騙された予防接種の歴史と罠!?

  • 2018.08.16 Thursday
  • 03:25

本日の話題は、予防接種、ワクチンに関してのものです。


私自身、予防接種は疑いもせず受けてきましたし、自分の子供のときも
疑いなく受けさせてきました。

しかし、ネットの普及により、ワクチンの実態、またこの国の医療の実態を
知りました。

たまたま悪影響なくこれまで来ていますので良かったですが、中には
ワクチンの副作用で苦しんでいる方もおられます。

免役が正常であれば、ワクチンや予防接種は必要ないですし、
免役が低いと、逆にワクチンに入っている病気になってしまうと言う事です。

孫がこれから予防接種を受ける年齢になっていきますが、必要ないものは
受けて欲しくないと思うのですが、これを拒否するのはなかなか難しいと
聞いています。

仕方なく受けるとしても、実態を知った上で、影響が出ないような対応を
しないと、万が一副作用が出た場合、本人が苦しむ事になります。

予防接種とはどういうものかを知っておく事は、無駄な事では無いと思います。

そんな情報が記載されている記事をご紹介致しますので、
興味のある方は、お目通し下さい。

以下転載します。

 

騙された予防接種の歴史と罠[子供と予防接種に行く前に必読]

 

vaccine_infant.jpg

 

先日、WHOから日本のはしかは「なし(根絶した)」と認定されました。国はこれを予防接種の効果としながら「引き続き海外から持ち込まれるウィルス感染の恐れがあるので予防接種を」という言い方をしているそうです。

 

実際、その確定的なデータはなく、逆にCDC(米国疾病対策センター)は、生ワクチンを接種した子供から他人に感染させており、多くの大流行は接種した者から起こったことを認めています。

毎年はしかワクチンを作り続けている製薬会社は製造ストップしたら大きな売上を失ってしまいますので、そうなったら国も製薬会社も大変でしょう。

 

そもそも衛生環境が良くなった戦後からすでに日本でのほぼ全てのウィルス感染率は激減し、撲滅レベルまで達しているのが現状なんですね。

 

そこで!いまだ国が定める予防接種が本当に必要なのか不安や疑問を感じている方にはとても興味を引く内容の記事をご紹介します。

 

2013年11月13日 (水)ホメオパシー新聞より 

http://news.jphma.org/2013/11/index.html

 

引用開始********************

ジフテリア

(中略)

ジフテリアと言えば、日本では、予防接種の普及とともに劇的に1945年以降、ジフテリアの流行が下がったという対数目盛のグラフがよくワクチンの宣伝に使われますが、1945年以前のグラフの数字も入れてみると、予防接種でジフテリアの流行が収まったというのは、グラフのトリックであることは以下のリンクを見て頂ければ明らかです。

この対数グラフのトリックは、2005年に「社会医学研究.第23号」に、和気正芳氏(高エネルギー加速器研究機構)が掲載した「1948年ジフテリア禍事件の原因論」としてネットでも公開されています。

http://research.kek.jp/people/wake/diphtheria1948.pdf

 

▼ジフテリア統計図表の虚構

和気氏は、この論文で紹介されたグラフの解説として、以下のように記しています。「厚生省人口動態調査及び衛生局年報による数値で構成した。同じ統計の戦前部分を除外し、対数スケールで表したものが見かけられるが、それは戦後の急激な減少を隠し、予防接種の効力を意図的に誇張したものになってしまっている。」と解説しています。この件は和気氏の以下のリンクでも詳しく説明されています。

http://ltcopa.kek.jp/~diph/graphillusion.pdf

 

_512.jpg

(↑この表ではいかにも戦後予防接種の導入によって患者数が激減しているかのように見える)

_512_2.jpg

(↑この表を見ると予防接種が始まる前から発病者、死亡者が激減してるのがわかる)

 

しかも、日本でのジフテリアによる死者は1991年〜2000年の10年間で2名です。米国では1993年以降、患者は出ていません。大流行のソ連で年750人です。

これらの数字を140万人という数字と比べてみるとチメロサール、水銀入りのジフテリアワクチンで救われる命をWHOは年何人と計算しているのでしょう。

 

先程紹介した和気正芳氏は「社会医学研究.第23号.(Bulletin of Social Medicine, No.23 2005)」では、1948年京都・島根で起こったジフテリア予防接種事故、84名のお子さんが亡くなる大惨禍となった事件を解説し、GHQ占領下のためほとんど報道されなかったこの事件とグラフのトリックについて和気氏の共著『戦後史の闇と子どもたち ジフテリア予防接種禍事件』で詳しく解説しています。

このように予防接種は一歩間違えば、さらに大変な惨禍になるリスクも知っておく必要があります。

 

WHOは、予防接種により救われた命をPRすることには熱心ですが、予防接種による様々な健康被害など負の面に焦点を当てることには大変消極的です。

日本でも、1990年代のMMRワクチン禍、インフルエンザワクチン集団接種禍、今回の子宮頸がん予防ワクチン禍など、大きな予防接種被害が繰り返されています。

(引用終了)

 

この決定的な証拠を掴んだ和気先生の論文を読んでみましたのでちょっとご紹介しますと、

 

和気正芳「1948年ジフテリア禍事件の原因論」社会医学研究 第23号より引用**********

GHQの指令は、1948年6月の実施を計画する性急なものであったが、実際には予防接種薬の製造が整わず、厚生省は何度も計画実施時期の変更を行い、1948年になってやっと実施した。

終戦による栄養状態の回復と共に急激な減少を見せ、実際に予防接種が実施された1948年にはすでに流行は沈静化してしまっており、厚生省にとっては単にGHQの指令に従うためだけの意味合いであったとも言える。

内務省の分局的地位にあ った厚生省は戦後GHQとの接触の中で行政を確立して行くが、それゆえGHQが提示した実施目標の達成にはことさら大きな意味合いがあったのである。

(引用終了)**********

 

予防接種も母子手帳も日本に導入したのはGHQです。この当時の状況からも日本占領下中のGHQの政策として自然ウィルス感染の減少という経過はどうでもよく、GHQがあらかじめ自国で準備していたワクチンを使用して、空中散布や駅頭での人体への直接散布が実施されていたようです。

しかし空中散布って、、。結果、数十年後には多くの死者を出しその危険性から DDT の製造が禁止されました。

 

その後、手を替え品を替え新たなジフテリアワクチンが作られては、副作用問題→新ワクチン改良→接種開始を繰り返して現在に至ってるんですね。そこには毎年副作用で重篤化例が後を絶たない事実や、自然感染者が激減している検証は完全に棚の上です。

hpv_vaccines_dangers-460x270.jpg

さらにポリオについても驚きの事実が。もはや1980年以降は日本でポリオの自然感染による患者は出ておらずWHO(世界保健機構)も正式に日本のポリオ根絶宣言をしています。

 

つまり80年台以降の患者は、もう日本では根絶しているポリオウィルスをわざわざ体内に入れた被害者達だけということになるんですね。だったらそんなもん打つ必要ないじゃないか!(怒)と思いますが、550万分の1の確立でポリオワクチン接種をした子から感染する可能性があるみたいです。

 

今回のはしか根絶宣言に関してもポリオ同様、ワクチンは製造し続けられるのでしょうね。

こんな状況でも国はワクチン接種推奨に力を入れ、いまだ製薬会社はせっせとワクチンを作っています。予防接種、ワクチン製造って一体誰のためにやっているんでしょう…。


転載終了です。

これを読むと、今までいかに騙されてきたかがわかります。

病気を防ぐと言うよりも、病人を作る為と言った方が当たっているかもです。

しかし人は、そんなに柔ではありません。きちんとやる事をやって
免疫力を正常化していれば、どんな感染症にも影響を受ける事はありません。

出来れば受けない方が良いと思う予防接種も、調和が壊れるからと言って
受けざるを得ない場合でも、この免疫力に自信があれば、多少は安心して
いられるんではないでしょうか。

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

 

追伸

 

夏期休暇も終わり、本日16日より通情営業に戻りました。

 

夏期休暇期間に頂いたご注文につきましては、本日すべて発送させて頂きます。

 

 

減塩は万病の元!?

  • 2018.08.14 Tuesday
  • 03:19

この表題はちょっと極端な表現ですが、一般常識とは全く逆の事柄です。

一般常識の減塩を信じている方々に取っては意外と思うかもしれませんが
現実に、行政では減塩を推進しているにも関わらず、病人は減っておらず、
逆に増えている事を、冷静に考えたら理解出来ると思います。

こういった考え方もあると言う事で、眼を通してもらえれば良いと思います。

何か生活に生かす事柄があったら、取り入れてみる事もありです。
実践したら、結果はついてきますので、アンテナに引っかかるような
事があれば、まずはやってみる事でしょう。

気をつけてもらわなければいけないのは、塩の質だけです。
ミネラルの豊富な塩を選んでくださいね。

では、こんな考えもあると言う記事を転載しますので、興味のある方は
ご覧になってください。

以下転載です。
↘︎

 

 

減塩は万病の元

 

減塩は万病の元
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=304048
             
青島航 ( 44 上尾市 会社員 )          15/05/16 PM09 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
減塩は万病の元。命の自損行為です。塩は命の元と言うより命そのものです。塩こそ命を活性化させ自然治癒力を高めます。海は文字通り人の母なる水、あらゆる生命の原点。塩を減らすことは命を減らすことになります。
 
減塩論者は、生命が塩から生まれたことを無視し、塩の大恩を忘れ、生命が塩を求めている声が聞こえないようです。見える病気から見えない病気、気が付く病気から気が付かない病気まで引き起こします。
小賢しい頭で「減塩」などと言い聞かせて神の摂理をねじ曲げるから、塩を摂らなさ過ぎて体調を崩すのです。
 
医学の言う塩の必要量とは、ただ単に生命を維持するための「餌」としての最低必要量です。普通に活動する人・働き盛りの人に必要な塩の量ではありません。
 
塩のとりすぎは、脳卒中、心臓病、腎臓病、ガン、成人病、老化、筋肉痙撃、神経、脱力感、骨粗髭症、肺炎、高血圧、胃ガンなどのもとだから減塩せよと言い出したのが第一ボタンの掛け間違えです。塩を減らしたら逆にこうなります。
 
東洋医学では体が冷える陰性の病気には陽性である塩を十分取るべきと説きます。塩を食べないのは各人の勝手ですが、減塩が過ぎると陰性人間 ばかりになります。「一番おいしいものは塩、一番まずいものも塩」といわれる所以です。
 
「適塩」といえば何だか少し控え目、健康に良い感じがしますが、これは言葉の遊び、まやかしです。地球上で命あるものは植物と動物しかありません。植物は動かないから必須栄養素は窒素、リン酸、カリと言うぐらいで、遠浅の波打ち際に自生するアッケシ草やマングローブなど好塩性植物以外は、塩(ナトリウム)をほとんど必要としません、むしろ不要・有害です。
 
動物の筋肉は塩が無ければ動きません、動く気もやる気も知恵も出なくなります。「塩味は慣れの問題だから、薄味に慣れれば減塩出来る」と言う医学界の偉い?先生がいますが、頭で言い聞かせて意図的に減塩などして舌が薄味に慣れたときには、身も心も薄味、植物人間になってふんばりがきかなくなっています。
 
動物がナトリウムをとらないことは、限りなく植物に近づくことです。あなたが減塩をすればするほど自分の方から植物に近づきます。脳が塩を一番必要とするから塩を減らせば真っ先に脳がボケます。ボケと寝たきりは、『同行二人』必ず相前後してやって来ます。減塩キャソペーンが始まってから比例してボケ・寝たきりが増えています。西洋医学が寝たきり老人を創り出しているから増える一方です。
 
減塩しても植物人間になって長生きして、死んでくれないから医療費は幾何級数的に膨らみ、周囲は看病疲れでへとへとになる家庭の悲劇です。ボケた本人は極楽、周囲は地獄です。寝たきり植物人間になりたいですか?
 
一日中部屋に籠もって考え事をした日などは運動した日と同じぐらいに塩味がおいしく感じます。脳がしゃんとすれば体もしゃんとするものです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


↖︎
転載終了です。

世間の常識の真逆の内容に、戸惑った方もおられるかもしれませんが、
こういった考え方もあると言う事でご理解下さい。

本当か嘘かは、実践してみれば分かります。ご自分で確認してみると
良いと思います。

良い塩は、本当に美味しいです。

味付けは、基本としての塩味で充分美味しく頂けますよ。
美味しく食べて健康になるのが、理想ですもんね。

以上、お塩情報でした。

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

1日30品目食べても健康になれないワケ!?

  • 2018.08.10 Friday
  • 03:38

本日の情報は、私自身もほんの数年前に知った事でしたが、

まだまだ多くの方々は、1日30品目をバランスよく食べる

事が、健康維持に必要だと無意識のうちに思っている事と

思っています。

 

この事に関して、実態はどうなのかと言う事を説明してくれて

いる記事がアップされていましたので、参考までにシェアを

して、情報拡散したいと思います。

 

誤った栄養信仰は、できたら止められた方が良いと思いますので・・

 

この記事をお読み頂けたら、何かしら毎日の食生活のヒントが

あろうかと思いますので、納得のいったところは生かして欲しいと

思います。

 

基本は、粗食、少食で、できるだけ発酵食品を摂取すると言う

ことになるかと思いますが、それも完璧にはできないと思います。

 

あくまでも努力目標であるという事でしょうか。

 

ともかく、自分自身の自己治癒力が頼りですので、日頃から

免疫を落とさないような生活習慣を心がけていきたいですね。

 

では少々長文ですが、お読み頂けたら幸いです。

 

以下転載です。

 

「1日30品目を食べよう」は16年も前に削除されていた!誤った栄養素信仰の落とし穴と、30品目食べても健康になれないワケ

 

 

FotorCreated

 

2000年には消えていた「1日30品目」

 

バランスの取れた食生活のはずが、アレルギー、習慣病で苦しんでいる人が減らないのはなぜ?

 

food-1257321_640 
 

1日30品目とは、1985年に厚生労働省が作った「健康づくりのための食生活指針」で提唱された栄養目標です。

「30」という数字がわかりやすくて広まりました。一方で、数に神経質になる、食べすぎる例も増えたので、2000年には「主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスをよく」と表現が変わりました。

1985年に発表された「1日30品目」は2000年には消えていたのです。

しかし、このことをご存知の方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか。

「栄養が不足しないように、サラダを買ったりや野菜ジュースを飲んでいる」という周囲の友人は「1日30品目」を目指しているように思えるのです。

少しのご飯に肉や牛乳、魚、野菜、海藻、油脂類などをなんでも食べることが「バランスのとれた食生活」と考えている人は多いと思います。

しかし「バランスのとれた食生活」でどれだけの人が健康を手に入れていますか?

アトピーやアレルギーに悩む子どもたち、不妊に悩むカップル、周囲を見渡しても病気ではないけど健康でもない「未病」の人たちであふれているのではないでしょうか。

日本人という民族はどのような食事を目指すべきなのでしょうか。

1日30品目は栄養バランスが目的ではない

medications-342462_640 
2000年にはすでに記述が消えていた「1日30品目」ですが、「30」という数字に特に深い意味はないそうです。

1日30品目とれば栄養をバランスよく補給できるという意味で提唱したのではありません。

実はがんのリスクを下げることが目的だったのです。

 

そもそも、厚生省が「1日30品目を」と提唱しはじめたのは、栄養のバランスを取ることを目指したものではなかった。
偏った食生活をしていると、いつも食べている食品に発ガン物質のような体に悪い成分が含まれていた場合、それがどんどん蓄積されてしまう。逆に、食品の種類が多ければ、それだけリスクを分散できる。
だから、なるべく数多くの食品を食べるべきだ、と考えたわけである。

引用「医学常識はウソだらけ」三石巌著

いろんな食品を食べれば、発がん性物質が含まれた食品を食べたとしても薄まると考えた、ということですね。

しかしこの食生活指針によって日本全体は健康になったでしょうか。

肉や卵、牛乳に対する栄養素信仰が、がんを生んでいるように私には思えるのです。

 

肉はスタミナモリモリにならない

 

血液を汚す肉の弊害

meat-1440105_640 
 

「焼き肉を食べてスタミナをつけよう!」と日常的に言われるようになりました。

栄養素をとらなければという風潮の中でも「肉は良質なタンパク質」だから積極的にとるべきと考えている人が多いです。

確かに肉はうまみが強く、強烈な満足感を味覚に与えます。

エネルギーも高く、素早くからだに吸収されてパワーを充電してくれるのですが、同時にからだにとって害となる老廃物を残し、血液を汚してしまいます。

そもそもスタミナをつけたいと思うときは、なんとなく疲れを感じたり、やる気がわかない時です

そんな時にからだはどんな状態になっているかというと、代謝酵素が不足しているのです。

代謝酵素は新陳代謝などに関与している酵素です。元気が出ないのは、代謝酵素不足によって体内に毒素がたまっていたり、エネルギーの生産が滞っていたりするから。

そんなときに消化されにくい肉を食べたらどうなるでしょうか。

ただでさえ少ない酵素の備蓄はどんどん消化酵素にとられ、代謝酵素は後回しにされてしまいます。代謝酵素不足は一向に改善されません。

スタミナをつけたいと思って食べた肉が、あなたに活力をもたらすどころか、逆に元気を奪うことになってしまうのです。

 

焼き肉や飲み会の翌日からだは疲れている

 

元気になるはずの肉は体にとって負担に・・・

DSCF3998 
 

普段ほとんどお肉を食べない私ですが、年に一度だけベジタリアンを返上して職場スタッフとのバーベキューに参加します。

ふだん食べないお肉をたくさん食べるとからだはどうなるのか、という好奇心です。

  • 鼻水が出る
  • 咳が出る
  • 吹き出物が出る
  • 夜中に吐き気をもよおす
  • 娘(3歳)に「くちが臭い」と言われる

バーベキューや飲み会の翌日にこんな症状は出ていませんか?

あなたの体の中の酵素たちが、あらゆる手を使って体に毒素を残さないように一生懸命働いてくれています。肉を食べて体は元気になるどころか、疲れているのです。

 

タンパク質信仰

 

人間の体はタンパク質が中心になってできている。だからタンパク質をどんどんとらなければいけないという考え方が必ずしも正しくないということがわかってきました。

実際に食品成分表によって牛の肩ロース100gの成分を見てみます。

  • タンパク質 18.1g
  • 水分 60.3g
  • 脂質 20.4g
  • カルシウム 53mg

タンパク質は18%しか含まれていません。肉=タンパク質ではなく、他の食物に比べて比較的多くタンパク質を含んでいるに過ぎません。

 

動物性タンパク質は食事全体の1割にとどめる

meat-1428951_640 
動物性の脂肪は体内でかたまりやすいので、それだけ消化酵素を必要とします。

3倍以上の葉菜や大根、じゃがいもと一緒に食べるのが基本です。

種類別に言うと牛肉にはじゃがいも、ブロッコリー、ピーマン、鶏肉にはしいたけやねぎ、こしょう・にんにくなどのスパイス類を、豚肉にはしょうがを合わせます。

一番体温が高い鶏(40数℃)にもっとも陰性な付け合わせが必要になります。ちなみに体温が人間に近いのは豚(38℃台)です。

消化酵素となる食べ物を組み合わせる。毒消しの作用もあるスパイス&ハーブを添える。そしてよく噛んで食べましょう。

 

牛乳が完全栄養食品という間違った認識

 

あらゆる現代病やアレルギー疾患などの原因にもなっている。

milk-933106_640 
 

「牛乳は完全栄養食品」「牛乳は体にいい」と考えている人がとても多いです。

しかし私自身、大好きだった牛乳をやめたら27年間患った副鼻腔炎が完治したのです。

日本人の85%は「乳糖不耐症」!27年間治らなかった副鼻腔炎が、牛乳を辞めたことによって一瞬で完治した話。

母乳を飲む赤ちゃんのうちは牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素を持っているのですが、3歳頃にはなくなってしまうといいます。

日本人の85%は乳糖を分解する酵素がなく、飲むとお腹がゴロゴロしたりお腹を壊す人が多いのもこのためです。

 

日本人は牛乳からカルシウムを摂取できない

glass-1379822_640 
 

「カルシウムをとるために牛乳を飲んでいる」「骨粗鬆症予防のために牛乳を飲んでいる」という人がいたら、すぐにやめてください。

牛乳のカルシウムは乳糖の中に含まれていて、乳糖が分解されない限りカルシウムを体内に取り込むことはできません。

乳糖はラクターゼという消化酵素で分解されますが、日本人の85%はこのラクターゼを持っていないのが現実です。

カルシウムを補給したいなら、毎日の食事の中で小魚や野菜、海藻などを食べていれば大丈夫です。

あくまで日本人にとって牛乳は「完全栄養食」ではなく「嗜好品のひとつ」としてつきあってください。

 

毎日卵を食べる習慣があなたに病気を招いている

 

食べる価値のある卵などごくわずか。大多数は食べないほうがいい

egg-1510449_640 
 

「卵を栄養のために毎日必ず食べる」という習慣の人、多いと思います。

しかし、栄養のために食べる卵がどうやって生み出されているか知っていますか?

「とらないほうがマシ」な栄養ではありませんか?

IN YOUでも安全な卵の選び方について公開しています。

日本に出回る多くの卵が薬まみれの危険な卵?!安価な卵の裏側と、安全な卵の選び方。

日本に出回っている多くの卵は羽ものばせない狭い「ケージ飼い」です。

狭いケージの中で病気が蔓延しないようにワクチンや殺虫剤、殺菌剤といった武装が必要なのです。

ふだんから「遺伝子組み換えでない」食品を選んでいる方も多いと思いますが、その一方で卵を産むためのニワトリに与えられているのは海外から来た遺伝子組み換え作物がほとんどです。輸入したエサはポストハーベスト(収穫後に散布される防カビ剤)の問題もあり、安全とは言えません。

健康的に「放し飼い」「平飼い」されたニワトリから生まれた卵というのは全体の1割以下しか出回っていません。

私もいろんなお店に行って「放し飼い」「平飼い」の卵を探しましたが、見つけることはできませんでした。

安全な卵を手にいれることが難しいのなら、卵は栄養のために積極的に摂る食品でしょうか?

 

サラダに国籍や季節はありますか?

salad-1570673_640 
 

「栄養・ダイエットのために毎日バランスよくサラダを食べています」と聞くと、変だなぁと思います。

日本は四季の変化が激しく、収穫される野菜も四季によっていろいろで、実に変化があって豊富です。

私たち人間も自然の一部で、その変化の中で生きる私たちも四季の恵みを素直に体内に取り入れることが最も自然なのです。

例えば、春はせり、うど、ふき、わらび、ぜんまい、たけのこ、七草など、アクの強いものが多くなります。

夏は瓜、きゅうり、スイカ、トマトなど、水分が多く生で食べた方がおいしいものが多いです。

秋はイモ、栗、米、麦など、どちらかといえばでんぷん質の多い穀類、イモ類が多くなります。

冬になるとレンコンやごぼう、大根、里芋などの根野菜が多くなります。

自然は、実によく考えて私たちに野菜を与えてくれます。

それに逆らって、冬場でもトマト、キュウリ、レタスばかりでは胃袋の中だけが夏で、冷え性の女性が増えているのも当たり前なのです。

 

伝統食を取り戻せ

DSCF9712 
 

人類は祖先に習い、ただその土地でとれたものを自然に従い食べてきたに過ぎません。

与えられた自然環境、風土の中から生まれた伝統的食生活に秘められた知恵に比べて、現代栄養学の知恵はあまりにも浅いように思えてなりません。

「1日30品目」という栄養素信仰は日本人が長い年月をかけて選んできた伝統食をほとんど無視しているといっていいでしょう。

たくさんの栄養をとろうとすれば、国籍や地方、季節を無視した食生活になりがちです。

 

丸ごと食べることが栄養素が不足しない食べ方

rice-in-vietnam-1491868_640 
 

「もったいない」からなるべく捨てずに丸ごと食べる、そんな食べ方をしている現代人はどのくらいいるでしょうか。

お米は精米された白米。

塩は塩化ナトリウム100%。

砂糖も黒砂糖から、真っ白なショ糖100%に近い白砂糖になりました。
もちろん、ビタミン、ミネラル類はほとんどありません。

魚も丸ごとではなく切り身がほとんどです。あらゆる食物においてある部分だけしか食べなくなっている、精製食品だらけなのです。

いろいろなものを食べることが「バランス」ではないのです。

ジャングル、高地、砂漠、極寒地帯・・あらゆるところに人間は生活していますが、自然環境は何もかもを与えてはくれません。

与えられた風土の中で、できるだけムダなく「もったいないから丸ごと」食べてきたのです。つきつめれば「バランス」とは、1つの食物をできるかぎりムダなく食べることなのです。

真っ白な米、真っ白な小麦粉、真っ白な塩、真っ白な砂糖・・・

不完全な食べ物を組み合わせても、不完全でしかありません。

「もったいない」こそ、食生活の最高の知恵なのです。そのことを理解しなければ、現代の食生活の問題点は見えてきません。

 

「栄養バランスの整った給食」よりも伝統的な「粗食」の方が子どもが元気になった

PPG_burokkunoomocya_TP_V 
 

私の長女(4歳)は0歳から3歳まで保育園に通っていました。

「栄養バランスが整った給食」を毎日先生に食べさせてもらっていたことはとても感謝しています。

しかし、日本の伝統的な「粗食」を食べさせたらどう変化するんだろう?という私の好奇心で、保育園をやめてお弁当を持たせる園に転園しました。毎日私が作る粗食で過ごしています。

我が家の食事は一汁一菜。
五分搗きのご飯に、味噌汁、野菜のおかず、漬物という献立です。これが、パスタになったりオムライスになったりすることはほとんどありません。肉や卵も家ではほとんど食べません。

今は子どもが夏休みなので、お昼は炊き込みご飯かおいなりさんを持って公園などでお弁当を食べています。

長女が給食を食べていた頃はよく、鼻水をたらしたり、咳をしたりしていました。

しかし私の作る昔ながらの一汁一菜を食べるようになってから、そういった症状がほとんど出なくなりました。

自然に添った食べ物を、できるだけ加工せずに食べることは、体にも負担が少ないということが確信できたのです。

一汁一菜について詳しくはこちら



10年医者いらず!一汁一菜生活

 

多産だったころの食事を真似しよう

 

大正生まれの祖父は7人兄弟、昭和初期生まれの祖母は6人兄弟でした。

多産だったころは栄養バランスが整った食事をとっていたでしょうか。決してそんなことはなく、お米と野菜が中心の質素な食事だったはずです。

時代は少しさかのぼりますが、江戸時代の庶民や農民がどんなものを食べていたか調べてみました。

 

江戸の庶民の食事

【朝食】ホカホカご飯、味噌汁

【昼食】冷や飯、野菜もしくは魚などのおかず

【夕食】お茶漬け、漬物

 

江戸の農民の食事

【朝食】大麦を煎って粉にした香煎(こうせん)、蕎麦粉を固めて焼いた蕎麦もち

【昼食】四分搗きの米に稗と大根と大根の葉を入れた「かて飯」

【夕食】大根と粉団子の汁物



参考 お米を1日5合食べていた !?江戸時代の食事がいろいろと衝撃的すぎる【庶民も将軍も】 | 江戸ガイド(http://edo-g.com/blog/2016/02/meal.html)

庶民も農民もとても地味な食事ですね。

江戸の庶民は1日5合のお米を食べていたそうですが、農民は量も少なかったそうです。

量も少なく、肉も卵も食べていないのに重労働である農作業をこなし、たくさんの子供を生んでいました。

この豊かな現代で、質素な食事をするのは困難かもしれません。
しかし、日本人が受け継いできた伝統食のいいところは是非真似してみてほしいのです。

今こそ栄養素信仰をやめて、日本の伝統食を見直してみてください。

 

 

転載終了です。

 

毎日の食生活の参考になれば、嬉しいです。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

疲れが取れず困っている方へ「一日断食」のやり方について!?

  • 2018.08.08 Wednesday
  • 03:27

この人間社会では、人としてやって良い事と、やっては行けない事が

あると言うふうに常識では皆さん思っていると思います。

 

でもそれは、個々の行為を指しているのではなく、その一つ一つの

行為に対する想いの方向が、どちらを向いているかによって、

やってよい事とやってはいけない事として分けられているだけです。

 

どんな事でも、人間関係において、相手に対して尊重し思いやりを

持ち、相手が望むような行為は、良い事と考えています。

 

身近な例としてあげますと、例えば自分はお酒が好きで、楽しく飲んで

いる時に、他の人にお酒を勧めるといった行為は、良くある風景です。

 

でもお酒が苦手だったり飲めない人に勧めることは、その人にとっては

迷惑である事は、ご理解頂けると思います。

 

逆にその人がお酒が大好きだと言う事を知っている場合には、お酒を

勧める事は、おおいに喜んでもらえる行為だと言う事も、理解頂けますね。

 

お酒を勧めるという行為は一緒なのに、結果は全くの逆になっています。

 

一事が万事で、全ての行為は自分の行為の中に、相手の存在がしっかりと

思いやりを持って存在しているかどうかと言う事だけです。

 

自分よがりな想いで行う行為は、極端な言い方をすれば、すべてやっては

いけない事になります。

 

相手を思いやって行う行為は、すべてやってよい事と言えると思っています。

 

ですから、何かを行おうとする時には、やって良い事なのか、いけない事

なのかと考える前に、相手が望んでいるのかどうかを考える方がトラブルや

嫌な思いをする事は、避けられると思います。

 

相手が心から望んでいない事は、決して行為に及んではならないと思います。

(時々心は望んでいるのに、口では望んでいないという場合もあるので・・・)笑

 

この事に氣づく事ができ、また実践さえ出来れば、どんな事も相手が、

望んでくれるように行えば、出来るようになると言う事です。

 

こうなれば、人生が何倍にも楽しくなる事請け合いです。

 

心のどこかで、なにか感じる事が出来た方は、是非実践をしてみて下さい。

この事が妄想ではなく、真実である事が理解出来ると思います。

 

さて、本日のお役立ち情報ですが、疲れが取れずに困っている方への

養生ラボさんから発信している情報を、ご紹介したいと思います。

 

疲れが取れるだけではなく、免疫力も高まる事ですので、健康維持には

良いと思います。

 

以下転載です。

 

疲れが取れず困ってる方へ「1日断食」のやり方について

 

 

cf7f57acd2a35ea192c87ef22605ddf9_s

「1日断食」のやり方について

最近疲れが取れないな〜とか取れにくいな〜って感じてる方も

現代の「過食、飽食」が原因かもしれませんね。

食事はあなたの体を作ってくれます。

 

これを機に少しだけでも見直すきっかけになったら幸いです。

 

どんなやり方が自分の体調、ライフスタイルには合ってるのか?

もちろん何でもそうだと思いますが、慣れるまでの少しの間の我慢は

必要ですが、過度なストレス、がんじがらめな思考、

「これじゃなきゃダメ、あ〜食べ過ぎちゃった私はダメだ…、

やっぱり僕には(私には)無理だ」なんて思ってしまったら

疲れちゃいますからね。

 

心も身体も疲れきって 普通の状態だったらなってなかったような

病気にだって、健康のためにやり始めたことが原因で病気になっちゃう・

・・なんてことになる方も多いです。

 

かくゆう私も痩せたいと思う焦る気持ちから始まり

体調を悪くした一人です。

 

これが健康にいいから、これは健康に良くないから絶対だめ。

 

絶対ってのはないですよね。ダメと言われてるものでもやり続けて

ピンピン健康な人もいるわけですしね。

 

健康マニアに健康な人はいない!

 

そうゆうことです。

もちろん私たち養生ラボは健康になるための養生法やアドバイス、

ヒントになるようなことなどお伝えしていますし、実践もしています。

 

私自身は見た目とは違いちょっと真面目なところがあるので、

こんつめてやろうとしてしまう部分と面白いから自分の体でどーなるのか

人体実験したいとゆう思いでやってますが。

cd59b9bff38a8bebde2856ecc9a489a7_s

 

皆さんはゆるく長く、焦らず、思いつめず。

自分の体と相談しながら 養生ラボが推奨することを試しに実践してみて

その中から自分の体が喜ぶことを模索していきましょう。

 

まずは方法として

 

.轡鵐廛襪埜果抜群の朝食を抜く
プチ断食(半日断食)

 

 

はてブ数

プチ断食は朝食抜くだけなので本当に誰でも入りやすいので

まずは こちらから 試しにやって欲しいなと思います。

 

朝から超飽食だった私の母63歳も「プチ断食始めました」

「話聞いたときは絶対無理と思ったけど、やってみたら意外に辛くないし、

全然平気だった。

 

体も自然にちょっと痩せて締まってきたし、便秘も治って、胃の調子もいいし

体が軽い」と自分の体の変化について嬉しそうに話してくれました。

 

ここからプチ断食に慣れれば次の段階へステップアップしてみるのも

ありかもしれません。

 

今回は紹介するのは
プチよりハードル上がる「1日断食」のやり方です。

34a1b7a1c3a0837b9e5c3622f0d0f5a1_s

 

1日断食とは、「丸一日固形物をとらないこと」

初めての時は週末を利用するといいと思います。

 

土曜日に1日断食を決行したいのなら前日の金曜日は減食、

日曜日は回復食をします。

 

「ハナキンだし、明日断食するし、暴飲暴飲OKでしょ?」

まぁ 試しに 1日断食してみようかなって軽いノリで始めるなら

それはそれで全然OKだと思う。

 

沢山飲めや食えやしたとしても次の日食べなきゃいいでしょ!?

 

確かに一日ではなく2、3日の食事バランスをとって調整してあげることに

関してはOKだと思います。

・・・・が。空腹に耐えられなくなり、次の日またドカ食いをしてしまえば

断食したために、もろ吸収もしますので更に太る事「リバウンド」に

なりますから、だったら断食を考えず、普通に食事の量を減らして

野菜などをしっかり摂る方が堅実的です。

 

※わかりやすく言えば断食後は飢餓状態になっているため
「今まで10食べて6の吸収だったのが、10食べたら10の吸収に

なってしまう」ということです。

 

※そして回復食で一気に食べてしまうと胃腸に急激に負荷がかかって

大変危ないそうです。

 

ときには腸捻転を起こしたり、内臓が突然動くことで「肝」「膵」

腫れてしまったりすることもあるそうですので一日断食する前よりも

体調が悪化してしまうこともあり得ますので、

 

回復期はダイエットの成否だけでなく、体調にもかかわってくるものですので

注意が必要です。

 

クリアになった胃や腸は初めて離乳食を食べる赤ちゃんと

同じと考えてください。

 

152d418c95adcbba5a3575db65a066f0_s

 

ダイエットに失敗するだけでなくデトックスにも失敗して、

むしろ以前よりもわるい状態になってしまう…

 

そう考えると、ちょっとちゃんと気を引き締めて減食、回復食も

挑戦してみようかなという気持ちになりますよね。

 

そこで根本的な話、 断食する本来の究極の目的

 

「体から老廃物を出す」

 

色んな毒(病気やら、農薬やら、経皮毒やら、宿便やら、その他もろもろ)

排出してスッキリしたいなどと考ええているなら、断食する前の日も

やはり減食して 「準備食」として胃を整えてあげてください。

 

逆に前日食べ過ぎてしまうとかえって空腹感が強く出てしまうので

断食を断念しやすくなってしまいます。

 

水分はしっかり1日2リットル以上とってください。

 

はてブ数

半日断食同様、どうしても辛い時は・・・・

酵素ドリンクや野菜ジュース、りんご半分やみかん1個など

少量や天然塩を舐めてください。

 

天然塩は脱力感が和らぐそうです。

 

それから断食中は食べ物の情報をなるべく断ちましょう。

 

空腹時にそんなもの見ていたらが余計我慢できなくなりますし、

断食中に我慢できたとしても終わった時反動でドカ食いに

走りやすくなってしまいます。

 

実際私たちも本断食(3日断食)などをすると、準備食や回復食を入れると

まるまるほぼ1週間も通常食は食べないので、甘いものだとかやパンなど

食べたい欲求が出てきたりしてしまいます。

 

そして我慢しきれず、「ちょっとだけ、一口だけ」と食べ始めたら最後。

止めることはできず、無くなるまで食べてしまった…

なんてことをしてしまったことはあります。

 

2c564ec3139b918fa14bfca6ffb4713f_s

 

なので3日断食より、心も体的にも簡単で負担の少ない半日断食や

一日断食をおすすめするのです。

 

皆さんもやられてみたらわかると思いますが、断食は思ってるより

大変ではありません。

食べないってことは、ピークを過ぎさえすれば無になります。

 

しかし一番大変なのは回復食です。

ここで失敗する人がとても多いんです。

 

理由は、重湯やお粥を食べることにより胃腸は動き出し、

さらには血糖値が急激に変動すればするほど、体は糖質を欲しがるそうで

食欲を理性でコントロールしずらくなるそうです。

 

断食当日は お腹すいたら、普段読めない雑誌読んだり、

軽く散歩してみたりDVD観たりゆっくりまったり過ごす。

これが最善かもですね。

「回復食」として

618e4f1cfe4529e2706a80cee8758de7_s

 

待ちに待った一日断食後の回復食は翌朝 いきなりがっついてはダメですよ。

お粥を軽くお茶碗3分の1程度食べて、昼、夜は半分と少しずつ

戻してください。その次の日は普通食を8分目程度で。

 

私はこの断食あけのお粥がたまらなく好きです。

本当に格別に美味しいんですよね。カラダにスーっと染みわたっていく

感じが分かり嬉しくなります。

 

1日断食でも好転反応は出るので、途中まではしんどかったりしますが、

急にフッと体が軽くなったりします。

 

たまに断食ハイみたいになっちゃって、

「このまま10日くらい食べなくてもいけるかも!」なんて

思ったりすることもありますが。

 

ゼッタイに皆さん止めてくださいね。安易に長期断食を一人で行うことは

かなり危険です。

3日以上の断食の場合は、断食施設などに行って行ってください。

 

9d375c9ec3d725b9b59f9ecdbe077a77_s

 

旦那さんも初めて水だけ飲む3日断食を自宅でしたとき吐き気、頭痛、

悪寒などがひどく立ち上がることさえできず真っ青な顔をしていました。

 

※私は1日断食などを何度か繰り返してから3日断食を行ったので

大丈夫でしたが…。

 

本当に辛そうだったのに、私は無理して続けさせてしまいましたが。(反省)

 

激しい吐き気や吐血をする人も中にはいるそうなので、無理は禁物です。

 

無理を通して長期断食をするより、短い断食をこまめにする方が

はるかに安全です。短期断食でも繰り返すうちに効果は出てきます。

 

断食とは、1回やったからOKというものではありませんので

焦らず自分のペースで体を慣らしていくのがベストです。

注意点のまとめ

  • 丸一日固形物をとらないこと
  • 水分はしっかり2リットル〜。
  • 回復食は断食日数と同じ日数が必要なので、1日断食の場合、
  • 1日かけて戻すこと。次の日も腹八分目を心がける。
  • リバウンドに注意。
  • 無理は禁物。

 

転載終了です。

 

連日猛暑酷暑が続いています。いつまで続くかわかりませんが

まだまだ当分の間続く予報のようです。

免役を低下させないようご注意下さい。

水分補給は大事ですが、塩分も過不足無く摂取して欲しいと思います。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

大変長期に渡り、ご迷惑をおかけしました。

  • 2018.08.06 Monday
  • 08:43

長らく「howto.grnba.asia」でアクセス頂いていた皆様には

大変ご心配をおかけしました。

 

また飯山先生の逝去とも重なった関係で、余計にご心配を

おかけしてしまったようで、申し訳ありませんでした。

 

こうなった経緯ですが、7月の初めに連絡があり、7月後半から

SSLの設定をしないと、有害サイトの警告がでるようになるという事で

これまでこんがらがっていた部分を整理しようと、関係各所に手続きを

しているさ中に、不手際がありこれまでのアドレスでは表示できなく

なってしまった次第です。

 

この状態を改善すべく、日々関係各所と連絡を取り合って対処してきた

ところだったんですが、昨日ようやく原因がわかり、復活することが

出来た次第です。

 

原因は、システムの不具合によるものでした。大変申し訳ありませんでした。

 

今後は、もうこういったことはないとは思いますが、万が一の時のために

もう一つのアドレスも公開しておきますので、よろしければ、ブックマーク等

しておいていただけたらと思います。

 

もう一つのアドレスはこちらです。→ grnba.jugem.jp です。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

乳酸菌エステサロン!


upクリックできるよup
乳酸菌発酵サロンです拍手
手浴足浴で乳酸菌を
いっぱいの愛と光で
深呼吸しちゃいましょうおてんき

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白)
蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白) (JUGEMレビュー »)

これがあればお手軽に蒸留水が使える生活が出来ます。一日4Lあれば充分だと思うので、寝ている間に出来ちゃいます。

recommend

超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放
超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放 (JUGEMレビュー »)
名倉 仟
ミネラル365の身体に及ぼす影響を詳しく解説してくれている一冊。健康を望む方の必読書ですね。

recommend

国産クエン酸(結晶) 900g
国産クエン酸(結晶) 900g (JUGEMレビュー »)

クエン酸で薬いらず・・・
神薬・・・かも・・・

recommend

スーパー風呂バンス1000
スーパー風呂バンス1000 (JUGEMレビュー »)

これは優れものだと思います。保温ようなので、電気代もさほど気にならないで24時間いつでも風呂が使えます。

recommend

スリムエネマ
スリムエネマ (JUGEMレビュー »)

大腸内に直接乳酸菌を取り入れるには、これが一番ですよ。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

長谷園 浅漬器 CT-32
長谷園 浅漬器 CT-32 (JUGEMレビュー »)

これで作っています。

recommend

recommend

トンボ つけもの容器 5型
トンボ つけもの容器 5型 (JUGEMレビュー »)

このタンクが非常に便利なんです。使わないときには重ねて収納できます。

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM