白湯(さゆ)情報!?

  • 2020.11.26 Thursday
  • 03:29

乳酸菌もミネラルも摂取しているけれど、そんな状況でもいまいち
すっきりしないと言う相談があり、その時に白湯に塩をひとつまみ
入れて、飲んでみたらと言う話しをした事がありました。

そうした所、3日め位から大分調子が戻ったと言う報告を受けました。

お金もかからない方法ですが、白湯を摂ると言うのは、意外な効果が
あるものです。

そんな白湯の情報がありましたので、参考としてシェアします。

なんで白湯が良いのかが、解りやすくまとめられています。

以下転載します。

 

冬場のツラい冷えにも! 毒出し、ダイエットで人気の「白湯」をアーユルヴェーダでバージョンアップ


朝一番の白湯で体をゆっくりと目覚めさせよう

日差しには、少しだけ春の気配を感じるものの、まだまだ温かい飲みものが愛しい季節です。
毒出しやダイエットに効くと話題の『白湯のみ』。お茶がわりに飲むだけでスッキリ感が得られると人気ですが、せっかくなら効果を最大限に引き出したい・・・というわけで、アーユルヴェーダでワンランク上の『白湯のみ』法に挑戦です!

 

水でもお茶でもなくなぜ「白湯」なのか?をおさらいすると

 

コーヒーで手洗いしたり紅茶のシャワーを浴びる人はいないように、体を洗うときには「成分」の入らない水やお湯をつかいますよね? 体の中も同じで、内蔵の汚れは白湯で洗い流すことができるんです。
また、白湯のもつ熱の力は内蔵を温め、消化力を上げます。すると体全体の代謝力がアップして、未消化物(毒素)を解毒してくれるのです。

 

生まれたての赤ちゃんでも重い病気の人でも飲める白湯は、この世でもっとも純粋な飲みもの。あまりに純粋なので、ともすると飲みもの以前の扱いを受けがちですが、アーユルヴェーダにおける白湯は「自然界を構成する3つのエネルギーが完全に整った、完璧な飲みもの」だったのです!!

 

風と火と水。3つの力のバランスがとれた「完全な白湯」とは?

 

「アーユルヴェーダ」とは、「生命の科学」という意味。インドで発祥し、世界中の医学の源流ともいわれています。アーユルヴェーダでは、すべての人には「風」「火」「水」という3つの力があり、私たちの体質や個性はこのバランスによって決まるといいます。 この3つの力が完全に整った白湯は、そのバランスを取り戻す飲みものなのです。



「完全な白湯」のレシピ



1.やかんにきれいな水を入れ、強火にかける。換気扇も回す。
2.沸騰したらふたをとり、湯気が上がるようにする。大きな泡がブクブクたっているぐらいの火加減にすること。
3.そのまま10〜15分間、沸かし続ける。
4.沸いた白湯を飲める程度に冷まして、すするようにして飲む。残りは保温ポットに入れておくのがおすすめ。

とってもカンタンな手順ですね。
ポイントは、換気扇を回すことで「風」の質を白湯に入れ、沸かし続けることで「火」の質を白湯に入れていくこと。飲んでみると、味がいつもよりまろやかで、たしかに吸収されやすい感じが・・・。朝いちどにつくってポットに入れておけば、飲んだ量もわかって便利です。

 

白湯は「すする」。効果を最大限に引き出すカギはバランス!

 

熱いからと水や氷を入れてさますと、せっかくつくった白湯のバランスが台無しに!! 同様に、さめたのを温め直すのもNGです。でもさめたまま飲むのは、バランスは変わらないので問題ないそうですよ。

白湯は、「飲む」というよりゆっくりと「すする」イメージで。いちどにガブガブのむと、かえってからだに負担をかけてしまいます。

 

基本の飲みかたは、「朝いちばん」と「食事中」。
朝起きたら、コップ1杯を5〜10分かけて、ゆっくりと。胃腸を温め全身の代謝を上げ、老廃物を押し流して腸がきれいに! 排泄を促す効果もあります。食事のときは、ひと口食べてはひと口すするを繰り返して消化をたすけます。3食それぞれに、やはりコップ1杯くらいずつ。体が重い人は、さらに食間20〜30分おきにふた口くらいずつ飲むとよいそうです。

 

1日の適量は、700〜800ミリリットル。飲み過ぎると、腸内の栄養が流されて体内に吸収されなくなってしまうので要注意! なにごともバランスが大切なんですね。

 

茶のみ友達ならぬ白湯のみ友達の間でも「最初は味のついてないお湯なんて飲めるか!と思ったけど、慣れるとほんとに甘くて美味しいので、飲み過ぎないように注意してる」「便秘も肌荒れも治って体が軽いし、それまでハマってた高価な健康茶よりずーっと効果が感じられる」「仕事先でも旅行先でも基本無料で入手可能。ほんっとにコスパのいい飲みものだよね」と、絶賛お役立ち中。まだまだ寒いこの時期に、白湯は強〜い味方です!


参考  『白湯毒出し健康法』 蓮村誠 (PHP文庫)



転載終了です。

これを読むと、白湯って簡単に出来て、お金もかからず
素晴らしいですね。

いまいち体調がすっきりしないと言う方は、お試しを。。。

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

「塩分は控えめに」一大嘘の常識が広がった「塩」の真実!?

  • 2020.11.24 Tuesday
  • 03:29

健康維持に必要不可欠な、ミネラルたっぷりの本物の塩。

 

これがなければ身体は維持出来ないのに、世の中は減塩ムード

一色のようですが、何故そんな事になってしまったのかを、

わかりやすく順序立って説明・解説してくれている記事がありました。

 

当ブログでも、本物の塩は必要不可欠であるとの思いから、

過去何回も取り上げてる事です。

 

この記事の内容は、普及協会としての見解と共通しています。

 

工業塩を食塩と認めた時を境に、徐々に病人が増えて、その原因が

ミネラルの無い塩にある事は間違いないのですが、その誤った

考えのまま、減塩を言うようになり、ますます病人が増えていく

といった悪循環が今の現状だと思っています。

 

ミネラルたっぷりの本物の塩は、摂り過ぎは無いと思っています。

必要なだけ使っても問題は無いと思っていますし、私自身調味料として

塩をメインとして使っています。

 

減塩しなければならないような塩は、本来使うべきではない塩だと

思います。

 

そんな塩についてのあれこれが、よくわかる記事だと思います。

 

以下転載しますのでお目通し頂きたいと思います。

↘︎

 

「塩分は控えめに」一大嘘の常識が広がった「塩」の真実。

 

 

塩分はとりすぎに注意と刷り込まれていませんか?塩分とりすぎは なぜダメか、具体的な健康障害を明確に答えられますか?実際の真相を知らずにそう思い込んでいるのは洗脳です。

厚生労働省は食事摂取基準に食塩摂取量の目標値を前は13gだったのが、なぜか今では男性8g未満、女性は7g未満にまで下げるよう定めています。

その理由が、増え続ける高血圧患者の塩分摂取過多が原因とされているためです。国の指導に足並みをそろえ、多くの医療現場や栄養士、食品、飲食関連企業などが減塩を謳うようになります。

そして多くの人がそう思いこむ(洗脳される)のです。

 

 

塩の歴史でわかる『偽塩』の意味


よく砂糖と塩はとりすぎに注意というイメージがありませんか?これ、2つを同類にするなんてとんでもない話なんです。

そもそも人間の体に砂糖は百害あって一利なしですが、塩はないと死んでしまいます。なのに、塩のとりすぎは高血圧につながるから控えろと!?何ともバカらしい話になっています。

そこで歴史を遡ってみてみます。

 

分かっている記録からでも日本人は1600年前の古墳時代から海の水から塩を取り、時代の流れとともに塩田の工程を変えながら摂取し続けてきました。

古墳時代に塩に栄養分のミネラルが入っているから人間にとって必須などと知っているはずもなく、きっと本能的に体が欲していたんでしょうね。(もちろん砂糖はそんなことは起きていません)

特に日本人は日本食によく塩を使いますので塩は大変重宝されていたものです。

では、塩作りの大きな転換期を知っていますか?

 

それは昭和46年に新しい製塩方法「イオン交換膜製塩法」が開発され、塩作りに劇的な変化が起きたことから始まります。

さあ、いよいよここからが真相です。

その転換期の昭和46年4月に塩業近代化臨時措置法という法令が施行されます。この内容は簡単に言うと民間企業が勝手に海水から塩を作らせない法律です。

何故か?国策として当時の大蔵省のお膝元で誕生した国営企業である日本専売公社(のちのJT)がこの「イオン交換膜製塩法」によって作られた塩を製造販売し国益を上げていくためです。

それは、日本人の健康を犠牲にするということだったのですが、当時はどこまで知っていたのかは分かりません。ただ、それによって純度99%でミネラル栄養分の無くなった単なるしょっぱいだけの塩化ナトリウムが日本の「食塩」として定着することになったのです。

そして、その約45年前のタイミングから日本人の体に変化が出てきました。

 

日本人の病気の原因を加速させた主犯「偽塩」


それは、今まで摂取していた食品から必須ミネラルが失われ、それによって日本人の本来持っていた免疫力が低下し、現代人の体質は変化し、感染症や高血圧などの生活習慣病になりやすくなってしまったのです。

昔の日本人のように普通に日本食で塩を使った食事から必要なミネラルを摂取できなくなったのが、そもそも慢性的な生活習慣病の原因につながるようになったのです。

ですので、ミネラルバランスを崩した食生活で偽塩である化学物の塩化ナトリウムだけ大量摂取してそれを控えようなどとバカげた指導は全く無意味なわけです。

幸い1997年に塩専売法が禁止され、今では『本物の塩』が手に入るようになってきました。表沙汰にはなっていませんが、国も偽物の塩の大量摂取が害を及ぼすことが分かり、本物の塩も流通させるようにしたのでしょう。

今まであまり意識していなかった方は是非、家にある塩の成分表記をみてみてください。食卓塩なんかは「塩化ナトリウム99%以上」と堂々と書いてあると思います。

ここまで日本国内で流通して大きなマーケットになった偽塩は、食品メーカーやレストランなどでも多く使われています。そして今後も経済優先の世の流れで主流商品となっていくでしょう。

ちなみに元・名古屋市立大学教授の青木 久三先生によって食塩摂取量と血圧の関係を大規模調査されました。その結果、食塩摂取量と高血圧症の関係はまったくなかったことが判明されています。

むしろ、減塩!減塩!と本物の塩の意味もわからず偽塩を塩の一括りとする専門家たちの指導によって、十分な本物の塩の摂取すらも控えてしまうミネラル不足のほうが生活習慣病の増大につながり深刻な問題になっているのです。

減塩など意識せず、本物の塩を使って普通にバランスのとれた日本食をとれば何も心配すること無いはずが、国で「塩分控えめ」を指導するとは全くおかしな世の健康常識になったと思いませんか?

 

 

↖︎

転載ここまでです。

 

塩は、ミネラルたっぷりの本物の塩を使うようにしたいものですね。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

 

抗がん剤で日本人皆殺し!?

  • 2020.11.22 Sunday
  • 03:39

こんな過激な表題の記事が、ショージ・サエキと言う方の
ブログに書かれていました。

しかし記事の内容を見ると、納得させられる事も多くあります。
この内容がウソであると言える知識を持ち合わせていませんので
本当かウソかの判断は、各自にお任せします。

でも抗ガン剤は、世界中で廃止の流れの中で、日本だけは使い続けている
現実を見ると、この中で言っている事が、現実味を帯びてきます。

ともかく読んでみてください。

以下転載です。

 

抗ガン剤で日本人皆殺し

 


 

 

 

『癌』という病気になると、手術、放射線治療、抗ガン剤治療のいずれかを受けることになります。

 

その中で抗ガン剤治療というものがありますが、抗ガン剤とは何でしょうか?

 

はたして、あなたは説明できますでしょうか?

 

 

抗ガン剤は第一次世界大戦の時から使用されているマスタードガスのことです。

 

当時は塹壕戦と呼ばれる土に穴を掘って身を隠しながら射撃をするという戦術が使われておりました。

 

 

敵味方のお互いの兵士が塹壕に身を隠しているわけですから撃ったタマが当たらないので、戦況になかなか進展がありませんでした。

 

そこで敵の塹壕を攻める為にマスタードガスが開発されました。

 

 

マスタードガスは空気より重いですから地面をはうようにして漂ってきます。

 

塹壕に隠れていた兵士は、最初マスタードの様なツーンとする臭いがしたと思ったら次には吐き気を催し、最後には皮膚と粘膜がただれて一時的に失明状態になります。

 

 

ヒトラーも一兵士として戦っていた時にはこのガスにやられて失明状態になって入院していました。

 

その恐ろしい効果によりマスタードガスは1925年のジュネーブ議定書で使用が禁止されたのであります。

 

 

しかしながら、各国はその後も秘密裏にマスタードガスを開発し続けました。

 

日本でも第二次世界大戦中にはこれを生産しておりました。

 

 

世界各国のその総数は何十万トン、何百万トンいやそれ以上かもしれません。

 

 

そこで疑問が沸いてきませんか?戦後そのマスタードガスは何処に消えたのか?ということです。

 

各国で生産されたマスタードガスは必要が無くなったからと言って川に流したり地面に埋めたりすることはできないのです。

 

工事とかで穴を掘り返してマスタードガスが出てきたらとても危険ですから処分に困るわけなのです。

 

 

しかしマスタードガスは必ず何処かに処分しなければなりません。

 

それではこの危険なマスタードガスが何処に消えたかと言うと日本人の体の中なのです。

 

 

そうです。日本人の体の中が必要が無くなったマスタードガスの処分場なのです。

 

 

マスタードガスを処分する為に「抗ガン剤」という名前に摩り替えて処分しているだけなのです。

 

ですから医学的にガンに効くなんて根拠は全くないのです。

 

 

私達、日本人の体がマスタードガスのゴミ箱の役目をしているのです。

 

とても恐ろしいことですが、これが現実なのです。

 

 

アメリカでは抗がん剤治療は30年前位から行っておりません。効くどころか死んでしまいます。非人道的という観点から行わないのであります。

 

 

ところが、日本人に対しては「非人道的」という言葉は全く当てはまりません。

 

よく医療問題を考えるうえで気をつけなければならないことは「医療」単体だけで物事を考えるのではなく、歴史・経済・国際情勢・人種問題とリンクさせて考えないといけないのです。

 

 

日本という国は敗戦国なのです。

 

戦争というものは戦争をやる前からシナリオが存在します。

 

 

何処と何処の国が同盟国になり、何年まで戦争を行い、飛行機を何機製造し、戦艦を何隻製造するかとか細かくシナリオがあります。

 

一般の会社の「事業計画」みたいなものが存在します。

 

 

日独伊三国同盟でイタリアとドイツが脱落した後に日本だけに原子爆弾が投下されます。

 

 

実際には原子爆弾は一般に思われているよりずっと早く実用品として完成していました。

 

 

しかし、白人国家であるイタリアとドイツには原子爆弾を落とすことはできないのです。

 

なぜならば彼らは白人的価値観から見れば『人間』だからです。

 

 

日本が三国同盟の中で最後まで戦い続け原爆投下されることも最初からシナリオとしてあったのです。

 

なぜならば私達日本人は白人的価値観から見れば『猿』だからです。

 

 

白人世界からはけっして日本人は人間として扱ってはもらえないものです。

 

人間ではないので原爆を投下して目を覆うようなひどい体にしても何をしても神に許されるのです。

 

 

今でも『ジャップ』、『イエローモンキー』として白人世界から見られているということを日本人は決して忘れてはいけないのです。

 

 

原爆もそうですが、これと同じように『抗ガン剤』と名前をつけられたマスタードガスで日本人が死のうがどうなろうが全く関係がないのです。

 

 

戦後、アメリカGHQの政策は日本人を一人残らず抹殺することなのです。

 

 

それには、日本人が日本人をお互いで殺してくれればアメリカは手を汚さずに済むわけなのです。

 

そこで考えついたのが日本人に間違った医療知識を植えつけて医者が日本人を殺してくれれば効率がよいということなのです。

 

 

つまり、簡単に言うと、「マスタードガス」と書かれたシールが貼っている殺人ガスがあります。このシールの上に「抗ガン剤」と書いたシールをさらに上書きして張り直して使っているだけなのです。

 

 

しかし中身はマスタードガスには変わりないのです。

 

このようなことに私達は気がつかないとダメなのです。

 

 

ですから、マスタードガスを打たれれば死ぬのは当たり前なのです。

 

 

このことをガン治療を受けている家族・友人に教えてあげて下さい。

 

 

もう一度言います。抗ガン剤はマスタードガスです。世界でいらなくなったマスタードガスのゴミ箱が日本人の体の中です。

 

 

それが私達ジャップの役目なのですから。


転載ここまでです。

お医者さん自身が、ガンになった時に抗ガン剤を使わない理由が
よくわかりますね。

でも患者には平気で抗ガン剤を使うんです。
自分の身体は自分で守る事が肝心です。

常識外れのとんでも情報でした。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

 

冷え、低体温、太りやすい、原因はミネラル不足!?

  • 2020.11.20 Friday
  • 03:23

今の食材には、昔程ミネラルが含まれておらず、

必須栄養素のひとつであるミネラルが必要量摂取されて

いないのが実情です。

 

ほとんどの人がミネラル不足の状態になっています。

 

で、普及協会ではミネラル365を推奨させてもらって

いますが、ミネラルといっても多種多様ありまして、

その種類が多いほど、いろんな効果が期待出来ますが、

このミネラル365は、解明されているだけでも80種

以上多種多様なミネラルを含んでいますので、その事が

お勧めしている理由です。

 

ミネラルが不足するとどうなるかと言う事の一部が説明

されている記事がありましたので、ご紹介したいと思います。

 

以下転載します。

↘︎

 

冷え、低体温、太りやすい、原因はミネラル不足?

 

ミネラル不足。

ミネラル補給

ミネラルウォーター

 

ミネラルという言葉は、よく耳にしますね。

ミネラルって、一体何?

 

具体的には、カルシウム、ナトリウム、カリウム、

マグネシウム、鉄、銅、亜鉛、セレン、

などを一まとめにしてミネラルと呼んでいます。

 

冷えやすい、太りやすいという方は

食べた物から熱や活力を生む

ATPを作る力が弱いのが原因の一つです。

「代謝が良くない」とも言いますね

原因は「ミネラル不足」なのです。

 

 

上は、高校の生物で習った?クエン酸回路

(TCAサイクル)です。

食べた物(ブドウ糖)は、この回路を通って、

熱、エネルギー(ATP)になるのですが、

ミネラルの1種である鉄(Fe)やマグネシウム(Mg)、

亜鉛(Zn)が不足すると、回路が回りません。

 

では鉄やマグネシウムだけ摂ればいいの?

という言う訳ではなく、多くのミネラルを

バランスよく摂らないと、うまく働いて

くれません。

 

それから、みんなの大好きな菓子パン、

コンビニのスイーツ、スーパーのお弁当

お店で手に取ったら、裏面の原材料を見てみましょう。

細かい字で、たくさん書いてますでしょ?

その中に、

PH調整剤、ポリリン酸ナトリウム、〇〇リン酸なんとか、

って書いていませんか?

 

これらのリン酸塩は、大切なミネラルを身体から

排出してしまうんです。

骨からカルシウムも追い出します。

ミネラル不足は、すぐキレやすくなり、

感情的になってしまいます。

 

冷え、骨粗しょう症、発達障害、ADHD?

身体の多くの症状は

食べ物が原因と言ってもいいでしょう。

 

身体に大切なミネラルは、

やはり自然界の食べ物から摂るのが一番

 

 

あ〜、美味しそうですね。天日海塩を一振りすると、

さらにおいしく頂けますよ。マグネシウムなどの

ミネラルもしっかり摂れます。

全ての食べ物に、天日海塩がマッチしますね。

 

 

↖︎

転載ここまでです。

 

お塩もミネラルたっぷりのものは、ミネラル補給には

欠かせません。

 

乳酸菌普及協会では、乳酸菌液蓬龍宝とミネラル365、

それとミネラルたっぷりの八百萬の塩の3点セットを

推奨しています。

 

興味のある方は、お問い合わせ下さい。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

食べ物にも波動がある!?

  • 2020.11.18 Wednesday
  • 03:34

この情報は、眼に見えない話しなので、信じるか信じないかなんですが
それはそれとして、こういった事もあるのかもしれない程度で
読んでみてください。

それで感性に何か感じるものがあれば、ご自分で調べてみて
真贋は判断してください。

でも眼に見えない事は、頭から否定すると言うような想いでは
本当の事にはたどり着けないと思います。

意外と常識に縛られない考えの人の方が、真実には近づけるものだと思っています。

何事も、知らない事や初めてであった情報で、感性に触れる所のある情報は、
取りあえず受け入れ、自分なりに調べてから、取捨すれば良いと思っています。

よろしければ眼を通してみてください。

以下転載します。

 

食べ物にも波動がある

 

食べ物にも波動がある

 

地球上の全てのものは波動を出しています。人も動物も草花も、目に見えない微生物さえも波動を出しています。同じように、どんな食べ物にも波動があり、できるだけ高く純粋な波動と調和することが、自分自身を浄化し波動を高めることになります。今回は高い波動を出している食べ物と、そうでない食べ物を紹介します。

 

 

波動の高い食品

20131119_01
 
食べ物はカラダに直接取り込むものなので、その影響を強く受けることになります。波動は自然の状態に近いものほど高くなります。新鮮な野菜、果物、ナッツ、精製していない穀物などは高い波動を出しています。

 

また、波動の高い土地の食べ物、波動が高い国のワインやお酒などは、高い波動であることが分かっています。
 

野菜や果物では、ハウスなどで栽培されて年間を通じて市場に並ぶものよりも、旬の露地ものが高い波動を示します。無農薬・無肥料のものは、より波動が高いです。
 
ワイルドクラフトは波動的に見ても優れていることが分かります。
 
波動 = ワイルドクラフト > オーガニック > 慣行栽培
 

 

波動の低い食品

20140624_01
 
野菜や果物とはいっても、ブドウや梨などで種無しのものは、植物成長ホルモンを振りかけて促成栽培したもので、低い波動です。
 
牛肉や豚肉などの肉類は、あらゆる食品のなかで、最も波動の低いものです。これは、飼育過程でのストレスに加えて、屠殺(とさつ)という行為が関係していると考えられます。
 
他には食品に含まれる残留農薬、食品添加物、乳製品、砂糖、カフェイン、タバコなどは低い波動を出しています。
 
食品添加物としては、保存料、合成着色料、糊料、酸化防止剤、膨張剤、化学調味料、安定剤、乳化剤、酸味料など、31種類、347品目が使われています。
 
 
※波動の高低と、カラダに必要な栄養素は別物です。波動が低いからといって、お肉を食べてはいけないというものではありません。お肉には、情緒を安定させる働きもあります。ただ不思議なことに、波動が調和してくると、自然とお肉を必要としなくなります。
 

 

神の創造物は元々調和している

命を育む豊かな大地というのは、そのままで見事に調和しています。その調和した大地が育んだ野菜や果物が、ワイルドクラフトです。
 
自然の力で作ることのできる量をはるかに超えて、もっともっとと人間の欲は尽きることなく、大地に無理を強いてきた。今では日本は世界一の農薬大国です。
 
コンビニにならんでいる野菜や果物は、人間で言うとカンフル剤を打たれて無理やり元気にさせられているような、不自然なカラ元気でごまかしているかのように見えます。整然と並べられたパック詰めの作物から出ている波動は、新鮮なワイルドクラフトの作物に比べると、はるかに低くなっていることでしょう。
 
人はあらゆるものに生かされています。それは全ての生物にもいえることです。互いに助け合い、調和しながら生きている。その調和を著しく乱すことが続くなら、バランスを取るための「調整」が必ず行われるのです。
 
高い波動に調和するものは、高い波動のものを引き寄せます。それはより豊かで愛に満ちた人生を引き寄せることでもあります。自分の波動がどういう常態かを、意識してみるといいかもしれませんね。



転載ここまでです。

これからは、眼に見えない情報を、いかに理解して取り入れていくかの
時代になっていくと思っています。

携帯やTVの電波も、眼には見えませんが、誰でもその存在は知っています。

この世界も眼に見えるものと同じか、それ以上に眼に見えないものが
多くあっても不思議ではありません。

知らないからと言って受け入れないと言うような考え方では
これからは通用しないと感じています。

自分の感性を信じて、心に触れる情報は逃さないようにしたいものです。

本日もおいで頂き、ありがとうございました。


 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白)
蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白) (JUGEMレビュー »)

これがあればお手軽に蒸留水が使える生活が出来ます。一日4Lあれば充分だと思うので、寝ている間に出来ちゃいます。

recommend

超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放
超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放 (JUGEMレビュー »)
名倉 仟
ミネラル365の身体に及ぼす影響を詳しく解説してくれている一冊。健康を望む方の必読書ですね。

recommend

スーパー風呂バンス1000
スーパー風呂バンス1000 (JUGEMレビュー »)

これは優れものだと思います。保温ようなので、電気代もさほど気にならないで24時間いつでも風呂が使えます。

recommend

スリムエネマ
スリムエネマ (JUGEMレビュー »)

大腸内に直接乳酸菌を取り入れるには、これが一番ですよ。

recommend

ミニ風呂バンス480
ミニ風呂バンス480 (JUGEMレビュー »)

乳酸菌風呂の保温には、1000出なくて、この480でも充分です。PHが低いので、どうせ1年とは持たないので・・・・

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM