免疫力をグングン高める裏ワザ!?

  • 2018.01.15 Monday
  • 03:27

連日低温注意報が出るくらい冷え込んでいますが、

体調管理は大丈夫でしょうか?

 

冷えは万病の基と言われるほど、免疫低下を招きますので。

 

さて本日の情報は、これまでご紹介してきた免役を高める

方法以外にもこんな方法があったと言う、私自身も知らなかった

情報に接しましたので、何事も知らないよりは知っていた方が

良いと言う事で、ご紹介する事としました。

普段は気にしてはいない器官ではありますが、胸腺と言うのは、

免疫系にはとても重要なもののようです。

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%B8%E8%85%BA)

と言う事で、転載します。

引用元はこちらです。

➡️https://ameblo.jp/salon-de-sol/entry-12000837535.html

 

以下転載です。
↘︎
 

知らなきゃ損?免疫力をグングン高める裏ワザ!

 



 

こんにちわ^__^

 

今回は、免疫を高める裏ワザをご紹介します。

 

お金で買える物なら買いたいのが、免疫力ですよね!

 

免疫力があれば、風邪やウイルス、癌、アレルギー、うつ病、老化といった、あらゆる病気から、

 

美容まで手に入れる事ができます^__^ 

 

正確に言うと、免疫力が強い人は、仕事もできる人が多いので、お金も手に入ります^__^

 

免疫力は、ストレスでどんどんと下がり、一度下がると元に戻るまで時間もかかります。。

 

そこで、お金もかからず、誰でも簡単に免疫力を高める方法をご紹介します!

 

キーワードは「胸腺」です!

 

胸腺は上の写真の青い部分です。

 

ここが、免疫力の鍵なのです!!




 

■胸腺が免疫の鍵?

 

外敵(菌やウイルス)から身を守るのは白血球です。その中でも種類があるのですが、Tリンパ球という物が一番免疫に強く関連しています。

胸腺は、強力な免疫をつくり出してこれをコントロールするTリンパ球を育てます。つまり、胸腺の働きが良いと免疫力は上がるのです。

胸腺がしっかりと働いていると、風邪やウィルス性疾患などの感染症・癌・アレルギー等にかかりにくくなります。

 

胸腺はストレスで縮む?

 

胸腺は年齢と共に大きさが小さくなってゆきます。15歳で30グラムまで成長するのですが、老化に応じて半分くらいの大きさになっていってしまいます。老化だけでなく、ストレスで半分ぐらいまで、縮んでしまう事もあります。胸腺が縮むと、免疫力がグングンと下がります。

 

 

■胸腺を強くし、免疫を上げる方法とは?

 

とても簡単です。胸腺をマッサージする事です。胸腺は胸骨(胸の真ん中の骨。図の赤い部分)の内側にあります。

指やこぶしで、グリグリとマッサージして、刺激を与える事で、血流が良くなり、胸腺は活性化します!

また、胸骨をマッサージすると、呼吸がしやすくなり、背中の痛みもとれ、自律神経のバランスを整えてくれるので、一石二鳥です!




 

 

トレスで呼吸が浅くなっていたり、過呼吸な方も、胸骨をマッサージしてみて下さいね!

 

背中をマッサージするよりも、身体がだんぜん楽になります^__^

 

以上です

 

IFA MOE

↖︎
転載ここまでです。

免役を落とさない為にもとってもお手軽な方法なので、

生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

免役をアップ出来ると言う情報でした。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。
 

胃炎とピロリ菌と乳酸菌などの胃の環境について。

  • 2018.01.13 Saturday
  • 03:26

さて本日は、時々問い合わせのある、ピロリ菌についての情報です。

まずはこの世界に存在するもので不必要なものはなく、すべて

必要だから存在していると言う事を、再認識して欲しいと思います。

ピロリ菌も、何かしらの役目があって存在しているはずですから
副作用のキツい抗生剤で殺してしまうのは間違いだと思います。

お医者様はピロリ菌は、放っておくと、ガンの原因になるとか言って、
薬で除去するようですが、行き過ぎた除菌は本来いなければならない
常在善玉菌も一緒に除菌殺菌してしまいます。

それでも100%除菌は出来ず、残った菌は今まで以上に邪魔者が
いない中で、増殖していきます。

菌のバランスが取れていれば、どんな菌も悪さと言うか害を

与える事はないはずです。

心配するより、共生出来るかどうかを調べて、出来る限り
どんなものとも共生関係を作る事が、健康に繋がるのだと
確信しています。

現代の無菌殺菌意識のなかでは充分な乳酸菌が摂取出来ていません。
いろんな菌との共生関係を作るには、善玉菌の塊である乳酸菌を
多く摂取する必要があると思います。

それと折角身体についている常在菌を、殺菌したり除菌したりと
本当にもったいない事をしている方が多いです。

汚れは水で洗い流すとしても、洗剤で常在菌まで流さないように
したいものです。

前置きが長くなりましたが、ピロリ菌が気になる方は、
読んでみてください。

以下引用転載します。

 

 胃炎とピロリ菌と乳酸菌などの胃の環境について

 

ピロリ菌が胃の内部を刺激して、慢性胃炎や潰瘍・・・はたまた胃がんになるリスクがあることが知られています。
 

ピロリ菌について簡単におさらいすると、
  

.團蹈蟠櫃楼澆涼罎龍酸性の中でどうして生きていけるのか?

ピロリ菌は比較的胃酸の少ない表層粘膜の中で行動しており、さらに強酸性の胃酸を中和する特別な酵素を分泌して自分自身を守っている。

 

▲團蹈蟠櫃浪燭魃浜楔擦箸靴討い襪里?

口から入ってきた食べ物は胃の中に送られて消化される。 しかし、タンパク質などの食べ物は比較的大きな分子レベルまでしか胃では消化されない。 この分子量が大きな食べ物からピロリ菌が栄養を吸収することは考えにくい。 
 

ピロリ菌は食べ物から栄養を摂取しているのではなく、胃の細胞に細い針のようなものをつきさして、細胞から細胞液を吸い取りそれを栄養としているそうです。

 

2晋離團蹈蟠櫃胃炎や潰瘍・ガンを引き起こす原因になるのか?

胃炎が起こるのは、ピロリ菌が胃の細胞に針をさして細胞液を吸い取るときに、人間側の白血球による異物の免疫反応が起きることによるもの。  ちょうどイメージ的には蚊に刺された時のようなイメージで、体内に異物が侵入してきますので自身を守ろうとして免疫反応が起きて赤くなるのと同じと考えていただいたらよろしいかと思います。

 

この慢性的な免疫反応により炎症が発生します。 この慢性的な炎症反応により、胃粘膜が委縮して胃炎・胃や十二指腸などの潰瘍・胃がんの要因となるようです。

 

い任蝋垣己質などによるピロリ菌除去はどうなのか?

薬剤においては残念ながら100%のピロリ菌駆除はできないようです。 80%前後のピロリ菌は死んでしまうようですが、残りの10%から20%は、そのまま生息するようです。 それがやがて増えてくると、また同様のことを繰り返さなければならないようです。

そうなると・・・・薬剤耐性が必然的に生じて来て薬が効かなくなってきます。 生物の本能として、恐らくより生命力の強い菌にグレードアップしていくのではないかと想像いたします。

 

また胃のピロリ菌を駆除すると、胃がんのリスクは減るそうですが、食道がんのリスクが高まるそうです。
 

胃がんと食道がん…どちらのガンが西洋医学的治療を行う際に困難を極めるかというと・・・やはり食道がんのようです。

 

ピロリ菌を発見した医師は、晩年に胃がんのリスクは減るが食道がんのリスクが高くなることについて、まだ胃がんになるほうが生存率が高いですので、その方がましだと・・・お話ししているようです。

 

イ△詁酸菌がピロリ菌の活動を抑制する。

ではほかに方法がないか? それはある乳酸菌を取り入れることでピロリ菌の活動を低下させることができるそうです。

 

乳酸菌が胃粘膜で生息していると、胃の細胞表面をコーティングしてピロリ菌が胃粘膜に接触できなくするそうです。
 

接触できないと、ピロリ菌の栄養源である細胞液を吸い取ることが出来ない。 そして・・・やがてピロリ菌が餓死していくそうです。

 

某メーカーのLG21のヨーグルトにて乳酸菌を毎日取り入れるとピロリ菌の数が減少することが確認できているようです。

 

ここで、さらに全体的視野にて生活と胃の内部環境と細菌生息について考察していきたいと思います。

私が危惧しているのは、まず作物の栽培方法が変わったという事と、外食産業やお店にて売られているお弁当などの製造方法。
 

あまりにも神経質に除菌に気を使っている超・清潔志向が関係しているとまず考えています。

 

●米や作物には乳酸菌が生息して付着しています。 農薬などの栽培方法が主流となっているため、土壌の劣化がすすみ菌が生息できなくなっていることは容易に考えられることです。

 

そのような栽培方法により作物自体に乳酸菌がなくなっている事。 また外食産業やスーパーなどのお弁当は、食中毒が起こっては大変なことになりますので、消毒液に作物を浸して殺菌する。 これで乳酸菌は死滅してしまう可能性が高いと思います。

 

入院した時に出される病院などの食事も…当然ながら野菜などは塩素に浸して殺菌しています。

 

ご家庭では、除菌グッズが蔓延していて、悪い菌も除菌するがいい菌も除菌してしまう…

このような農家さんや、食を取り扱う社会の事情が、日々乳酸菌が自然に体内に入ってきていた環境を奪い乳酸菌不足にしているのではないでしょうか・・・・
 

ある自然農家さんは、ご自身にて乳酸菌を培養して畑に噴霧しているそうです。(白川さんです) 空気中にも乳酸菌は存在しているそうですよ♪

 

●それともう一つ・・・一般的にはあまり言われていないことですが、腸内細菌にも関係します。 菌は自身が生息するのに適した環境で生きているわけです。
 

ここに現代社会の緊張を強いられる生活やストレスが関係してまいります。

胃は自律神経・腸管神経ネットワークによりその働きをコントロールされています。 ストレスなどがあると交感神経優位となりますね。 また腸管神経も影響を受ける思います。

いわゆる神経の過剰活動が誘発され、神経からカテコールアミン系の伝達物質が分泌されます。 また副腎からも分泌され血液ルートにより影響を受けるでしょう。
 

一般的になじみのある言葉では、アドレナリンです。

このアドレナリンなどのカテコールアミン系の物質が分泌されることで、生息する菌の層に影響があることがわかっています。

 

胃の神経が交感神経優位となっている状態でコントロールされていたり、腸管神経叢により過剰な神経興奮の刺激を受けると、当然神経伝達物質と白血球の相関性により、白血球の免疫能が高くなります。 高くなるとピロリ菌の刺激に対して鋭敏に反応してしまい炎症反応が強くなる。 それにより胃炎の状態がより深刻化する。 このようなことが大きく関係していると思います。

 

ピロリ菌が生息していても、何もトラブルを起こさない人がいますが、神経と白血球の相関性の関係が本当のところの無症状の理由ではないかと思います。

 

したがって、胃内部の良い菌のバランスを整えることと、免疫の関係性で胃の良い環境づくりのために、アドレナリンなどのカテコールアミン系の分泌物はあまり出さないようにする。 それには該当する神経の神経リラクゼーションを亢進してやるという事も、ピロリ菌によるダメージを抑制する大きなポイントだと思います。

 

手技療法により簡単な方法にて、胃の不快症状が取れることがしばしば日々の現場で経験いたします。
おそらくは、胃に関する神経のリラクゼーションにより、カテコールアミン系の物質がコントロールでき、また胃に関連する筋肉や血行が良い状態になり、症状が緩和するのだと思います。

 

ピロリ菌に関する胃の不快症状も、やっぱり食材やストレスなどの影響も頭に入れておかなければならないと思います。
 

ストレスをためないように、心身を弛緩させて日々の生活を送っていただくことをお願い申し上げます。


転載終了です。

この記事は、引用元が誰のものかが解らなくなってしまいましたが、

確か数年前に出会ったものだと思います。

でも書かれている内容は、とっても納得いくものであると思っています。

知識の片隅に入れておいていただければ嬉しいです

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

 

発酵食品の魅力!

  • 2018.01.11 Thursday
  • 03:27

今まで当たり前に思っていた、味噌や醤油などの発酵食品は、
行き過ぎた衛生常識のせいで、無菌が優先されてしまっていて
有害菌と共に本来必要な善玉菌までも無くなってしまい、
発酵して造り上げた発酵食品も、製品になる時には、発酵を止めて
発酵食品もどきになってしまっている商品が、現実には多く存在します。

本来発酵食品には必要の無い賞味期限も表記され、発酵食品であれば
腐らない味噌までも、賞味期限を超えると腐敗する事もあります。

本来の発酵食品の魅力を知る事で、発酵食品は手作り出来るので
自分で作って食生活の中に取り入れるようにしたいものです。

発酵食品の魅力と言う記事がありましたので、シェアします。

以下引用転載です。

 

発酵食品の魅力!

 

発酵食品の魅力!

 

 

 

 

 

発酵食品の魅力!
(記事提供: トータルアンチエイジングコーディネーター 白澤いくみ先生

 

■発酵とは?
酵母菌や細菌などの微生物が有機化合物(でんぷんやタンパク質)を分解し、変化させ、人にとって有益な成分をつくり上げます。
この代謝活動を「発酵」といいます。

 

■発酵食品とは
微生物や酵素の働きを利用して、おいしく保存のきく新しい食品へと変えられたものが発酵食品です。
発酵によって食材が風味豊かな味わいや、まったく異なる美味しい食材に変化します。

 

■発酵食品の魅力!
/べ物を美味しくします。
食品が発酵によって美味しくなる理由は食品に含まれる、でんぷんやタンパク質が分解されてブトウ糖やアミノ酸になり、旨味や甘味を持つようになり、風味もよくなります。

 

⊃搬里砲笋気靴、腸内環境を整え、免疫力をあげます。
発酵によって、でんぷんやタンパク質などの栄養素が分解されると、体内での吸収が良くなり、既に分解されているので体内の消化管で分解する必要がないため、体にも負担が少なく、そのまま吸収されます。
発酵食品に含まれる微生物(菌)は“いい菌”で腸に届くと腸内に善玉菌が増えます
またオリゴ糖や食物繊維も多く含むため、腸内環境もよくなり、免疫力もアップされます。

 

1浜棆舛鬟▲奪廚垢襦
発酵の過程で食材にビタミン等の新たな栄養分が加わるので、発酵後の食品は栄養価が増します
例えば、大豆を発酵させて納豆も、発酵により分解され、食べやすく吸収しやすい形に変化し、ビタミンB2は元の大豆の6倍、葉酸は3倍にもなっています。

 

ぅ瀬ぅ┘奪箸肇▲鵐船┘ぅ献鵐阿鬟汽檗璽箸垢襦
微生物が作り出す酵素の働きで、体内の代謝をアップさせてくれます。発酵により増えるビタミンB群も代謝に役立つ成分です。
食べたものが無駄なく、エネルギーになり、細胞の生まれ変わりも助けてくれるのでアンチエイジング効果も期待できます。
発酵食品は糖質の低い食品も多いので糖質制限ダイエットにもよいです。

 

タ品の保存性が高くなる。
発酵に関わる微生物が増殖することで腐敗の原因になる雑菌の増殖も防ぐことで、日もちのしない魚、肉なども長く保存できるようになります。

 

発酵食品の魅力!(白澤いくみ先生)

 

野菜も発酵させ、漬物にすることで腐らせず、食感もよく、保存できます。


転載ここまでです。

現在売られている発酵を止めてしまった多くの発酵食品もどきを、
ホウロンポウは再度発酵状態に戻せる可能性があります。

工夫次第でお手軽に発酵食品に戻す事が可能だと思っています。

お味噌、漬け物、その他本来発酵食品であったものは、是非
乳酸菌(蓬龍宝)をプラスしてみてください。

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

 

万病に効く超簡単運動!?

  • 2018.01.09 Tuesday
  • 03:25

私事で恐縮なんですが、60代も半ばを過ぎてくると

運動不足もあり老化が氣になっていたので、何か運動をと

思っていたところ、本日ご紹介する「両手振り運動」と

いうものがある事を知りました。

 

そこで早速生活に取り入れてみるという事で、3日程前から

1回200回を5セットで、1日1000回をやっています。

 

なにせまだ3日ですので、確信とまではいってませんが、

確かに体は暖まりますし、体の動きも少しは良くなってきた

ような、氣はしています。

 

そこでとっても簡単な運動なので、この情報は共有しようと

思いご紹介する事に致しました。

 

なにか運動をと考えている方がおられましたら、参考にして

頂けたらと思います。

 

引用転載元はこちらです。

➡️http://magokorode.com/2014/08/12/ryoutefuri-undou/

 

以下転載です。

↘︎

 

禅の創始者考案の両手振り運動で癌まで治る!?万病に効く超簡単運動

 

両手振り運動

 

両手振り運動は癌を含む万病に効くと言われる

奇跡のような運動ですが

その方法が超簡単でビックリします!

 

だって両手を振るだけ!

この動く画像を見て頂いたら

誰でもできるってわかります。

 

両手振り運動は

達磨大師が伝えた「易筋経」の中に記されている

中国秘伝の健康長寿法だそうです。

 

達磨大師は別名ボーデイ・ダルマという通り

インドの禅の創始者ですが

易筋経という健康長寿法を考案し

インドから中国に伝えたそうです。

それで中国秘伝になったんですね。

 

両手振り運動のやり方は動く画像にあるように

両手を前後に振るだけなんですが

足は肩幅に開いて立ち

両手はまるで下に物を投げるように

少し勢いをつけて振り下ろします。

 

でも勢いをつけすぎると肘が痛いので

軽く勢いをつける感じですよ。

 

腕は前に行くときも曲げないと解説されている

日本語の動画などもありますが

この中国語の『甩手疗法治百病』という文献によると

腕が前に行くときは

自然に肘を曲げるのが良いそうです。

 

両手も握らず、軽く開いている感じで

手のひらを内側に向けて

リラックスしてやって下さいとのことです。

 

下に物を投げる感じで両手を振り下ろすと

勝手に両腕が後ろに行って

また前に戻って来るので

その動きをずっとくり返すだけです。

 

動く画像チャクラのようなものが

背骨にそって記されていて

そこをエネルギーが上下しているのがわかると思いますが

このようにチャクラがしっかりとつながることで

万病が治るそうです。

 

達磨大師はチャクラなんていう

しゃれた言葉は使っていないとしても

呼び名や理屈は何であれ

その重要さを知っていたことは確かです。

 

瞑想でチャクラを活性化させることは

もちろん達磨大師の大得意としたところですが

秘伝の運動としても

それができることを知っていたんですね。

 

両手振り運動

 

さて、万病に効くということは

全ての病気に効果があるということですが

わかりやすい例を挙げると

高血圧

心臓病

半身不随

肝硬変

腎臓病

関節炎

視力回復、白内障、色盲などの眼の病気

神経症

精神分裂症

などなど

あらゆる病気が含まれます。

 

船井幸雄氏はこの運動を「両手振り体操」として

広く世に広めたそうですが

船井幸雄氏自身も

毎朝1000回この運動をすることで

0.05だった視力を約3年で0.9まで回復させ

その後はメガネが不要になったそうです。

 

この両手振り運動を研究された故関英男博士

80代からこの運動を始められたそうですが

1日2000回行うことで

胃癌が治ってしまったそうです。

 

その後90歳を過ぎても毎朝2000回を続け

どんどん若返り、元気になるばかりか

視力も良くなり

96歳で他界されるまで

現役で博士として活躍されていたそうです。

 

関英男博士によると

病気治療のためには1日2000回

単なる健康維持のためには1日500回

この両手振り運動をするといいそうです。

 

一度にやらなくても250回ずつなどに

分けてもいいそうです。

 

やってみるとわかるのですが

100回ぐらいなら約1分でできます。

けっこうあっという間です。

やろうかどうか考えているうちに

やったほうが早いと思いました。

 

やっているとすぐに体が熱くなってきて

けっこう筋肉を使っているのがわかります。

夏は1分もしないうちに汗が出て来ます。

 

安保徹氏は船井幸雄氏との共著

『医者いらず老い知らずの生き方』の中で

両手振り運動について

猫背が治り、姿勢が良くなる

 

インナーマッスルが鍛えられる

つまり体の中の小さな筋肉が鍛えられるので

身のこなしが軽やかになる

だからパッと立ち上がったり

スタスタと速く歩いたりできるようになる

 

後ろに腕を振ったときに胸腺が開くので

胸腺の働きが活発になる

 

というようなことを述べています。

 

何だか両手振り運動の効果は

すごすぎてビックリですが

意外とシンプルな動きに

絶大な効果があるんでしょうね。

 

達磨大師も自分の秘伝の健康法が

インターネットで紹介される日が来るとは

思わなかったでしょうけど

真実は永劫なりですね。 😛

 

 

↖︎

転載ここまでです。

 

どのくらい先になるかはまだわかりませんが、何か目に見えて

効果が現れた時には、報告したいと思っています。

 

超簡単な運動の情報でした。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

 

「アトピーと乳酸菌」

  • 2018.01.07 Sunday
  • 03:31

時折アトピーで、家族や知人が悩んでいると

おっしゃる方からの問い合わせや相談があります。

何十年にも渡って苦しんでいる方もおられました。

そんな中で、何か参考になる資料はなかったか探してみた所、
5年前に甲府で飯山先生をお迎えして行った講演会でお配りした
資料がありました。

この資料は、この講演会に参加して頂いた方が、自身もアトピーで
苦しみながらも乳酸菌で改善、解消された経験をまとめた資料を
無償で提供してくれたものです。

関東に在住の、黒河さんという方です。
その節は本当に有り難うございました。感謝しております。

自身の経験から書かれたものなので、想像では解らないような
細かい部分も記載されています。

と言う事で、アトピーでお悩みの方が多いと言う現状ですので
この資料は参考にして頂けると確信していますし、この資料を
無償提供してくれた、黒河さんの想いも乗せて、

必要としてくれている皆様にお伝えしたいと思います。

 

以下転載いたします。

 

「アトピーと乳酸菌」

 

1乳酸菌とは、糖分を分解し、乳酸に変える微生物のこと。栄養ではない。 乳酸菌は、アレルギーのアレルゲンに対抗し和らげ免疫が上がる。
 

2乳酸菌を摂取することで、体内で酵素を作り出し元気な体となる。

 

3体内に入った乳酸菌は、強い胃酸で死滅するのと、 腸まで届く元気な乳酸菌とに分かれる。

死滅した乳酸菌はムダ死にではなく、悪玉菌を吸着して体外へ排泄 (食物繊維と同じ働きをする)腸は第二の脳と言われている。

 

4腸に届くことで善玉菌を増やし、病原菌やウイルスや有害物質を退治する。 活性酸素などを抑えることで腸内を掃除し、お肌の健康を取り戻す。

 

5乳酸菌を積極的に摂ることで腸内を酸性に保ち、悪玉菌が住みにくい 腸内環境に作り上げ発酵フローラル(花畑)にする。

 

6アトピーやアレルギーを抱える人の腸内は赤くただれています。 細胞が傷ついて腸の蠕動運動が悪く、腸内で有害物質を発生させ 腸内を腐敗環境にする。

 

7乳酸菌液を風呂に入れたりすることで、免疫細胞の白血球で最前線で 活躍するNK細胞(ナチュラルキラー)や親分のマクロファージがお互いに共鳴し、 NK細胞、マクロファージ細胞も元気に増殖し、体内に侵入したウイルスや 病原菌や癌細胞を次々と駆逐していき、免疫力の高い抗癌体質となる。

 

8お仲間がお風呂の中で調和をし、情報交換や物々交換してお役割を最大限に 働かす相乗効果となる。血流も良くなり全身に巡ることで湯冷めしにくい体となっていく。

 

9乳酸菌を腸内にも皮膚の常在菌としても口の中や深呼吸をして肺にたっぷり 摂り込むことで菌を食べ、菌と一緒に暮らし、菌と響き合い、発酵菌不足で 起きる病を改善する必要があります。

 

10アトピーは、乳酸菌液の酸性水の働きで皮膚のブドウ球菌を殺菌し、 有益な常在菌を残すことで改善に向かう。

 

11酸性水は殺菌作用があり、海水のミネラルの働きと同様に有効で、感染症の 予防や腐敗菌や病原菌の侵入を防いでくれる。

 

12現代医学では、乳酸菌の働きによってアレルギーやアトピー治療に効果があると 実験結果が出ている。

 

13植物性の乳酸菌は、動物性よりも強いようです。

14私個人の体験からも、乳酸菌などの発酵菌との関係が不足することでアトピーの症状が悪化することを認識しました。乳酸菌を使ったお風呂は、 使い方を正しくすればよい結果を生むこととなります。

 

15生活に発酵環境が何より大切。乳酸菌はその中でも重要な働きをすると確信 をしています。 


転載ここまでです。

これ以外にも使い方等の具体的な資料もありますので、
必要な方は、遠慮なくお問い合わせ下さい。

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

乳酸菌エステサロン!


upクリックできるよup
乳酸菌発酵サロンです拍手
手浴足浴で乳酸菌を
いっぱいの愛と光で
深呼吸しちゃいましょうおてんき

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白)
蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白) (JUGEMレビュー »)

これがあればお手軽に蒸留水が使える生活が出来ます。一日4Lあれば充分だと思うので、寝ている間に出来ちゃいます。

recommend

超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放
超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放 (JUGEMレビュー »)
名倉 仟
ミネラル365の身体に及ぼす影響を詳しく解説してくれている一冊。健康を望む方の必読書ですね。

recommend

国産クエン酸(結晶) 900g
国産クエン酸(結晶) 900g (JUGEMレビュー »)

クエン酸で薬いらず・・・
神薬・・・かも・・・

recommend

スーパー風呂バンス1000
スーパー風呂バンス1000 (JUGEMレビュー »)

これは優れものだと思います。保温ようなので、電気代もさほど気にならないで24時間いつでも風呂が使えます。

recommend

スリムエネマ
スリムエネマ (JUGEMレビュー »)

大腸内に直接乳酸菌を取り入れるには、これが一番ですよ。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

長谷園 浅漬器 CT-32
長谷園 浅漬器 CT-32 (JUGEMレビュー »)

これで作っています。

recommend

recommend

トンボ つけもの容器 5型
トンボ つけもの容器 5型 (JUGEMレビュー »)

このタンクが非常に便利なんです。使わないときには重ねて収納できます。

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM