食を考える!その食べ物は「自然か、不自然か」??

  • 2017.02.05 Sunday
  • 04:17

身体は食べた物からできるというのは、間違いない事実ですが

いろんな情報を知る事で、毎日の食材選びが難しくなっている

と推測しています。

 

身体に不要なものを摂りたくないと思うと、本当に安心な食材は

限られてしまいます。

 

そんな食材選びのひとつの方法として、こんな考えに基づく

食材選びを提唱してくれている記事がありました。

 

それにしてもまったく身体に入れないという事は無理なので

やはりいつも言うように、免疫を上げて身体の排出能力を

正常にしておく事が、最も大事になる事は言うまでもありません。

 

そんな事を踏まえてお読み頂くとよろしいかと思います。

 

以下転載してご紹介いたします。

↘︎

 

 

食を考える!その食べ物は「自然か、不自然か」を考えて選んでみませんか?

 

食を考える!その食べ物は「自然か、不自然か」を考えて選んでみませんか?

 

私は食べものを食べるとき、それを見て自然に「食べたいな」という気持ちが持てるかどうかで判断するべきだと思っています。
 

そのためにもその食べ物が「自然か、不自然か」を見極める目を持っておくことは大切です。それが「身体にいい食べもの、悪い食べもの」の判断基準につながるいちばんいい方法だと考えているのです。
 

具体的な食品を例にあげて説明しましょう。

 

もくじ []

 

牛乳・・・ほかの動物の母乳を飲んでいるのは不自然

 

日本人の牛乳信仰も根強いものがあります。牛乳は健康にいいと長い間いわれ続けてきていますし、学校給食や病院食にさえ必ず牛乳はついてくるので、無理もないでしょう。
 

でも、ちょっと考えてみてください。牛乳は人間にとってとても不自然な飲み物なのです。
 

人間の赤ちゃんは母乳を飲みます。そして牛の赤ちゃんも母乳を飲みます。牛の赤ちゃんにとっての母乳とはつまり、牛乳のことです。
 

牛乳は本来、牛の赤ちゃんが飲むものです。地球上に存在する生物で、他の動物の母乳を飲んでいるのは、人間だけなのです。

 

基本的に母乳は、歯が生える前のまだ立つこともできない赤ちゃんが飲むものです。人間だって、1〜2歳で多くの赤ちゃんは母乳を飲むのをやめ、歯で噛める食事に移行します。それなのに、人間だけが、大人になっても牛のおっぱいを飲んでいるのです。
 

カルシウムをとるために牛乳を飲んでいるという人もいるでしょう。ところが、フィンランドやカナダでは、多くの人たちが牛乳を飲んでいるにもかかわらず、骨粗鬆症の患者さんが多いという報告もあります。もちろん日照時間が短いということもあるかもしれませんが、少なくとも牛乳が骨粗鬆症の予防になっているかどうかは疑問です。

 

しかも、カルシウムを含む食品なら、小松菜や昆布、わかめ、煮干しのほうがずっと多く含まれています。寒冷地の人たちは、このようなカルシウムが十分に取れないために、牛乳をたくさん飲んでいるのです。本来、それと同じことを日本人が行う必要はないのではないでしょうか。
 

もちろん、おいしいから、食べたいから乳製品をとるのはいいと思います。私も牛乳こそ家には置いていませんが、生クリームやチーズは好きですし、たまのお楽しみにケーキもおいしくいただきます。でもそれは、カルシウムで身体を強くしたいとか、骨を丈夫にしようという目的で食べているわけではありません。食べたいな、と思ったときに嗜好品として楽しむべきものなのです。

 

加工食品・・・常温で腐らないものはなるべく避ける

 

今私たちが日常生活で口にしている食品のなかには、常温でも腐らないものがたくさんあります。本来食品は、ほうっておいたら腐るものです。腐らないということは、はっきりいってしまえば何らかの薬が加えられているということです。食品は加工すればするほど不自然になっていきます。
 

私たちは食べものを介して、1日に何十種類もの薬を身体のなかに入れていることになります。これは身体が未熟な子どもでも同じです。考えれば考えるほど、怖いことだと思いませんか。

 

食品添加物は、食べものを加工したり保存したりするときに使われる化学物質のことです。具体的に用途に分けていうと、甘味料、保存料、着色料、化学調味料、増粘剤・安定剤、酸化防止剤、発色剤、漂白剤、防かび剤などがあります。
 

食品パッケージの裏を見ると、サッカリンNa、亜硝酸Naなど、一般の消費者にはわかりにくい表示になっています。

 

たとえばスナック菓子などには必ず、アミノ酸調味料などのうまみ成分が入っています。メーカーは何とか食べてもらいたいので、「やめられない止まらない」などのキャッチコピーで、やめられないほどおいしいものというイメージづけをします。
 

コーヒーに入れるクリームや惣菜入りのパッケージされたパンなど、本来なら日持ちしないはずのものが腐らないまま常温で保存できる、油で揚げたポテトチップが半年後にも食べられるということも、どう考えても不自然です。
 

「脂肪分ゼロ」「カロリーオフ」「糖類ゼロ」といった食品も同じです。先述した牛乳の話でいえば、無脂肪の牛乳や、カルシウム強化の牛乳などは、その時点で牛乳ではなく加工品です。そうまでして牛乳をとる必要があるのか、カルシウム強化の食品をとったからといって、本当にカルシウムがそのまま吸収されるのかは非常に疑問が残ります。カルシウムが吸収されるには、マグネシウムなど他の栄養素とのバランスも必要になりますから、カルシウムだけとることにどこまで意味があるのかということなのです。
 

カロリーオフや糖類ゼロ食品を選ぶ人は、もしかしたら健康意識が高い人なのかもしれません。ですが、カロリーを減らすためには何らかの不自然な加工がされており、糖類をゼロにするかわりに何らかの人工甘味料が加えられているということなのです。
 

ちなみにゼロカロリーのものを食べても、やせることはありません。なぜなら、もうお分かりの通り、人工甘味料=添加物が含まれているので、異物を解毒するために酵素がたくさん使われ、代謝が悪くなるからです。
 

また今、手軽で価格が安い食品も増えています。
でも安い食べものには安く抑えられるだけの理由があるのです。

 

100円でビーフ100%のハンバーガーが食べられるとしたら、それは大きい牛に育てるために、ホルモン剤を加えて早く成長させているのかもしれません。早く成長させれば、それだけエサ代がかからないからです。
 

もちろん、だから高価な食品を選びなさい、安いものを買うのはやめなさいということではありませんが、安いものにはからくりがあるのだということは知っておいたほうがいいでしょう。
 

食品添加物など自然には存在しないものが私たちの身体のなかに入ると、薬と同じですから、体内ではそれを異物ととらえ、解毒するために大量の酵素を使わなければならなくなります。
 

ここまで本書を読んでこられた人なら、大量の酵素が使われると、免疫力が下がるのはもうわかりますよね。
 

それでも食品添加物を摂取し続けると、解毒しきれなくなり、身体に蓄積されていきます。すると身体はどんどんさびて老化が進んでいくのです。

 

アメリカ人は着色料がふんだんに使われた色鮮やかな食品を食べていて、日本食は色彩もやわらかいから、アメリカ人ほど食品添加物を摂取していないといったイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
 

ところが日本人の体格などを加味して食品添加物をとっている割合は、アメリカ人の2倍といわれているのです。ちなみにドイツ人と比較すると7倍という報告もあります。これは食品からだけでなく、薬好きということも大きく影響しているでしょう。薬も立派な添加物なのですから。
 

日本人は死んでもなかなか腐らないといわれているほどなのです。これは、体内に防腐剤が蓄積されているからにほかなりません。
 

現代の食生活で食品添加物を一切とらないようにするのは不可能です。ただ、できるだけ食品添加物の入っていないもの、入っていても量が少ないものを選ぶようにする心がけが必要でしょう。

 

トランス脂肪酸・・・海外では規制されている有害物質

 

「バターは高価で脂肪分が高いからマーガリンにしています」
という人も多いのではないでしょうか。

 

マーガリンは精製した植物油に発酵乳、食塩、ビタミン類などを加え人工的に練り上げた加工品です。
室温で液体であるはずの食用油が、マーガリンという形をとると、常温でも固形のまま。温かい場所に置いていても、カビが生えることもなく、虫が近寄ることもなく、そのまま変わらない状態を保っています。とても不自然ですよね。

 

ですから、胃に入っても消化することができないのです。つまり、加工食品ですから、体内に入れば異物とみなされ、無駄な酵素が使われることになります。
 

また、マーガリンにはトランス脂肪酸が含まれています。トランス脂肪酸はマーガリンだけでなく、ファストフード食品やスナック菓子などにも多く含まれています。生クリームやホイップクリーム、ラクトアイスやチョコレートの表示に「植物油」と書かれたものも同様です。
 

トランス脂肪酸とは、善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やして、高血圧や心筋梗塞を引き起こし、発がん性がある有害物質とされています。欧米では販売禁止になっているところや、含有量の表示を義務づけているところもあります。
 

ところが日本ではそのような制限はなく、学校給食でも使われています。
 

マーガリン=健康な植物油という思い込みは間違っています。日本でも早急に規制するべきだと考えます。
 

私がこのような話をセミナーでしたときに、「先生がマーガリンはよくないといっていたので、高級ホテルのマーガリンに替えました」といった方がいました。もちろん、高価なものでもトランス化されている事実に変わりはありません。
 

高価だから、安心なお店で売っているからという目で食品を選ぶのではなく、避けられるリスクはできるだけ避けてほしいと思います。

 

精製食品・・・精製されたものは栄養素が失われている

 

白米、白いパン、白砂糖、小麦など「白いもの」は精製された食品です。
 

もちろんパンよりはお米を食べてほしいですし、人工甘味料よりは砂糖のほうがいいのですが、なるべくなら白いものは選ばず、玄米やきび砂糖を選ぶほうがいいでしょう。
 

食品を精製して白くすること自体、不自然です。精製食品は、その過程でビタミンやミネラルなど大切な栄養素がほとんど失われている状態なのです。
 

それだけではありません。
精製食品を食べると血糖値が上がりやすくなります。血糖値が上がれば、すい臓からインスリンというホルモンが大量に分泌されます。インスリンは肝臓や筋肉に働きかけて糖を貯蔵させ、血糖値を下げますが、貯蔵しきれずに余った糖は、中性脂肪として脂肪細胞に取り込まれます。結果として太りやすくなるのです。

 

血糖値が急上昇しないように、インスリンが大量に分泌されないようにするには、野菜などの食物繊維が豊富な食品から食べるなど食事の順番を意識する必要があります。しかしそのためには、野菜を献立にとり入れる必要があります。
 

朝食が食パン1枚だけ(おまけにマーガリンを塗っている人もいます)、昼食が丼ものだけ、うどんだけ、などといったように、精製食品だけですませてしまう人も多いでしょう。
 

そうなるとビタミンやミネラル、食物繊維が圧倒的に不足するだけでなく、代謝の悪い、太りやすい身体になるので注意が必要です。野菜から食べるように意識すると、自然に食事の内容も整ってくるのではないでしょうか。

 

食品の自然、不自然について述べてきましたが、私は「これは食べてよし」「これは食べるな」などというつもりはありません。それは私が決めることではなくて、食べる人が自分で「感じる」ことだと思うのです。食べるものに神経質になりすぎると、それもストレスになってしまい、免疫力を下げてしまいます。
 

食べものに気を使いすぎた結果、おいしく食べられなければ、食事の意味がなくなってしまいます。
 

「このパンはどこの小麦を使っていますか?」「トランス脂肪酸はどれくらい入っていますか?」などといちいち気にするくらいなら、食べなければいいだけのこと。健康のためには、基本的に野菜中心の和食がいいと思いますが、おつき合いもあれば、たまには身体によくないのはわかっていても食べたいというときもあるのは当然です。
 

普段の食生活に気をつけてさえいれば、たまに不摂生をしても大きな影響はありません。健康的な食生活を送るためには、厳格にしすぎないことも必要です。何より続けること、習慣づけることがいちばん大切なのです。ただし不摂生な食生活が続いたら、しばらくは食生活に気をつけるなど、バランスを意識する

ようにしましょう。

 

 

(文=宇多川久美子 「長生きするのに薬はいらない」より抜粋)

 

↖︎

以上転載させて頂きました。

 

やっぱり日常の食生活が大事という事ですね。

 

こんな考えの食材選びもあると言う情報でした。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

最強のデトックスフード「こんにゃく」??

  • 2016.09.26 Monday
  • 05:50

毎日の食生活の中で、体に良いものをと思って献立を

考えていると思いますが、こだわればこだわるほど

食べる食材が減っていきます。

 

そういった状況の中では、ある程度の体に不要と思われる

食材も摂らざるを得ないので、あとは取り入れてしまった

不要なものをいち早く排出してしまうことが大切ですね。

 

デトックスフードと言われるものは、数々ありますが、

その中でも最強と言われるのが、「こんにゃく」です。

 

そのこんにゃくのレシピの記事がありましたので、

私自身の学習もかねて、転載させていただきました。

 

知るほどに素晴らしいものだということに驚きます。

 

以下転載です。

 

 

最強のデトックスフード「こんにゃく」レシピ◆.離鵐侫薀い海鵑砲磴チップスを作ろう!

img_4337%e8%a1%a8%e7%b4%99

さて今回も、夏場にため込んだ腸内の汚れをすっきりクリーニングするのに最適な、
「こんにゃく」を使った簡単レシピ、第2段です。
 
コンニャクはほぼ低カロリー、もちもちとして食べ応えがあるだけでなく、
ぷるぷるのお肌の材料になる「セラミド」のかたまり!
そして数ある食品の中でもずば抜けて毒素排出効果が高いことで有名ですね。

コンニャクの主成分であるグルコマンナンは腸内に溜まった有害物質を吸着し排出する効果がるので、
古くから「こんにゃくは腸のお掃除役」「こんにゃくは腸の砂おろし」と言われています。


matome-naver-jp出典matome.naver.jp

最近は「デトックスにはチアシード」と話題になり、
常備している方も多いのではないでしょうか?

けれど、チアシードは南米で育つ作物。
非常に陰性が強いので体を冷やしてしまうだけでなく、
植物の種が持つ「発芽毒」を多く含んでいます。
発芽毒を抜くために浸水させる手間があるのと、プチプチ感が苦手な方もいますよね。


mama-bibeaute-com
実は、チアシードの主成分はグルコマンナン。
そう、「こんにゃくと同じ成分」なんですよ!

日本人が昔から食べてきたこんにゃくは、チアシードと同じなの。
だったら、知らない国のよく分からない種を食べるより、
日本人が昔から食べてきたコンニャクを見直してもよいのでは?

話題のスーパーフードを毎日の食事にどう活かせばよいのかは、正直かなり悩みます。
そもそも欧米人と日本人では腸の構造も代謝酵素も平均体温も違うわけですから、
海外で流行っている食品が必ずしも日本人の体に合うかどうかは分からないのです。


prtimes-jp出典prtimes.jp

でも、こんにゃくは煮物に炒めもの、おでん、ひじき煮や卯の花に混ぜたり、
豚汁や炊き込みごはんの具材にしたり、私たちの食卓にすんなりと入っていけますね。


cafy-jp出典cafy.jp

地味なおかずになりがちなコンニャクですが、
美味しいオイルでジャッと炒めて、
美味しい醤油をジャッっとかける。
それだけでお酒にも合うヘルシーなおつまみになります!

www-naturalclean-co-jp出典www.naturalclean.co.jp

下茹でしたコンニャクをネギと生姜と醤油とごま油で炒めるだけで
ご飯がすすむ常備菜に!

mayukitchen-com出典mayukitchen.com

豚汁や、おでんのコンニャクも美味しいですよね。

そうでなくとも和食はデトックス食と言われるくらい食物繊維、ミネラル、酵素が豊富に摂れる食事。
こんにゃく、海苔、高野豆腐、切干し大根、にっぽんのスーパーフードをもう一度見直してみましょう。

img_4225
コンニャクの産地は群馬が多いですが、
ネットや自然食品店やアマゾンを見ると、
ムソーやオーサワ、マルシマ、高田食品、すべて広島産こんにゃく芋使用。

ムソー 有機生芋板こんにゃく・広島原料 (250g)

ムソー 有機生芋板こんにゃく・広島原料 (250g)

  • ムソー
  • 価格¥ 250(2016/09/25 16:07時点)
  • 商品ランキング42,621位

有機 生芋こんにゃく(板) 100%広島産 味しみ・歯切れ良し♪

有機 生芋こんにゃく(板) 100%広島産 味しみ・歯切れ良し♪

  • 価格¥ 302(2016/09/25 22:08時点)
  • 商品ランキング86,398位


私はおから煮や白和え、ひじき煮などにコンニャクは必ず入れるので
昔ながらの製法で作られた在来種の有機こんにゃくをネットで買い、常備しています。

さて、今回はコンニャクを使った簡単おやつレシピ、
油を一切使わずに作れる「こんにゃくチップス」の作り方をご紹介します。

 

ダイエットの見方、最強のデトックスフード「こんにゃくチップス」を作ろう。

%e8%a1%a8%e7%b4%99%ef%bc%92
チアシードと同じ成分、こんにゃくを「持ち歩きできるカミカミ系おやつ」にしました!
市販で売られているこんにゃくチップスはとっても高い!
でも自分で作れば安心、おいしい、経済的。

噛めば噛むほど味が出る、まさにスルメのような食感とうまみ
お酒のおつまみにもピッタリです。

油は一切使わないので、ほぼノンカロリー(全部食べても15kcalほどです!)。
お水と一緒に食べるとお腹のなかでふくらむので、少量食べるだけでもかなり満腹感が出ます!
(これもチアシードと似ていますね。)

おすすめは醤油七味と、カレー塩味。
ついつい手が伸びますよ。

img_4329
美肌成分のセラミドを摂りながら腸のお掃除をしてくれるなんて、
まさに日本人に適したスーパーフードだと思いませんか?

 

【材料】

・板こんにゃく 1個
・塩 適宜
・お好きな味つけ(シンプルに塩のみや、醤油&七味、カレー粉&塩など。)少々

 

【作り方】

1、板こんにゃくをサッと水で洗い、出来るだけ薄く切る。

2、こんにゃくに塩小さじ2をまぶし、よくもむ。
こんにゃくから水分が出てきてぷるぷるしてきたら、流水ですすぎ塩分をとる。


img_4291
3、小鍋に湯を沸かし、塩小さじ1を加えてこんにゃくを5分ほどゆでたら、ザルにあける。
(これでコンニャクの臭みが抜けます。)


img_4299
4、水気をしっかり切り、そのままジップ付き袋などに入れてこんにゃくを一晩冷凍する。
完全に凍ったら、自然解凍する。
(↓これで、コンニャクの水分が完全に抜け、カラカラのスポンジのようになります!)


img_4310
5、カラカラになったこんにゃくをサッと洗い、水気をギューッとしぼったら、好きな調味料をまぶす。
(七味醤油味ならつつっとひと回し、七味をひとつまみ程度。
カレー塩味ならカレー粉と塩を各ひとつまみ〜ふたつまみ程度。
めんつゆ味やガーリック味などもおすすめです!)


img_4313
6、最後に、油をひかずにフライパンに火をつけ、こんにゃくをカラカラになるまで乾煎りする。
5分ほどでコンニャクが透き通ってきてチリチリになったら完成。


img_4316
食感も味も、スルメみたい!
カルシウムも食物繊維も豊富なので、子供のおやつに携帯するもよし、
超低カロリーのおつまみにするもよし、かなり食べ応えがありますよ。

img_4325
常温で3〜4日は持ち歩けます。
1週間以上保存したい場合はビンなどに入れて冷蔵庫へ。

冷蔵なら1ヶ月以上は美味しくたべられますよ。


img_4334

にっぽんのスーパーフード「こんにゃく」の様々な効能がすごすぎる。

www-iromegane-com出典www.iromegane.com
 

【こんにゃくはほぼゼロカロリー。体内のお掃除役。】

チアシードと同じ成分「グルコマンナン」で出来ているこんにゃくのデトックス効果は抜群。
ご飯や肉料理に混ぜれば自然と血糖値を緩やかにし、体内に溜まった重金属や有害物質をお掃除しながら便秘を改善してくれます。

 

【こんにゃくには以外にもカルシウムとマグネシウムがしっかりと含まれている】

こんにゃくのカルシウムのスゴイところは胃酸で溶けやすく吸収率が良いこと。
カルシウムは体を丈夫にするだけでなく、脳と神経を正常に働かせる役目があるので、イライラを解消し、安眠の手助けになります。

 

【コンニャクに豊富なセラミドは美肌効果だけでなくアトピーや花粉症にも効果大】

植物性のセラミドは動物性のセラミドより吸収率がとても良く、皮膚のターンオーバーを正常に近づけてくれるため、肌のダメージを修復・再生してくれる効果が高いのです。
またセラミドはアレルギー物質に対してバリアを張ってくれるため、花粉症やアレルギーの改善にも繋がります。

 

【コンニャクはピロリ菌を抑制してくれる】

コンニャクは、ガンや胃潰瘍の原因物質とされるピロリ菌が胃粘膜に定着するのを避けることができると言われています。
現在、ピロリ菌を除去するために病院で治療する方法もありますが、副作用やリスクもあるため、自然にピロリ菌を減らすことができる食品の摂取も推奨されています。

 

【コンニャクはアルカリ食品】

動物性食品や添加物や加工品、砂糖の摂り過ぎで体が酸性に傾くと、活性酸素が増大し、ガンや心臓病などの原因になると言われています。
アルカリ食品の代表格は、海藻、野菜類、果物、こんにゃくなど。
特にコンニャクはph約11.0というアルカリ度の高い食品なので、常備菜にするだけで体を酸化から守ることができるのです。
salonlist-jp出典salonlist.jp

ためしてみなくちゃ始まらない。
にっぽんのスーパーフード、ぜひ、献立にプラスしてみて。
夏場に溜めこんだ老廃物のお掃除役になってくれますよ。

 

転載終了です。

 

やはり自然のものは凄いと言うか素晴らしいと改めて

思います。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

栗は栄養抜群!!

  • 2016.09.21 Wednesday
  • 05:24

乳酸菌とは直接には関係ない情報ですが、いよいよ旬を

迎えている栗の話題です。

 

こうやって掘り下げてみると、素晴らしいものがありますね。

自然はほんとに素晴らしいものです。

 

人間の食べ物は、地球が供給してくれると言う観点からすると

地球から生えているもの、いわゆる植物ということになります。

 

海の中なら海藻ですね。

 

地球から切り離されて存在するものは、本来人間が食べるものとして

存在しているのでは無いと聞いています。

 

動物は、人間の食べ物ではないということですかね。

 

土から取れるものだけで、人間は健康で生きていけるということですから、

その他のものは、嗜好品ととらえていたら良いかもしれないですね。

 

そんなことも考えながら、自然の恵をいただいています。

 

そんな自然の恵の中のひとつ、栗の情報です。

 

以下転載しますので、ご覧になってくださいませ。

 

 

栗は栄養抜群、栗の葉を煎じればアトピーにも効果あり【レシピ付き】

 レシピ自然療法食材食育

栗の驚きの栄養成分

70

 

栗は種子ですのでナッツ系となります。

他のナッツ系は脂質が多いですが、栗は、でんぷんは多く、脂質が少なくヘルシーです。しかも ナッツ系の特徴であるミネラルが豊富。

 

・主成分は、でんぷん

でんぷんの豊富な作物と言うと イモ類、穀物ですが 栗のでんぷんは樹上でとれる浄化された貴重なでんぷんだそうです。

豆類やイモ類と比較すると でんぷんの粒子が とても細かいようです。

 

【主な栄養分】

たんぱく質、ビタミンA、B1、B2、C、カリウムも豊富に含まれて、ミネラル類も豊富に含まれている。栗には葉酸も含まれています。

ビタミンCが多く、しかも、実の部分に含まれているでんぷん質が、ビタミンCを保護する役目を果たすため、加熱をしても壊れにくいのが特徴。

 

栗には豊富に食物繊維が含まれていて、さつまいもよりも多く含むと言われています。

栗のおどろきの効果

72

 

〔髪嵶魯▲奪

高血圧の予防

J愴覯鮠

と容効果

シには葉酸も含まれているので、妊婦さんにも。

現代人に不足している必要不可欠な微量要素の亜鉛も豊富です。

※亜鉛が不足すると味覚障害・生殖機能の減退・肌荒れ・抜け毛等が症状がでるとされてます。

 

栗の渋皮にはポリフェノールの一種であるタンニン・プロアントシアニジンを多く含みます。この物質は体の活性酸素を取り除いてくれるそうです。

 

クリの保存方法

栗の保存方法で一番適しているのは、冷蔵保存だそうです。栗は寒い環境に置かれると自分を守るため糖度がまし、甘くなるようなのです。

冷蔵保存する場合は、皮をつけたままがベストとのこと。

1日天日に干し、水分を抜いてから、新聞紙に包んでビニール袋に入れて冷蔵庫のチルド室などで保存する。

 

保存期間の目安は、1〜3ヶ月間くらい。湿気が多いとかびてしまうため、湿気には十分気をつけてください。

私はフリーザーバッグに入れ、冷凍保存にしています。

【レシピ】旬の栗で美味しい栗おこわ

71

 

※材料 (4人分)

もち米2合

さつま芋100g

栗(むき栗の場合は100g)200g

ごま塩適量

・三州三河みりん1/4カップ
・水1/4カップ

 

※作り方

【栗の剥き方】

栗の剥き方はいろいろありますが、栗剥きは本当に大変なので、なるべく簡単になるよう思考錯誤しましたが、この方法が一番楽そうなので、よければ皆さんもぜひ試してみてください。

 

〃の先をキッチンバサミで少し切り込みを入れます。

∧騰したお湯で5分くらい茹でます。

人肌程度に冷めたら包丁のアゴ部分を切り込みに入れると、パカっと面白いように剥がすことができます。

い修里泙渊柁蕕睚饕で簡単にむけます。

イ發訴討老擇研いで炊飯器のおこわの目盛りに水を入れます。

Γ僑以ほど浸けたら、(・)調味料分の水を計量スプーンで取る。
(・)調味料を入れてかき混ぜ、昆布も投入。

Э紊鮴擇辰新も一緒に入れて炊飯します。

┸罎上がりはせっかくの栗を崩さないように、やさしくかき混ぜれば出来上がりです。
(昆布はお好みで、取り除いてもOKですし、添えてもらってもいいと思います。)

 

父が毎年長野でものすごい大きな立派な栗をたくさん買ってきて、いつも大変そうに剥いてました。

はじめは水に1時間くらいつけて柔らかくして剥いたりしてましたが、それでも手にマメを作り痛い痛いと言いながら一生懸命やってくれてたので、色々検索しこのやり方に行き着きました。

父のおかげで今年も立派な栗にありつけました。感謝ですね。

アトピー、あせも、湿疹等に効果あり(栗の葉で自然療法のやり方)

591bbac640bcc8c28c06b1f686a171fd_s

 

【栗の葉の煎じ汁】

※木の葉には収れん性をもつタンニンが含まれているそうで、この渋み=陽性のパワーが皮膚を引き締めてくれるとのこと。

【材料】:栗の生葉(乾燥葉でもOK)・・一つかみ

水・・1リットル

作り方:まず洗った葉をあらく切り、バサっとかぶるくらいの水と一緒にホウロウ鍋か土鍋に入れて、約30〜40分煎じる。

水の量が3分の2くらいになったら、汁をこし、この湯で患部を洗う。

 

※松や桃の葉の煎じ汁も効果があるそうです。

陽性度の強いものから順に、松、栗、桃となっているので症状によって使い分けしてみてください。

※栗の葉の煎じ汁は湿疹にはそのまま、アトピーには薄めて使う。

採取の時期は、若葉のあとの青い葉を使うそうです。

※松はジクジクの激しい湿疹や副部の湿疹などの時に。

※桃の葉はあせもにいいようです。
(桃の葉の収穫時期も若葉のあとの青い葉で、松葉は1年中OKだそうです。)

 

農薬問題

栗にも農薬は使われていますので、気になる方は無農薬のものを選ぶのがいいと思いますが、個人的な意見では、イガイガの殻プラス硬い殻に覆われているので、大丈夫なような気もしますが。

ご自身に合うものを選んでください。食べ過ぎにも気をつけてください。

 

 

転載ここまでです。

 

台風16号も、ここ山梨では大きな被害も無く行き過ぎてくれました。

被害を受けられた地域の皆様には心よりお見舞いを申し上げます。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

 

間違いだらけの塩の常識!??

  • 2016.09.17 Saturday
  • 04:51

塩に関しましては、これまでも情報発信を繰り返ししてきましたが、

まだまだ減塩についての相談が多いということは、理解していない方が

多いということだと思っています。

 

塩というのは基本中の基本で、これが無ければ生命そのものが

維持出来ないくらい重要なものなので、しっかりと理解しておきたいものです。

 

その塩について理解しやすいと思われる記事がありましたので、

少々長いですが、ご紹介したいと思います。

 

塩にもいろんな種類がありますので、知識を磨いて體に良い塩を

お使い頂きたいと思います。

 

體に良い塩は、美味しいです。

 

以下転載致します。

 

 

間違いだらけの塩の常識 !高血圧に減塩は嘘!加工塩に隠された危険性と健康に良い本当の塩とは!?


o0370024512109539964.jpg
皆さんは御存知でしょうか?
現在販売されている塩の大半は化学的に精製が行われており「精製塩」という、人為的にかなり加工された塩であるということを。

この「精製塩」とは「天然塩」を塩水で洗い、微量ミネラルを取り除いた後に、溶解され真空蒸発缶という装置で結晶状にしたものです。
精製塩の99%以上が塩化ナトリウムで構成されており、原料は天然塩ですが、含まれている物質は「精製」という化学的製法により、天然塩とはまったくの別物になってしまったと言えるのです。
そのため、「精製塩」と「天然塩」とは雲泥の差があり、全く別の物質と思っていただいて間違いないほどの差があるのです。

塩には「精製塩」「天然塩」以外には、「再生塩」と呼ばれる塩もあり、塩はかなり多種多様な種類があるのです。

以下、塩の種類を整理してみました。

◎天然塩
天日塩、平釜塩、岩塩、湖塩に分類されます。 
◎再生塩
海外から輸入した天然塩を洗った後に、ニガリなどを添加した物。
◎精製塩
先ほどの説明通り、精製されて99%が塩化ナトリウムになってしまった塩。

4352440257_a05c09a4c8.jpg

塩の種類はこのような感じなります。
ここで、注意しなければならないのが、精製塩ですね。
精製塩は冒頭でも説明したように、本来人間にとって必須なミネラル分(カリウム、カルシウム、マグネシウム等)が殆ど取り除かれた塩化ナトリウム(Nacl)が99%以上含まれている塩なのです。
そのため、精製塩のとりすぎは病気のもとになる可能性が非常に高いので、注意が必要になります。


逆に言えば、天然の天日塩などは、市販の精製塩に比べて多少多く摂取しても、体に問題ないと言えるのです。

さらに言えば、天然塩にはミネラルやマグネシウムなど、人体が欲している物質が多数含まれていますので、ある程度の量の摂取は体に悪いどころか、非常に有益です!

元々、日本では非常に質の良い天然塩が多数採れていたのですが、太平洋戦争後にアメリカ軍がやってきて、日本の塩をほとんど規制してしまったのです。
その結果、民間で塩を作ると規制違反行為になってしまうため、何もできない状態が続き、天然塩を作る能力がほとんど無くなってしまいました。
今はそのような規制も無くなったのですが、アメリカ軍による規制のダメージは大きく、今尚、天然塩を作る能力が不足していると聞きます。

相変わらず、日本の問題点にはアメリカが関わっているということです。東電を設立したのも彼らですし、原発を日本に買わせる体制にしたのも彼らです。
今の憲法や法律も元は大半がアメリカが作成しましたし、日本に大量の在日朝鮮人を呼び込んだのもアメリカです。

話を元に戻しますが、世間で出回っている数多くの減塩商品にも注意してください。 
塩の旨味を補うために、大量の化学調味料が使われているからです。 
そして減塩のため保存性が悪くなるので、添加物も山ほど入ります。
そのため、減塩により発ガン性などが上昇している場合もあるので、要注意です。

それと、高血圧=塩犯人説は嘘なのでこちらも知っておくと良いでしょう。
以下に分かりやすく説明してくれている記事を以下にご紹介。


☆減塩、減塩、減塩は嘘だった高血圧、冷え性の方に必見情報! 
URL http://ameblo.jp/sho-esute/entry-10584080231.html


☆根拠のない『高血圧=“塩”犯人説』は嘘!⇒年をとったら血圧は高くてもよい!
URL http://nariwaitomo2010.blog137.fc2.com/blog-entry-149.html

引用:
高血圧を予防するには、減塩食リンクがいいとの見解をよくメディアで流していましたが、それは、一面的な間違った見解。

塩をきちんと摂取することは健康を維持するために大切との見解が吉岡英介氏のサイトリンクに書かれていたので、以下に≪抜粋転載≫します。

「血圧は低い方がよい」という誤解が広まっています。
しかし血圧は必要です。

たとえばキリンは脳に血液を送るために高い血圧が必要です。血圧が下がったらキリンは死んでしまいます。


■年を取ると血圧が上がるのが自然
人には適正な血圧があります。
それは年をとるにつれて上昇します。

人は年を取ると血管が狭くなり血がドロッとしてきて血液が流れにくくなります。すると脳から血圧を上げよという指令が出て自律的に血圧が上がって血が流れるようになります。
これを自律神経の働きと言います。
脳の指令に従って血圧を上げられるのは、その人が健康である証拠です。

昔は適正血圧は年齢プラス90と言われていました。
つまり、
60才   60+90=150 mmHg
70才   70+90=160 mmHg
80才   80+90=170 mmHg
などです。

※しかし、現代日本の血圧専門医はこれを「古い考え」
 だと切り捨てます。

患者 「血圧は年令+90くらいがいいと聞いたんですが・・・・・・」
医師 「あぁ、昔はそう言ったんですがね、それは古い考えですよ」

しかしそんなことはありません。


■フラミンガムでの長期大規模調査の結果

下のグラフは年令による血圧の変化です。
米国フラミンガム市で戦後すぐの1948年から50年以上にわたって行われた長期調査の結果で、世界的にも有名な大規模調査です。

年齢別グラフ:リンク
(中略)
「年齢別の血圧分布」は、たとえば神戸市なら神戸市で老若男女の何千人もの血圧を測定して、それを年齢別に並べると得られます。しかしそれは年齢別の分布ではあっても、一人の人の経年変化ではありません。

フラミンガム調査の大きな特徴は、50年以上わたって2000人以上の同じ人々を調査した結果だということです。つまりこのグラフは、人の血圧は50年の加齢とともにどう変化するか、という経年変化を何千人もの実例で示しています。

★このグラフは、人間という生き物の加齢による自然な血圧の変化を明確に示しています。

血圧の絶対値には民族や生活習慣の差があるのでしょうが、このグラフから、人は年令とともに血圧が上がることがはっきりと分かります。 

85才での平均血圧は160を越えていて、それでみんな生きている

のです。これらの人々は老化により血流が悪くなって血圧を上げる必要が生じ、それに体が正しく反応して血圧を上げることが出来て、長生きしてきたのです。

これが人間の自然で正常な姿なのです。
:引用終了

☆「高血圧に減塩」は嘘
URL http://www.long-life.net/new_page_1121.html

引用:
東北地方には、漬物や塩鮭をたくさん食べる習慣がある。だから高血圧で亡くなる人が日本で1番多い。そんな話をよく耳にします。これは本当の話でしょうか。

東北地方に高血圧で亡くなる人が多いのは事実です。異常と呼べるほど多いわけではないが、他地域と比べれば多い。塩分の摂り過ぎが高血圧につながる、というのも全く嘘ではありません。

塩にはナトリウムが含まれていて、ナトリウムには体内の水分を保持する作用があります。塩を沢山摂れば、「体内に保持された水分」は増え、結果として血流量も増えて血管が受ける圧力が大きくなります。これが塩分の摂り過ぎが高血圧を招くメカニズムです。しかし、「東北地方の食生活」と「塩分の摂り過ぎが高血圧につながる」という2つのファクターには、密接した関係はないと言えます。

塩分の摂り過ぎによって高血圧になる人は、高血圧患者の約1〜2%に過ぎません(高血圧患者のおよそ9割は原因の特定できない「本態性高血圧」)。ご飯にソースをかけて食べる、といった習慣があるのなら、これは改めるべきでしょう。

しかし、健康な人であれば、身体に不要な塩分は尿と共に排出されます。排出機能がきちんと働いているのなら、あえて「減塩」をする必要はないのです。余分な塩分を排出する為には、カリウムが有効です。カリウムは、リンゴやバナナ、 メロンなどの果物に豊富に含まれているから、塩辛いものが特に好きな人はこうした果物を積極的ニ摂るべき。

東北地方の中で、高血圧で亡くなる人が最も少ないのは青森県です。これは青森はリンゴの消費量が多いという事実と無関係ではないでしょう。

細胞の形を維持するのも、体液の総量を調整するのも、ナトリウム、つまり塩です。腎臓が尿を作る際も、塩は極めて重要な役割を果たします。筋肉の収縮を助ける。胃液などの成分となって働く、等と言ったことも塩の仕事。塩は生存に不可欠のものであり、過度の減塩は健康を害するものなのです。

「減塩すれば病気にならない」などと考えてはいけません。高血圧の原因は塩分の取り過ぎにあると言うことが指摘され、医療機関や行政などが「減塩指導」を初めてから、40年ほど過ぎています。

結果、日本人の塩の摂取量は大きく減りました。しかし、にもかかわらず、高血圧患者は減っていません。現在、日本には高血圧患者がおよそ3000万人いるのです。
「高血圧には減塩」と言うことが短絡的な発想であるのは、この事実からも明らかでしょう。  
✶健康であれば、むしろ「塩分の控え過ぎ」に注意すべき
:引用終了


前にも紹介しましたが、塩は放射能対策にもなるらしいという話がありますが、この放射能に良いとされる塩は「天然塩」のようなのです。
ですので、放射能対策の面からも、これを機会に是非とも天然塩を食べてみてはいかがでしょうか?
(注意:市販の「天然」を掲げている塩の大半が精製、加工された塩なので注意です。購入する前には調べた方がよいです)

 

 

転載ここまでです。

 

こういった體に良い塩をご希望であれば、乳酸菌普及協会で

取り扱っておりますので、ご利用下さい。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

生命維持に不可欠な塩!??

  • 2016.09.10 Saturday
  • 05:03

乳酸菌普及協会では、塩の重要性についての情報を発信すると共に

知る限りの中で、日本人に最適の塩ということで、塩の提供も

させて頂いているところです。

 

その塩について、自然医学会会長である森下敬一博士が、

詳しくわかりやすく解説、説明してくれている記事がありましたので

今の減塩の常識を覆し、本当に體の為に良い塩とは何かとか

奥深い塩の役割等を知って頂く良い機会だと思います。

 

ちなみに記事中に塩の分類が載っていますが、乳酸菌普及協会で

ご紹介及び提供中の塩は、天然塩の中の海塩で、さらに平釜塩に

分類されているお塩です。

 

本当に塩って體に必要不可欠なものなので、體にとって良い塩を

摂って欲しいと思います。

 

それでは塩についての詳しい解説をご覧下さい。

 

以下転載します。

 

 

<生命維持に不可欠な塩>

 

我々が、日常摂取している塩は、日光、空気、水、土などと同様に生計活動の支えとして欠く事のできない物である。
 

食品の数は多いが、塩気の入らぬ食品は、ほとんどないといってもよいほど。
 

即ち、それほど塩は、我々の生理作用にとって重大を意義をもっていると言うことだろう。

塩が絶対不可欠の物であるのは、我々の体が塩類代謝の正常を進行の上に、初めて生命活動をスムーズに営めるように造られているからだ。
 

我々の体液や血液に塩分が含まれているのは、原始生命が海から生まれそしてそこで育まれてきたためだ。

細胞は、常に一定の塩分を含んだ水に浸されていなければ生きられないと言う宿命を背負っているのである。
 

すなわち、細胞が生命活動をおこなう際には、必要な浸透圧が一定に保たれていることが不可欠な条件で、その適度な浸透圧を維持するために、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄鋼などと共に塩分(ナトリウム)が一定の濃度で含まれていなければならないのだ。

 

例えば、ナトリウムが異常に増加すると、そのナトリウムが体内に水分を引きつけるように働くので、体内の水はだぶつき気味となる。反対に、ナトリウムが減少すると、水分の排泄は促される。このように、ナトリウムの増減に伴ない、体の中の水分は増減する。

 

もちろん、このような水分の移動はナトリウムの作用だけによるものではない。
ナトリウムと桔抗的に働き、水分代謝に重要な役割を果たしているのは、カリウムだ。
決局、ナトリウムとカリウムのバランスがとれていることが、脱水や浮腫をおこさず、正常に生理作用を進行させる条件となる。そして、この他の微量成分も、互いに微妙をバランスを保つことによって体液の性状を生命活動にとって好都合な状態にしているのである。

 

<ミネラルを含む塩が必要>

ナトリウムを始めとしたすべてのミネラルは、新陳代謝作用に伴ない、体外に排出されていく。
したがって、適宜食物として補足しをければならない。
その代表的を供給源の一つが食塩なのだ。

 

我々の生理にとって望ましい自然塩は、海水を濃縮結晶させてつくる。
それは、ナトリウムと塩素が主体となって、カルシウムやマグネシウム、カリウムと各種ミネラルが抱き合わせにしたものだ。

 

詳しく成分分析してみると50種以上の物質で成り立っているもので、その様な自然の複合物質であるからこそ、我々の生理機能に対して有効に働くのである。

 

「食塩の必要量は、一般に言われているよりもかなり多いもので、一日当たり約30グラム(日本人)〜15グラム(外国人)である。」

 

もし塩分不足になると、食欲減退をはじめ、胃液が十分に作られなくなったり、体の組織の調節機能が乱れ、炭酸ガスを肺に運び戻す働きがうまくいかなくなったり、神経や筋肉の活動が正しくおこなわれなくなる。

 

即ち、体の生理機能が順調に進行しなくなるのだ。
 

食塩水(リンゲル液)を瀕死の病人に注射すると、活力が喚起されて、回復の転機となる事もあるのは、食塩が人間の生理の死生を刺する働きをもっている事実を物語っている。

 

なお最近、ミネラル欠乏塩による障害が激増してきている。
例えば、現代の若者たちが、全般に身長は著しく伸びたのに、内臓や骨組みがひ弱で、抵抗力の弱い体となっているのが、そのよい例だ。

 

その他、現代人の心身に現れている障害の多くは、極度に精製された塩の害によるものとみなしてよい。
その一つは、赤褐色の髪が多くなり、若白髪や若ハゲも増加していること。

 

このような頭髪の異変はミネラルを含まない精製塩の引きおこす異常の典型で、血液及び体液中のミネラルの組成が混乱した為、体全体のミネラル代謝が狂い、頭部皮膚の生理が異常となったもの。
 

そして、そのミネラル代謝の失調は、頭髪の異常にとどまらず、もっと深刻な障害を引きおこす。即ち、ガンをはじめ肥満、高血圧などの疾病の原因となり、頭脳活動も著しく阻害される。

 

<塩の生理作用と役割>

では、食塩は我々の生理機能上どのような役割を果たしているのかといえば、一口でいうと、新陳代謝作用の主導権を握っているのである。
 

我々の健康障害は、いずれも新陳代謝の異常によって引きおこされる。
 

ガンさえも例外でなく、新陳代謝の異常が、血液の酸毒化をもたらすことによっておこることを考えても、食塩の重要性は理解できるだろう。

 

塩分は、新陳代謝の正常化という作用を介して、血液を浄化し、血液本来の機能を強化する。
 

そのほか、唾液、尿、胆汁の中にも含まれ、各組織の活動を支えている。特に胃液では、重要成分である塩酸を構成している。

 

また、塩は、血管壁に沈着した鉱物質を排除し、血管の硬化を防ぐ。
同様に腸壁に沈着している鉱物質を溶解し、腸の嬬動を高める共に、消化液の分泌を助け、腸内の異常発酵を防止する。

 

その為、食物の消化吸収を妨げる条件が除かれる一方、毒素の吸収が防止されるので、消化吸収が速やかになると共に血液が浄化される。
 

従って、病人や虚弱者、とくに胃腸の弱っている人は、生理的な意味での良質(純粋の意味ではない)の塩を不足しないように補給することが重要である。

 

血中の蛋白質の一部は、塩と結合することによって蛋白質がすぐに全身の組織細胞で活用されうる溶解状態でいながら、腎臓膜で「こされ」たり、他の組織において「漏れこぼれたり」しない状態に保たれる。
 

このことから、極端に塩分を制限した食生活をおこなっていると、著しい体の衰弱を招くけれど、その際は塩分の欠乏が、体蛋白の減少(こされたり、漏れこぼれたり)を招くことも重要な要素となっていると考えられる。

 

食塩は、粘膜や皮膚を刺激して、粘膜の分泌を促したり、その部分への血行を増大させたりする。
その為に、適度な塩気を含んだ食品が、唾液や胃液の分泌を盛んにし、食欲をそそるのである。
反対に塩分を含まぬ食品は消化が遅く、胃中に停滞しがちで消化不良の原因となりやすい。

 

また、食塩には強い殺菌力、防腐力もある。
傷口に食塩をぬることにより、化膿が防げるし、特殊な例では、食塩の投与で、ひどい急性肺炎を一夜で解熱させたり、どんな治療も効果のなかったアメーバー赤痢を治したりした例がたくさん報告されている。

 

人間は半ば腐敗したようなものでも食べて平気でいられるのは、一つには塩の殺菌作用のおかげだ。塩は、少しぐらい有害物質や細菌が発生・侵入しても、それらの害作用が組織細胞に及ばぬよう、防衛してくれているのである。
 

我々の体には、くまなく塩分がゆきわたっている。いわば、適度な塩漬け状態にあるといえる。

 

<適量とることが重要>

以上のような様々な有効作用が得られるのは、食塩を適量に用いた場合であり、いかに生理作用に不可欠を食品とはいえ、摂り過ぎは害となる。
 

害作用を生み出す原因として、まず刺激性の強いことがあげられる。
 

この刺激性が、薬として秦勅する場合もある訳だけれど、味覚が麻痺して塩味に鈍感にさせやすい。
 

そうなると塩の多食に陥り、老化の有力な原因となる動脈硬化を引き起こす。

 

これは特に塩に含まれる非生理的侠(きょう)雑物が、物質を収縮硬化させる性質をもったためだ。この性質は弛暖した組織を引きしめるためには有効だが、過剰になると血管の柔軟性をそこねてしまう。
 

しかし、塩を多食しても、速やかに排出してしまえば、比較的害は少ない。
 

運動、発汗、呼吸、入浴などは、塩分の排泄を促す条件であるので、体をよく動かし、汗を流す機会の多い人は、食塩を多くとってもよいわけだ。
 

ただし、汗をかいた折に水や清涼飲料水をガブ飲みして、かえって塩分不足による害を招くことが多いので注意が必要である。

 

このことからも解るように、塩分の必要量は、生活条件によって大きく変わるので、一概に1日何グラムと定めることはできない。
 

いずれにしても、塩は生理の自然からいってそれほど多量に摂れるものではないのに、実際には、塩害による障害をおこしている人もいる。このような場合には、塩分の摂り方を工夫する必要がある。
 

食塩そのものとしてではなく、極力、味噌や醤油などをとるとよい。
 

これらに含まれる塩分は、カドがとれて刺激性はうんと弱められている。

 

逆に脱塩状態にある人も、味噌や醤油を積極的に摂って、塩分補給をはかる事が重要だ。脱塩状態に陥るのは、白米、野菜を中心にした誤った菜食をおこなっている陰性体質者に多い。
 

つまり、塩分過剰の害を恐れるあまり、塩分の摂取を必要以上に抑える習慣がついてしまっているのである。
 

だが一定の塩分をとることは、血液性状を正し、細胞の質をしっかりさせ、体力を強化するために不可欠であることを知らねばならない。

 

<質の良い塩をとる>

食塩に含まれるナトリウムと塩素以外の物質を総称して侠雑物、俗にニガリと呼んでいる。塩は、ニガリの含まれるおかげで食品として塩特有の風味が生じ、我々の生理作用にも有効な働きをする。

 

が、ニガリの含有量の多過ぎる食塩は有害であり、様々な障害を引きおこす。
 

その最も特徴的なものは、腎臓病。そして、組織全体が荒らされる。その結果、早熟・早老の運命をたどることになろう。

 

粗悪な食塩は、物質を過度に硬化緊縮させる性質を持ち食物中の蛋白質と固く結合して消化・吸収を妨げると共に、胃や腸の内壁に作用して粘膜組織を損傷し、腎臓機能を滅弱させ、頭の働きを悪くする。
 

ニガリの含有量を適正にし、生理作用に対する有害性を最小限に抑えた食塩を使用しなければならない所以(ゆえん)である。

 

結局、良質の食塩とは二ガリの害がなく、各種ミネラルをほどよく含んだ塩化ナトリウムといえる。

 

以上のように、ニガリの含有量の多過ぎる食塩が有害なら、極端に精製した物も有害である。白米や白砂糖を見ても解るように、白くすることで天然の食品に含まれる有効成分はほとんど失われてしまう。食塩の場合も同様で、ほとんど塩化ナトリウムだけになった物は、もはや食品とは呼べない。
 

このような精製塩は、細胞を必要以上に興奮させ生理作用を根底からゆさぶる。

 

現在一般に売られている食塩は、塩化ナトリウム99.9パーセントと極度に精製され、ほとんど化学物質と化している。
 

そのような塩が作られるのは、それが近代化学工業の基礎物質として必要欠くべからざる物になっている為だけれど、それを食品としても使わされるのではたまらない。最近、食塩による健康阻害が大きな問題となってきたのも当然のことだ。

 

こんな時代であるからこそ、食品としての塩、即ち自然塩を確保する事を真剣に考えなければならない。
食塩の質の良否は、体質の良否と深くかかわっており、健康、寿命を支配するものだからである。

 

<主な塩の種類>

■天然塩

天然塩は、「海塩」と「岩塩」の2つに大別されます。

〓海塩〓
 天日塩(天日干しで塩を作る。)
 平釜塩(天日干しの途中から平釜で煮詰める。)

〓岩塩〓
 岩塩、湖塩(岩塩は、言わば“塩”の化石です。)

 

■精製塩

主にスーパーなどで販売されています。ラベルをみてみると「塩化ナトリウム99%以上」と書かれています。

 

精製塩は、1971年(昭和46年)、海の汚染や低コストを理由に、塩田を廃止して、元々、砂漠地帯の海水淡水化や工業用の塩を作るための技術だった、「イオン交換膜透析法」を全面導入し、「塩業近代化措置法」を発令しての国策で製造が始まった塩です。

 

これにより純度99%を超える塩化ナトリウムが「食塩」として定着してしまいました。
海水には60約種ものミネラルがありますが、この製法では完全に排除されていて、これは「塩」ではな

くただの塩化ナトリウム(化学物質)にすぎません。

 

■再生加工塩(再製加工塩)

再生加工塩は、主に輸入した高純度の原塩またはイオン交換膜法により作った塩を海水で溶解加熱した塩で、その際ミネラル分が失われ、辛味が強くなるので、にがりやミネラルを加えて成分調整を行っています。

 

後から、にがりやミネラルを加えているのに、「自然塩」として販売されている事が多いのも不思議です。

(自然塩という言葉の定義は今のところ曖昧で、にがりやミネラルが含まれていればOKとされています)

 

再生加工塩は、ピンクやオレンジなど、白色ではないものが多い。
なぜ色がついたかといえば、塩以外の成分が混ざったからです。
珊瑚の色だったり、釜のサビだったりします。

 

 自然医学会会長 森下敬一

 

 

転載ここまでです。

 

毎日使うものですから、たとえ少量でも影響は蓄積されていきます。

なので、この塩選びというか、どんな塩を使うかはとっても重要に

なります。

 

それに大量に使うものでもないですから、きちんとミネラル分を含んだ

お塩を選んで欲しいと思います。この塩こそコストで選ぶべきものでは

なく、質で選ぶべきものだと思います。

 

これは本当ですが、良い塩は美味しいです。ご自分で確認してください。

 

いろんな良い塩がありますが、日本人が使うのであれば、やはり

天然海塩の平釜塩をお勧め致します。

日本の塩が塩田で作られていたほんの数十年前までは、日本中

この塩だったんですから、その日本人が健康だった時代に戻れば

良いということです。

 

ともかく使ってみればわかります。あれこれ考える前に平釜塩を

調べて手に入れて使ってみてください。

 

使ってみたらすぐにわかります。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

日本の食の安全神話が崩壊している??

  • 2016.09.04 Sunday
  • 05:23

昨日の山梨は、天気予報とは違って日中の気温は、

車載の温度計では、なんと37℃を示しておりました。

 

かなり今年の残暑はキツいようです。

 

とはいうものの、朝晩はめっきり涼しくなっているのも

感じていて、季節は確実に移り変わっていますね。

 

さて本日は、食品添加物に関しての情報です。

 

添加物が体に良くないのは、いまや常識にはなっていますが、

だからといって添加物を摂取しないで生活出来るかと言えば

それは、かなり難しいであろうと思います。

 

何故なら、加工した食品には、主食、副食、嗜好品等、

なんらかの添加物が使われているからです。

(少ないですが、添加物不使用の加工食品はあります。)

 

国が認可している添加物だから安心だと思っている方が

ほとんどだと思いますが、世界的に見た時に、疑問に思うことが

あるんです。

 

世界では禁止になっている添加物が、日本では国が認可して

当たり前に使っていると言う現実です。

 

まさかそんな馬鹿なことは無いだろうと思いたい氣持ちは

わかりますが、氣になる方は、是非ご自分で確認をして欲しいと

思います。

 

まして世界の中でも、日本は添加物の種類は少ないと思うかも

しれませんが、これまた世界で一番多く使っているんです。

 

国が認可してやっていることですから、良い悪いを言っても

どうにもなりませんので、個人として自覚したらできるだけ

添加物を使った加工食品の摂取は意識して少なくすることです。

 

いまのこの国で健康を維持していくには、周りに依存していては

維持出来ないと考えています。

 

自分と自分の大切な人達の健康は、自分で守ると言う覚悟が

必要です。

 

本当にひどい話しですが、それが現実です。

なのでいろんな知識を学び、実践していくことで健康は守れます。

 

その為には、これはといった情報は、確認しておいた方が良いと

思いますので、日本の食の安全神話が崩壊しているという

記事をご紹介したいと思った次第です。

 

以下転載しますのでお目通し下さいませ。

 

<まだ気が付かないのか?> 日本の食の安全神話が崩壊している 日本だけが使用している危険な食品添加物

  • Theme To:

 

Author:
photo2016essayphoto2016essay

Release Date:

 

 



日本だけが使用している危険な食品添加物

日本は大量の食品添加物消費国家として有名です。一人につき、年間の摂取量が
なんと4キロを超えると言われています。数多くの食品添加物の中には、
日本では許可されていて、海外では無認可の食品添加物があります。

他の諸外国では猛毒性・毒性症状の為に食品として使用するのは好ましくないと
判断しているものでさえ、日本では未だに使用を認可しているものが
数多くあるのが現状です。

出典:http://www.natural-friends.jp/education/2013/11/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%8C%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E5%8D%B1%E9%99%BA%E3%81%AA%E9%A3%9F%E5%93%81%E6%B7%BB%E5%8A%A0%E7%89%A9/


食品添加物消費国家・日本の現状

食品添加物の定義や規制は、国によって異なります。日本では、
食品衛生法により食品添加物のルールが定められ、
「指定添加物」「既存添加物」「天然香料」「一般食品添加物」の4種類に
分類されています。

2007年のデータによると、指定添加物:約400種類、既存添加物
:約400種類、天然香料:約600種類、一般飲料物添加物:約100種類、
つまり日本の食品添加物数の合計は約1500種類にもあるのです。

また、国で認可されている化学合成添加物を国別で比較したデータでは、
日本は351品目、アメリカが133品目、ドイツが64品目、フランスが32品目、
イギリスが21品目と遥かに数字が大きいことがわかります。
もちろんアメリカでも日本同様に食品添加物のルールが複雑です。
その為、GRAS物質(一般に安全と認められる物質
:Generally Recognized As Safe)等の項目を含めるかどうかでも
数字が変わってきてしまうので、一概に日本がすべてにおいて添加物を
最も消費しているということではありませんが、
日本の消費がいかに多いかがご理解頂けるかと思います。

出典:http://www.natural-friends.jp/education/2013/11/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%8C%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E5%8D%B1%E9%99%BA%E3%81%AA%E9%A3%9F%E5%93%81%E6%B7%BB%E5%8A%A0%E7%89%A9/


日本だけしか許可されていない危険な食品添加物

日本だけしか許可されていない劇物または劇物に近い薬品と
食品添加物を下記にあげさせて頂きます。

・デヒドロ酢酸ナトリウム

・ニコチン酸アミド

・亜硫酸水素ナトリウム、亜硫酸ナトリウム、亜塩素酸ナトリウム

・過酸化ベイゾル、臭素酸カリウム

・過酸化水素

・食用赤色102号、104号、106号

・銅クロロフィリンナトリウム

・硫酸銅

この他にも着色料の赤色40号はEU諸国では認可されていなかったり、
米国では甘味料のステピアは無認可で、かんきつ類に使用され防カビ剤の
OPPやTBZは米国内では使用禁止ですが、輸出用としては認められており、
日本の食卓に並びます。「日本だけで使用されている食品添加物」ではなく、
「どこかの国で禁止されており、日本は使用されている食品添加物」であれば、
その種類は膨大です。

出典:http://www.natural-friends.jp/education/2013/11/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%8C%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E5%8D%B1%E9%99%BA%E3%81%AA%E9%A3%9F%E5%93%81%E6%B7%BB%E5%8A%A0%E7%89%A9/


knznymmmy @knznymmmy

http://phytochemical.net/6worst-in-the-world/ …
もはや他人事じゃない!日本の『危険な世界一』6選

農薬使用量が世界一(アメリカの約5倍)
寝たきり期間が世界一
食品添加物の種類が世界一
(英米独仏の10倍以上)
電磁波を浴びる量が世界一
放射能汚染が世界一
若者の自殺率が世界一

50

25

2016年02月20日 19:34:10


ともひろ @ecoiso

コンビニ食品を21年間調べた結果【危険な食品添加物★10選】

http://bit.ly/1LFh8mG  … 3位ハム・たらこ 2位菓子パン さて1位は?

 

12

5

2016年02月20日 12:13:16


21年間コンビニで販売している食品を欠かさずに調べ続けて選んだ、

最も危険な食品添加物10選? - るいネット

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=305137&g=132108

 


Fibrodysplasia @Fibrodysplasia

@an_zurich 様 そうですね。有吉佐和子著「複合汚染」という

本がありますが、ただでさえ遺伝子組換え・食品添加物・農薬塗れの

危険な食材だったのに、3.11以後、最凶の「放射性物質」が

加わってしまいました。これでは加工食品食べて回転寿司に行けば

倒れるは当り前ですね。

 

 

転載ここまでです。

 

どんな情報にも言えることですが、まずは情報に触れ、疑問点が

あれば自分で調べ、そして知識を智慧として自分の中に蓄積していく

といった作業の繰り返しになると思います。

 

この姿勢があれば、情報の取りのがしは無いと思います。

 

その人に必要な情報は、必ず一度は目の前を通ります。

その時にその情報を受けとれるか、見逃すかは普段の姿勢に

かかっていると思います。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

解毒作用を持つと言われている食べ物??

  • 2016.09.03 Saturday
  • 04:10

ネットで検索していると、様々な情報に触れる訳ですが、

自分の中に、判断基準というものを持っていないと、情報に

振り回されることになります。

 

特に健康に関わることとなれば重要になると考えます。

 

あれが良い、あれは悪いと四角四面に考えていると、

どんどん食べられるものが減っていき、そのうち食べられるものが

なくなってしまうこともありえます。

 

それにいくら体に良いと言われるものだけを食べていても、

知らず知らずにいろんな飲料や食品から體に良くないと言われる

ものを摂取しているのが現状だと思っています。

 

なのであまり神経質にならずに、少食を基本に食べ過ぎ飲み過ぎを

しないようにしていれば、そんなに氣にしなくても良いと思います。

 

あとは、本日の情報にあるような、體に入ってしまった不要物が

いち早く排出出来るような食品を、常食として摂るようにしたい

ものですね。

 

病は氣からと言われるように、體に悪いと思って食べるものは

確かに體に良い影響は与えないと思います。

 

なので何を食べるにしても、この食品は体に良いと思って

感謝して頂くと言う氣持ちが大事になるかと思っています。

 

氣持ちが勝れば、からだって結構すごいですよ。

基本を押さえて、体調管理にお役立て下さい。

 

では、解毒作用を持つと言われている食べ物の情報です。

以下転載します。

 

 

【完全保存版】解毒作用を持つと言われている食べもの特集2

 調味料食材食育

 

【完全保存版】解毒作用を持つと言われている食べもの特集!

【完全保存版】解毒作用を持つと言われている食べもの特集!

解毒作用を持つ食材とは? 解毒作用を持つと言われている食材はたくさんあります。 しかも、ありがたい事にどれも特殊なものではな...

ファビコンyoujo-labo.com

はてブ数

 

解毒作用を持つと言われている食材はたくさんあります。

解毒作用が期待できる加工食品もたくさんありますが、これも食品添加物など使わずに昔ながらの作り方で、本物の材料を使ったもので作られているものを選ぶことが一番いいと思います。

もちろんコスパも大事ですが、まずは本物を見極める目を養うことが大事ですね。

これらの前提を踏まえて、解毒作用のある食材をまとめてみました。

言わずと知れたスーパーフード達

N612_misotodaizu_TP_V

 

・味噌……本物の味噌は万能薬!

味噌汁は「飲む点滴」とも言われるくらい栄養があります。お味噌で肝臓がんが三分の一に減少するとも言われています。

赤味噌、白味噌に含まれる脂肪酸エステルが発がん物質を無毒化するそうです。(広島大原爆放射能医学研究所、伊藤教授)

味噌は、良質な酵母菌が繁殖し酵素を豊かに含んでいる発酵食品です。

活性を高めてくれる味噌は、目をみはる病気予防、治癒効果、そして解毒作用もあるスーパーフードです。

 

放射性物質などの毒物の排出作用もある

【味噌の七徳】

々海ん作用
動脈硬化(脳卒中、心筋梗塞など)予防
J射性物質を排毒
は群宗認知症の防止
ヅ尿病、肥満、便秘を改善
θ白効果(シミ、そばかす防止)
Ъ立神経を正常に

味噌の医学的効能とは?

cigarettes-83571_640

 

肝臓障害→タバコの有毒ニコチンや放射性物質も排出する作用がある

心臓病→「味噌、しょうゆ、納豆などの酵母で心肺機能を高める」ことができるそうだ。新陳代謝=病変治癒を促進することだそうです。

・下痢症→腸内細菌の繁殖を促す

・ぜんそく→生の里芋の皮をむいてすりおろし、味噌汁に加えて飲むと咳やタン切りがよくなるそうです。

・貧血→しじみやアサリなどを具に入れた味噌汁が効果的

・膀胱炎→自然塩などで塩分をしっかりとること、玄米食の副食として、味噌、胡麻、大根おろしを積極的に食べるといいそうです。

詳しくはこちらから↓

本物の味噌は万能薬!腸内環境を整える

本物の味噌は万能薬!腸内環境を整える

味噌はスーパーフード 私たち養生ラボは愛知県出身と言うこともあり、麹文化が盛んなので味噌、みりん、醤油、酢などはとても身近です。 ...

ファビコンyoujo-labo.com

はてブ数

乳酸菌が豊富な発酵食品

085f92979e5e888792f7a04c9139836d_s

ぬか漬けやたくあん……腸内細菌の働きを高める乳酸菌が豊富な日本伝統の発酵食品といえば漬物ですよね。

 

塩漬けやぬか漬けのすごいところ

ふぐの毒抜きにも使われる!?

例えば、ごまふぐの卵巣には、5,000〜10,000MU/g(マウスユニット)のテトロドトキシンが含まれているそうです。

そのテトロドトキシンとは、青酸カリの100倍、2〜3mgで人の致死量に達するほどの猛毒だそうです。

しかし塩漬け後、値が30〜50MU/gまで下がったという実験があります。

卵巣を塩漬けにする際、塩析効果で脂質が分離し水分とともに外部に析出しますが、このときに毒素が希釈されるのではないかと考えられているとのことです。

はっきりは解明はされていないそうですが、微生物、乳酸菌による発酵作用によって、糠漬内に残っているテトロドトキシンが分解され、毒量が減少するのではないかと言われているそうです。

 

08a5ed1e4ba862cc084c6a2ad2dc1d94_s

 

発酵食品らは、大便から75%の有害物質を排除してくれる力もあるとも言われています。

これを「発酵解毒」とも言われているそうです。

漬物などのベストな選び方は、天然塩を使い天日干しで作られたものがより自然です。

ぬか漬けのぬかは、無農薬の米ぬかを是非選んで下さい。

【関連記事】

玄米の効能、栄養、メリット

玄米の効能、栄養、メリット

今日は「玄米」についてイキます♪玄米話長くなるので パート1てことで。 ジェネスも初めは 浅はかな考えで「玄米」=健康 みたい...

ファビコンyoujo-labo.com

 

はてブ数

無農薬のぬかで手軽に自分で漬けるのが一番ベストですね。

調べたところ一番簡単に出来ちゃう方法がありました。

簡単ぬか漬け作り方

eb7c2f00d747eeb7a6860e0cdd44ee69_s

 

無農薬ぬかと天然塩とお湯をもれないようにフリーザーバッグに入れ軽く揉むだけ!

塩やお湯は適量。

こんなに手軽にぬか漬けも楽しめるので、是非旬の野菜やきゅうり、大根、ナスなど漬けて解毒、デトックスのためにも毎日食べていきましょう。

 

転載ここまでです。

 

それからこれは基本的なことですが、やはり腸内が発酵状態に

なっていることだと思います。

 

ここの基本ができているかどうかが鍵だと思います。

 

腸内を発酵状態にするには、個人差は当然ありますから、

どれくらい善玉菌を摂取したら良いかは一概には言えませんが、

ただこれだけは言えるのが、善玉菌(乳酸菌)を摂取し続けていたら

必ず腸内は発酵環境になっていきます。

 

先日も便秘が改善されないと言うお電話を頂いた時に、

もう少し摂取量を増やしてくださいとお願いしたところ、

ほどなく再度お電話を頂き、便秘が解消したと報告を頂きました。

 

ともかく諦めずに摂取を続けていれば、個人差こそありますが

どなたでも例外なく、腸内を発酵環境にすることは可能です。

 

解毒作用を持つと言われる食べものの情報でした。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

 

 

 

 

放射能と食事療法??

  • 2016.08.24 Wednesday
  • 04:01

この情報は、以前にもご紹介した事があると思いますが、

今の日本人には必要不可欠な情報だと思っていますので、

定期的に何回でも伝えていかなければならない情報だと思っています。

 

このブログを始めたのも、福島での原発事故が発端で、放射能が

降り注ぐ街で、健康を維持していくにはどうしたら良いんだろうとの

想いからスタートしています。

 

そしてそれから4年以上の時が経過しましたが、状況はなんら改善されず

相も変わらず放射能は福島から発生し続けています。

 

この記事の中にもありますが、無農薬玄米・完熟味噌・自然塩を

食生活の基本としていた事が書かれています。

 

これは当ブログで推奨している、乳酸菌を始めとした善玉微生物と

ミネラル、そしてミネラルたっぷりの、アルカリ自然海塩と、

不思議に一致してますね。

 

この記事にある時代背景は、お米も当然無農薬、自然塩もその当時の

塩は、現在でも伊勢神宮で作られている方式で作られた、ミネラル

たっぷりの自然海塩でした。

 

ですからこの記事にあるような現実を目指すなら、やはり玄米は無農薬

お味噌も、無農薬大豆とこのミネラルたっぷりの自然海塩で作った

お味噌であり、塩もミネラルたっぷりの自然海塩を使う事ですね。

 

乳酸菌普及協会では、この無農薬玄米、完熟味噌を、原料生産から

時間はかかると思いますが、一からコツコツと進めていこうと

計画しています。

 

準備が整う間は、善玉発酵菌であるヨモギ乳酸菌液「蓬龍宝」、

ミネラル補給と排毒にはミネラル365、お塩はミネラルたっぷりで

取り過ぎの無い、自然海塩の日月の塩や八百万の塩で、

体調管理及び維持をして欲しいと思っています。

 

人間の體って、食生活や生活習慣、それに物の考え方が自己中心的で

なければ、そんなに柔な物ではありません。かなり逞しいものですよ。

 

そして自分も環境も、きちんと醗酵環境にしていったら、今の

放射能に汚染された環境の中でも、ちゃんと健康を維持していく事が

出来ると確信しています。

 

前置きが長くなりましたが、放射能と食事療法の記事をご覧下さい。

 

以下転載します。

 

健康への道標 vol.008 放射能と食事療法

テーマ:

爆心地から1.4Kmしか離れていない長崎浦上病院の院長、秋月辰一郎氏の玄米と味噌と塩による食事療法により、70名の浦上病院の職員患者全員が下痢や吐き氣というレントゲンカーターに悩まされながらも白血病などを発病する事無く生き残った事実は、現代の放射能汚染に晒されている日本にとり、大きな福音であると思うのです。

 

それは秋月医師が広島大学の原爆放射線研究者に依頼し、マウスを使った実験により、味噌が体内の放射能を排泄するという、結果を得ているからです。その実験は、発酵前期(仕込み後2〜3日のもの)発酵中期(仕込み後120日のもの)完熟味噌(仕込み後180日)のもの凍結乾燥品をオリエンタル酵母MF餌に10%になるように混入し、固形飼料を作成した。

 

地域差を見る為に、非熟成味噌(仕込み後10日のもの)熟成初期(仕込み後60日)熟成後期(仕込み後90日)過熟成(仕込み後180日)を同様に固形飼料を作成し、実験用マウスに与えた。さらに発酵食品(味噌、ヨーグルト)きのこ類並びに、VECF,FGFなどのサイトカインの外MCLI等のベクターをマウスに投与し、種々のX線を照射するなどの実験を繰り返し、ありとあらゆる方法での味噌や他の食品で試した結果、他の食品よりまず味噌が一番マウスが長生きし、さらには味噌の中でも完熟味噌が原爆症に一番効果がある事が判明したのです。

 

しかし例により、このような実験の結果は医学界では認められる事はありません。威張り腐った医学会の権威などというものは、文明の最先端科学技術である原爆の放射線被害が、そんな「味噌」のようなものが効果があるなどとは、口が腐っても言えないのです。

 

白米の摂り過ぎが原因で起こる「脚氣」を「米ぬか」で治るとされた当時、森鴎外や夏目漱石などの当時の最先端医学を持つドイツからの帰国組のエリート達は、病氣の原因はすべて細菌、ウィルスが原因であるとして、脚気の原因菌が存在するはずだという立場をとり続け、「米ぬかで脚氣が治るなら、小便でも何でも治る筈だ。」と糞も味噌も一緒だと誹謗したものでした。

 

最先端であるとされていた、ドイツの細菌学を学んで来た夏目漱石でさえそうなのですから、押して知るべしといえるのではないでしょうか。まさに原爆症が味噌で治るなら、医者はいらないと言わんばかりの医学界であるわけですが、人間とは、人間社会とは、やっかいなものです。死の同心円などの著書では長崎の秋月医師ともうお一人紹介している方がいらっしゃいます。広島の平賀さんという女性の方です。

 

この女性は爆心地から2Kmのところで被曝しています。疎開先から学校へ行きたいばかりに前日に広島へ戻り、その朝、8時15分に校庭で薪割りをしているときに原爆に遭遇したのです。小学校3年生だったそうです。その瞬間は「まるで太陽の中へはいったようでした。」と表現されています。爆心地では、6000度の高温に見舞われ、これは太陽の表面温度と同じですから、まるで太陽が落ちて来た様なものだったのです。

 

人間は跡形も無く一瞬で蒸発してしまいました。原爆資料館には石に座ってそのまま蒸発してしまった人の影が残っています。平賀さんは爆風の為、中二階まで吹き飛ばされ藁屋根の藁の燃えるのに巻き込まれ、ゴムまりにように火の中を転げ落ち、大やけどを負います。

 

家もみな燃えてしまい、逃げる途中に「黒い雨」が降って来たそうです。田舎に避難してからは、ケロイドに悩まされる事になります。化膿して腕にウジがわいた事もあったそうです。その時に体を欲するままに、梅干しを大量に食べたそうです。そして喉がかわくので、水分も大量に取る事になり、梅干しの天然の塩分が血液を浄化する事になったのではないかと語っています。

 

その後、9歳で被曝した體だから遺伝子に傷が付いてどんな子どもが生まれるか判らないから結婚も出来ないと、猛勉強し、広島大学の理工学部に入学し、放射線の研究をする事になったのです。そして後のご主人になる方と知り合い、その方が玄米食を実践していたのです。ご主人に成られる方は、「体質は食べ物で変わるのだよ。原爆で傷ついた體を治すだけの力を食べ物は持っている。細胞は食べ物により常に作り替えられているから大丈夫。」と力付けてくれました。

 

そして玄米と味噌と自然塩による自然食療法を続け、白砂糖を断ったのです。まさに秋月先生と同じ事を続けたのですが、そうする事により残っていたケロイドが取れ、盛り上がっていた傷が少しづつ平に成って行きました。今ではきれいにケロイドも治り、7人の子どもをもうけ、家族皆、健康そのものであると言います。皮肉にも米国では、動物性タンパクは正式に人体には不必要であるとされているのです。これは上院議員達が集まって、現代はなぜ医学が進歩しているにも関わらず、病人は増え続けるのか?という疑問を解決するために世界中から情報を集め、研究したのです。

 

そして、人体に肉類は必要かという事を中国で20年に渡り疫学調査を行い、ガンの原因は科学物質より肉の摂り過ぎであるという事が判ったのです。この調査に携わった米国の栄養学者達は肉は完璧にいらないと考えているのです。放射能被曝により、病氣が進行して発病する病氣の中心は「ガン」です。つまり、放射能による免疫系の破壊により多発するガンを抑えるには、肉食を避け、玄米と発酵食品と自然塩を摂るという事が必要不可欠になるのです。

 

 

−なぜ肉食がよくないのか?−

 

それは食が血液を作り、血液が細胞を作るという原理原則から考えればすぐわかる事であり、肉類はもともと、老廃物が多く含まれていて、動物は死後も数時間は代謝が続き、そのあいだも老廃物が溜まり続けます。これを食べてそれが腸内で処理される時にまた大量の老廃物が発生します。

 

そして、よく噛まないで食べた様な肉類は腸内で腐敗し、大量の毒素を発生させます。腸内というのはご存知のように、胃や十二指腸で消化したものを吸収する部位であるのですから、このような老廃物や毒素を吸収する事になり、それが直ちに血液に入る事になり、血液が汚れてしまうのです。

 

汚れた血液は免疫力の低下を促し、さらにそこから細胞が精製されるわけですから、健康な細胞が作られにくくなるという事はすぐお分かりになると思います。そして不健康な細胞からの、がん細胞の発生と連鎖して行く訳です。

 

今後の日本は福島原発が収束していない事を見ても、今後、何百年に渡り放射能を管理し共存していかなくてはならない運命にあります。しかし決して悲観ばかりしいるわけには行かないのです。自然界の力というのは人間などのちっぽけな叡智などお呼びも付かない程に深淵なものです。

 

チェリノブイリではヒマワリを植えた結果、90%の放射能を消す事が出来たと言われています。広島、長崎では70年は草木も生えないだろうと言われたのが、翌年には青々と生えたのです。これらはすべて、土壌の中の微生物がその役割を果たしているのです。土壌が健康でさえあれば、土壌の中の微生物が放射能を消してくれるのです。

 

これは先ほど書いた人間の腸の中の微生物にも良く似ています。人間の腸内の善玉菌というものは、発酵食品や塩のミネラルが整えてくれるのです。この腸内微生物は放射能さえ浄化し、消してくれる夢のような役割を果たしてくれるのです。

 

日本人は「ジャンクフード」とよばれるファストフードや砂糖を使ったインスタント食品から、日本古来からの食事であった、発酵食品、ミネラル食品、などを玄米、味噌、塩、でもう一度立て直す事が大事なのではないでしょうか。それは現在の日本の状況から子ども達の為に急務ではないかと思われますし、その責任はやはり子ども達の母親である、お母さん達の意識改革に掛かっているのではないかと思います。

 

 

転載ここまでです。

 

體は食べた物で出来ていると言うのは、事実であり真実ですね。

 

どんな物を食べるかは、個人の自由です。ですから體に何が

起ころうと、全ては自分が行った行動の結果です。

 

なので、変化が良い方に起こった時には、それを継続し、逆に

悪い方に変化が出たら、そこで一端立ち止まり、今の食生活を

見直して改善したら、また體は健康を取り戻すと言う、実に

単純で解りやすいものです。

 

全ては自分で判断して行動した結果ですから、自己責任なんです。

常に変化していくのが自然ですから、より良くなるような原因を

作っていくようにしたいですね。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

日本しか食べない女性の強い味方!!??

  • 2016.08.15 Monday
  • 02:34

本日の情報は、多くの人が知っているつもりで実は知らなかった

と言う、ちょっと意外な情報だと思います。

 

実のところ、日本人だけだったとは、私も知りませんでした。

 

それと、素晴らしく幅広いこ効能があり、昨日地元の

農産物直売所にいき、泥つきのものを、

衝動買いしてしまいました。(笑)

 

明日までは、お出かけなので、明後日には早速

牛蒡ジュースというものを、飲んでみたいと楽しみに

しています。

 

しかしゴボウをジュースにするなんて、今まで一度も

考えた事もなかったです。

 

と言う事で、女性の強い味方、牛蒡の情報を

シェアしたいと思います。

 

以下転載します。

 

日本しか食べない女性の強い味方!!便秘、貧血、生理不順・・・万病対策にはこれ!〜ごぼう〜森下敬一先生 『食べもの健康法』より

by 

71 PV約 4 分

 

日本しか食べない女性の強い味方!!便秘、貧血、生理不順・・・万病対策にはこれ!〜ごぼう〜森下敬一先生 『食べもの健康法』より

森下先生が運営している「自然医学図書館」かとても素晴らしいのでご紹介いたします。

 

森下敬一 『食べもの健康法』〜ごぼう〜

もくじ []

日本しか食べない?!

 

シベリア、満州(中国東北部)、北ヨーロッパなどには、野生のごぼうがあるそうだが、

栽培はされておらず、食べ る習慣はまったくない。
 

中国では昔は食べたこともあるらしいが、現在では食べて いない。

というわけで、世界広しといえども、ごぼうを食するのは日本だけなのだ。

 

それも、かなりの執着を持って食べられている。
 

蛋白偏重の現代栄養学の尺度によって、多くの食品がハネ られ冷遇されている今日だが、

「主成分のイヌリンは栄養 価値がない。ミネラル、ビタミンにも

見るべきものはない」などといわれながらも、ごぼうは健全なのである。

 

香りと歯ごたえが日本人好みであること以上に、

生理的に不可欠の要素を持っているせいであろう。

ごぼうのパワー

 

ごぼうの繊維は腸壁を刺激して、消化物の移動をスムーズ にする。
 

穀物中心食であるわれわれ日本人の体には栄養成分の吸収 効率を高める上でも、

老廃物の排泄を促すためにも繊維分を十分にとらなければならないのだ。
 

とくに便秘気味の人にとっては、ごぼうの価値は大きい。

 

ごぼうには鉄分が多いから、貧血の防止に役立つ。
 

もっとも、最近めだって増えている貧血症は、ほとんどが高蛋白性の貧血である。
 

だから鉄分の補給だけではダメで、体蛋白から赤血球をつ くる機能を改善しなければならない。

 

ごぼうの持つ酵素成分はすぐれて整腸作用を持っていて、 造血力の回復にも

威力をあらわすから、その点でも好都合である。

 

この酵素成分による整腸作用は、カゼにも卓効をあらわす。
 

ごぼうをすりおろして熱湯を加え、はちみつで適当に甘味をつけたものを飲むのである。
 

すりおろし汁のカスを除いてストレートで飲めば、酵素が腸内の異常発酵を抑え、

腸壁細胞を鎮静させるので、ひど い腹痛もケロリと治ってしまう。

 

また、すぐれた保温作用を持っているのも、ごぼうの特性の一つ。
 

ごぼうは土の中で育つ根菜である上に、寒地原産の植物で あるため、

耐寒作用が強く、体を温める効果を表す。

 

このため、ごぼうの常食は冷え性、神経症、肩こり、低血圧などにすばらしい効果を発揮する。
 

生理不順の人は、ごぼうを細かく刻んでガーゼの袋にいれ、それを1週間ほど

浸した日本酒を、毎日盃一杯ずつ飲むと よい。

 

ごぼうは皮後と用いることが薬効の決め手だ。
 

最近は、きれいに洗ってほとんど皮がなくなってしまって いるものや、

キンピラ用にきざんで水にさらしたものが売られているけれど、

これでは本当においしいごぼうは食べ られない。
 

味はともかくとして、薬効はほとんど期待でき ない。
なるべく泥つきのものを買って、表皮をいためないように

タワシで泥を落として使うようにしたい。

きんぴら

 

材料(4人分)
・ごぼう・・・70g
・れんこん・・・40g
・にんじん・・・40g
・ごま油・・・大さじ2
・しょう油・・・大さじ2
・だし汁・・・大さじ3
・白炒りごま・・・少々

作り方

,瓦椶Α△砲鵑犬鵑郎拈擇蝓△譴鵑海鵑惑いいちょう切
りにします。

鍋をよく熱し、ごま油を入れ、ごぼうを炒めてから、
れんこん、にんじんと順次炒めます。

だし汁を加えてフタをし、しばらく煮て火が通ったら
しょう油で調味します。
汁気がなくなるまで炒めつけ、器に盛ってからごまを
ふりかけます。

きんぷらごぼう

ごぼうの丸煮

 

(材料)
・ごぼう・・・1本
・ごま油・・・大さじ2杯
・しょう油・・・大さじ4杯
・だし汁・・・1カップ
・白ごま・・・少々
・こんぶ

作り方

,瓦椶Δ鮴い、長さ10cmに切ります。

¬で1を炒め、昆布を敷いてだし汁を入れ、よく煮て
しょう油で調味し、汁気がなくなるまで煮ます。

D垢気鯊靴┐4つぐらいに切り、切り口にごまをふります。

(文=”森下敬一先生「自然医学図書館」より引用)

 

転載ここまでです。

 

牛蒡のジュースは、どんな味がするのかとっても

楽しみです。

 

誰にでも簡単に出来ることなので、興味を持たれた方は

早速、泥付きの牛蒡を手に入れてみて下さいね。

 

本日もおいで頂き、有難うございました。

 

日本人には炭水化物が必要な理由??

  • 2016.08.10 Wednesday
  • 05:18

この所の暑さのせいばかりではないですが、一日一食と

言う事もあって、炭水化物の摂取が少なくなっていました。

 

そのせいか、排便において量が少ないと感じていました。

まあ体重が増える訳ではないので氣にはしませんでしたが、

スッキリ感としては、いまいちだった事は否めませんでした。

 

そんな時この記事に出会う事が出来ました。

確かにこの通りだと思ったので、今後は炭水化物も

ちゃんとメニューに入れて採るようにしたいと思います。

 

それで排便のスッキリ感が改善されたら、報告致します。

1週間程時間を頂きます。(笑)

 

一口に炭水化物と言っても、実は多種多様です。

そこで炭水化物が多い食品一覧【分類別ランキング】を

貼付けますので、リンクしてご覧になってください。

こちらです。➡ http://takahan.info/no-rice-diet/208/

 

やはり代表的なのは、お米と麺、パンですかね。

 

ではとっても参考になる記事ですのでご覧下さいませ。

以下転載です。

 

 

日本人には炭水化物が必要な理由

ー水素水は飲む必要なし?

2016-04-30 05:54:56 
テーマ:



こんにちは。

美和ペディアこと、
ホリスティックヘルスカウンセラーの
美和です。


知っていますか?

人種によって腸内に住み着いている
腸内細菌の種類が違うことを。


個人によっても腸内細菌の種類に
差があるようなのですが、

日本人と欧米人、中国人などを比べると
腸内細菌の種類にかなり違いがあるみたいです。


日本人の体内に住んでいる腸内細菌は
炭水化物から効率良く栄養素を作ることが出来る
らしいです。

♡有り難い♡ですね。

残念ながら、
欧米の方々の腸内細菌はそうではないようです。


長い歴史の中で
ご先祖様が食べて来た物の違いによって、
腸内細菌の種類が変わって来る。

そして、腸内細菌の種類が違えば、
特定の食べ物に対する
消化の効率も変わってくるわけですね♪


1炭水化物を摂ると腸内発酵が起こる。

2腸内発酵で炭水化物が分解されることにより、
 水素ガスが発生する。

3水素ガスの80%は体内で消費され、
 活性酸素を分解する。

ちなみに、1gの糖質の分解で
50ccの水素ガスが発生するそうな。


日本人の場合、このプロセスが効率よく行われ、

炭水化物の分解によって発生した
水素ガスで活性酸素の除去が勝手に行われてる

わけですね!

水素水、飲まなくてもいいじゃん!
(≧∇≦)

全ては
「日本人の腸内に住んでくれている腸内細菌のおかげ」
なんですね。

欧米人の場合、この水素から
メタンガスなど体に不要なものまで
作ってしまうらしい。

もちろん日本人の中にも、
炭水化物の消化・代謝が不得意な方もいますよね。
遺伝的な要素より、腸内環境の問題ではないかと思う。

いつも言っていますが、
人によって消化の得意・不得意は違うし、
今の体の状況も違います。

自分に合った食べ方をする。
自分の消化能力の範囲以内で食べる。
それが大事ですよね。


糖質制限信者のみなさん、

炭水化物は腸内細菌の餌になる
大事な食べ物ですよ♡

但し、食べすぎは禁物。
同じ糖質でも甘い物、加工されたものは
マイナスにしかなりません。

そこをお間違えなく。


日本人の腸に合うのは断然、
「パンじゃなくてご飯」

お米+雑穀で栄養価をプラスする工夫を!

 

 

転載ここまでです。

 

ここでも腸内細菌の重要性が説明されていますね。

 

腸内細菌が醗酵状態であるためには、善玉菌が優位でなければ

そうはなりません。ここに蓬龍宝の役割があると思っている訳です。

 

理屈はともかく、現実に快食(少食)快眠(早寝早起き熟睡)

快便(スッキリ感を伴った排便)が、毎日あったら良いと言う

事ですね。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

乳酸菌エステサロン!


upクリックできるよup
乳酸菌発酵サロンです拍手
手浴足浴で乳酸菌を
いっぱいの愛と光で
深呼吸しちゃいましょうおてんき

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白)
蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白) (JUGEMレビュー »)

これがあればお手軽に蒸留水が使える生活が出来ます。一日4Lあれば充分だと思うので、寝ている間に出来ちゃいます。

recommend

超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放
超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放 (JUGEMレビュー »)
名倉 仟
ミネラル365の身体に及ぼす影響を詳しく解説してくれている一冊。健康を望む方の必読書ですね。

recommend

国産クエン酸(結晶) 900g
国産クエン酸(結晶) 900g (JUGEMレビュー »)

クエン酸で薬いらず・・・
神薬・・・かも・・・

recommend

スーパー風呂バンス1000
スーパー風呂バンス1000 (JUGEMレビュー »)

これは優れものだと思います。保温ようなので、電気代もさほど気にならないで24時間いつでも風呂が使えます。

recommend

スリムエネマ
スリムエネマ (JUGEMレビュー »)

大腸内に直接乳酸菌を取り入れるには、これが一番ですよ。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

長谷園 浅漬器 CT-32
長谷園 浅漬器 CT-32 (JUGEMレビュー »)

これで作っています。

recommend

recommend

トンボ つけもの容器 5型
トンボ つけもの容器 5型 (JUGEMレビュー »)

このタンクが非常に便利なんです。使わないときには重ねて収納できます。

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM