自然・健康=反自然・病気、人工物は危険!?

  • 2019.03.19 Tuesday
  • 03:50

乳酸菌普及協会では、くどいくらいに食い過ぎに警鐘を鳴らし
極力少食をお勧めしている訳ですが、なぜなのかと言う意味を
解りやすく説明してくれている、ブログがありましたので、
ご紹介致します。

この話しに関連した事ですが、昨年から超少食である、一日一食の
生活を続けている方と、昨日お話しする機会があったんですが、
その方(30代女性です。)の体験によると、こんな感じでした。

一日一食を始めた当初は、なぜか疲れやすかったそうです。
今考えるとそれは毒出し期間だったと感じているそうです。

3ヶ月で10kgほど体重が落ち、この頃になると、疲れ知らずに
なっていたそうです。

この方はダンサーでもあるので、体の切れがとても良くなった
と言っていました。

もちろん乳酸菌とミネラルはしっかりと摂っていたそうです。

始めた当初は結構キツいと言うか辛いかもしれないけれど、
そこを乗り越えてしまえば、あとは本当に体も気持ちも楽になる
と仰っていました。

一日一食生活ができると、ある程度食材には神経質にならないで
選ぶ事が出来るようになります。

一日3食の方は、食材選びをおろそかにすると、徐々に体調不良の
サイクルに自覚のないうちに入っていってしまいます。

といった体験談も頭の片隅に入れながら、この情報をご覧下さい。

以下転載します。
まいどおなじみの、廣瀬仁さんのブログからです。

 

自然 健康 = 反自然 病氣 、人工物は危険

テーマ:


健康を語る上で最初にしなければならないこと、それは危ないものを體(からだ)に入れないことです。



現在の日本は99.8%が危険なもの、要するに後々病氣になるもので埋め尽くされているといっても過言ではありません。



農藥、添加物、化學物質、遺傳子組み換え、人工放射能、電磁波、動物性食品、ワクチン、クスリ、ケムトレイル、そしてそれらを構成する國絡みの洗腦の徹底。



農業だけをみても、一番危険なのは化學肥料による硝酸塩や硝酸態窒素などの害であり、日本の有機栽培は實はかなり危険なことを知らない消費者は多くいます。



參考:枯れる野菜と腐る野菜
http://www.naturalharmony.co.jp/trust/yasai-miwakekata/index.html



なので、本物の野菜、自然栽培や自然農の野菜などを選ばなければ菜食でも病氣になります。こうした基礎知識がなければ、病氣になるような情報に踊らされてしまうのです。



世間にある社会毒などは少量なので直ぐには害が出ないようになっています。速効性の毒には人間は警戒しますが、遅効性の毒には人間は無警戒でいるので、氣づかぬ内に體を蝕んでいきます。



そうした毒、特に重金属はデトックスしなければ少量でも確實に體内(たいない)に溜まっていき、それがアレルギーなどの症状の引き金になっていきます。



だから、まずは危ないものを體に入れないということが大切になります。その次のステップとしてデトックスがあります。要するに解毒排泄です。



その要の一つが少食および斷食(ファスティング)であり、體内に溜まっている毒素をデトックスしていくことが必要になってきます。



なので、世間でいう、最初に良いものを取り入れるという發想そのものが間違いであり、最初に毒を入れない、その上で溜まった毒素をデトックスするという考え方にならなければならないのです。



要するにプラスの健康學ではなく、マイナスの健康學です。その手順を踏んだ後に自然界の原理に沿った食物(玄米、發酵食品、塩など)を食べて體を戻していくことをしていくべきなのです。



また、動物性食品はどの角度からみても、完全にNGであり、まったく要らないもの(特に肉食)です。だから、最初に避けるべきものは化學調味料と肉食と言っておきます。



考:日本人を狂わせる五つの有害物質
http://www.coara.or.jp/~wadasho/tenkaajinomoto.htm


參考:チャイナ・スタディ
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2014/02/1452.html



