乳酸菌発酵は毒性がない!?

  • 2018.04.23 Monday
  • 03:26

2014年にアップした記事の中に次のような記事がありました。

 

乳酸菌と人間の関係についての本質論とも言えるものです。

 

その一部ですがこんな事が書いてあります。

 

乳酸菌発酵は毒性がない。未だ嘗て乳酸菌の敗血症で

死んだ生き物はいない
 

なぜか?
 

大腸菌のような常在菌でも死人だらけなのに、

乳酸菌にはいない。
 

哺乳類と共存しているかに見える
 

また哺乳類の膣は乳酸菌で保護されている。哺乳類は

子宮から腹腔へ外気が通じているのだ。それを守るものは

乳酸菌のコロニー。皮膚もその可能性が高い。
 

哺乳類はひょっとすると、乳酸菌と共に進化してきたのかもしれない

 

 

この情報は、Dr.大愚氏のブログにあったものなんですが、

飯山先生の事が紹介されていて、共有しようと思っていたものを、

当の飯山先生がブログにあげてくれましたので、

共有したいと思います。

乳酸菌は、太古の昔から人類と共生関係にあって

毒性は無いとの見解です。

下記のリンクでご覧になって下さい。

よろしくお願いします。
↘︎
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-7603.html

乳酸菌とは、健康への関わりと言うよりも、そのものと

言っても良いかもしれないですね。

やはり乳酸菌を初めとする微生物との共生関係が大事ですね。

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

1950年のりんごの栄養素は、現代のりんごの100倍だった!?

  • 2018.04.21 Saturday
  • 03:20

現代の食べ物は、ミネラルが少なくなったと言われますが、
(ミネラルも栄養素の一つです。)体調不良の方が多いのも
この食べ物の栄養素が減っている事が、その原因の一つだと
考えられています。

ですから、ミネラルを補給すると体調が良くなる(改善される)
と言う事は、ある意味当然の結果と言えるのではないでしょうか。

最近ミネラル365を、生活に取り入れる方が、随分と増えて

きています。
 

ミネラルには、身体に不要なものを体外に排出する力があると
言われていますので、その効果なのかもしれませんが、ともかく
体調が良くなったと、使って頂いている方にはおっしゃって

もらっています。

いまの食生活においては、ミネラル補給は必要な事だと感じています。

本日の記事は、1950年代の食べ物は、栄養素が豊富であった

と言う事と、それがどれくらい減ってしまったかを教えてくれて

いる内容でしたので資料としてシェアしました。

以下転載いたします。

 

1950年のりんごの栄養素は現代のりんごの100倍だった?驚きの食物の栄養分の推移

 

 

1950年のりんごの栄養素は現代のりんごの100倍だった?驚きの食物の栄養分の推移

 

科学の発達のおかげで私たちの生活はとても便利になりました。化学肥料やビニール栽培法が普及したため野菜や果物は量産ができ、季節を問わずにたいていはどんなものでも食べられます。けれど、土が貧弱になり食べ物の栄養価が昔と比べて落ちてしまいました。

アメリカ、カナダ、イギリスの各大学で1997年から今日に至るまでに発表されたデータによると、現代の果物や野菜の栄養価と1950年代のそれらを比較すると、栄養価はなんと倍以上が半減しています。具体例をみてみましょう。

1.

1950年代のりんごは現代の100倍のビタミンC!
りんごに含まれるビタミンCの数値を比べると1950年には今のりんごの100倍。スーパーで売られているりんごは4mgのビタミンCですが、昔は400mgものあったのです!

2.

1950年代のオレンジは現代の21倍のビタミンA!
昔はジャガイモや玉ねぎも豊富なビタミンAを含んでいましたが、現代のものは非常に乏しい。さらに、桃は現代の26倍ものビタミンAがありました!

3.

1950年代の肉の鉄分は現代の2倍!
昔は肉のみならず小麦やトウモロコシや大豆などの穀物類にも豊富な鉄分や亜鉛が含まれていました。

4.

1950年代のブロッコリのカルシウムは現代の5倍!
カナダの大学の研究によると25種のうち80%の野菜のカルシウムと鉄分が減っているそうです。

多くの栄養をとるには?
現代の野菜でもオーガニックのものはビタミンC、鉄分、マグネシウムなどが豊富です。
さらに、よく熟れた野菜や果物には高い栄養価が詰まっています。今日からの食材選びの参考にしてください!



転載終了です。

特に旬の野菜を中心に、出来る範囲で摂取する事が、良いようですね。

それでも体調不良だと思われる方は、ミネラルの補給をお勧めします。

それと発酵生活を維持する乳酸菌摂取もお忘れなきよう願います。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。
 

仙骨の怪しい話 1

  • 2018.04.19 Thursday
  • 03:25

この情報は、自然(じねん)さまと言うブログの中に
あった記事からです。

唾液がお尻(仙骨)から出ていると言うのです。

これは新鮮な驚きでした。
人体ってほんとに不思議なものですね。と言うか素晴らしいですね。

この話しは、1から始まり5まであります。
興味があって、全部見たいと言う方は、あとでリンク先を貼りますので
そちらにアクセスしてみてください。

何事も、知らないよりは知っている方が良いと思っているので、
シェアします。

今の時代は、こういった情報も得る事が出来るので、
嬉しいですね。

ではその1を転載します。


 

仙骨の怪しい話 1

 

食物がうまく消化、吸収されるためには、一口食べて最低30回の咀嚼が必要です。

咀嚼によって唾液を出すことが重要なのです。

その唾液によって、まず胃の中で食物が発酵します。

唾液が足りず、発酵がうまくいかないと、胃の次に食べ物が運ばれる小腸が胃の代わりに消化を行わなければならなくなり、小腸は大変なストレスを強いられることになります。

唾液の出る唾液腺は4本あります。

唾液腺はどこから出ているでしょう?

これがなんとお尻からです。

お尻の後ろにある仙骨から唾液腺は出ています。

仙骨には穴が8個空いています。

{C3138069-1E07-4563-AC25-1650E0548506:01}


 

唾液腺はこの8個の穴から出て、胸骨を通って、顎まで伸びています。

仙骨は端っこの尾骨に向かって湾曲しています。

{5593FFA4-C0F9-4486-95E0-C6C3D31F0576:01}


 

仙骨が湾曲した構造を持っているのは人間だけです。

猿にも仙骨はあります。

でも猿の仙骨は平たいのです。

自分の仙骨の複製を作って幾つか組み合わせると半球になります。その半球を二つ合わせると円ができます。

実はこれが仙骨の本当の姿です。

3次元に存在しているのは球体の一片だけで、後の部分はこの次元に存在していません。

この球体を通してソース(源) のエネルギーが入ってきて、球体の中で回転運動が加わり、背骨の周りにあるエネルギーラインを上昇していきます。

球体の中でエネルギーが回っているゆえ、人間は直立出来るのです。

これは回っているコマが倒れないのと同じ仕組みです。

猿にはこのエネルギーの回転がないので、直立はできません。

人間も年を取ってくると、エネルギーが回転する力が弱まり、背中が曲がってくるのです。

もし仙骨が折れてしまえば、人は動けなくなります。


転載ここまでです。

これで話しその1は、終わってます。

その2はこちらです。
http://ameblo.jp/seiichiro-shimono/entry-12002539219.html

その3から5までは、その2の中にリンク先がありますので
そちらを見てください。

この仕組みは素晴らしいです。
この仕組みがあって、乳酸菌を始めとする微生物さん達が
活躍しているんですね。

この情報は、私自身が知らなかった情報だったので、
思わずシェアしちゃいました。

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

珍しい体験談をいただきました。

  • 2018.04.17 Tuesday
  • 03:30

本日は、身体の事ではなく環境に関しての体験談をいただきました。

 

今までにいただいたことのない、珍しい体験談ですので、こんなことも

あるんだという事で、ご紹介したいと思います。

 

以下体験談です。

 

身体の事ではないのですが、3ヶ月ほど前に、フローリングのワックスがけをしたのですが、ゴミを取った後、水拭きをする時に蓬龍宝を希釈した水で拭いてみたのです。

 

その上からワックスを割と厚めに塗り、3ヶ月ほど経った今もなんとなく、ワックスの艶感?持ちがいいような気がしています。

 

そして先日、水滴をぽとぽと広範囲に落としてしまったみたいで、丸2日は放置してしまった水滴の跡形を蓬龍宝で拭いてみたら、跡形が残らず、綺麗になり、びっくりしました。

 

使ってるワックスのタイプやフローリングのせいなのか?液体をこぼした時はすぐに拭かないと、いつもワックスがその形にハゲる?残る、ので、ちょこちょこ跡形が増えていくのが早く、せっかく綺麗に塗ってもワックスの持ちが悪い残念なフローリング・・と、気を使わないといけなくて 何十年と暮らしてきたのに、 ワックスを上から塗ってるのに、本当に不思議です。

 

日にちが経っても綺麗に形も残らず嬉しいです。

 

セメントに微生物を混ぜて建物に使用したら、夏は涼しく冬は温かい、汚れにくい・・とか本で読んだ事がありますが、特にワックスに混ぜ込んだわけではないのに、凄いと思いました。

 

少しはワックスと混ざってるかと思いますが、ほんとに凄いです。

 

公開できないですが、うちは〇〇〇〇さんのモップやワックスを使ってて、ワックスの性能が悪いわけじゃないと思うし・・市販の物の方が薄いのです。

 

家族が多いし、しょっちゅう、フローリングに何かの形がつくので、〇〇〇〇さんのは入れ物が大きく、乾くのに時間もかかるので市販のワックスで補修しようとしたら、全く質が違うのでかえって目立つのと薄くて補修にならず・・

 

蓬龍宝のお陰でストレス軽減どころか、時間と手間のかかるワックスがけ、その後のお掃除がまたまた楽しいものになってます。

 

長くなりますが、レースの衣装をまとったりしてる置物も何十年の埃で薄汚れていたのですが(大きくて人や動物など細かい作りなのでモップでササッとはらうくらいしかできませんでした)蓬龍宝と何本かの筆で、根気よくお掃除したら、ピカピカになりました。

 

金の塗りは気をつけないとダメですが、レースの部分や、木や植物などの細かい部分がとても綺麗になり、それもほんとにスッキリしました。

 

一から家を建てられるなら、土地から建材・・何から何まで出来るだけ蓬龍宝に浸してから、建てたいです。

 

ありがとうございます。

 

体験談はここまでです。

 

微生物さんたちは、どこででも活動できるという事でしょうか。

 

本当に不思議な感じがしますが、こういう実例を聞くと

認めざるを得ないと思いました。

 

本当にいろんなところに使えるものですね。驚きです。

 

珍しい体験談のご紹介でした。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

改めて知りたい「免疫」について。

  • 2018.04.15 Sunday
  • 03:20

本日は、健康維持の基本である免疫について、改めて

私自身の復習もかねて、情報発信しようと思います。

 

もうわかっていると仰る方がおられることは承知していますが

ここは基本なので、免疫とは? 高め維持する生活や方法とは?

等々もう一度見直してみたいと思い、この記事をご紹介することに

致しました。

 

以下に転載致しますので、ご一読頂けましたら幸いです。

↘︎

 

 

改めて知りたい「免疫」について

 

免疫(免疫力)とは?

 

免疫の仕組み

 

免疫とは体内に病原菌などの異物が体に入った時に対抗する力ですが、仕組みとしてはまず生まれつき持っている免疫である「自然免疫」の司令塔であるマクロファージが異変を察知し、顆粒球やリンパ球に異常を伝えます。

 

顆粒球は異物を丸呑みして処理するのですが、マクロファージも顆粒球もサイズが大きめである細菌の対処はできるのですがそれより小さなウイルスや花粉などは処理しきれません。

 

そちらは「獲得免疫系」であるリンパ球が対処します。

 

獲得免疫とは感染などの経験で体が異物を記憶する事で対抗できるようになる物で予防接種などもこれに当たります。

 

この他、自然免疫に含まれる「NK細胞」はがん化した細胞を攻撃して体をがんから守る働きを担っています。

 

参照:臨床検査

 

「免疫が低下する」とは

 

健康維持のために重要な免疫力ですが、20代をピークに年齢とともに低下していきます。これは、免疫細胞の中でも重要な役割を果たすNK細胞が加齢により衰えるためだとされています。

 

引用:ヘルスケア大学

 

加齢と共に体の衰えを感じるのは病気をしやすくなった時ではないでしょうか。これは体の免疫力が次第に下がっていく事から起こります。また、実は人間の体では毎日がん細胞が生まれています。それをNK細胞が攻撃してくれ、守ってくれているのですが、免疫力の衰えと共に攻撃を防ぎきれずにがんが発症される事にもなります。

 

免疫力を高めるには何をしたら良いのか?

 

食べ物とストレスに注意

 

NK細胞をはじめとする免疫細胞はその60%〜70%が腸に存在します。

 

引用:免疫力向上委員会

 

腸内細菌が体の免疫に大きな役割を果たしているため、腸内環境を良い状態に保つ事が大切になります。それにはやはり食べ物に注意する必要があります。


ヨーグルトや納豆などの良い菌が含まれる食べ物を始め、食物繊維を多く含む感想やきのこの他、オリゴ糖を多く含むタマネギ、ニンニク、バナナなどもおすすめです。

 

免疫機能にはストレスも大きく関係します。

ストレスに対抗するために分泌されるホルモンが免疫を抑制してしまうのです。ストレスをため込まないように注意が必要です。

 

体温を上げると免疫力があがる

 

免疫力は、体温が1℃下がると30%低下し、逆に1℃上がると一時的には最大5〜6倍アップするといわれており、体温を上げることの重要性がよくわかります。

 

引用:ヘルスケア大学

 

免疫細胞(白血球)は血流に乗って体の中を移動します。そのため。体温が低く血流が滞っている状態では異物が侵入しても速やかに対処する事が難しくなります。体温を上げて血流が良くなっていれば、異物に侵入に対して十分な対応ができます。

 

「体を冷やしてはいけない」と言われるのは血の巡りが悪くなる事を防ぐためでもあり、免疫の働きからしても理に適った言葉であるのがわかります。免疫力を高めたいと思ったら体温を上げる事も考えて見ましょう。

 

 

↖︎

転載ここまでです。

 

免疫力に関しての基本情報でした。

 

乳酸菌を摂取して、腸内を醗酵環境にすることが

免疫力を高める事につながっていくと思っています。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

乳酸菌エステサロン!


upクリックできるよup
乳酸菌発酵サロンです拍手
手浴足浴で乳酸菌を
いっぱいの愛と光で
深呼吸しちゃいましょうおてんき

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白)
蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白) (JUGEMレビュー »)

これがあればお手軽に蒸留水が使える生活が出来ます。一日4Lあれば充分だと思うので、寝ている間に出来ちゃいます。

recommend

超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放
超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放 (JUGEMレビュー »)
名倉 仟
ミネラル365の身体に及ぼす影響を詳しく解説してくれている一冊。健康を望む方の必読書ですね。

recommend

国産クエン酸(結晶) 900g
国産クエン酸(結晶) 900g (JUGEMレビュー »)

クエン酸で薬いらず・・・
神薬・・・かも・・・

recommend

スーパー風呂バンス1000
スーパー風呂バンス1000 (JUGEMレビュー »)

これは優れものだと思います。保温ようなので、電気代もさほど気にならないで24時間いつでも風呂が使えます。

recommend

スリムエネマ
スリムエネマ (JUGEMレビュー »)

大腸内に直接乳酸菌を取り入れるには、これが一番ですよ。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

長谷園 浅漬器 CT-32
長谷園 浅漬器 CT-32 (JUGEMレビュー »)

これで作っています。

recommend

recommend

トンボ つけもの容器 5型
トンボ つけもの容器 5型 (JUGEMレビュー »)

このタンクが非常に便利なんです。使わないときには重ねて収納できます。

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM