『化学しょうゆ』と言われている「醤油もどき液体」は敗戦後の高度経済成長期に考え出されました。

 

「しょうゆに色や味が似ている液体であれば、消費者を騙して売れる。」   ・・・というわけかどうかわかりませんが、とても歴史の浅いショウユですね。

 

本物のしょうゆは、麹菌や酵母の発酵の力で、たんぱく質を加水分解してアミノ酸とします。  

 

アミノ酸液混合しょうゆ

 

ところが、 その加水分解を、塩酸で!やってしまう方法が”開発”されたのです!

こうしてできるものを「アミノ酸液」と呼んでいます。

 

そして、 このアミノ酸液80%未満、本醸造しょうゆ20%以上を混ぜたものが『アミノ酸液混合しょうゆ』と業界では言われています。

 

これらの特徴は・・・ なんと! わずか2〜3日でできてしまうのです! えぇーっ!!

 

伝統的本格しょうゆ』は六ヶ月から一年以上かかるのに、アッという間の早業ですね。

 

「安くあがればニセモノでもいい!」という要領のいいメーカーは、このインスタントな「化学しょうゆ」に殺到しました。

 

原材料は、大豆カスであろうと、ブタの血であろうと、「たんぱく質」であれば何でもオーケー!!

 

そこで、 過去には”人毛” までもがかきあつめられたという次第です。

日本人の髪の毛は質が悪いので、インド人のものが主流だったそうです。

 

食品辞典には醤油の原料の項にアミノ酸等とあり、その下には人毛とあるそうです。

今はさすがに使われていませんが…

 

こういう『にせショウユ』は発酵食品ではないために当然のことながら、 すぐ腐ります。

ですから、ソルビン酸や安息香酸ナトリウムなどの防腐剤・合成保存料が入れられているんですね。

 

 

新式醸造しょうゆ

 

知れば知るほど・・・それからしばらくすると2〜3日の早業では気が引けたのか『新式醸造しょうゆ』なる業界用語も出てきました。

 

これは本醸造しょうゆの混合率(ブレンド比)が40%以上。

その分、熟成は10〜40日間かかります。

 

それでも、 一年は最低寝かせるという本格しょうゆに比べれば『インスタント』であることには変わりありません。

 


 

 

政府がニセモノ醤油にお墨付きを与えています

 

どうして、 こういう ケッタイな “新タイプ”のニセしょうゆが 次々に出てくるのでしょうか?

 

実は、 これらの製法、名称はJAS(日本農林規格)が定義、認定しています。 

やはり経済優先・業界優先ということでしょうね。

 

ある新聞記者が、 「全国各地で、本物の伝統食品づくりにこだわっている人たちから『JASは、われわれの敵です』という言葉を何回も聞いた。と記事に書いていました。

とてもうなずける話です。

 

最近の『しょうゆ調味料』(しょうゆもどき)には必ずと言っていいほど 裏面に記載してある、脱脂加工大豆 カラメル色素 アミノ酸等 ブドウ糖果糖液糖 ステビアなど・・・。

 

これらは、安く、簡単に、そして短期間に、「ショウユの味と香りをもった液体」をつくるために考え出された材料です。

 

『アミノ酸等』は先ほど説明しましたね。

 

『脱脂加工大豆』とは、なんか名前はよさそうですが、これは「油かす」のことです。

油を除いた大豆のカスを中国などから大量に安く仕入れ、 塩酸で加水分解して再利用します。

いわゆる「香り付け」ですね。

 

そして、『カラメル色素』で「醤油らしい色」をつけます。

 

そして、アミノ酸で味を調え、悪くなりやすいので合成保存料、防カビ剤が入れられます。

 

安売り、1リットル198円!で売られているような”ショウユ”はおもて面に「本醸造」などと書かれていても、裏を見れば一目瞭然。

 

味も色も醤油に似てはいますが、本物とは全く違うものなのです。

 

しかし、高価なサプリメントや無農薬有機野菜など、健康に気を使っておられる方は多いと思いますが、醤油の実態と本物をご存知の方は、ほとんどおられないと思います。

 

本物の醤油は、劇的に強い体を作ります

 

正食と人体 一倉定 の本で、卵醤を勧めていましたが、勿論本物の醤油でないと、全く意味がありません。

 

ニセモノ醤油では、全く逆効果ですね。   大豆、小麦、食塩(自然海塩)とだけ書かれているのが、ほんもの。

 

卵醤の一番の目的は、塩分と微量ミネラル類の補給です。

最も細胞が欲するものです。

 

現在の日本は、減塩洗脳により、塩不足による病気が蔓延しています。

もちろん、精製塩じゃなく、良質の自然海塩に限りますよ。

 

醤油や味噌などの発酵体と融合させた食品から塩分を摂取するほうが、遥かに塩分、ミネラルの吸収が良く、おまけに栄養価が高いのです。

 

ほんものの醤油は、想像を絶する素晴らしい健康食品なのです。

 

 

転載ここまでです。

 

現実問題として、発酵食品を摂取するには、探して買うといった

事は、非常にコスト的にも難しい事がわかります。

 

そうなると、必要なだけ自分で作るという事になりますが、それも

現実問題としては、難しい話しになります。

 

ならば、考え方を逆転させて、自分自身を発酵状態にして

粗食、少食で免疫力を維持すると言う考え方です。

 

いろんな状況を考えていくと、この考え方が一番正解に

近い氣がしますがいかがでしょうか。

 

乳酸菌摂取をしっかりと行って、免疫力を上げていって欲しいと

思います。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。