こうした情報は健康で武器にもなります。しかし、世の中は嘘の情報と本当の情報を混ぜてどっちが本当かわからないように攪乱してきます。それが洗腦のやり方なのです。



なので最後に大切になるのが、その情報が自然の攝理に沿っているのか、それとも反しているのか(  自然  健康  =  反自然  病氣  )なのかを判斷する感性になります。



反自然だからすべては病氣になり、自然界の法則に近づければ近づけるほど健康になる。シンプルな構圖ですが、この視点を持ち、行動できるか否かが病氣と健康の分かれ目になります。




転載終了です。

今まで常識だと思っていた事が、ことごとく非常識であった事に
愕然としますが、今からでも遅くはないので、興味のある事は
人任せにせず、自分で調べて、自分と愛する家族の健康は自分が
まもるんだと言う強い気持ちを、一人一人が持って欲しいと思います。

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

 

医者が自分に使わない薬!?

  • 2019.03.17 Sunday
  • 03:24

朝と昼間の気温差が、大きい日がここ数日続いていますが

皆様におかれましては、体調維持はできていますでしょうか?

 

気温差が激しい時は、無理せずこまめに上着を取り替える様に

して、体温が低下しない様にしたいものです。

 

さて本日の情報は、松本康男さんが発信してくれているものですが

ちょっと極端ではないかと思う内容ですが、当たらずとも遠からず

といった内容だと思っています。

 

私も最近生命保険の加入に際して、内科医に診察を受けましたが、

これまでに学んだ真実情報からは、程遠い現実に、呆れながら

お話を伺っていました。

 

反論しようと思えば、ツッコミどころ満載なんですが、ここは静かに

お話を伺うだけは伺いましたが、いかに医者が真実事実を知っているのか

知らないのかはわかりませんが、到底受け入れられる様な内容の話では

ありませんでした。

 

本日取り上げさせて頂いた記事の内容も、ちょっとオーバーな表現かも

しれませんが、当たらずとも遠からずだという感じはします。

 

以下に転載いたしますので、お目通しをよろしくお願いします。

 

 

写真の説明はありません。

松本 康男

1時間 · 

 

🌟医者が自分に使わない薬。

 

医者は、自分で使わないものを何故患者には、処方するのだろうか?

と疑問に思う人もいるでしょう。

 

医者は、患者を目の前にした時に、無能です。

 

話を聞くか、それっぽい薬を処方するかしか、方法がありません。

 

医者は、患者を目の前にしても治す能力もないし、知識もない阿呆なのです。

 

患者が言うことを我慢して聞いていればいい、、

というのが傾聴です。
 

この能力を高めるのが、医者として重要だと言われます。とにかく聴け!反論せずにじっと聴け!と言われているのです。

 

患者は、医者にきちんと症状を伝えないといけないから頑張って喋ります。

 

医者は、傾聴しないといけないと教えられているので聴きます。

 

しかし患者がどんなにうまく症状を伝えたところで、残念ながら、医者には治す能力も手立てもないのです。

 

医者の方は、取り敢えず話を聞いて、それっぽい薬があるから、それでも処方してみるかな?

という感じで、処方します。

 

正直薬のことなんてよく分かってません。でもいいんです。

 

薬が効くか効かないかは、知らないし、やってみて効いたらいいし、効かなかったら残念って感じです。

 

効くか効かないかは、医者の責任じゃないのです。自分が作ったわけでもないから、どうでもいいのです。

 

頭のいい医者は、こんな薬効くわけないじゃないか 子供騙しだ と知っています。

 

でも患者が、貰っていくし、製薬会社は、売りにくるからそれでいいじゃないか?

 

私のせいじゃない。と思っています。

 

 

転載は以上です。

 

これが現実なのかもしれませんね。

 

今や健康は自分自身で守るものになったという気がします。

 

健康維持を望むなら、やはり自分で情報を集め検証し、自分や大切な

家族の健康維持は、医者も含めて他人任せにはしない事です。

 

ネットの時代だからこそ、自分が学んでいく事で、真実情報であるか

そうでないかも、見分けられる様になると思います。

 

乳酸菌普及協会では、出来るだけわかりやすく真実情報を発信して

いきたいと思っております。

 

今後ともご活用の程、よろしくお願い致します。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

 

自然の「流れ」に従った生き方!?

  • 2019.03.15 Friday
  • 03:22

近所の濁り川の土手に植樹してある、まだ3メートルくらいの

桜ですが、すでに五分咲きなっていると思われるくらい、綺麗に

咲いています。

 

ソメイヨシノも来週には開花すると思います。

いよいよ春本番ですね。

 

でも花粉症の皆様には、この季節は大変な様ですね。

 

でもでも、この花粉症は、免疫が低下している方に起こるもので、

ホウロンポウで、免疫力を回復された方々からは、一様に花粉症が

軽くなったり、症状そのものが消えたりと、嬉しい報告を

頂いております。

 

全ての体調不良は、この花粉症でも共通ですが、基本は免疫を上げる、

そして自己治癒力を回復させて、自分の身体の不調は、自分自身が

修復させる力を持っていることに、気づいて欲しいと思います。

 

さて本日の話題というか情報は、「しみずたいき」さんのブログより

ご紹介です。

 

とても心に響いた内容で、素直に納得してしまえるものでした。

 

皆様はどう感じられるでしょうか?

 

以下に転載いたしますので、お目通しいただけたら幸いです。

 

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

幸せはいつも「今」ここにある

2015年3月13日 · 

 

人生には「流れ」というものがあります。
   
あまり忙しすぎると、内なる自分と
対話することが、できないし、
「流れ」を感じることもできません。
    
人生の「流れ」に乗るためには
少しの時間を見つけて
「リラックスする」ことです。
    
赤信号の時は、
ゆったり待ち、空を見上げましょう。
    
交通渋滞の時は、
ゆったり音楽でも聴きましょう。
     
ランチの時は、急いで食べずに感謝しながら、
ゆったり噛んで よく味わいましょう。
   
この「ゆったり」
としたのリズムが
    
あなたに多くの「気づき」を
もたらしてくれます。
   
そして、
本当に早く行きたい時は、
   
信号が全て
「青」になってくれる
ことを体験するかもしれません。
   
本当は、急がなくても大丈夫なのです。
    
必要なものは、「必要な時」に
現れるような仕組みになっています。
   
人生には、大きな【流れ】があるのに、      
それに逆らって泳ぐことが   
「自分らしさ」だと 思われがちですが、

本当は「俺が・私が」の小さな我を捨て、
流れに逆らわずに 
無心で 泳ぐこと(今を生きる)で 
本来の【自分らしさ】があらわれます。 
   
このように 
自然の「流れ」に従った生き方を
   
日本古来から
「かんながら(随神、惟神)」と言います。
   
「神と共に生きる」
「神のご意志のままに」という意味で、
    
この言葉は、日本人の
根っこの精神性をよく表した言葉です。
    
これは
「何もせず 受身的に生きる」という意味ではなく、
   
「できることは精一杯やって、
 結果は天にお任せします」
   
という意味であり
   
「自ずから天の意志(流れ)
 というものを推し量って生きる」

という生き方のことです。

 

ですから、もし
何かがうまくいかない時、

焦りすぎている時、
緊張しすぎている時、

力み過ぎている時、
頑張りすぎている時は

少し ゆるめて 
今この瞬間に意識を向けて

天の意志(流れ)を感じてみてください。

 

大事なのは

過去でもなく

未来でもない

今この瞬間です。

 

そして
「自分自身の中に、全ての答えがちゃんとある」
と信頼して、人生を楽しんでください。

 

この「かんながら(随神)」に沿った
生き方こそが、「無敵」なのです。

人生はプールと同じ。抵抗するから苦しい。 
    
“あなた”が力を抜けば、“私(本質)”は浮いてくる
    
(しみず たいき)
https://www.facebook.com/taiki7

 

 

 

転載はここまでです。

 

この文章の中にある、青信号がずっと続くといった体験は、

結構な頻度であります。

 

その都度、感謝しながら運転しています。

 

若い時の運転と今では、全く別人が運転している様です。

 

でもこういった運転をする様になってから、信号が全て

青になるといった体験が、増えたきた様に感じます。

 

やはり心に余裕を持つということは、大事な事だと思っています。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

人類は遂にフリーエネルギーを手にした!?

  • 2019.03.13 Wednesday
  • 03:53

本日はとんでも情報をご紹介したいと思います。

 

信じる信じないは脇に置いておいて、こんな情報も流れている

という事で、お目通し頂けたらと思います。

 

しかし人間の頭に浮かぶものは、全て現実に存在するといった

観点から考えると、否定もできないのが現実だと思っています。

 

この情報は、新・啞蝉坊の日記様の所が、情報発信していたものです。

 

でもこの記事の内容が事実真実であったら、素晴らしい事だと思います。

 

では素直な気持ちでお読みになって欲しいと思います。

 

以下転載になります。

 

 

 

 

◆ハザールの臨終が確実になってきました。これは凄いことです。我々はもう奴等から、べら棒に高い電力を買う必要がなくなります。原発も火力発電も風力発電もそして太陽光発電装置さえ必要がなくなったのです。コップ21もパリ協定も糞くらえ!石油メジャーよさようなら!原発マフィアグッドバイ!

フリーエネルギー機器発売!ZPowerがすべてを変えた!

zpower-1024x640


2019年1月6日日曜日15:20 

ZPowerという会社がすべてを変えました!彼らはちょうど真夜中でも太陽からの電力を作る装置を作りました!それは太陽からの可視光を使用せず、それは私たちの周りの太陽によって作り出される他の形のエネルギーを使用するのです。Nikola Teslaが100年以上前にやり方を考え出したのです。

ZPowerは文字通り1日24時間、太陽の無限の力を利用します!本発明者はそれを磁束エネルギーと呼び、それはAC(交流)とDC(直流)の両方の特性を生み出すことができるのです。このようなものは他にはありません。彼らはすでに地球の問題を解決する準備ができていて、あなたがビデオで見ることができる準備をしています。彼らは磁束エネルギーで働くプロトタイプを持っていました。

ZPowerユニットはソリッドステート(固定型回路)なので、磨耗する可動部品はありません。可視光の範囲外で動作するため、1日24時間電源が使えます。

この装置が得ている太陽からのエネルギーは地球によって止められないので、地下でも働きます!これは空の理論における単なるパイではありません。
彼らはすでに完璧に機能するデバイスを構築しました!このビデオでは、自動車のバッテリーではできない場合でも、ヘリコプターからの強力なライトを簡単に点灯させることができます。

彼らはまた家に電力を供給することができる6000ワットのプロトタイプユニットを建てました。しかし彼らの次の目標はオーダーメイドの輸送コンテナの中に収容された50kWのモジュールを使うメガワットユニットです。このことで動かすことができるものに制限はありません!

ZPower Proof of Concept updated

 

無制限の自由エネルギーを使えば、海から新鮮な水を作り出すことで、すべての砂漠を緑化することができます。より多くの新鮮な水と燃料費が実質的にゼロであることは、より多くの食料生産とより安い食料価格とその他すべてを意味します!彼らが地球の人口の95%を殺すことを計画していたので、ディープ・ステートとNWO(新世界秩序)は確かにそれを好きではないでしょう!

これらの悪魔たちは、地球の善のために凍らせて焼かなければならないと私たちに告げました!それはすべて大きな詐欺であり、そして今、私たちはそれを証明することができます!この巨大なニュースについての真実を皆に伝え、BeforeItsNews.comに送って、愛国者が出した無修正のニュースを読んでください。あなたはきっとフェイクニュースでこの発明についての話を聞くことはないでしょう。

実は、この技術が立ち上げられ大量生産されると石油、石炭、原子力、太陽光、風力など巨大なインフラは必要ありません。あなたは50Kwを出すエアコンのサイズの装置を持つことができます。そしてあなたはそれであなたの街路に電力を供給します。言い訳はもう出来ません!トランプ大統領が連邦準備制度を国有化する時が来たので、私たちは民間銀行家の利益のためにGDPの半分を無駄にするのをやめ、ZPowerが実証したばかりのフリーエネルギー技術に十分に資金を提供しサポートします!

米国政府の全力を一度善に傾注しなさい。私たちは戦争に15兆ドルを費やしました。何人かの人々を金持ちにすること以外は何も成し遂げられませんでした。
私たちはついに連邦準備制度の操り人形ではない本物の会長を迎えました。ドナルド・トランプがこの発明でエネルギーカルテルの闇を暴き、地球上のすべての人々に確実に知れわたるようにしましょう。! 

 この情報を@potusと@realdonaldtrumpにツイートしてウイルスに送ってください。彼に言ってください、これまで極秘にされていたフリーエネルギーを世界にもたらした最高の大統領として歴史に名を遺す絶好のチャンスです!

私達は私達のエネルギーシステムを制御するロスチャイルドとロックフェラーの奴隷になるつもりはない!

トランプが世界に向けてこれらのユニットを生産することによってアメリカを再び偉大にする準備が整いました!

実際、トランプはこれを今やることを要求します!これらのZPowerエンジニアは過去に他の人がしてきたことをしました。しかし今それを言葉に出す時ですので、今度はそれを止めることができません!

私たちは今すぐこれらの人たちを守るシールチームシックスを持つべきです!ああ、人々は私たちの特許庁はすべての発明を女王に与える英国のSERCOによって運営されている詐欺だと発明者に言います!
もし発明者に何かが起こったとしても、その計画が直ちにインターネット上でオープンソースになるように、彼は自分自身を守る必要があります!

発明者は使用される磁束の正確な周波数について秘密にしていますが、それは明らかに非常に小型で軽量の装置で多くの力を生み出します。あなたはこれらで船や車を動かすことができ、基本的にガスや充電のために止まることはありません!

このようなエネルギー源を使ってプロペラベースの飛行機に電力を供給することもできます。軍は潜水艦や無人偵察機にそれを使用することができます。発電所、住宅、バス、トラック、車、ボートがカルテルで管理されている石油の代わりにこのクリーンな自由エネルギーを使い始めると、いくらお金が節約されるか想像してみてください。夜間に働かなくてケムトレイルがとにかく性能を低下させるのになぜソーラーを使うのか、1日24時間作動する装置があるのに、なぜ風力が要るのでしょうか。

アル・ゴアとその手下たちには炭素税はかかりません!
私たちは電力を買う余裕がないからといって、凍死したり熱中症で死ぬ必要はありません!

毎月可能な限り私たちを搾取するのは詐欺でした。私達全員がこの証明された自由エネルギーについての言葉を広めれば私達は文字通り私達の未来を変えることができます!

私たちは、NWO(新世界秩序)が非常に大きなグリッドダウン緊急事態(大停電)を引き起こしたいと思っていることを知っています!私たちのグリッドは非常に脆弱なのです。すべてを分権化する時が来ました。

私たちの詐欺的なエネルギー省は、基本的に地球上の太陽を再現する核融合炉を作ろうとしていて、何兆ドルも費やしてきました。

決して機能しないトカマク炉に費やされたお金で、米国のすべての家はすでに自由な電力を得ていたかもしれません!電源が遮断されても、これ以上福島原発のような惨事を被りません。このZPower技術は地球全体に安全に電力を供給することができるので、危険な原子力は現在廃止されることができます! 

 

 

転載終わりました。

続きは 新・啞蝉坊の日記 様の方でご覧ください。

 

話の種にこんな話題も良いかと思います。

 

以上、常識外のとんでも情報でした。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

 

たんぱく質を減らせば、ガンもマラリヤも逃げてゆく!?

  • 2019.03.11 Monday
  • 04:43

先週末は何とか天気も持ちこたえ、雨対応はしなくて済みました。

 

春の足音は確実に聞こえてきます。木々もうっすらと緑っぽくなって

きましたし、近づいてみると、芽が膨らんできていて、芽吹きが近い事を

教えてくれます。

 

桜の木も花芽がだいぶ膨らんできていて、来週には咲きそうですね。

 

さてこれから春本番になり、いろんな行事が目白押しになりますが、

体調不良では、心から楽しめませんよね。

 

やはり何より優先するのは、健康ですよね。

 

昨年亡くなってしまわれましたが、新潟大学の故安保徹先生が

食生活に関して書かれたものがありましたので、とても参考になると

思いますので、皆様にも情報共有という事で、シェアしたいと思います。

 

原理原則に適った、真実事実だと思っていますので、納得いった方は、

是非実践していただきたいと思います。

 

以下転載になります。

 

 

 

新潟大学大学院教授 安保 徹 

 

◆たくさん食べている人ほど病気になりやすい
 

病気をはね返す免疫の力を鍛えるには、手っ取り早く「風邪をひく」こと。
風邪をひくとリンパ球とウイルスとが戦うので、治ったあとには免疫が自然と高まる。薬を飲まずに風邪を治せば免疫は高まる。

私たちの免疫のベース(基本)は、リンパ球が働いているだけではなくて、もっと白血球の抵抗とか、マクロファージ(貪食《どんしょく》細胞)などがあって行われているのです。とりわけマクロファージの活性が高いと、リンパ球にウイルスを処理してもらう前の段階で、マクロファージ自身の力で治してしまいます。

体が元気だとマクロファージも元気。インターフェロンも出せるし、IL《インターロイキン》-12も出せる。そうして、みんな元気になる。

実は、マクロファージはウイルスをやっつけたり、いろいろな細菌をやっつけたりするだけでなく、栄養処理もやっています。
栄養をたくさん摂取している人の場合、マクロファージがコレステロールなども処理して分解し、血管を掃除して、動脈硬化を防いでくれたりします。しかし、処理能力を超えるほど食べ続けると、マクロファージは泡沫《ほうまつ》細胞となって血管壁に沈着し、ついには動脈硬化を進めます。

つまり、ごちそうをたらふく食べると、ただの栄養処理屋になってしまう。マクロファージの無駄遣いをしているわけで、すごくたくさん食べている人ほど、すぐ病気になるし、すぐ風邪をひくというわけなのです。


 

◆無駄なものから食べてエネルギーに変える
 

先日、認知症の研究会に行ってきました。
記憶を司る部位の「海馬」についての研究報告があったのですが、アミロイドたんぱくが脳にたまると、グリア細胞(脳のマクロファージはグリア細胞)が集まってきて、そのたんぱくをなんとか食べようとする。しかし、食べきれずに脳に沈着すると、アルツハイマー型の認知症につながるわけです。

逆に、飢餓状態になったときはどうなるか?
漂流して食べるものがない場合など、マクロファージは自分の体の構成成分を食べて栄養に変えるのです。漂流して10日後とか20日後の人は、筋肉や骨が細くなったりする。
そのステップで何が起こるかというと、栄養が枯渇した際に最初に食べるのは、まず老廃物を食べて、ポリープを食べて、シミを食べて、ガン細胞を食べる・・・。
そういう無駄なものから食べて処理し、エネルギーに変えるわけです。そうして、マクロファージの働きで、ポリープが消える、ガンが治る、ということが起こる。しかし、そういう無駄なものを処理してもなおかつ飢餓状態が続くと、今度は筋肉を食べたり、骨を食べたりします。

骨を食べるので有名なのが、破骨細胞ですが、破骨細胞はマクロファージが多核になった細胞です。マクロファージはまさに食べる力。

このように、私たちの体では、進化したリンパ球の顆粒球までいかないレベルの、もっと原始的な防御とか、栄養処理とか、老廃物の処理は、白血球の基本であるマクロファージがやっているということがわかるでしょう。


 

◆たんぱく質を減らせばガンもマラリアも逃げていく
 

私は、少食の問題を科学的に解明しようと思い、ここ4〜5年の間にやった実験があります。最初にたんぱく質を減らす実験を始めたわけです。
実験に使うマウスは通常、25%のたんぱく質の入ったエサで飼育するのですが、たんぱく質の割合を10%、5%、0%に減らして免疫力がどう変化するのかを調べました。すると驚くことに、たんぱく質の割合を下げれば下げるほど、免疫力が上がっていくことがわかったのです。

今、地球上で最もかかる人が多く、死亡する人の数も多い病気は、開発途上国ではマラリア。マラリアは感染者がおよそ2億人、年間死亡者数が300万人。

一方、先進国ではガン。
ガンも全世界で見れば年間の死亡者数がおよそ300万人くらい。このマラリアとガンに対して、マウスがどういう抵抗性を示すのかを調べてみました。

マラリアは致死株を、ガンも確実に死に至るレベルのガン細胞を植えて、実験しました。
結論からいうと、低たんぱく食のエサにしたら抵抗力が強くなっていくことがわかりました。それも、たんぱく質の割合を下げれば下げるほど、抵抗力が強くなっていく。たんぱく質の割合を5%、0%まで減らしたら、全部のマウスが生き延びた。さらには、ガンも転移が消滅していた。

びっくりして、この実験を英語の論文にまとめて学会で発表したのです。なかなか日の目は見ませんでしたが、2年がかりでアメリカで有名な『ジャーナル・オブ・パラジトロジー』と『セルラー・オブ・イムノロジー』という雑誌にそれぞれ掲載されました。つまり、マラリアやガンでも、たんぱく質を低下させていくとみんな生き残れることを、世界のトップレベルのジャーナリズムに載せたわけです。


 

◆超少食者の腸の中では草食動物と同じ作用が働いている?
 

腸はすごく再生が速いのですが、再生して最後は脱落していく。ですから、便の中には腸の脱落細胞が大量にある。したがって、あまりご飯を食べなくても便が出るという状況はあるところまでは続く。

ところが、北海道大学医学部の解剖学教室の岩永敏彦先生が、「草食動物はほとんど、脱落する腸が腸管上皮にいるマクロファージに食べられて再利用されている」という英語の論文を出したのです。

おそらく、私たちが飢餓状態になると、無駄に体の老廃物を捨てるということをやめちゃうわけです。
無駄に出すことをやめて、マクロファージが再利用し、一つの無駄もなく再利用して、あとは消化管に棲みついた腸内細菌を栄養にして、不足分をまかなって生き続けるのではないかと、私は思っています。

超少食の実践者の方たちの体でも、このような作用が働いているのではないでしょうか。

 

 

転載ここまでです。

 

そんなに難しい内容ではないので、ご理解は頂けると思っています。

 

やはり食べ過ぎは、よくありませんね。

食事量は少ないほど良い様ですね。

 

出来るならば、超少食に向けて、食生活を見直して行けたら、結果は

健康な生活が、その手に入るのではないでしょうか。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

乳酸菌エステサロン!


upクリックできるよup
乳酸菌発酵サロンです拍手
手浴足浴で乳酸菌を
いっぱいの愛と光で
深呼吸しちゃいましょうおてんき

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白)
蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白) (JUGEMレビュー »)

これがあればお手軽に蒸留水が使える生活が出来ます。一日4Lあれば充分だと思うので、寝ている間に出来ちゃいます。

recommend

超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放
超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放 (JUGEMレビュー »)
名倉 仟
ミネラル365の身体に及ぼす影響を詳しく解説してくれている一冊。健康を望む方の必読書ですね。

recommend

スーパー風呂バンス1000
スーパー風呂バンス1000 (JUGEMレビュー »)

これは優れものだと思います。保温ようなので、電気代もさほど気にならないで24時間いつでも風呂が使えます。

recommend

スリムエネマ
スリムエネマ (JUGEMレビュー »)

大腸内に直接乳酸菌を取り入れるには、これが一番ですよ。

recommend

ミニ風呂バンス480
ミニ風呂バンス480 (JUGEMレビュー »)

乳酸菌風呂の保温には、1000出なくて、この480でも充分です。PHが低いので、どうせ1年とは持たないので・・・・

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM